楽しい悪夢







お目汚し、失礼いたします。



イネ科の花粉に弱い私は毎年5月6月は憂鬱でございます。
5月といえば行楽の季節なのですが、ハイキングやドライブで山とか森に出かければ
目や鼻が花粉の攻撃を受けてしまいます。
ポカポカと天気の良い日に草木の生い茂るところで散歩を楽しむことができないのでございます。
ともあれ6月に入ってようやく花粉のピークを過ぎたのか
最近は目のかゆみも鼻の不調もございません。
しかし油断大敵ですので、一応アレルギー性鼻炎の薬を切らさないようにして
症状が現れたときのために備えております。



クスリは嵐の大麻くんが大野をやっていた…
おっと失礼、嵐の大野くんがCMをやっていた薬がよく効きました。
この手の薬剤は服用すると眠気が生じるという難点がございますが
私の場合、この薬品とは相性が良いのか、眠気らしい眠気には見舞われておりません。
他に目立った副作用らしきものもなかったので、この薬は重宝しております。



ただ、この薬品の説明書を読むと副作用として起こり得るものの中に
「 悪夢 」というものがございました。
就寝中に何か怖い夢を見る可能性があるということなのでございましょうが
少なくとも私については、服用中に悪夢にうなされることは一度もありませんでした。
そもそも何を以って悪夢と称するかは微妙でございまして
客観的に悪夢だと思われているものが、人によってはまったくそうでない場合もございます。
全裸で後ろ手に縛られたままリクルートスーツ姿の女性にムチで殴られたり
童顔の中年女に顔面騎乗されて窒息しそうになったり
キツイ目つきをした百貫デブの女にペニスをピンヒールで踏み抜かれたりといった夢も
人によっては甘い夢なのでございます。



他意はございませんが、文中にJ事務所のタレントの名前を出しましたので
最近起きた例の事件のことに触れないわけにはまいりますまい。
元J事務所のタレントだった田口という男がマトリに捕まった事件でございます。
男は内縁関係にある女で小嶺麗奈という女優とともに逮捕されておりますが
周囲の人間は以前、田口に対してこの女と別れるように再三にわたる忠告をしていたとのこと。



ガラの悪い連中との付き合いもあるこの女に引きずられるようにして男はJ事務所を退所し
転落の一途をたどったようですが、周りからすれば悪夢にしか見えない生き様を
本人はスイートドリームだと思っていたのかもしれません。
何が悪夢で何がそうでないかは微妙なところでございますが
唯一つ確かな事は夢は夢であり、現実ではないということでございます.....





                                       プロフィール画像2015圧縮前→fg→圧縮→jpg→FC2画像圧縮20150929