お目汚し、失礼いたします。






お目汚し、失礼いたします。



私、去年になって齢50を迎えた中年男でございます。
50といえば人生の峠越えでございまして
それ以後の人生はもはや「 残り火 」と呼ぶべきでございましょう。
この先、科学技術の急速な発展によって平均寿命が延びるのであれば
また話は違ってまいりましょうが
少なくとも私が自分の「 残り火 」を燃やしつくす間は
そのような朗報は期待できないようでございます。



ならば気をしっかりと持ち、泰然自若として残り火を静かに、そして大切に燃やすべきところ
なさけない話ではございますが、私、いっこうに落ち着く気配がございません。
むしろ悩みは深く、自分という存在の落し処をいまだにつかめないという
青臭い若造ならぬ馬鹿造のままでございます。
そして50という大台に乗り、その残り火を燃やすにあたって
何かせねば何か残さねばという焦りばかりが募り、心は千々に乱れ、体は悶々とするばかり。
そもそも体力・知力ともに衰えるばかりの一方
また金も暇も持ち合わせていない身の上なれば、消去法でしか物を考えることができません。



結局行き着いたのは、常日頃慣れ親しんでいるパソコンやネットを活用して
何かできないか、うん、そうだ、ブログでもやってみるか、うん、そうしよう、そうしよう.....
ということで、このたびブログを開設するに至った次第。
何を書くかという決まったあても特になく、勝手気ままに綴っていく所存でございますゆえ
当ブログ、泡沫のごとき中年男が老年に向かう道すがら書き綴る
自己満足と思い込みと妄想による独り語りとなるのは畢竟。
何かの間違いでここを訪問されるかたにとっては、とんでもないお目汚しとなりましょう.....





                                       プロフィール画像2015圧縮前→fg→圧縮→jpg→FC2画像圧縮20150929

秋波






お目汚し、失礼いたします。



巷で話題になるネットツールとしてツイッターなるものがございます。
私も当初はブログ以外にツイッターを始めることも視野に入れておりました。
しかしツイッターで何かつぶやいたことによって物議をかもすことになり
大変な騒ぎになったという話はよく耳にいたしますし
いろんなサイトでツイッターと連携できるようにリンクが貼られているのを目にいたしますと
何やら人間関係のわずらわしさがリアルばかりかバーチャル世界にまで持ち込まれてしまいそうで
気が重くなってまいります。



そもそも私、ツイッターの使い方がよく分かりません。
ウイキペディアを紐解いて調べたみたのですが、何がどうなっているシステムなのか
イマイチよく分かりませんで、とりあえず登録作業のようなものをやってみたのですが
結局使わずに放置してしまいました。
ヘタに弄るととんでもないことになりそうで怖かったのでございます。
FC2ブログにもツイッターとの連携機能が付与されておりますが、恐らく使うことは無いかと存じます。



とにかく今やその勢いはブログをしのぐかと思われるツイッターでございまして
とにかく「 つぶやく 」というフレーズがそこかしこに溢れております。
どこそこで飯を食った、うちの店に芸能人の何某が来た、あの政治家の発言は気に食わない、
デモをやろう、旦那と離婚する、今屁をこいた、等々無数の声がネットに充満しております。
ツイッターというネットツールを通してでなければ表現できないメッセージもございましょうが
失礼ながら大半はなんでもない日常会話のようなものではないかという気がいたします。



とまぁ、エラソーなことを申し上げましたが、こうして日常会話にもならないような
無意味な長文を書いている私も、いつかはそれに飽きたり疲れたりしてしまうこともございましょう。
そして短い文章で手軽にメッセージを発信できるという便利さに惹きつけられ
「 やっぱツイッター、やってみようかぁ 」と利用者の仲間入りをすることもあろうかと存じますゆえ
ツイッターユーザーの皆さん、そのときはよろしくね ♥





                                       プロフィール画像2015圧縮前→fg→圧縮→jpg→FC2画像圧縮20150929

脳機能維持






お目汚し、失礼いたします。



十日前ですが、敬老の日に車で遠出をいたしました。
行き先はお寺や神社の多い日本有数の観光都市なのですが
天気がイマイチにもかかわらず大変な人出でございました。
やはり敬老の日ということで、お年を召したかたがおおぜい観光に訪れたのでございましょう。
自分で車を運転なさって来られたかたも数多くいらっしゃったかもしれません。



今どきの60代に向かってお年寄りなどと呼ぶと怒られてしまいそうですし
また実際にお年寄りという印象の無いかたがほとんどでございます。
私ももう10年も経てば60歳を越えてしまいますし
10年後も今とそんなに印象は変わらないのではないかと勝手に思っておりますが
しかし年を取れば肉体的な衰えは確実に訪れてくるわけで
それは脳についても例外とは言えません。
むしろ、脳の働きの鈍化による不便さは生活全般に及ぶため
肉体的な衰えによるそれよりもはるかに大きいとは言えないでしょうか。
そしてそれは本人ばかりではなく、周囲の人間にも多大な負担を強いるわけでございます。



老人大国と化した我が国においては
そのためのインフラを整えるのも必要でございましょうが
まず何よりもお年寄りの脳機能の衰えを食い止める
あるいは軽減するような対策を講ずることが肝要であり急務ではないかと存じます。
では具体的に何をすれば良いかと申しますと、それは風俗産業の発展・充実でございます。
性欲の強い人間はボケないと申しますゆえ
その方面の業界に補助金注入や税制優遇などの措置をおこない
もっと老人が男女を問わず楽しめる風俗産業の育成にテコ入れをしてもらいたい。
私はかように思うわけでございます。



昨今の厳しい財政状況や経済情勢などを振り返りますと
私のこの提案はとても受け入れてはもらえそうにありませんが
ここは一つ、政界や官界で働いておられる皆様方に一念勃起…おっと失礼
一念発起していただき、高齢者の脳機能維持のための風俗産業育成に御尽力いただきたいと
切に願う次第でございます.....





                                       プロフィール画像2015圧縮前→fg→圧縮→jpg→FC2画像圧縮20150929