テクニック




お目汚し、失礼いたします。



先週の日曜の午後でございました。
隣町に用事があって出かけたのでございますが
その途中、住宅地にある小さな公園をたまたま通りがかったところ
柴犬を連れて散歩されている御夫妻らしきかたをお見かけいたしました。



仲むつまじい熟年夫婦の風情を漂わせ
にこやかに会話を交わしながら散策を楽しんでおられます。
奥様はごく普通の主婦といった印象でございましたが
御主人のほうはオシャレなブルゾンとジーパンを身にまとい
なかなかダンディなかたでございました。
若いころはさぞかし女性にモテたことでございましょう。



お二人とも面識のあるかたではございませんでしたが
その仲の良さに何やら癒しのようなものを感じ
しばし立ち止まって御夫妻と柴犬を何気なく拝見しておりましたところ
やがて思いもかけないことが起きました。
犬を連れていた奥様の方がうっかりしてリードを手放したため
柴犬は脱兎のごとく走り出し
公園の隅の草むらの方まで行ってしまったのでございます。
御夫妻は驚きはしたものの、さほど慌てた様子も無く
やがて奥様がのんびりと草むらのところにいる柴犬の方へ歩いていきました。



正直、ずいぶんノンキだなと思いました。
私は少年時代に小鳥を飼っておりましたが
遊び相手になってやろうとその小鳥を鳥籠から出してやったとき
部屋の窓が開いていることをすっかり忘れておりまして
そのまま窓から逃げていってしまったことがあったのでございます。
柴犬は小鳥のように空を飛んで逃げることはできますまいが
なかなか動きがすばしこいものでございまして
よほどこちらがすばやく動かなければ捕まえることなど無理でしょう。
そして赤いチャンチャンコを着ていてももおかしくないような老夫妻に
とてもNBAの選手のような敏捷な動きは望めそうにありません。



奥様は飼い犬の名を呼びながら
草むらのそばで地面のにおいを嗅いでいる柴犬に近寄っていきました。
犬は奥様が近づくとそちらの方を向き、猫のように背を丸めて身構えました。
瞬時に犬が走り出し、その場に取り残される奥様の姿を想像していたのですが
奥様は地面に横たわっている長いリードの端をヒョイと踏み付け
そのままリードを握って引っ張り、柴犬を自分の方に手繰り寄せました。
そして御夫妻も柴犬も、何事も無かったかのように散歩を続けたのでございます。



お見事、というよりほかはありませんでした。
犬を飼っている人間には、そのぐらいのテクニックは
あたりまえだったのかもしれませんが
ペットを飼っていない私には実に新鮮な驚きでございました。
談笑しながらそぞろ歩きをされる老夫妻と
ヒョイとリードを踏み付けたときの奥様の足の動きとの対比がおもしろく
思わず私は微笑んでしまいました。



きっと御主人のことも、そんな風に手なづけていらっしゃるのでございましょう。
ツボの押さえどころをちゃんと心得ていて
何があってもリードをヒョイと踏ん付けるように
亭主のチンポ、おっと失礼、尻尾をギュッと踏み付けて動きを封じてしまう。
亭主を飼っている御婦人方には、そのぐらいのテクニックは
あたりまえなのかもしれません.....






寒い旅立ち




お目汚し、失礼いたします。



昨日、新年度のスタートとともに
多くの若者が企業や官公庁で社会人としての第一歩を踏み出しました。
そんな新社会人たちにインタビューをおこなった映像がテレビで流れておりましたが
どのニーチャン、ネーチャンも会社をもっと大きくしてやるとか
社会に貢献するような仕事をしたいとか
そういった類の優等生的な模範解答に終始しております。
これから社会人として会社や役所で働こうとする人間がテレビカメラの前で
そういった発言をせざるを得ないというのは
当たり前と言っちゃ当たり前なのでございますが
ちょっとかわいそうだなという印象を受けました。



これがバブル真っ只中の頃だったならば
もう少しはじけた発言なども飛び出したことでございましょう。
入社したばかりの会社に対する思わぬ本音がこぼれ出たりすることも
あったかもしれません。どこかの国の宰相のように
「 この会社をぶっ潰す!」などと息巻く輩もいたことでしょう。
しかし今はそんな時代ではございません。
息を潜め、ただひたすら自分を殺して周囲の景色と同化する
カメレオンのような行動原理が今の新社会人には要求されるのでございます。



そして早晩、彼らはナマの社会における現実とマニュアルのギャップに呻き苦しみ
カメレオンで居続けることに困難を覚えることになりましょう。
やがて一週間も経たないうちに勤め先を辞めたり、ハゲしく欝になったり
でかい面をしたエラソーな客を殴ったり、電車で痴漢行為をおこなったり
勤め先に対してセクハラやパワハラの廉で
謝罪と賠償を要求したりするようになるのでございます。
それゆえ、テレビ画面を通して見る新社会人たちの清々しい言動に対して
私は手放しで賞賛し、祝福し、晴れやかな気持ちになるということができません。



私もかつては新社会人でございました。
しかしテレビでインタビューに答えている若者のように
前向きで高邁な夢に顔を輝かせてはおりませんでしたし
また現にそんな夢など持ち合わせていませんでした。
仮にインタビューのマイクを向けられても「 ノー・オメンコ..... 」と言って
逃げ出していたに違いありません。



実際のところ、腹の底から希望に満ち満ちて勤労意欲満々だという新社会人など
ほんの一握りでございましょう。
大半は、不安と恐怖に戦いているはずでございます。
しかも若者たちのそういったネガティブな気持ちを払拭させるには
今この国が抱えている現状はあまりにもお寒い限りなのでございます.....






逆ギレの発想




お目汚し、失礼いたします。



2010年6月13日、小惑星探査機「 はやぶさ 」が
小惑星イトカワのサンプルを採取して帰還し、日本中を沸かせましたが
このイトカワという名はロケット工学者、故・糸川英夫氏にちなんだものでございます。
糸川英夫氏といえば「 逆転の発想 」という著書があることでも有名でございまして
私どもが若い頃にはこの本がベストセラーとなり
本の中で述べられているノウハウがビジネスや教育の場で活用されておりました。



で、そのノウハウについてでございますが
当時勤めていた会社の上司からよく聞かされたのは
「 業績の良い会社の真似をするのではなく、業績の悪い会社の真似をしないこと 」
によって会社の業績を伸ばすということでございました。
私はこの本を読んだことがございませんので
本質的なロジックは把握しておりませんが
要するに物事を一方向から見たり取り扱ったりするのではなく
反対側から、あるいは別の角度から
考えてみる、動かしてみるということでございます。



この逆転の発想、今もなお色々な分野で息づいているのではないかと存じますが
閉塞感漂う現代社会においては
もはやそういった発想だけでは活路を見出せません。
逆転の発想に加えて「 逆ギレの発想 」が必要となってまいりましょう。
地方政界の風雲児として有名な弁護士出身の某市長が
市職員の庁内メールを本人に無断で調査し
それは厚労省の指針に反しているという指摘を受けましたが
市長はこれに対して「 厚労省の方が間違っているんです 」と
言い切ったことがございました。



これなどはまさに「 逆転 + 逆ギレの発想 」の典型例でございましょう。
今の世の中、物事を反対方向や別の角度から考えてみるだけでは何も変わらない。
ゴチャゴチャ眠たい事ぬかしとったら、張っ倒すぞ! よう、ワ~レ~!
という覚悟がありありと見て取れるコメントでございます。
Mr.Childrenの歌の文句にもございますが
様々な角度から物事を見ていたら、自分を見失うものでございます。
そうならないためには逆転の発想もよろしゅうございますが
その発想に力を与え、自らを鼓舞する逆ギレの発想が不可欠でございましょう。



日常生活においてもそれは言えるわけでございまして
たとえば卑近な例で申しますれば
Hがマンネリ化して夫婦生活に刺激がなくなったとき
前戯の順番を逆にしてみないかとか、上下の位置を変えてみたらどうかとか
ただ単に提案するだけではなく
「 先にクンニ! 耳舐めは後回し!」「 この体位が絶対イイ!」と
強引にでも突っ走るのがベストでございましょう。
もっとも、それは一歩間違えるとレイプやDVになるリスクをはらんでおりますので
あまりオススメはできませんが.....






演歌歌手とスーパーマン




お目汚し、失礼いたします。



某女性演歌歌手が自分の個人事務所の社長を解任し、大騒ぎになっております。
騒動の原因は、この演歌歌手の夫と、解任された事務所社長との間の
根深い確執でございまして、報道によればこの夫
妻の仕事やマネジメントに関して色々と口出しをしていたとのこと。
そして毎年NHKの紅白歌合戦で使われる衣装の費用について高額すぎると
この夫が事務所社長に苦言を呈し、そのことで口論となったのがきっかけで
事務所社長は解任されたようでございます。



「 毎年あんな馬鹿でかい電気仕掛けのハリボテみてぇなものを作ってどーすんの。
コンサートやイベントで再利用するにしても経費がかかるだろ、経費が。
何考えてんだ、おめーら 」とその夫が申したかどうかは存じませんが
一理あるような気はいたします。
しかし見栄や虚飾で商売が成り立っている芸能界でございます。
あの演歌歌手にとって、例の衣装はまさに命とも言えるものでございましょうし
もはや舞台装置と呼んだ方がいいようなあの衣装を使っての
大掛かりなパフォーマンスのために尽力してくれた事務所社長を
たとえ愛する夫とトラブルがあったとはいえ解任してしまうというのは
いささか早まったという印象がぬぐいきれません。



それともこの演歌歌手、そろそろ引退を、と考えているのでしょうか。
夫は最先端分野の医療に関する研究開発をおこなっている会社の社長で
これからの成長発展が期待される業界の人間でございます。
演歌歌手を辞め、そんな社長の奥様として悠々自適な余生を静かに暮らそう
という心積もりなのかもしれません。確かにそれもアリでしょうし
傍から見ていてうらやましくなるような御身分でございますが
それならばせめて立つ鳥跡を濁さずのたとえもあるように
はっきり引退宣言をして自らの歌手活動に
きれいな幕引きをすべきでございましょう。



すでにこの騒動、演歌歌手とその夫が不倫関係の果てに結婚したという裏話を
解任された事務所社長が暴露するという泥沼状態にまで陥っております。
この夫がインタビューを受けている姿を先日
テレビのワイドショーにおいて拝見したのですが
外見は物静かで理知的な紳士のように見え
ブログで下ネタを書き綴るどこぞの紳士とは大違いだったのでございますが
聞くところによれば、解任された事務所社長と口論になったとき
「 僕はスーパーマンだから何でもできる 」と豪語したそうでございます。



私はこの発言、特に「 スーパーマン 」という言葉に違和感を覚えました。
万能だということを表現するために「 スーパーマン 」という言葉を
使ったのでございましょうが、これは「 神 」と言った方が
良かったような気がいたします。
人が自らを神と呼ぶとき、あるいは神と呼ばれるとき
そこには何らかの重みや責任感が感じられます。
「 スーパーマン 」という言葉には失礼ながら
軽いお調子者という響きがございますし
おまけに何かあれば物陰や電話ボックスの中で服を脱ぎたがる
露出狂のようなイメージも湧いてまいります。



この亭主、ひょっとしたら私と似通ったところがあるのかもしれません.....






図書館喧騒




お目汚し、失礼いたします。



去年の秋ごろのとある日曜日のことでございます。
ちょいと借りてみたい本がございましたので、近所の図書館へ出向きました。
最近の図書館はどこもそうなのかもしれませんが
CDやビデオの貸し出しもやっておりまして
また備え付けのPCで蔵書を検索することもでき
私どもが学生の頃に利用したときとはだいぶ様子が異なっております。



その日、目当ての本を貸し出してもらった私は
すぐ自宅には戻らずに、ブラブラと図書館の中を見て回っておりました。
そして書架から一冊、鳴海章のミステリーを取り出すと
近くにあった閲覧用のテーブルのところへ行き
椅子に座って頁をめくり始めました。



しばらく読んでいるうちに、私の耳に何やら異音が入り込んでまいりました。
私の座っている席からやや離れた席に
あごひげを生やした40歳前後の男性が腕組みをして腰掛けております。
作業服を着た建築会社の現場監督風のその男性をよく見ると
どうやら目を閉じて居眠りをしている模様。
異音の正体がその男性の寝息だとわかった私は
再び本を読むことに専念いたしました。

続きを読む

一方通行




お目汚し、失礼いたします。



お客様と話をする際、たとえば商談の最中などに
こちらの話を聞いていただけなくて困惑することがございます。
会話はキャッチボールのようなものだとは申しますものの
向こうからノーコンのボールを無造作に投げてくる場合もございますし
こっちがホレ、ちゃんと受け取ってくれよとばかりに
狙いを定めて慎重にスローボールを投げているにもかかわらず
スルーやエラーをされてしまう場合もございます。
その結果、「 聞いてないよ~ 」「 話が違うじゃねーか 」
ということになってしまうわけでございますが
客商売をやっておりますとそういうことをまともに指摘することができず
実につらい思いをすることもあるわけでございます。



しかしビジネスライクなスタイルで話ができるうちは、まだマシでございましょう。
感情的になったお客様による言葉の一方通行に関しては
ただひたすら「 忍 」の一字で対応するよりほかにいたしかたございません。
以前、新聞でタクシーの運転手の経験談を読んだことがございますが
虫の居所の悪かった女性客に道順のことで半時間近くも罵倒され続けたものの
ただひたすら耐え忍んだとのこと。
そのタクシー運転手はどんな場合でも絶対にキレないと
腹をくくっているそうでございますが
「 プロ意識 」の何たるかを再確認させられたような気がいたしました。



私も常日頃、そういったことを肝に銘じて日々仕事に励んでおるのですが
元来が器の小さな人間ゆえ、とてもそこまでの覚悟はございません。
もし私がその運転手の立場だったなら、言葉の一方通行に対して逆走するか
あるいは罵倒されればされるほど快感を覚えてしまうか
そのどちらかになっていることでございましょう.....






欧米が!




お目汚し、失礼いたします。



去年か一昨年のことでございます。
どこかのテレビ局が流していた報道番組において
とある日本の伝統工芸の職人に弟子入りした
欧米人女性のことが報じられておりました。
で、その女性ですが、工房の増設に関する職人同士の話し合いにおいて
なかなか決着がつかなかったとき
業を煮やして工房の壁をいきなり一人で壊し始め
自分で勝手に増設工事をやろうとしたとのことで
その弟子の親方はテレビ局のインタビューに対して
苦笑いをしながらそのいきさつを語っておりました。



その報道番組では、この女性の行為を
微笑ましく勇ましいエピソードのように伝えておりましたが
こんなものは暴力行為以外の何物でもありますまい。
文化や精神性の違いによるものだという口当たりのいい言葉で
理由付けをしたとしても
要するにその外国人女性は
器物損壊罪で訴えられてもしかたがないようなことを
しでかしたわけでございましょう。



日本人も随分となめられたものでございます。
一昔前の日本なら、南蛮人がこんなことをすれば直ちに代官所に引っ立てられ
木馬責め、穴吊り、雲仙地獄責めなどの厳しい詮議を受けた後に
火あぶりになっていたでしょう。この欧米人女性のなした行為は
どうせそんな目には絶対に遭わないだろうというのを見越した上での
余裕綽々とした実力行使というのがミエミエでございます。



また、この報道番組を制作したテレビ局も
何を考えているのでございましょうか。わが国が何年も前から
「 何も決められない、何も決まらない 」病にかかっているというのは
確かでございますが
だからといって伝統工芸の世界まで同じだと決め付け
工房の壁を壊したこの欧米人女性に対して
ジャンヌ・ダルクのような扱いをするというのは
外国人や女性に対して媚びを売り過ぎではございませんかな。



鯨漁を営む漁村に自然保護団体と称する欧米人が
漁の邪魔をするために居ついているそうでございますが
この集団は日本の調査捕鯨船に対する妨害活動で有名な連中でございます。
わけの分からない理屈を振りかざして鯨を崇め奉り
相手がおとなしいのをいいことに言いたい放題、し放題。



すべての毛唐がそうだとは申しませんが、この連中も上記の女性も
どこかとんでもない勘違いをしているようでございます.....