防犯体制




お目汚し、失礼いたします。



本日9月1日は防災の日でございます。
この日は何か防災にまつわることを書かせていただこうかと存じ
数日前から何を書こうかと思案しておりましたが
考えてみれば私ごときイタイタシイ輩が防災について語るなど
僭越きわまりなきこと。
そこで防災ではございませんが防犯に関連することについて
思うところ、感じたことを書き綴ることにいたしました。



盆明け後の日曜のことでございました。
外出して某牛丼店で昼食をとっていたところ
玄関のガラス戸に奇妙なものを見かけました。
目盛りのようなものとともに数字が記されておりまして
最初それが何を意味するのかわかりませんでしたが
食べ始めてしばらくしたのち、ハッと気付きました。



とりあえず名前は伏せますが
そこは一時期、強盗が押し入りやすい牛丼屋として不名誉な噂が立ち
当局から防犯体制にもっと力を入れるようにと指導を受けていた
チェーン店でございます。
そのガラス戸は恐らく強盗が侵入あるいは逃走する際
従業員が犯人の身長を目測するために設えてあるものでございましょう。



押し入ろうとする強盗が、そういったものを見れば
何らかの抑止力になるかもしれませんし
犯人検挙の一助となりますゆえ望ましいとは存じます。
が、刃物を突きつけられたり、乱暴な言葉で恫喝されたりして
気も動転している従業員が、玄関のガラス戸の目盛りを目安に
ある程度の正確さをもって犯人の身長を証言できるかどうか
疑問でございます。



また、レジには逃走する犯人に向かって投げつける
カラーボールなるものが準備されておりました。
これも何らかの抑止力にはなるかもしれませんが
強盗犯に向かってカラーボールを投げつけるという
勇気ある行為に及ぶことが
警備関係の職員でもない牛丼店の従業員に
果たして可能でございましょうか。
カラーボールをぶつけられて塗料まみれになった強盗犯が
「 何すんだ、この野郎~~!」と「 逆襲 」してくる恐怖に戦き
躊躇してしまうのではないでしょうか。



もちろん牛丼店では、そういった事態に遭遇した場合の
研修や訓練をおこなってはいるのでございましょうが
店の売り上げに直接関係することではない以上
それはおざなりなものになってしまうかもしれません。
それゆえやはり「 備えあれば憂いなし 」「 転ばぬ先の杖 」。
本格的に防犯体制を整えるべく
オリンピックのレスリングで
三大会連続金メダルを取るような屈強な肉体を持ち
超高速で疾走し、目からビームを放つ頼もしい女性が
必要となってまいりましょう。



まぁそんなことを考えながら
白髪ねぎ牛丼を食べていた私でございますが
ふと急に自宅の戸締りのことが気になってまいりました。
私、空き巣被害というものに一度も遭遇したことはございませんが
牛丼店の出入り口に設えてある目盛りから
そこはかとない物々しさを感じ、防犯のことを考えているうちに
何やら不安になってきたのでございます。



空き巣被害は単に物を取られるだけに限りません。
金品を求めて泥棒は家の中を滅茶苦茶にしてしまいますゆえ
場合によってはそちらの被害の方がヒドイことになってしまいましょう。
また、めぼしいものが見つからなかった場合
逆ギレした泥棒は家の床やテーブルのど真ん中に
どでかいブツを落として立ち去るという話を聞いたことがございます。



そうなっては目もあてられません。私の自宅の食卓に
巨大な暗色のソフトクリームが鎮座している様子を思い浮かべると
急に落ち着かなくなってまいりました。



何の因果で、ウンコを食べているときに牛丼のことを……
おっと失礼、牛丼を食べているときにウンコのことを
思い浮かべなければならないのでございましょう。
食欲も急に失せてきて、何やら損をした気分でございます。



とはいえ物は考え様。
ここがカレー店でなかったのは不幸中の幸いと
牛丼を残らず腹に詰め込んで
自宅へと戻るべく慌ててその牛丼店を飛び出した次第でございます.....






踊る変質者たち




お目汚し、失礼いたします。



今月3日、愛知県の名古屋市で同じマンションに住む7歳の小学生女児を
自宅に監禁したとして23歳の男が逮捕されております。
容疑者の自宅からはこの男の父親が殺害されているのも見つかっており
現場の状況から容疑者は、女児を監禁していることをとがめられるのを恐れてか
もしくはとがめられているうちに、父親を殺害してしまったようでございます。



この23歳男、何をするつもりだったのでございましょう。
おそらく自分の惨めな人生に終止符を打つべく
いたいけな可愛らしい女児を愛でることによって
キュン死するつもりだったのでございましょうが
同じマンションの住人を自宅に監禁するとは
一体どういう神経の持ち主なのでございましょう。
しかも自宅には父親と同居しているのでございます。
バレないとでも思ったのでございましょうか。馬鹿丸出しでございます。



また愛知で斯様な事件が起きたかと思えば
翌4日には広島県で12歳の少女を鞄に詰め込み
タクシーに乗せて運ぼうとした東京の大学生が逮捕されております。
おそらく少女を上海雑技団に叩き売ろうとしたのでございましょうが
このアホ学生、何やら前日の愛知県の事件に触発されたのではないか
という気がしてなりません。



3年ほど前から私、犯罪発生情報をメールで知らせてくれる
警察のサービスを利用しておりまして
街頭犯罪の被害情報や犯罪発生の一報を通知してもらっております。
引ったくりや強盗、空き巣に恐喝、振り込め詐欺などの犯罪情報を
いち早く手に入れ
自分がそういった犯罪に巻き込まれないよう注意を喚起するために
利用し始めたのでございますが、蓋を開けてみると
そのメールのほとんどは不審者や公然猥褻犯といった
変質者による犯罪発生情報ばかりでございました。
私が利用しているサービスの対象地域は、私の街と隣の街だけですので
府内全域の犯罪発生情報を合わせれば
どれだけの数の変質者が跳梁跋扈しているのか見当もつきません。



またこのメール、此度の愛知や広島でのような犯罪が発生、または発覚すると
途端に変質者の犯罪発生情報を伝えるものが多くなります。
自分たちの同類が活躍していると知って「 ブラボー!」とばかりに快哉を叫び
触発されて禁断の行為に及んでしまうのでございましょうか。
そしてこの傾向は、犯人が検挙されたかどうかには左右されません。



少なくとも自分の同類が警察につかまったというニュースを知れば
なりをひそめるのが普通の人間の感覚でございましょうが
そういった正常な神経を持ち合わせていない者にとって
そのようなニュースは、どこ吹く風。
困ったものでございます.....







男の決断




お目汚し、失礼いたします。



日本の70年代後半から80年代前半にかけて
男性のセックスシンボルとして一世を風靡したのは
俳優の故・松田優作だと私、勝手に思い込んでいるのでございますが
この松田優作氏の主演映画「 蘇える金狼 」( 1979年公開 )に
或る印象深いシーンがございます。



この映画、一介のサラリーマンが暴力と麻薬を武器に
自分が勤めている会社を乗っ取っていくという
一種のサクセスストーリーなのでございますが
映画の終盤、松田優作氏演じる主人公の朝倉哲也は
政界とつながりの有る闇社会の大物、鈴本光明から
ある取引話を持ちかけられます。
朝倉が会社乗っ取りのために所有している時価8億の株式を
24億で買い取らせてくれというもので
拒絶すれば鈴本サイドと対決せざるを得なくなり
逆に受け入れた場合は、会社乗っ取りを達成できなくなるという
非常にシビアな取引でございます。



このときの朝倉と鈴本光明とのやり取りには
なんとも言えない味わい深いものがございます。
高級レストランに呼び出された朝倉は
最初は鈴本光明に対して不機嫌で無関心な
刺々しい態度をとっておりましたが
24億という金額や鈴本光明の強大さを知るに及び
真剣に話を聞かざるを得なくなってしまいます。



「 我々を敵に回して足掻くか。
 それとも、これを潮時にして金儲けをするか。返事は?」

鈴本光明のこの問いかけに対して朝倉は一言「 あわてるな 」と制し
沈思黙考いたします。そしてややあったのち

「 一杯もらおうか 」

と声をかけ、その声に応じて鈴本がワインを注ぐと
そのワインの入ったグラスを手にしながら
取引受け入れの意思表示をするのでございます。



この「 蘇える金狼 」という映画で私が好きな場面は当初
朝倉哲也の銃撃戦のシーンや
永井京子役の風吹ジュンが駅弁スタイルで抱かれている
Hシーンでございましたが
今ではこの取引のシーンが一番気に入っております。
結局、朝倉哲也は鈴本サイドの一方的な要求を受け入れたわけですが
松田優作氏の演技の賜物か、それとも演出の妙なのか
全くそのような印象を受けません。
堂々たる「 fifty-fifty 」の取引のように見えるのでございます。



男たるもの、こうでなくてはなりません。
むずかしい取引を迫られても余計なことは一切口にせず
一言「 あわてるな 」と答えて、沈思黙考。
そしておもむろに「 一杯もらおうか 」と声をかけ
臆することなく冷静に取引を済ませてしまう。
まさに男の決断と言えましょう。



男女間の恋愛関係についても男はこうあるべきでございましょう。
「 あたしのことをどう思ってるの? ねぇ、はっきりして頂戴!」
と迫られても余計なことは一切口にせず
一言「 あわてるな 」と答えて、チンチンモッコリ。
そしておもむろに「 一発やろうか 」と声をかけ
臆することなく冷静に彼女をホテルへ連れて行き、Hを済ませてしまう。
まさに男の決断と言えましょう。



ただし、あとで警察沙汰になったり
高額な慰謝料や養育費を要求されたりするリスクを伴いますゆえ
斯様な決断をする際は、くれぐれも御用心くださいまし.....






テレビの呪縛




お目汚し、失礼いたします。



最近テレビ番組をほとんど見なくなりまして
見るとしてもニュースか情報バラエティ番組ぐらいしかございません。
それも、たまたまテレビをつけて目に入ったものが面白ければ見る
という程度のものでございます。



若い頃と比べてテレビというものに対して執着心が少なくなった分
流れている番組に対してスルーや無視をすることが容易になりました。
退屈なドラマもつまらない歌番組も押し付けがましいドキュメンタリーも
苦になりません。以前は、あくびをしたり眉をひそめたりしながらも
なぜかテレビのチャンネルを変えたり
スイッチを切ったりすることができなかったのが、今は瞬殺でございます。



ただし、中には非常に不愉快な思いをして
なんであんな番組が打ち切りにならないんだとか
あの出演者をなんとかしろとか、いつまでも腹立たしく感じることがございます。
その一つが、▼ジテレビ系列でオンエアされている情報バラエティ番組で
偉い学者先生たちが述べる薀蓄に対して
司会役の関西系お笑い芸人がツッコミを入れる番組でございます。



司会役をはじめとして
何のため居るのか分からないお笑い芸人やオカマタレントの
騒々しいツッコミやコメントがうるさくてしょうがないのでございますが
それに加えて学者先生たちが薀蓄を垂らすたびに流れる
ジングルというやつでしょうか

ジャガジャガジャッジャジャッジャジャッ
ジャ~~ジャン!!


という音楽がうるさいことこの上も無いのでございます。
この音楽が流れるたびに、何のためにこんなものを流すんだ
これじゃ単なる騒音番組だろうが、と怒りがこみ上げ
いっそのことそのテレビ局まで行ってデモをしてやろうかなどと
いきり立ってしまうのでございます。



嫌なら見なきゃいいのでございますが
自分の生活に重大な影響を与えるテレビ番組ではないにもかかわらず
ふと気付くと、司会役をもっと静かなタレントと交代させろとか
ブラックマヨネーズとマツコデラックスは不要だとか
あの「 ジャガジャガ♪ 」を栗コーダーカルテット版に変更しろとか考えている
自分がいることに、奇異な念を感じずにはいられません。
幼少期からテレビに慣れ親しんだ人間というものは
いかにスルーのスキルが身についたといえども
やはり精神と肉体に対してテレビによる
何らかの呪縛がこびり付いているのかもしれません。



いずれテレビはネットに駆逐されましょうが
仮にそのときまで私が生きていた場合
何らかの寂寥感や喪失感に苛まれる心配は無いかと問われると
微妙なところでございます.....






Territorial problem




お目汚し、失礼いたします。



尖閣諸島や竹島などの領土問題で
わが国の外交面において何かとさざなみが立っている
今日この頃でございますが
このさざなみ、各方面へあまり望ましくない影響を
与えているようでございます。
各種イベントや観光旅行の中止が相次ぎ
中国においては半日デモが勃発したり
ラーメンぶっかけマンに邦人が襲われたりと
何やら物騒な様相を呈しておりまする。



わが国と中国・韓国とでは
領土問題に対する物の見方に関して、かなり温度差がございまして
私の印象では、今までのわが国はどちらかといえば
あまりにも呑気に構えすぎていたような気がいたします。
この問題は、いつまでも棚上げ・塩漬け・凍結・先送り
といった保存状態に耐えうるものではなく
いずれ発火状態になるのは時間の問題なのでございまして
現にそうなっております。



現にそうなったからには、相手が誰であろうが逃げることはできません。
そして中国や韓国というおかしな連中を相手にするのですから
前途多難だと言わざるを得ませんが
この手の問題の究極の解決方法は武力行使でございます。
つまり軍隊を出動させて竹島や尖閣に駐留させ
実効支配をおこなうわけでございまして
竹島については、たとえば1982年に勃発したフォークランド紛争において
イギリスがおこなったようなことを、日本もおこなう必要が出てまいりましょう。



しかしこのような行為は、わが国の憲法やその他の諸法規に照らして
容認されるものかというと無理があるような気がいたしますし
仮にそれが認められたとして、その行き着く先は戦争でございます。
では話し合いや交渉といった外交努力で解決できるかというと
これも疑問符が付くわけでございまして
先にも申しましたように相手は中国や韓国でございます。
ちゃんとした話し合いになればよろしゅうございましょうが
現に韓国は国際司法裁判所での裁定を拒否しておりますし
うまく話し合いの席につかせることができたとしても
泣き喚いて気絶したり、急に踊り出したり奇妙な歌を歌い始めたりして
話し合いにならないという事態も想定されましょう。



こうなるとわが国としては
この問題に関しては目をつぶることしかできないような気がいたします。
できれば、どこぞの小説家のように「 どうでもいい 」と思い込み
「 さぁ、屁こいて寝よ 」と布団をかぶってしまいたくなりますが
果たして本当に「 どうでもいい 」ことなのかどうか、私にはわかりません。
この「 どうでもいい 」発言で叩かれている小説家を
かつて彼の女房だった女が某週刊誌において「 正しいじゃん 」
と擁護しておりましたが、これがもし「 降りかかる火の粉 」だとしたら
「 どうでもいい 」と放っておくわけにはいきますまい。



正直なところ、ふりかかった火の粉の火勢が大きくなり
やがて火だるまになってしまったにもかかわらず

「 どうでもいい! どうでもいい! どうでも イイ━━━━━━!!!」

と叫び続ける覚悟を、私は持ち合わせておりません。
このような問題はやはり、無関心を装いながら油断無く身構える

「 わりとどうでもいい ( AAなし ) 」

というスタンスが肝要ではないかと存じます.....







新人類の告白




お目汚し、失礼いたします。



私の知人で同業者の男性が憤慨しておりました。
彼のところに勤めている若い従業員の不始末のことでございます。
詳細は申せませんが商品の発送をする際
確認をしたり連絡を取ったりという作業が不十分だったため
商品が顧客の指定したとおりの発送先へ届かなかったとのこと。



彼は上昇志向の強い男で
私のように細々とした商売を営むことに甘んじてはおらず
手広く商売の裾野を広げ
従業員も10人以上いるような大所帯の店の経営者でございます。
そんな彼にとって確認や連絡という基本的な作業を怠って
お客様に迷惑をかけるというのは許しがたいことだったようで
きつく叱ったと申しておりました。



それが原因かどうかは存じませんが、それからしばらくしてその従業員
入社してから半年ほどだというのに彼の会社を辞めてしまいました。
私もその従業員の男性に会ったことがございますが
何か自意識過剰なスタンドプレイに走ったり
礼儀をわきまえない横柄な態度をとったりという印象はございません。
おとなしくて従順な感じがするうえに
何事も無難にこなせそうな安定感があり
確認や連絡を怠るような人間には見えなかったのですが
何か不測の事態が起きると途端に
パニックか腰砕けになってしまいそうな危ういものがございました。



所謂「 マニュアル人間 」と呼ばれるようなタイプなのでございましょう。
たぶん、商品発送の際の確認・連絡の作業がいつものやり方とは異なり
変則的な状況下においておこなうべきものだったに違いありません。
そのため結果的に確認や連絡がオロソカになってしまったのでございましょう。
仕事というものがすべてルーチンワークで片付けば
これほど楽なことはございませんが
仕事に限らず、人はそのときその場で
臨機応変な判断を独自に下さなければならないことが
多々あるものでございます。



まぁエラソーなことを書いてしまいましたが
私も社会人になりたての頃は
当時の言葉で「 新人類 」などと呼ばれておりまして
上記の若い従業員と似たり寄ったりだったのではないかと存じます。
いやむしろ、会社のトイレでこっそりオナニーをしたり
「〝 遅刻王 〟に!!! おれはなる!!!!」つもりなんだろうと
思われてもしかたないほど
頻繁に遅刻を繰り返したりしていたような男と比べれば
この従業員の方がまだマトモかもしれません。
私の方に誇れる点があるとすれば
それでも3年近くその会社に居続けたことぐらいでございましょう.....






長寿のまじない




お目汚し、失礼いたします。



当ブログを開設してから本日でちょうど一年でございます。
飽きっぽくていいかげんな性格の自分にしては
よくもまぁここまで続いたものだと
手前味噌ながら感心しておる次第でございます。
しかも一日たりとも広告を貼られたことがございません。
FC2ブログは更新を一ヶ月以上おこなわないと
広告が貼られてしまうのでございます。



正直なところ、当ブログを始める前に私
最後に書く記事をあらかじめ用意しておりました。
いつでも当ブログに終止符を打って閉鎖できるように
段取りを整えていたわけですが
とりあえずその記事を使わずに済んだのでございます。
とはいえ、この先その記事をいつ使うことになるかわかりません。
一応、記事はパスワードをかけて保存しておくことにいたしております。



私がそのような段取りを整えたのは
漫画家、さいとう・たかを氏についての逸話がきっかけでございました。
氏はその代表作「 ゴルゴ13 」を当初、10話で終わらせる予定にしており
そのための最終話のストーリーも全部考えてあったそうでございます。



ところが氏の思惑に反して「 ゴルゴ13 」は
40年以上も連載が続く長寿劇画となってしまったわけで
思うに、何か事を始める前には
その最後を締めくくるものをあらかじめ作っておけば
それが一種の「 まじない 」と化し、長く続けることができるのではないかと。
そこで私、自分のブログにもその「 まじない 」をかけてやろうと
目論んだわけでございます。
そして現在までのところ、その「 まじない 」は
どうやら効果を発揮しているようでございます。



ビルの谷間で陽射しが入りにくい場末の隅っこに佇み
何を売っているのかよくわからないちっぽけな店のようなブログと
大作家が描く、世界を股に掛けて活動するスナイパーを狂言回しにした
一大叙事詩のような物語とを
同じ次元で扱っているようなことを書いてしまい
何やら忸怩たる思いがいたしますが
ともあれ引き続き私、当ブログの更新に禿げむ所存でございます.....






再チャレンジ




お目汚し、失礼いたします。



野党第一党、自民党の党首選がおこなわれ
安倍晋三氏が再び自民党総裁となりました。
現政権与党の民主党が頼りないせいか
おもだったマスコミはごぞってこのニュースを大きく取り扱っております。



党首選候補の五氏( 安倍晋三・石破茂・石原伸晃・町村信孝・林芳正 )のうち
石破氏は惜しくも安倍氏に敗れましたが
安倍氏は石破氏に幹事長のポストを付与するとのこと。
党内の現職議員よりも一般党員や一般国民の受けが良い石破氏を
重要ポストに据え
政権奪取を賭けた解散総選挙に備えて
強固な布陣を敷くつもりのようでございます。



まぁ与党に返り咲くのは結構な話でございますが
このかた、失礼ながら自民党与党時代に政権をほっぽり出して
総理の職を辞した人物でございます。
そういう点で、一抹の不安が無きにしも非ずといえましょう。



総理の器としてふさわしいかどうか
またぞろ閣議が学級崩壊状態にならないかどうか
ちゃんと漢字一文字で一年を総括できるかどうか
あるいは健康面は大丈夫なのかどうか
特に下痢、腹痛、食あたり、吐き下し、水あたり、軟便、くだり腹、しぶり腹、胃痛、胃弱、消化不良、頭痛、めまい、高血圧、尿道炎、尿路結石、前立腺肥大、インポテンツ、脱毛、10円ハゲなどに罹患するリスクの有無が
気になるところでございます。



特に今は、領土問題について近隣諸国とわが国の間で
外交関係がギクシャクしている状態でございますゆえ
仮に政権を取ればむずかしい対応を迫られることになりましょう。
鼻息の荒い相手国の言いなりになるわけにもいきませんし
柳に風と受け流していたら、向こうから飛んで来た鼻毛や鼻糞を
全身に浴びることになってしまいます。
殺虫剤まで撒かなくてもよろしゅうございますが
少なくとも除菌用のスーツやマスクは必要でございましょう。



賑々しく報道されている安倍氏の自民党党首就任でございますが
明るいニュースかどうかというのはまた別問題でございましょう。
そしてはっきり申しあげますれば、政権を担当する党や一国の代表が
コロコロ変わってしまうのは、できれば避けてほしいものでございますし
仮に変わるのを良しとしても入れ子やマトリョーシカのように
同じことの繰り返しは真っ平ごめんでございます.....