玄妙なる花




お目汚し、失礼いたします。



幼いころや若いころには
桜の花に対して関心など無かった私ですが
年を経るにしたがって親しみを感じるようになってまいりました。
なかでもソメイヨシノはその淡いピンクの彩りが
中年男と化した私の視覚にしんなりと入り込んでまいります。



俗に言う「 目に優しい 」というやつでございましょうか。
老いてくると、何かと刺激の少ないものが欲しくなるものでございまして
ソメイヨシノの花の色のように薄味の料理や静かな音楽
ほんのりとした香りや柔らかな感触といった
興奮よりも癒しをもたらすものに心惹かれてしまいます。



天気の良かった先日、仕事中に車で街なかを走っておりましたら
天界から降りて来た雲海のごときソメイヨシノの花によって
端から端まで一面にわたって埋め尽くされている公園を見かけました。
淡いピンク色の雲海の下、園内のあちらこちらでレジャーシートを敷き
赤ん坊や幼い子供と戯れている母親たちの姿を見ておりますと
ホッとするような思いとともに、逆に身の引き締まるような
不思議な緊張感さえ湧き出てまいります。



一昨日と昨日はあいにくの雨模様で、花もいくらかは散ってしまったようですが
しかし桜というもの、雨の日も晴れた日も曇天の日も深夜も
その折々の風情があるものでございますし
散れば散ったで、風雅な哀感に浸ることもできるのでございます。
しかし、やはりなんといってもその本領は満開のとき
まるで大地にピンク色の靄がかかったような光景の美しさでございましょう。



この時期、ソメイヨシノが咲き競う並木道や上述のような公園を見かけると
仕事など放り出して花見に出かけたくなってまいります。
まぁさすがにそれはできませんゆえ、そんなときは運転していた車を止め
にぎやかに咲き開いた夥しい数の花をじっくりと眺めて物思いにふけり
車から降りては暖かい春の風に顔をほころばせ
おもむろに目の前のソメイヨシノを見上げると
その太い幹を股にはさんで股間をこすりつけながら木をよじのぼり
枝を掻き分けピンク色の靄の合間からヒョコリと首を突き出して
「 アッ━━━━━!」と思いっきり叫んでみたいものでございます。



何やらピンク色の靄ではなく
ピンク色の象を見ているようなことを書いてしまいましたが
ともあれ桜というものは人間の心の琴線に触れる
玄妙な花だという気がいたします.....






澱まない水




お目汚し、失礼いたします。



一昨日の夕刻、私の店に新人の営業マンがやってまいりました。
常連の代理店の社員ではなく、まったくの飛び込みセールスでございます。
最近の若い衆にしては押しが強く、それでいて強制的な感じは一切なく
自信に満ち溢れた態度と巧みな話術は
まさに「 立て板に水 」といった印象でございました。



その営業マンを見ておりましたら、私が社会人になりたてのころに
同期入社した男性社員のことが思い出されてまいりました。
彼は決して話術が巧みだというわけではなく
必ずしも自信に満ちた態度でいたわけではなかったのですが
ただ一つこの営業マンと似ていたのは、話に澱みがなかったことでございます。



先輩社員から叱られたり
意地の悪いツッコミを入れられたりすることの多い彼でしたが
沈黙したり口ごもったりということが一切ございませんでした。
なんと申しましょうか、彼と話をすると必ず話が「 進む 」のでございます。
その方向性が前であろうと後ろであろおうと
とにかく話が何らかの展開を見せるため
彼と話をすると退屈したり、気詰まりになったりということが
ほとんどございませんでした。
そのせいか、女性関係の方もけっこうお盛んだったようでございます。



やがて私がその会社を辞めるころには
彼は一昨日前にやって来た営業マンのように
「 立て板に水 」の話術を会得しておりました。
そしてその後20年近く経ったころ
とある国際的な見本市会場で彼と出会いましたが
案の定、その会社の最前線で働くエース級社員となっておりました。



「 立て板に水 」の話術というのは、そういう技術より以前に
「 話を進める 」という衝動がなければ身に付かないようでございます。
立てチンに水をかけてフニャラせるようなセールストークばかりしている
私のような人間には習得できない技術なのかもしれません.....






廃棄処分




お目汚し、失礼いたします。



今日、私の店の事務所の掃除をいたしました。
忙しさにかまけてここ一ヶ月近く掃除をしていなかったため
埃が床のそこかしこに溜まっており
見た目はもちろん、喉や肺などの健康にも良くありません。



で、掃除機をかけようとしたのでございますが
不機嫌そうなモーター音が聞こえるばかりで、まったく埃を吸い込んでくれません。
さてはと思い、掃除機のふたを開けてみるとゴミパックが満杯になっておりました。
それも半端な満杯ではございません。
掃除機自体を内部から押し広げようとしているかのような、チョー満杯でございます。



さっそくゴミパックを取り外して新しいゴミパックに交換しようとしたのですが
なにしろゴミパックがチョー満杯でパンパンに膨れ上がっているため
掃除機から取り出すことができません。下手に取り出そうとすると
ゴミパックが破れて中身をぶちまけてしまいそうでございます。
どうにか苦労してゴミパックを取り出したのでございますが
小一時間もかかってしまいました。



アメリカで肥満患者を病院に運ぶ際、あまりにも体が重い上に
寝室のドアから出るのが不可能なほど体が大きすぎるので
患者を外へ運び出すために寝室の壁を壊している様子を
テレビで見たことがございます。
そういうやりかたなら確実にゴミパックを取り出せましょうが
不要なものを取り出して廃棄するために
必要なものを壊してしまうなど本末転倒でございましょう。



不要なものは早い目に処分しないと、困ったことになってしまいます。
私の場合、特に問題なのは実家の押入れの中に隠してある
大量のエロ本・ビニ本・アダルトビデオ。
これをいつ、どんな形で処分するか、実に悩ましいところでございまして
うかうかしているうちに私が突然死した場合を考えると夜も眠れません。
わざわざ自分が死んだ後のことまで心配しても無意味かもしれませんが
やはり気になるものでございます。



PC内の画像データや動画ファイルならいつでも簡単に削除できますし
遺言ソフトを使えば、私が死んだ後でも人知れず削除することが可能でございます。
しかし紙媒体や磁気テープ、光学ディスクはそういうわけにはまいりません。
往年の海外テレビドラマ「 スパイ大作戦 」に出てくるテープレコーダーのように
煙を発して自動的に消滅してくれるといいのですが
実家が火事になることを考えるとそれも困ります。



結局、恥を忍んで業者に処分や引取りを依頼するか
思い切り開き直って、フリーマーケットに出品して売りさばく
あるいはいっそのこと食べてしまう以外に道はないでしょう.....






動悸と胃痛




お目汚し、失礼いたします。



本日早朝、午前5時33分ごろ
兵庫県淡路島付近を震源とする震度6弱
地震の規模を示すマグニチュードは6.0の地震がございました。



大阪府にある私の自宅マンションも震度1の揺れがございました。
そのときの私、いぎたなく寝ておったのでございますが
枕元においてあった携帯電話が緊急地震速報を伝える
メールの着信音を発しておりまして
その通常とは異なったただならぬ着信音と同時に
ビリビリという建物の揺れを感じ、飛び起きた次第。



メールのメッセージを見ますと
「 強い揺れに警戒してください 」と表示されておりますが
警戒も何も、すでに揺れておるのでございます。
阪神淡路大震災のとき
ジェットコースターに乗っているかのような
ものすごい揺れを経験しておりましたので
そのときと比べるとたいした揺れではなかったのですが
この前の東北の惨禍が記憶に新しいため、ゾッといたしました。



18年前の震災のとき、しばらく小さな余震が続いておりまして
地震のあと当分の間、気が気ではございませんでした。
そしてとりあえず余震が治まってからも
ちょっとした揺れを感じると心臓が早鐘を打つようになってしまいまして
今もそんな状態でございます。そこへ今朝の地震でございました。



ただの揺れだけならまだしも
此度は携帯電話の警報メールのけたたましい着信音が
余計に危機感を煽りまして
何やら一瞬、悲愴な覚悟を決めるような気持ちになってしまいました。
揺れはまもなく治まり、心臓の鼓動も正常に戻りましたが
直後にネットで速報や関連情報を漁っていたら
近いうちに起きるだろうと言われている南海トラフ地震の
被害予測の記事にぶち当たりまして
またぞろ心臓の鼓動が早くなると同時に、胃まで痛くなってまいりました。



地震というものは健康に良くありません。
外傷ばかりではなく、心臓病や胃腸病など内科的疾患をも引き起こす
れっきとした「 リスク因子 」でございます。






カチン、コチン




お目汚し、失礼いたします。



私は喧嘩というものをほとんどいたしません。
何か「 カチン 」とくることがあっても
せいぜい「 コチン 」という程度のストレスにとどめるよう
精神状態をコントロールすることに日夜、務めておりまする。
しかしそれが必ずしも毎回うまくいくとは限りません。



先日の昼過ぎ、私の携帯電話にとある取引先から着信がありました。
はっきり申しまして、いわゆる「 波長の合わない 」相手でございます。
およそ一年ぶりに聞く声でございまして
二度と聞きたくなかったのでございますが
ビジネスの話でございますゆえ、いたしかたありません。



渋々電話に出ましたが
相手は会話のしょっぱなから私の名前を間違えております。
話しているうちに気づくかと思いきや、まったくそんな様子がないので
さすがにこちらから指摘いたしました。
指摘されると訂正はするものの、それがどうしたという口調でございまして
おまけに、仕事の話があるから今すぐこっちへ来い、というわけでございます。
複雑な見積もり計算をしている最中でしたが
とりあえず図面や書類を片付けて先方へ出向くことにいたしました。



先方の事務所で話を聞き、二、三、質問をしたのですが
こちらがちょっとした勘違いをして頓珍漢な質問をすると
何やら癇に障るような言い方であげつらうのでございます。
この御仁、自分の考えていることは他人も当然分かっているはずだ
という妙な信念があり、しかも人と会話をする際には
まるで独り言を言っているような喋り方で語りかけてくるのでございます。
そのため、こちらとしては相手が何を話しているのか
チンプンカンプンでございまして、しかも始末が悪いことに
そんな一人芝居のような話し方に対して
こちらがキョトンとしているという状況に当人は気付いておりません。
それが原因で以前、ちょっとしたトラブルになったこともございました。



そして以前からそうなのですが、このお方
こちらに対してビジネスの相手というよりかは
「 都合の良い 」下請け先と見ているフシがあり
馬鹿そうな奴だから利用するだけ利用してやろうという下心が
ミエミエでございます。まったくもって失礼な話でございまして
私は決して「 馬鹿そうな奴 」ではございません。
「 馬鹿な奴 」なのでございます。



商談を終えた私は、車を運転しながら自分の店への帰途に就いておりましたが
商談中の相手の態度や物腰を思い出し
遅まきながら「 カチン 」とくるものを感じてまいりました。
気を紛らわせるべくガムを噛み、カーラジオのボリュームを上げると
「 カチン 」というストレスは、どうにかこうにか
「 コチン 」というストレスにダウングレードいたしましたものの
木霊のように「 コチン……コチン…… 」と浮いては消え、浮いては消え
ということを繰り返しておりました。
そして不愉快な思いは消えるどころかますます強くなり
やがてセミオート射撃からフルオート射撃に切り替わった自動小銃のごとく
「 コチンコチンコチンコチンコチンコチンコチンコチンコ 」と
小さなストレスが連続して湧き上がるようになってしまったのでございます。



危険を感じた私は路肩に車を止め、深呼吸をいたしました。
こんなことで気が散って運転を誤り、事故など起こしては元も子もありません。
とりあえず落ち着きを取り戻し、無事に自分の店へ戻ったものの
しばらくは尾を引いておりました。



自分なりに精神面でかなりオトナになったと思っていたのでございますが
やはりまだまだ青臭いようでございます.....






計略婚




お目汚し、失礼いたします。



プロポーズのお膳立てや演出をするサービス業があるそうでございます。
先日、そのサービスを利用してプロポーズをする場面が収録されたビデオを
YouTubeで拝見したのですが
プロポーズがおこなわれようとしているカップルの周囲で
通りすがりの人間が突然踊りだしたり、わけのわからない小芝居を始めたりと
まるで大昔の日活の無国籍映画を見ているような印象を受けました。



これなどはほんの一例でございます。
男性がイイ気持ちでプロポーズをして
女性がロマンチックな気分で「 イエス 」と返事をするべく
当事者の雰囲気を盛り上げるために
いろんなパターンの演出やサービスがあるようでございまして
さながら明るく前向きな「 どっきりカメラ 」
癒し系の「 スターどっきりマル秘報告 」といったところでございます。



見ていて実に微笑ましく
プロポーズを受けた女性が感極まって泣いたりしている場面などは
こちらまでもらい泣きしてしまいそうになることもございます。
しかしあえて申し上げますが
これは形を変えた略奪婚だという気がしないでもありません。
大勢の人間や手の込んだ大仕掛けを使って男がプロポーズをしてきたら
女性としては「 ノー 」と言いにくいでしょう。
恋愛や結婚はお互いが自由な意思に基づいておこなうべきものでございます。



それに、こういったサービスが過激化・暴走化するおそれは無いのでしょうか。
レイプされそうになった女性を男性が助けるとか
男性が自殺を図ろうとするのを女性に引き止めさせるとか
飛行機をハイジャックした男性が女性を地上の楽園に連れて行くとか
プロポーズをするシチュエーションや演出が
そういうアグレッシブな方向にエスカレートする心配は無いのでしょうか。
いや、ひょっとしたらそういったサービスをおこなっている業者が
現に存在するかもしれません。



恋愛や結婚に計略は付き物でしょうが
あまりに度が過ぎるとろくなことにはなりますまい。
それは古くはシェークスピアの戯曲
「 ロミオとジュリエット 」の中に記されているとおりでございます.....






金髪とターバン




お目汚し、失礼いたします。



金髪の若い日本人男性が涙目で謝罪しております。
液晶画面の向こう側、YouTubeにアップされた動画の中で
しきりに恐縮している彼は俳優でございまして
大事な舞台公演に穴をあけてしまったことを詫びているのでございます。
聞けば公演時間を間違えて自宅で爆睡し
目覚めたときにはとっくに開演時間を過ぎていたとのこと。



そういう深刻な会見の場において
金髪頭で出てくるとは何事かという声も聞こえてきそうでございますが
私は逆に、自らの個性や自己主張を前面に押し出すための武装手段として
頭を金色に染めている若者が、世間の一般常識の軍門に下って捕虜となり
自己批判をさせられているように見え
むしろ痛々しい( 「 イタイタシイ 」ではなく )という印象を受けました。
そして同情心が芽生えると同時に
彼の謝罪や釈明に少なからぬ説得力を感じたのでございます。



私の場合、このようなすっぽかしはございませんが
社会人になりたてのころは出勤の際の遅刻がひどぅございました。
常日頃から朝早く起き、時間に余裕を持った状態で
通勤に出かけるようにしていたのですが
ついつい寝坊をして電車に乗り遅れてしまうのでございます。
自分でもあきれるほど頻繁に、会社の始業時間に遅れてしまいまして
面と向かって上司や会社から謝罪や釈明を求められることは
一回もございませんでしたが、遅刻した時の周囲の冷たい視線には
ある意味、殺人的なものがございました。



そんなおり、何かの雑誌かテレビ番組の中で
インドではバスが時刻表どおりに来たためしがない。
そしてインドの人々はそれが当たり前だと思っている
というようなことが語られていたのを見たことがございました。
そのとき私は、あぁ、なんと大らかな国だろう。
自分もインドに住み、インド人になってみたいと痛感いたしました。



そしてインド人というと、両手を合わせて「 ナマステ~ 」
と申す挨拶が有名でございますが、どんなに遅刻して出社しても
頭に白いターバンを巻いてインド人になりきり
「 ナマステ~ 」と挨拶をしながら出社すれば

『 彼はインド人だからしかたがない 』

『 私たちとは風俗習慣、ものの考え方が違う 』

と周囲は理解を示してしてくれるのではないかと思いつきました。
そうすることによって、たとえ遅刻したとしても
タイムカードを押して自分の職場へ入るときに感じていた
あの冷たい殺人的な視線は消えうせるだろうと考えたのでございます。
もちろん実践したわけではございません。



もうじき五月でございますが
今年入社した新入社員のみなさま、社会人一年生のみなさま
いかがお過ごしでございましょうか。
そろそろ五月病に悩まされているかたもおられることかと存じますが
その一方で、職場や仕事に慣れすぎて気分がたるみ
遅刻という失態を繰り返してしまうかたもおられるのではないでしょうか。



そんなあなたに私からの忠告でございます。白いターバンを頭に巻き
両手を合わせて「 ナマステ~ 」などと口走りながら出社するのは
おやめなさいませ。少なからぬ説得力など、望むべくもございません。
たちまち会社から「 ポイ捨て 」にされてしまいますゾ~






忍び寄る憂鬱




お目汚し、失礼いたします。



全国的にゴールデンウイークでございます。
海外旅行へ行かれる方、国内の観光地やレジャースポットへ出かける方
自宅でマタ~リと過ごされる方と、皆様それぞれ色々な形で
この長い休みをお過ごしになられるのではないかと存じます。
人によっては有給休暇と組み合わせて
盆休みや正月休みよりも長い休みを楽しまれる方もおられましょう。



そういった方々に水を差すようなことを申し上げて恐縮ではございますが
いかにゴールデンウイークといえども、来月の6日には最終日を迎え
翌7日からはまた仕事に勤しまなければならないのでございます。
また私のような自営業者にとっては
いつまでも休みが続くのも困るわけでございまして
いずれにしろお休み気分はやがて終焉を迎えざるを得ません。



休みとはそこへ至るまでがヤマ場でございましょう。
いったん休みに突入すれば、それはもはや「 終わりの始まり 」なのでございます。
そしてそれは大型連休に限らず、土曜日曜といった通常の休みについても
同様なのでございまして、時間が経過するにつれて
休みになったという高揚感は薄れていき、盛り下がるばかりなのでございます。
そして次第に「 明日からまた仕事だ 」という憂鬱感
いわゆる「 サザエさん症候群 」が忍び寄ってくるのでございます。



日曜日ではないものの、5月6日にはさぞかし多くの方々が
「 サザエさん症候群 」「 笑点症候群 」「 NHK大河ドラマ症候群 」に
悩まされることとなるでしょう。しかし皆様、お気持ちは分かりますが
決して「 遠くへ行きたい症候群 」などを患って周囲に迷惑をかけぬよう
くれぐれも御注意くださいまし.....