拙速と失速




お目汚し、失礼いたします。



あれは嘘だった、という洒落のつもりでもないでしょうが
よりによってエイプリルフールの昨日4月1日
理研はSTAP細胞に関する一連の疑惑について調査結果を発表し
研究データの一部に捏造や改竄があったことを認めております。
ただ、STAP細胞が実在するか否かについては明言しておりません。



「 捏造 」や「 改竄 」という言葉の響きには
なにやら毒々しくて背徳的なものがあり
これらの言葉が調査結果として出てきたからには
「 STAP細胞 オワタ 」という印象が拭えません。
もっとも、STAP細胞の発見者である小保方晴子女史は
この調査結果を不服として異議を唱えており
記者会見をおこなうことも視野に入れているそうでございます。



実にイヤ~な展開でございます。
世界的な大ハッケンと鳴り物入りで報道されていたものが
きちんとした形で検証されてはいなかったという拙速感と
それを知ったことによる落胆から来る失速感が
世に蔓延してしまいそうな気がいたします。



そういった拙速感と失速感の裏返しでしょうか。
ネットでは露骨な「 小保方叩き 」をおこなう
一部の心無い人々がいるようでございます。
気持ちは分からないでもないですが、相手はか弱き女性科学者。
せいぜい、あの大きな鼻の穴にノーズフックを装着して公の場に登場し
涙ながらに謝罪会見をすればそれでよしと
水に流してやるべきでございましょう。



とはいえ小保方女史、さぞかし鼻毛が濃いかと存じますので
ノーズフックなどをいたしますれば
吊り上った鼻孔から鼻毛がウニのように飛び出してしまい
グロ映像となるのは必至。
少なくともテレビを通しての謝罪会見は、避けたほうがよろしゅうございましょう.....






本能が変




お目汚し、失礼いたします。



去る3月29日にNHKの連続テレビ小説「 ごちそうさん 」が
最終回を迎えました。
視聴率は関東地区において平均で20㌫以上もあり
前作の連続テレビ小説「 あまちゃん 」同様
かなり評判は良かったようでございます。
もっとも、ハリウッドで活躍している日本人俳優の娘が
日本の国営放送制作のドラマで主役を演じますゆえ
番組に対して何らかの特別な根回しやテコ入れ
あるいは下支えがあったとも考えられますが。



一方、日曜の夜のNHK大河ドラマ「 軍師官兵衛 」の方ですが
ことさら視聴率が悪いというわけでもなさそうなものの
かといって飛びぬけて大評判というわけでもないようでございます。
このドラマ、私がときおり拝見して思うのですが
何やら「 勢いが無い 」という印象が否めません。
登場人物たちのキャラクターに「 張り 」が感じられないのでございます。
特に織田信長を演じる江□洋介氏に、迫力がございません。
何やらおとなし過ぎるのでございます。



まぁ御存知のとおり、織田信長は本能寺の変において
自害するわけでございますが
制作サイドとしてはそのときに何か思い切った演出をして
視聴率の底上げやテコ入れをするつもりなのかもしれません。
江□洋介氏もその際、鬼気迫るような、あるいはそういった次元を超越した
ある意味、病的なほどの過激な演技を披露して
スタッフはもちろん、視聴者の度肝を抜くつもりかもしれません。



その場合ですが私が思うに、気性の荒いサディストのような
残虐な一面を持っているという織田信長の一般的なイメージを打ち破り
むしろ逆にマゾヒストだという設定で演出がおこなわれるのではないかと存じます。
そのときこそ江□洋介氏がこれまでのなんとなくおとなしい演技を脱ぎ捨てて
思わず撮影スタッフが引いてしまうような
エキセントリックでマニアックでアブノーマルな行為に及ぶのではないかと
私、ひそかに期待している次第でございます.....






レクイエム




お目汚し、失礼いたします。



明日2014年4月9日、Windows XPのサポートが終了いたします。
これによりWindows XPを オペレーションシステム
オペレーティングシステムとして動いているコンピュータは
Microsoftによるサポートサービスを享受できなくなります。
そのため、これらのコンピュータをインターネットにつないで使用すると
ウィルス感染やハッキングに対して無防備になり
セキュリティ上のリスクが極めて高くなってしまいます。



Microsoftはもちろん、各PCベンダーは
新しいOSへの乗換えやコンピュータの買い替えなどを呼びかけておりますが
ユーザーの中には、あえて新しいOSやコンピュータを導入する必要性が無い
IT環境がXPを基本に構築されている、経済的にムリ、といった理由で
乗り換えや買い替えをおこおなわないかたもおられるようでございます。
某信用金庫の調査によるとO阪府とA崎市の中小企業のうち、
約20%がサポート終了後もXPを使い続けると回答しているとのこと。



まぁユーザーそれぞれにさまざまな御事情がありましょうが
リスクは回避するに越したことがございません。
「 そ~れナニワのドケチ商人ども~、これでも食らえ~~ 」とばかりに
XPを狙ったウイルスをばらまくような輩がいないとも限らないのでございます。



それはともかく、思えばXPには長きに渡ってお世話になりました。
これまで95、98SE、MEと窓印のOSにはお世話になりましたが
XPはもっとも長期間にわたってつきあってきたOSでございます。
仕事やプライベート上での様々なデータの作成、専門用語や地図の検索
あんな画像  や、こんな動画   のダウンロード
その他モロモロの作業で大変お世話になったのでございます。



また、その「 XP 」という名前の響きが
何やらスタイリッシュかつクールでございますし
セットアップ時のBGMが非常に耳に心地よく
これまで使ってきた窓印のOSの中では私、一番気に入っておりますゆえ
サポートの終了は残念でなりません。



今も私、XPのそのセットアップBGMを聴きながら記事を書いております。
XP搭載PCにおいて〔 スタートボタン 〕→〔 検索 ( S ) 〕と進み
「 title 」と入力して検索すると出てくるこの音楽、今あらためて聴いてみると
まるで今日のこの日のために用意されていたかのような
どこか「 レクイエム 」といった雰囲気を漂わせているのですが
そんなふうに感じるのは私だけでございましょうか.....






タブレットよこんにちは




お目汚し、失礼いたします。



思うところあって今年からタブレット端末を購入し
使い始めているのですが、なかなか慣れることができません。
OSが窓印ならまだマシなのでしょうが
あいにくとアンドロイドでございます。



文字の入力がままならず、ファイルの移動やコピー、ウェブブラウザの操作も
今ひとつ思いどおりにならず、つっかえつっかえという感じでございまして
当初の予定ではWindows XPのサポート終了時には
そこそこ使いこなせるようになっておきたかったのでございますが
どうやらまだまだのようでございます。



デジタルデバイドをヒシヒシと感じさせられました。
自分の努力が足りないのだというのはわかるのですが
何やらタブレットに意地悪をされているような気がしてなりません。
生意気で気まぐれな小娘にいいようにあしらわれている
オジサンのようでございます。
これがリアルの小娘なら鼻の下と臍の下を伸ばして
多少なりともいい気持ちになりましょうが、相手は平たい機械でございます。



先日もよせばいいのに
目覚まし時計のアプリをダウンロードして使い始めたのですが
アラームを止める方法を確認せずに眠り込んでしまいました。
で、朝の6時半ごろにセットしていたアラームが鳴り始めたのですが
眠くて眠くて仕方ないため、とりあえずアラームを止めようとしたものの
どうやって止めればいいのかが分かりません。



寝床で横になったままタブレットをかざして
寝ぼけ眼であちこち弄っておりましたら手がスベってしまい
落下したタブレットの角が私の額にまともにぶつかりました。
眉間に激痛が走りまして、その激痛よりもむしろ自分の
「 痛ぁ━━━━━!!」という叫び声の大きさで目が覚めてしまった次第。



一方、いまいましいタブレットはというと私の額の上で跳ね返り
布団の上に落ちましたが、何事も無かったかのように涼しい顔をして
アラームを鳴らし続けております。
しかたなく私はタブレットの電源を切ってアラームを止めました。
額の上だから良かったようなものの、目玉の上で跳ね返っていたら
私の眼球はどうにかなっていたかもしれません。
まったくとんでもない跳ねっ返り娘でございます。



人間の小娘にしろタブレットにしろ
寝床での扱いには要注意でございます。
皆様どうかくれぐれもお気をつけくださいまし.....






月給泥棒も三年




お目汚し、失礼いたします。



4月に入ってはや半月。
新社会人の皆様、いかがお過ごしでございましょうか。
まだ仕事内容や職場の雰囲気に溶け込めていない方も
いらっしゃるのではないでしょうか。



私も社会人一年生の頃には仕事のこと、職場の人間関係のことなど
あれこれと悩んだものでございます。
高卒で私よりも早く社会人となった友人がいるのですが
彼も私同様、やはりそういったことで困り果てておりました。
そんなとき彼は、トイレの個室で息を殺して
男泣きに泣いたそうでございます。
さぞかし辛かったのでございましょう。



就職して間もない頃、色々と悩むことの多かった私に
友人はそういった自分の体験談を聞かせて励ましてくれたのでございます。
その話を聞いてから私、友人と同様に辛い時、苦しい時には
トイレの個室で息を殺して男泣きに泣き
頭をスッキリさせてから仕事に精を出そうと決心いたしました。
そしてその翌日から足取りも軽く
職場へと通勤するようになったのでございます。



その友人には感謝しております。
彼が自らの苦い体験談を語ってくれたからこそ私は
就職してから一ヶ月も経たずに勤め先を辞めようとしていたところを
踏みとどまることができたのですから。
今ここで改めて礼を言いたいのですが
しかし正直に申しますと私、実際には友人とはいくぶん違った形で
辛い思いを乗り切っておりました。



実は辛い時、苦しい時にトイレの個室で私がやっていたことは
息を殺して男泣きに泣くことなどでは毛頭ございません。
最初はそのつもりだったのですが
男泣きに泣こうとトイレの個室に入った途端
妙な解放感から別のことをおっぱじめてしまったのでございます。



有り体に申せば
「 頭をスッキリさせてから仕事に精を出す 」のではなく
「 精を出して頭をスッキリさせていた 」のでございます。
そして個室のトイレットペーパーが
本来は男泣きで流した涙を拭くために費やされるべきところ
別の用途で消費されておりました。



しかもこういったたぐいの「 スッキリ 」は
効果が長続きいたしませんゆえ
勤務中にスキあらばスッキリさせようとトイレへ行くことばかり考えてしまい
仕事もはかどりません。もっとも、それが半ば楽しみになってしまっていたため
勤め先を辞めようという気は起こりませんでした。
その結果、3年近くも私はその会社に居座っていた次第。
恐るべき月給泥棒でございます。



石の上にも三年と申します。
事情があって私、その会社を三年足らずで辞めざるを得なくなりましたが
新社会人の皆様、あまり肩に力を入れず、あれこれ悩むよりも
月給泥棒をやっているような気分で
とりあえず3年は会社や勤め先に居座ってみてはいかがですかな。
雇用主にとっては迷惑でしょうが、月日を重ねることによってしか
見えてこないものも有るかもしれませんゾ.....






Cat-and-mouse game




お目汚し失礼いたします。




実に腹立たしいのでございますが
一年ほど前から私の仕事上のメールアドレスに
迷惑メールが頻繁に入ってくるようになりました。
この手のメール、返信はもちろん
下手に開けたりするとウィルス感染の恐れもございますゆえ
スルーして削除するよりいたしかたございません。



メッセージルールを設けて受信しないようにしているのですが
敵もさるものでございまして
ルールをすり抜けて毎日のように入って来ます。
きりがないので、もう放っておこうか
いっそメアドを変えてしまおうかとも考えましたが
相変わらずイタチごっこを続けております。



仕事で使っているメアドですので
おいそれと変更するわけにはいかないのでございます。
そのため迷惑メールのチェックとそれを遮断するための
ルール作りが毎日の日課となっているのですが
最近、本当に自分は迷惑メールを嫌がっているのか
実際のところ、迷惑メールのチェックやルール作りを
楽しんでいるのではないかという気がしてまいりました。



現在、私のメッセージルールには
数多くのNGワードが登録されております。
下半身に関係する言葉からカネ絡み・ギャンブル絡みのフレーズ
記号や顔文字などが延々と並んでおりまして
最初のうちは眉をひそめて見ていた大量のそれらが
近頃では私の業務実績のように思えてきて
ああ、自分もよく頑張っているなぁ
これからももっと頑張ろうという気になってまいります。



明後日の月曜日、自分の店へ行ってメールをチェックすると
おそらくまた何通か迷惑メールが受信されていることでございましょう。
何やら ((o(´∀`)o)) ワクワクしてまいります。
さぁ〜、件名は何だろうなぁ。オメコかな〜、チンポかな〜
それとも9800万円かなぁ~



「 嫌よ嫌よも好きのうち 」「 借金も財産のうち 」「 変質者も趣味人のうち 」
ということわざが妙にリアルに思える今日この頃でございます.....






影武者




お目汚し、失礼いたします。



アメリカの大統領が日本を訪問いたしました。
18年ぶりとのことでございます。
安倍首相とオバマ大統領が日本の寿司屋で食事をしている様子が
テレビで流れておりまして、和やかな雰囲気が感じられましたが
同時進行しているTPP交渉が
結局あまりうまくいかなかったことを考えますと
何やら白々しいものも感じます。



また、TPP交渉で担当大臣や役人が四苦八苦しているさなかに
寿司屋で一杯も無かろうがという声も聞こえてきそうでございますが
さもありなんでございます。
まるで受験勉強に打ち込む息子のそばで
イチャつきながら大人のオモチャに興じている
両親の姿を見ているようで、いただけません。
もっとも、じゃあ鹿爪らしい顔をして
不味そうに茶を啜っている首相と大統領の姿を見ていれば
イイというわけでもございませんが。



それにしても米国大統領オバマ氏
なかなかエネルギッシュな印象がございます。
若いということもありましょうが
やはり体格の良さが影響しているのでございましょう。
日本を訪問後すぐに韓国を訪れておりますが
あまり疲れた様子が感じられません。
ずいぶん昔、日本を訪れた老齢の米国大統領は
過密スケジュールと疲労の蓄積から
晩餐会で「 ブッシュ〜〜!」とゲロを噴きながら卒倒しておりましたが
オバマ氏からは、そんな様子が微塵も感じられません。



精巧にできたロボットではないかと勘ぐりたくもなりますが
ロボット技術に関しては最先端を走っている我が国でございます。
これからは首相や大臣や役人をこっそりとロボットにすり替えておき
交渉や議論を彼らにさせてみてはいかがでございましょう。
知力・体力ともに優れている諸外国の交渉担当者と戦って
我が国が勝ち残る方法は
それしか残されていないような気がいたします.....






官能の雨音




お目汚し、失礼いたします。



先日、お得意様の自宅の前を歩いておりましたら
街路樹の葉に小さな芋虫が何匹もへばりついているのを見ました。
なんという名の虫なのかは存じません。
体長は3㌢弱、灰色っぽい体でございました。
芋虫のせいで街路樹の葉がいくらか食い荒らされております。



私どもが少年の頃は、アメリカシロヒトリという毛虫が大量発生して
自宅近所の街路樹を食い荒らしておりました。
市役所によるたびたびの駆除によって今ではほとんど見かけませんが
先日見た芋虫は、果たして新手の害虫が大発生する
前触れなのでございましょうか。



これから気温はどんどん暖かくなり
夏に向かってさまざまな昆虫が生命活動を活発におこなうことでございましょう。
20年近く前ですが、大阪府の北部、豊能地域のあたりを
仕事で訪れたときのことでございます。
5月か6月でございました。
蒸し暑い午後で、にわか雨が降ったあとの雨上がりの町を歩いておりましたら
近くの林から何やら雨が降るような音が聞こえてまいります。



はて…雨はもう止んだはずだが……
現に空は一面の快晴で、雨を降らせるような濁った雲は一片も見当たりません。
好奇心からその林の中に分け入ったところ
雨の降るような音はますます激しさを増してまいります。
不可解さは募るばかりで、蒸し暑い林の中で上を見上げたものの
落ちてきたのは私の額を転がった汗の玉だけでございまして、やはり空は快晴。
で、何気なく視線を下に降ろしたところ、疑問は氷解いたしました。



なんと雨の降る音だと思っていたものは
生い茂っている草木の葉を食む芋虫の咀嚼音だったのでございます。
林の中で大小さまざまな無数の芋虫たちが一斉に葉を食らい
その咀嚼作業がシトシトと雨音のようなものを発していたのでございます。
思えばキモいことこの上も無い光景だったはずでございますが
不思議と嫌悪感や恐怖の類は感じませんでした。
芋虫たちの体色が保護色となって葉に溶け込んでいたため
じっと凝視しなければそれと気づかなかったのでございます。



そのため、キモさよりもむしろ芋虫の持つ生命力の息吹のようなものを感じ
その見えないエネルギーに触発されたのでございましょうか。
全身を芋虫たちにシトシトと甘嚙みされているようなむず痒さを覚えて
私の股間の芋虫がオッ立ってきたのでございます。
これ以上そこにいると、右手を動かさずとも
ブリーフがグッショリと濡れてしまいそうでございました。
私は慌てて林の中から飛び出したのでございます。



インターネットをさまよって集めたエロ画像やHビデオに対して
いくぶん食傷気味になってきた昨今の私。
此度のゴールデンウイークは、おぼろげな記憶を頼りに
あのときの林を捜し求めて、さまようことにしようかと思案中でございます.....