昼下がりの悪夢




お目汚し、失礼いたします。



私が高校生だったころの
国語の授業でのことでございます。
午後からの授業で
教室全体にはけだるい眠気が漂っておりました。
目蓋が体重よりも重く感じられるほどでございましたが
教師が居る前でその眠気にどっぷりと浸り
机に突っ伏して寝込んでしまうほどの勇気は
生徒たちにはございません。
そのかわり、眠気を紛らわせるために
囁くような私語やお喋りが教室を埋め尽くしておりました。



中には机に頬をくっ付け
目を閉じて夢の世界を彷徨している者も何人か居ましたが
クラスの生徒の半数近くが虫の羽音のような囁き声で
ムダ話に花を咲かせておりました。
一応、私はお喋りもせずに
黒板と国語の担任の男性教師の方を見つめておりましたが
その実、何も見ておらず
ただボンヤリとしているだけでございました。



教材は森鴎外が書いた短編小説「 阿部一族 」でございます。
国語の教師は教室の中をぐるぐると歩き回りながら
内藤長十郎という10代半ばの武士の
切腹前のくだりを説明しているのですが
昭和50年代に生きている10代半ばの平民たちには
退屈で仕方ありません。
やがて教室を覆っていた虫の羽音は
あからさまな人間の会話へと
ボルテージが上がってまいりました。



そのときでございます。
教室内を歩き回っていた国語の教師が
突然立ち止まって言いました。

「 なぜお茶漬けだったか分かるかな?」

内藤長十郎が、切腹をする前にお茶漬けを食するのですが
これから死出の旅に立とうという者が
人生最後の食事をするにあたって
なぜお茶漬けのような簡単な食事で済ませるのか
それを教師は問うているのでございます。



そのとき、教師の近くの席には私を含めて
5、6人の生徒が居ましたが
教師がそばに居るので
さすがにお喋りや居眠りはできません。
黙って教師の方を見ておりました。

「 首の切り口から、食べたものが飛び出るんだよ 」

切腹をするときは介錯人がそばにいて
切腹人が腹を切ると即座にその首を刎ねます。
そのときの勢いや内臓の圧力によって首の切断面から
食べたものが噴き上がるというのでございます。
そのため、豪勢な馳走を食していると
切腹をしたときにかえって醜態をさらすことになるので
武士は切腹の前には食事を控えるか
またはお茶漬けのような地味なもので済ませるとのこと。



国語の教師はそのことを淡々と説明しておりましたが
私を含めた5、6人の生徒は
薄気味悪いその話に眠気が吹き飛び
半ば唖然としたような顔で
国語の教師の話を聞いておりました。
何も知らない他の生徒はお喋りに興じておりましたが
私を含めたその5、6人の生徒のところだけ
重力が10倍ぐらいに増えたような
異質な空間と化しておりました。



私は首の切断面よりむしろ
切り裂いた腹の方が気になりました。
食べたものが飛び出す勢いは
こちらの方が凄まじいのではないかと思ったのですが
なぜか教師はそのことについては触れません。
それがなおいっそうグログロしさや不気味さを醸し出し
何やらひどく気持ち悪ぅございました。



終始おだやかな口調で喋り
特にこれといって目立つところのない
メガネをかけた初老の国語教師でございました。
この教師がなぜあのような気味の悪い話をしたのか
判然といたしません。



ざわついた教室を静めようとしたのかもしれませんが
ならば教室いっぱいに聞こえるような声で
話をするはずでございます。
とはいえ、この手の話を大声で話すと
むしろ興ざめする場合もございましょう。
たまたま近くにいた5、6人の生徒を怖がらせるのが目的で
話しただけなのかもしれません。



けだるい昼下がりの陽射しが差し込む教室に
忽然と悪夢を垣間見せてくれた不思議な先生でございました.....






消える即興師たち




お目汚し、失礼いたします。



昨日、仕事を終えて帰宅途中に
某ディスカウントストアに寄りました。
ドリンク剤と菓子を買うためでございまして
一箱10本入りで税込み600円弱のドリンク剤と
2袋で500円強の徳用サイズのチョコレート菓子を
購入いたしました。



店内には、その店のイメージソングが
賑々しく楽しそうに流れておりました。
曲のジャンルとしてはいわゆる「 音頭 」でございます。
曲の合間に「 あ、ソレ!」とか「 ヨイショ!」とか
合いの手が入る類のものでございます。



何やら騒々しい感じはいたしましたが
そのユーモラスな曲調とベタな歌詞に
思わず微笑んでしまいそうでございます。
しかし周りの買い物客を見てみると
微笑んだり笑ったりしているかたが一人としておりません。
何やら気詰まりになってしまい
しかたなく私、能面のような顔で買い物をいたしました。



曜日や時間帯が影響していたのかもしれません。
そのときは火曜日で夜の9時過ぎ。
客の大半は勤め帰りの人間で、その数もまばら。
子供連れの客はまったく見かけませんでした。
これが週末の夕方ごろだと
状況はまた違っていたことでしょう。



一昔前ならば
ディスカウントストアに限らず
また曜日や時間帯を問わず
にぎやかでユーモラスなBGMが流れている店には
曲に合わせて歌ったり踊ったりするかたが
一人か二人はいたように記憶しております。
しかも子供や若い世代以外に
イイ年をした中年や初老の男性客まで
そういったことに興じていたような気がいたします。



今はどの世代の人間もBGMを華麗にスルーいたしまして
軽く鼻歌を歌ったりダンスっぽく動いてみたり
というようなことさえ、なさらないようでございます。
もっとも、たまたま私がそういうお客さんを
見かけなかっただけなのかもしれませんが
私の個人的な印象としては、そういったかたは
昨今、めっきり少なくなったようでございます。



しかし気持ちは分からないでもございません。
今や携帯電話・スマホを通してYouTubeやツイッターへ
動画が手軽にアップロードされる御時勢でございます。
なにか目立つことをしてしまったばかりに
その姿を撮影され、世界中に拡散されたらどうしようかと
無意識のうちにブレーキがかかってしまうのも
無理からぬところかもしれません。



昔は良かったなどとは申しません。
あまりにもパフォーマンスが派手になりすぎて
アブない歌やいかがわしいダンスをおっぱじめ
他の客や店員とモメたりするリスクを考えれば
こういう現状の方が望ましいのかもしれませんが
ノリ過ぎのニイチャン、変なオッサン、おかしな爺さんが
次々と絶滅危惧種になっていくのは、ホッとする反面
イマイチ寂しい気がする今日この頃でございます.....






滅私奉公




お目汚し、失礼いたします。



つい先ごろ、ノーベル物理学賞を3人の日本人が受賞いたしました。
いずれも青色LEDの技術開発に関わった方たちなのでございますが
そのうちの一人、中村修二氏にまつわるニュースで

『 ノーベル賞、勝因は「怒り」=日本企業に苦言も―中村さん 』

というタイトルの時事通信社の記事を読みました。

http://www.jiji.com/jc/zc?k=201410/2014100800124&g=soc



このタイトル中の「 怒り 」というのが
具体的に何を指しているのかよくわからないのですが
記者は読者に対して、中村氏の過去の経歴から察してくれ
と申しているようでございます。
で、中村氏の過去の経歴を知らない読者には
その怒りの内容のヒントとなるようなことが
記事の中に書かれておりますが
何やらオブラートに包んだような
曖昧な表現に終始しているような印象が否めません。



察するに、青色LEDの量産化や汎用化に貢献したことに対して
勤めていた会社が提示した報奨金の額が2万円という
雀の涙のような端金だったことに対する怒りでございましょう。
何だ、随分と分け前が少ねぇじゃねぇか。
もっとよこせよ、この野郎というわけでございます。
しかしそれをそのまま記事にすると、当の中村氏が
「 俺のことを貶しやがって 」と
頭を赤色LED電球のように光らせて激怒するため
やむを得ずあのような曖昧な表現になったのでございましょう。



せっかくアベノミクスだ、景気回復だと
政府が旗を降っているのに
一向に従業員の給料を上げようとしない
日本企業のケチ臭さを考えれば
中村氏の言はもっともであり、説得力がございます。
しかし皮肉なことに政府は今、社員が発明した特許を
社員個人から会社のものにできるようにするべく
特許法を改正しようとしております。

http://www.jiji.com/jc/zc?k=201410/2014100900576&g=eco

一応、それなりの報酬を社員に与える
という条件付きではございますが
しみったれの日本企業が報酬をケチることは目に見えており
社員のモチベーションの低下や海外への技術流出が懸念されます。



政府も企業も日本人の滅私奉公思想によりかかり
あるいは胡座をかいているのかもしれませんが
現実はそんなに甘くはございません。
全部とは申しませんが、日本人の気質は
昔と比べればかなり変わってきております。
いつまでも上から目線でいると
いつかとんでもないしっぺ返しを喰らいますゾ~






タコイカ熟女




お目汚し、失礼いたします。



先週末のことでございますが
とあるお客様の御自宅へ集金に行ってまいりました。
或るお得意様の御紹介で承った案件でございまして
お支払いは堅いとのことでございましたが
なにぶん初めてのお客様でございますので
いくぶん緊張いたしました。



御自宅のインターホンを鳴らしますと
奥方様と思しき女性の声でお返事がございまして
こちらの身分と来訪の目的を告げましたら
柔らかで上品なお声で応じていただきました。
しばらく玄関のドアの前で待っておりましたら
姿を見せたのは目元がキリッとした
40代前半と思しきおきれいな御婦人。
私のことは御主人から伝え聞いていたようで
快く中へ招じ入れてくださいました。



お金をいただき、領収証を書いてお渡ししたあと
しばらく世間話などしてからおいとまを告げましたが
その御婦人、実に品が良く物腰が柔らかでございました。
割とラフな服装でいらっしゃいましたが
まるで和装の着物を着てお話をされているような印象でございます。
どこの上流階級出身のかたかと思いましたが
その反面、身のこなしや顔の表情が
非常に砕けた感じになることがございます。
あえてはっきり申しますなら、娼婦のような感じなのでございます。



しかも、そんな上品さと官能性とが
その御婦人の仕草や表情を介して
秒速よりも速いレベルでめまぐるしく入れ替わるのでございます。
文字で表現するのはむずかしいのですが
あえて申し上げるなら
まるで珊瑚礁や砂浜を泳ぎながら背景に合わせて体色を変え続ける
蛸か烏賊のようでございました。



私のような野暮で不調法な男には
女性というのは永遠の「 謎 」でございます。
それゆえ、その御婦人が
そのような不思議な雰囲気を漂わせている源が
奈辺にあるのか見当もつきません。
以前、風俗関係の職についていらっしゃったことがあり
そのときに身についたものなのでしょうか。
それともキツイ目をした42、3歳の熟女を目の当たりにして
ただ単に私の目がその色香に眩んでいただけなのでしょうか。



ともあれ、これからは
テレビの科学情報番組や海にまつわるドキュメンタリー番組で
スイスイと泳ぎ回る蛸や烏賊を見るたびに
この御婦人を思い出してしまいそうでございます.....






クシャミスト




お目汚し、失礼いたします。



日本列島を縦断した台風が去った後
急に冷え込んできたせいか
昨日あたりからクシャミがよく出るようになりました。
花粉症かとも思ったのですが、目の痒み等はございません。
気をつけないと風邪を引いてしまいそうでございます。



クシャミというものはみな同じように
「 ハックション!」と出るものだと思いがちでございますが
人によっては実に個性的なクシャミをされるかたもいらっしゃいます。
そういったかたを私は脳内において
アーティストならぬ「 クシャミスト 」と呼んでおりますが
ここで私が今まで出会ったクシャミストのうち
とりあえず今思い出すことのできる二人について
書いてみようかと存じます。



一人目は中学校の頃の同級生でございます。
背が高くて細身の男子で、顔つきはどこか大人びており
同じクラスに居ても上級生のような雰囲気がございました。
ところがこの男子の出すクシャミが
なんとも可愛らしいクシャミなのでございます。



クシャミの勢いは人並み以上でございまして
首を大きく上下させながらクシャミをするのですが、その声は

 クチュン!

と赤ん坊のオナラのようでございます。
その男子、ちょっとコワモテ風の外見でしたので
笑ったり、からかったりする者は誰もいませんでしたが
もしもこのクシャミを連続で発していたら
さすがに吹き出す者がいたかもしれません。



もう一人は私が会社勤めをしていたときの
所属部署の男性上司でございまして
その人もどちらかといえば見かけはコワモテ風でございました。
コワモテ風の男性のクシャミといえば
眉毛がつながったヒゲ面のオッサンが

 ハクショーーーン!! ええい、こんチクショウめ!

と豪快なクシャミをした直後に
わけの分からない罵倒をするというイメージがございますが
その上司は

 ヒェ ~ ~ ックション!

と、むせび泣くようなクシャミをするのでございます。



こういう、むせび泣くようなクシャミは割りとよく耳にいたします。
私もときおりそういったクシャミを発することがございますが
その上司、いつも「 ヒェ ~ ~!」というクシャミをしておりまして
おまけに外見とクシャミ声とのギャップがあり過ぎて
根はオカマかもしれないとか
いつも家庭で女房に虐げられているからそんな声になるんだとか
当時、色々と噂が飛び交っていたようでございます。



ところでクシャミというのは、
その出方を自分でコントロールするのは難しゅうございます。
その点、オナラならある程度コントロール可能でしょうから
意識して個性的なオナラを出すことは
クシャミより簡単ではないでしょうか。



今度はそういった「 オナリスト 」を見つけて
ブログに書いてみようかと存じますが
オナラというのはあまり人前でするものではございませんので
「 オナリスト 」を見つけるのは容易なことではないかもしれません。
それに「 オナリスト 」と書くと
何やら別のモノになってしまうような気がいたします.....






戦いの果て




お目汚し、失礼いたします。



嘆かわしいことではございますが
この地球上においては常にどこかで
政治的・経済的・民族的・宗教的な対立が原因で
国家間レベルでの戦いがおこなわれております。
いわば集団同士の戦いですが
戦いは単にそういった形にとどまらず
集団VS個人、個人VS個人というレベルにおいても
おこなわれております。



さらに申せば、同一の人間の中においてさえ
戦いが繰り広げられていると言っても過言ではないでしょう。
いわゆる「 内なる戦い 」でございます。



恥ずかしながら私
若い頃に自家発電のやり方を覚えてのめりこみ
そんな自分に対して嫌悪感や危機感を覚えておりました。
なんとかして自家発電とは縁を切ろうといたしましたが
これがなかなかむずかしゅうございます。



そこで回数を抑えるということに方針転換いたしまして
そのためのルールを作りました。
つまり一ヶ月に何回以内というふうに許容回数を決め
紙に書いた表のようなものを作り
ヌイた日や回数を記録していくのでございます。
そして、たとえば今月はあと3回しか
許容回数が残っていない。
じゃ、月末まであと3回で辛抱しようと
自分自身にブレーキをかけるのでございます。



しかし性欲旺盛な少年時代
ややもすると許容回数のストックを早々に使い果たし
翌月までの長い日にちを
悶々として過ごさなければならなくなることもしばしば。
月半ばにしてストックが無くなり
次の月までの半月あまりを
自家発電なしで暮らさなければならないときは
本当に辛ぅございました。



いっそルールを無視してしまおうかとも思いましたが
なにかとんでもないバチが当たりそうな気がして
それもできません。
したがって何とかして誘惑に耐えるのですが
正直なところ、その間の日常生活は
自家発電のこと以外は頭にあらず
早く翌月になってくれないかとカリ首を長くして待ち続け
月明けになったら、何をオカズにしようかと
そのことばかり考えておりました。



そして自宅に一人でいるとき
ふと気がつくと何も無い空中に指をかざし
非常にゆっくり、ゆ~っくりとした緩慢な動きで
自家発電をする時の動作を繰り返している自分がいました。
テレビドラマや映画で、外科医がメスも鉗子も持たずに
手術のシュミレーションをしているシーンが出てきますが
ちょうどあの動作に似たようなことを
やっていたのでございます。
もはや半ばノイローゼ状態でございました。



このように、あの頃の私は
自慰中毒と呼んでも過言ではない状態でございました。
しかしやがて時が経つにつれ、社会人となった忙しさから
そんなことに熱を上げるヒマも無くなり
自分をコントロールするスベを覚え
また体力的にも衰えたため
いつの間にか自慰中毒は影を潜めていたのでございます。



思えば私のこれまでの人生は
この自慰中毒との戦いでございました。
しかし戦い済んで日が暮れて
果たして私は勝利を手にしたのでございましょうか。
ただ単に不毛な消耗戦を続けて
疲弊しただけだったのかもしれません。
そして戦いが済んだのではなく
いわゆる「 精力減退 」という次元に突入しただけに
過ぎないのかもしれません.....






柳と創と縁




お目汚し、失礼いたします。



作家の柳美里氏が、エッセイの連載をしていた雑誌「 創 」から
原稿料の大半が支払われていないことを
自らのブログの中で暴露しております。



2007年からこの「 創 」という雑誌において
エッセイの寄稿をしていた柳氏ですが
最近、原稿料未払いを理由に寄稿を中断
エッセイは休載となりました。
そして休載の理由がこの雑誌の中で告知されていないことを知り
柳氏は自分のブログにて休載理由を述べたとの事。
自分が原稿を落とした
すなわち締め切りに間に合わせることが出来なかったと
読者に思われるのが不本意だったそうでございます。



この「 創 」という雑誌
私も読んだことがないのでよく知らないのですが
察するに反保守的な総合雑誌ではないかと思われます。
ライターは各方面でのプロの知識人が名を連ねておりますが
その内実はボランティアで運営されている
同人誌的性格の強い雑誌のようでございます。
そのため、執筆や取材、資料集めなどは
ライター各々が手弁当でおこなう場合もあるらしく
原稿料がコンスタントに支払われることは
期待できないというのが実情なのでございましょう。



これに対して柳氏は
自分は、作家が原稿料を払ってもらうという
当たり前のことを要求しているに過ぎない
というスタンスでございまして
ブログでは、かなり手厳しい調子で「 創 」の編集長の男性をこきおろし
原稿料不払いに対する恨み言が書き連ねてありました。
その内容は、やはり柳氏が女性であるせいか
理路整然として舌鋒鋭く
男性編集長の言い訳をあげつらって容赦なく責め立てるという
何やら「 言葉責め 」に通ずるものが感じられ
読んでいて股間がうずいてくるような衝動を覚えます。
きっと「 創 」の編集長も同じ気分だったことでしょう。



おそらく水面下では
何らかの話し合いがなされているのだろうとは存じますが
柳氏にとっても「 創 」にとっても納得のいく結論が
得られることになるのでしょうか。
もしそのような結論が得られなければ、柳氏と「 創 」との間には
エッセイの連載を開始した当初から
根本的なところで認識の相違があったことになりましょう。
「 金の切れ目が縁の切れ目 」と申しますが
柳氏の場合は
最初から「 縁がなかった 」と言うべきかもしれません.....






食べ物ではない




お目汚し、失礼いたします。



食欲の秋などと申しますが
気分的に落ち込んでいるときや
激しい不安、根深い心配事に悩まされているとき
当然食欲などございません。
しかし、だからといって食べなければ
健康を損なってしまいます。



私も、ときたまそういう状態に陥ることがございます。
本当なら食べたくないのでございますが
体調を崩して仕事に差しさわりが出るのも困り物。
ではどうすればいいかと私、考えつきました。
食べるという意識を完全に捨て去ってはどうかと。



まず、食べようとするオカズなり御飯なりを
食べ物とは認識いたしません。
「 栄養分を含んだ物質 」として捉えるのでございます。
また食事は「 食べる 」のではなく
「 栄養分の補給 」として意識いたします。
そして栄養分を効率よく体内に取り入れるためには
オカズや御飯を細かく砕かなければなりません。



そこで咀嚼でございます。
口の中にほおばったものを
食べ物ではなく物質として認識し
歯と顎で粉砕いたします。
咀嚼を繰り返すことにより唾液の分泌も盛んになり
食物の消化ばかりでなく
口内衛生にも好影響をもたらします。
私は一口あたり最低30回は咀嚼いたします。
理想としては200回ぐらいは必要ではないかと存じますが
時間がないときはいたしかたございません。



とにかく美味しい不味いは無視してひたすら咀嚼に努め
できればドロドロのゲロ状態にいたしまして
おもむろにゴックンと飲み下すのでございます。
このとき食べ物だと思ってはいけません。
栄養補給物質もしくは薬だと思って
飲み込むのでございます。
食べ物だと思ったり
間違ってもゲロだと思ってはいけません。
思った瞬間、本当にゲロを吐くことになってしまいます。



精神的にまいっている時でも
このように単なる栄養補給作業と割り切ってしまうことによって
私は一日3回、きちんと食事が取れました。
こうすることによって胃の負担も軽くなりましょうし
私個人の体験から申しますれば便通も良ぅございます。



楽しい食事というのが望ましぅございましょうが
いつもいつもそういうわけにはまいりませんし
別に食事が楽しくなくてもよろしゅうございましょう。
精神的ストレスが原因で食欲不振のおりは
みなさんもこういう対処の仕方を
一度お試しになってはいかがでしょう。
ただし効果のほどは保証できません。
あくまでも私個人の対処法でございます.....






拾ったモノ




お目汚し、失礼いたします。



私が高校生のときでございました。
いわゆる「 ヤンキー 」の少年が
クラスに一人、いたのでございます。
頭はリーゼント
顔はごつごつとしたいかつい顔でございましたが
学生服はフツーでございまして
髪形をのぞけば校則に違反している部分はありませんでした。
ただこのヤンキー、タバコを吸うという悪い癖がございまして
休み時間中、大っぴらに、あるいはコソコソと
紫煙をくゆらせていたのでございます。



何やら怖そうな雰囲気でございましたので私
できるだけ彼とは目を合わさず
口も利かないようにしておりました。
ところがどういうわけか
学校で私が廊下を歩いているときや
教室に戻ってきたとき、トイレに入ったときなどに
彼と出くわすことが多いのでございます。
しかもそういうとき、決まって彼は
これ見よがしにタバコを吸っておりました。



別に何か話しかけてくるわけでもなく
黙って立っているだけなのですが
なんとなく私と接触を図ろうとしているフシが感じられました。
私の行く先々に彼が居合わせるのは
単なる偶然に過ぎなかったのかもしれませんが
その頃は私も思春期真っ只中
感受性が鋭い年頃でございます。
たぶんアイツは、本当はタバコじゃなくて
僕の股間のショートピースを吸いたがっているのかもしれない。
これはあぶないぞ~~などと思い込み
不安と警戒心で学校へ行くのが
半ば億劫になっていたのでございます。



ところがそのヤンキー、それから一ヶ月ほど経ったころから
私の前に出没する頻度が少なくなってまいりました。
そしてどちらかといえばクラスで「 浮いていた 」ヤンキーの彼に
いつのまにか友達ができていたのでございます。
親しげに言葉を交わし
屈託無く笑い合う彼らの姿を見ていた私は
何やら荷が降りたような気分になりホッといたしました。



ただ、そのヤンキーと付き合っている生徒ですが
容姿がなかなかの美少年で、しかも筋肉質
おまけに学生服のズボンの上からでもわかるほどの
巨根でございます。
件のヤンキーがその美少年の股間の葉巻を吸ったかどうか
定かではございませんが、今から思えば私、すんでのところで
命拾いならぬケツ拾いをしていたのかもしれません.....