交流の場






お目汚し、失礼いたします。



カナダのバンクーバーで日本人女性が行方不明となり後に遺体となって発見された事件ですが
この女性を殺害した犯人と思われる男が捕まっております。
男は現地のホームレスで48歳の白人。防犯カメラにこの男と一緒に歩く被害者女性の姿が映っておりました。



この男、かなりの前科持ちで要注意人物だったとのこと。
女性はカナダに留学中で、比較的旅行慣れしていたようでございますが
なぜこのようなあぶない輩と知り合ってしまったのでしょうか。
現地には日本人留学生が地元住民と英会話を通じて交流する場が設けられていたそうですが
被害者はその催しに積極的に参加しており
容疑者もこの交流の場に姿を見せていたことがあるそうでございます。
そこで何か被害者と容疑者との間に接点があったのかもしれません。



日本人と現地の人々との交流の場というと
何やらたどたどしいながらも和気藹々としたイメージがございます。
しかしそんな微笑ましさにまぎれて、凶悪なものが牙を研いでいたということでございましょうか。
昔、村上龍の「 イン ザ・ミソスープ 」を読んだとき、米国から東京にやってきた殺人鬼フランクが
その本性を現す前に片言の日本語を喋る場面が出てまいりました。
不器用な発音をするフランクとそんなフランクを見ながら談笑する人々の微笑ましい光景を見て
安らぎか癒やしのようなものを主人公の若者は感じるのですが
似たような光景が英会話交流の場でも見られたことでしょう。



同じ日本人同士でさえ腹の底や本性はわかりにくいものでございます。
おまけに此度の事件、相手は人種も文化も違う異邦人。
見かけや話しぶりでさえ、その本性を知ることは困難なのに
ましてや名乗っただけではなおさらでございましょう。
容疑者の男、ウィリアム・シュナイダーというそうですが
そのスマートな名前から凶悪犯としてのニオイを嗅ぎ取ることは常人には不可能というもの。
外国には人物の名前としてマーラ・ケツマンとかメガチンポとかウンコビッチとかいう
不思議なものがあるそうでございまして、そういった名前なら警戒心にゆるみが生じないでしょうから
ある意味安心なのですが.....





                                       プロフィール画像2015圧縮前→fg→圧縮→jpg→FC2画像圧縮20150929

ウラミゴト






お目汚し、失礼いたします。



ちょいとカチンとくることがございましたが、他に吐き出すところがないため
この場を借りてネチネチと書かせていただこうかと存じますが
私が取引している仕入先のことについてでございます。



先日、お客様にお渡しする商品の製作に必要な部品を、とある仕入先に発注いたしました。
部品はすぐに届いたのですが、来たのは注文したものとは違うものでございます。
本来のものと同じ品質・同じ性能の部品なのですが
メーカーは違っており、値段も本来のものよりは安いものでございました。
同じ商品価値のもので値段が安いならこちらの方が良かろうと送って来たのでございましょう。
しかし事前に何の相談も無しでございますし
その部品を使って万が一何かトラブルが起きた場合、お客様に対して申し開きができません。



そこで順番が逆になりましたが、仕入先に電話を入れて担当者を呼び出し
当該の部品の品質や性能、本体との相性や互換性などを詳しく問い質したのでございますが
相手は「 品質も性能も同じものを提供しているのに、何が悪いんだ?」と言わんばかりの風情。
最初に応対に出た女性従業員の対応も悪く、木で鼻フックをしたような態度でございます。



まぁお世辞にも私の店は、その仕入先に売り上げ面で大きく貢献しているとは言いがたいため
そのような冷淡な扱いを受けたのかもしれませんし
以前からそのような空気は何となく肌で感じておりました。
一応、支払いはキッチリとこなしているため不良顧客とはされていないようですが
おそらくB級もしくはC級、D級、Z級顧客としてファイルされているのでしょう。
あるいは単なる「 面倒臭い客 」として末席に据え置かれているのかもしれません。



そこの仕入れ先の地金が見えたような気がいたしました。
物事を常にエロメガネで見ている私ですが
この仕入先に対して、これからは色眼鏡で見ることになりそうでございます.....





                                       プロフィール画像2015圧縮前→fg→圧縮→jpg→FC2画像圧縮20150929

悪い癖






お目汚し、失礼いたします。



駐車場で奇妙な光景を見ました。
軽自動車の前部座席に二人の男が乗っております。
運転席にはモッサリした中年男、助手席にはスーツにネクタイ姿の若い男が座っておりまして
その若い男が身体の位置を低くして屈み込むような動作を繰り返しているのでございます。
運転席の中年男の方に身体を傾けてその動作をおこなっているので
まるで中年男の腰の辺りに顔を寄せているように見えました。



得意先を車で訪問し、用事を終えてその会社の駐車場を出ようとしていたときでした。
駐車場の一部がその会社とは関係の無い月極の駐車場になっていて
ちょうど私の車が停まっている斜向かいの位置にある月極の駐車場に
軽自動車が停まっていたのでございます。
奇妙な光景は、その軽自動車のフロントガラス越しに見たわけですが
真昼間から見てはいけないものを見たような気がいたしました。



中年男は終始無言で、ときおりにやけた表情を顔に浮かべるのですが
若い男は無表情ながらも常に何か口走りながら
運転席の男の方に屈み込む動作を繰り返しているのでございます。
何やら中年男の股間に顔を近づけているかのようなその様子を見て私が真っ先に感じたのは

( 人前でイチャイチャするんじゃねぇよ!)

という怒りでございます。
そんなふうに感じたのは、つい最近も似たような場面に遭遇したからでございます。



場所は某ショッピングセンターでのこと。
センター内の広場で催し物が開かれており、その観客の一人としてイベントの様子を見ておりましたら
私から目と鼻の位置にいる夫婦が
イチャイチャイチャイチャ ネチャネチャネチャネチャしているのでございます。
二人ともイイ年こいた初老の夫婦と思しきカップルでございました。



女性の方よりもむしろ爺さんの方が積極的にじゃれ付いていて
後から抱きついて頬をこすりつけたり、肩を組んで耳元で何か囁いたり
それはもうこちらが恥ずかしくなるような有様でございます。
きっと目の前のイベントが終わったらラブホにでも行き
バイアグラの助けを借りて一発ヤルつもりなのでございましょう。



仲睦まじいのはイイことでございますが、あけっぴろげに他人に見せ付けるものでもございますまい。
その場には小さな子供もおりましたが、大人の、それも分別のプロたる世代の人間が
さような痴態に興じているのを見たらどんなふうに思うでしょうか。



数日前にそんなことがあったものですから
斜向かいの車の中にいる二人の男性に対して
違和感よりも先にイタイタシさや嘆かわしさ
そしてそこから湧いてくる怒りを感じてしまったのでございます。
不愉快な思いをしながら車のエンジンをかけた私は
その軽自動車の脇を通って駐車場を出ようとしましたが
そのとき、助手席から若い方の男がドアを開けて出てまいりました。



男は手にマニュアル本らしきものと、工具のようなものを持っておりました。
どうやら彼は車のディーラーの営業マンかサービスマンだったようで
運転席の下の方で修理か調整をおこなっていたようでございます。
そして顧客を運転席に座らせたまま、なんらかの説明をしていたのでございましょう。
モーホーの年の差カップルが、カーセックスの前戯に励んでいると
てっきり思い込んでいたのですが、思い違いだったのかもしれません。



しかし、そういった形の一種の「 プレイ 」だという可能性もございます。
たとえばマニュアル本と見せかけて中身は卑猥な写真が満載
中年男はそれを見ながら若い男に生尺をしてもらっている。
あるいは工具のようなものも見かけだけで、中身は電動式の大人のオモチャになっており
シガーソケットから電源を引いて中年男を若い男が楽しませている。……
そういった可能性も考えたのですが
あとから思えばさすがにそれは深読みし過ぎだろうという気がいたしました。



われながら最近、疑心暗鬼に囚われているような気がしてなりません。
あるいは人間同士の仲が良さそうな様子に嫉妬や僻みを覚えるようになったのかもしれません。
というよりも、物事に対して意地の悪い見方をする癖が付いてしまったのでしょうか。



いずれにしろ良くない傾向でございます。無邪気な少年の頃の気持ちに戻りたいのですが
考えてみれば私、少年の頃からこういう意地の悪い物の見方をする癖があったような気がいたします.....





                                       プロフィール画像2015圧縮前→fg→圧縮→jpg→FC2画像圧縮20150929

体感温度






お目汚し、失礼いたします。



何やら肌寒ぅございます。
気温はそれほど低くはないのですが
体感温度というやつが私のような冷え性のオッサンにはことのほか低く感じられます。
今日は帰宅時に冬物のハーフコートを羽織って帰りました。



途中、ドラッグストアに寄りました。
少しのどの調子がおかしかったので、うがい薬を買ったのでございます。
レジで品物といっしょにお釣りを受け取ったのですが、お釣りの硬貨が妙に温かぅございました。
熱いとまではいかないものの、まるでレンジでチンしたかのように熱を帯びているのでございます。



お釣りをくれた店員さんの顔を思わずガン見しました。
切れ長の目がチャーミングなエロっぽい熟女でございまして
ファッションモデルでタレントの川原亜矢子さんに似ております。
私の視線を華麗にスルーしたその店員さん、次のお客に「 お待たせいたしました~ 」と声をかけ
てきぱきとレジ作業を続けておられました。



その人の色気に煽られて硬貨が発熱しているのではないかという気がいたしましたが
実際のところはレジスターの中に入っていた釣り銭が、機械の熱で温められていただけなのでしょう。
そう言ってしまえば身も蓋もございませんが、今日のように何となく肌寒い日に
温かい釣り銭を受けとると、何やらホッコリしてまいります。
ましてやエロい熟女から温かい釣り銭をいただけば当然モッコリしてしまいます。



豊臣秀吉は織田信長の下で足軽として仕えていた頃、寒い日に鷹狩りに出かける主君のためを思って
信長の草履を胸元にいれて温めていたそうでございます。
川原亜矢子に似た熟女が、ふくよかな胸の谷間や陰毛に覆われたしっとりとした股間に
釣り銭を入れて温めている様子が一瞬頭に浮かび、胸がドキドキしてまいりました。
私は財布を開けてさっき貰った500円玉や10円玉などを取り出し
縮れ毛や粘液が付着していないかと調べてみましたが、何も付いてはおりませんでした。



ちょっぴり残念な気がいたしましたが
肌寒い日にエロい熟女から温かい釣り銭を貰ってホッコリしただけで
もう十分ではないかと自分を納得させた次第。
それに相手がエロい熟女だからイイのでございます。
むさくるしいハゲオヤジからもらった釣り銭に毛や粘液が付いていたら
私の体感温度は氷点下にまで下がってしまいましょう.....



                                       プロフィール画像2015圧縮前→fg→圧縮→jpg→FC2画像圧縮20150929

走り書き 2016年10月21日






お目汚し、失礼いたします。



このところリアルの方の生活が忙しくてブログの更新が捗りません。
言い訳めいたことを書くのは不本意なのですが
ブログに割く時間が確保できないのでございます。
時間はあるものではなく作るものだと申しますが
作るという作業にはけっこう手間がかかるものでございます。



それにたとえ時間を作って書くことができたにしても、色々とタイミングというものがございます。
特に今日のように鳥取で大きな地震が起きて余震が続いたり
何か悲惨な大事故・大事件が勃発したときなど
ついつい記事内容によっては投稿を躊躇してしまう場合がございます。
それは私に人間的な一面がある故なのか
それとも単に自分がヘタレで意志薄弱な日和見主義者である故なのか
あるいはその両方なのか、よくわかりませんが
少なくとも私がプロのブロガーや作家になれないことは確かなようでございます。



プロと申しますと、ちょっと気になるニュースがございました。
沖縄の米軍施設の建設工事に反対する住民に対して
警備に当たっていた機動隊員が侮蔑的な言葉を発したとの事。
これはどんな理由があるにせよ、許されることではございません。
反対派住民も機動隊員に対してずいぶんとひどいことを言ってるじゃないかという
機動隊員を擁護する意見もあるようですが
機動隊員というのは、こういった場や事案に関してのプロなのでございますから
何を言われてもプロならプロらしく冷静に対処すべきでございましょう。
もちろんそれは機動隊員に限らず、どのような分野のプロについても当てはまることでございまして
プロの市民についても同様でございます。



もっとも、この「 プロ市民 」というやつ、「 プロ市民なるものは、存在しない 」と平気で申しますゆえ
ごく一般的なプロの概念では把握できない、ちょっと変わったタイプのプロではないかと存じます.....





                                       プロフィール画像2015圧縮前→fg→圧縮→jpg→FC2画像圧縮20150929

ボブ氏の受賞






お目汚し、失礼いたします。



2016年のノーベル文学賞を米国のミュージシャン、ボブ・ディラン氏が受賞しております。
文学賞と銘打っているので、受賞の対象者は小説家や詩人だけかと思っておりましたが
音楽家も含まれるようでございます。
ともあれ毎年、小説家の村上春樹氏の受賞を期待している
いわゆる「 ハルキスト 」と呼ばれるかたがたにとっては残念な結果となってしまいました。



私がボブ・ディランという名前を初めて耳にしたのは中学生の頃だったかと存じます。
当時、ガロというフォークグループが歌う「 学生街の喫茶店 」という曲が巷でよく流れておりまして
その歌詞の中に「 ボブ・ディラン 」という名前が出て来るのでございます。
しかし私にはそれが人名だとは知る由もなく
曲名もしくはジャズやブルース、ロックやソウルといった音楽のジャンル名だと思っておりました。



そのころ、ラジオでこの曲が何度も何度も流れておりましたが
この「 ボブ・ディラン 」という言葉についての説明を聞いたことが私、一度もございません。
ことほどさようにボブ・ディランという名前は世間的に周知され
一般常識のようなものとして扱われていたのかもしれませんが
オナニーを覚えたばかりの中学生だった当時の私がフォークミュージックに興味など示すはずもなく
逆にどうして説明してくれないのだろう、世の中ってなぜこんなにもモノグサなのだろうかと
自らは人に尋ねようともせず、雑誌か何かで調べようともせず
理不尽な理屈に基づいた理不尽な思いに憤慨していたものでございます。



やがて時が経ち、私はボブ・ディランが世界的に有名なフォークミュージシャンだと知りましたが
そのときの私は高校生。
オナテクに磨きがかかり、センズリ街道一直線の性春真っ只中でございます。
「ボブ・ディラン? ふーん、あっそ 」てなもんで、さほど興味は持っておりませんでした。



それから何年か後、テレビでサム・ペキンパー監督の「 ビリー・ザ・キッド 21才の生涯 」という映画を見ました。
米国の西部開拓史時代に実在したアウトロー、ビリー・ザ・キッドの生涯を描いた作品で
主演はロック歌手のクリス・クリストファーソン。その映画にボブ・ディランが出演していたのでございます。
ボブ・ディランはビリーの仲間の役としてガンマンの格好をしておりましたが
私が見た印象では、あまり演技に身が入っているようには見えず
何やらモノグサな感じがいたしました。



ボブ氏が歌う「 風に吹かれて 」という曲は何度か聴いたことがございます。
とはいえ歌詞が英語であり、しかもボブ氏のあの寝言をつぶやいているような歌い方のせいで
あまり強烈な印象は受けませんでした。
そしてやはりモノグサな印象のある曲としか思えませんでした。



とにかくボブ・ディランというとモノグサなイメージしか湧きません。
聞くところによると受賞したことをボブ氏本人にノーベル賞の選考委員会が伝えようとしたところ
完全スルーの状態でどうしても連絡がつかず
しかもボブ氏の公式サイトからは、ノーベル賞を受賞したという経歴が削除されているそうでございます。
かといって受賞を辞退するという意思表明もございません。



ボブ氏がこのようなスタンスを取り続けるのは
世捨人のようなイメージが崩れるからとか
ダイナマイトを発明した人間に縁のある財団が授与する賞を貰うのは
平和主義者のボブ・ディランとしては抵抗があるからとか
色々と憶測が乱れ飛んでいるようですが
私にはボブ氏が単にモノグサだからというような気がしてなりません。
それとも、空気嫁とでも言いたいのでしょうか.....





                                       プロフィール画像2015圧縮前→fg→圧縮→jpg→FC2画像圧縮20150929

舌の下






お目汚し、失礼いたします。



少年時代に耳にしたお薬のCMソングで今も印象に残っているものが2つございます。
一つはトリブラという酔い止めの薬。
「 トリブラ、トリブラ、トリブララ~♪ 」という旧国鉄の新幹線の車内で流れていた曲に
商品名を乗せた替え歌でございます。
もう一つは痔の内服薬「 ヘモリンド 」のCMソング。
「 ヘモ、ヘモ、ヘモ、ヘモ、ヘモリンド! 」というだけの単純明快な歌詞とメロディでございました。



二つとも舌下錠というちょっと変わった服用法の薬でございました。
舌下錠というのは舌の下に入れてゆっくりと唾液で溶かしながら
口の粘膜から成分を吸収する薬でございましす。
薬というのは「 飲む・塗る・注射する 」という服用法しか知らなかった少年時代の私には
その服用法は非常にユニークに思えまして、この二つのCMソングが印象に残っているのは
曲のユニークさに加えて二つとも舌下錠という珍しいタイプの薬だったことが起因しているようでございます。
この二つ、現在も各メーカーの定番商品として売り出されておりまする。



で、この記事を書くに当たって「 ぜっかじょう 」という言葉を入力するとき
変換候補の中に「 舌禍 」という言葉が出てまいりました。
これは何らかの発言が元でトラブルを引き起こすことなのですが
まぁ今風に申せば「 炎上 」といったところでございましょう。
卑近な例で申せば、たとえば元フジテレビアナウンサーの長谷川豊氏が
人工透析患者について自らのブログ上において発した「 殺せ 」発言
あるいは日弁連のシンポジウムで披露された作家の瀬戸内寂聴氏の
「 殺したがるバカども 」発言でございます。



前者は人工透析患者に対する冒涜と受け取られ、後者は犯罪被害者に対する誹謗中傷とされ
結局おふたかたとも謝罪しております。
私は、おふたかたの考え方には承服しがたい部分が多々ございますが
それぞれ意図したところや真意とはかけ離れた形でその発言が広まってしまったようで
お気の毒な気がしないでもありません。
しかし、はっきり申しましておふたかたのあの発言は浅はかで思いやりがないとしか言いようがありません。
言葉というものは生きた人間が生きた人間に向かって発するものでございます。
言葉の刃だとか言葉の暴力とかいった言葉があることを
大手テレビ局の元アナウンサーや人間を諭す立場にある僧侶が
知らなかったでは済まされません。



それがどれほど刮目に値する主張であっても
それを伝える言葉の選択を誤れば毒にも刃物にもなりましょう。
良薬は得てして劇薬でございます。
そういった劇薬は舌の下に入れてゆっくりと溶かし、静かに身体に浸透させていくことによって
効き目を発揮するものでございます.....






                                       プロフィール画像2015圧縮前→fg→圧縮→jpg→FC2画像圧縮20150929

淫夢はふたたび






お目汚し、失礼いたします。



関西ローカルのテレビ局、朝日放送の局アナでヒロド歩美というかたがいらっしゃいます。
この女子アナ、一昨年に朝日放送に入社したばかりの25歳。
日本人とオーストラリア人のハーフ女子とのことですが
何やら小動物のような顔をしたチャーミングなかわいいかたでございます。
そのヒロド歩美さんですが、某スポーツ新聞の報道によれば阪神タイガースの
藤波選手と交際しているとのこと。



若い女性が恋をしたくなるのも無理はございませんが
私個人としては得体の知れない一抹の不安が拭いきれません。
と申しますのも、同じ朝日放送の局アナ出身で
現在フリーアナウンサーやタレントとして活動している
山本モナという女性のことが頭を過ぎるからでございます。
この山本さんもやはりハーフ女子でございました。



山本さんを初めて目にしたときのことは、よく覚えておりまする。
朝日放送の深夜のバラエティ番組で、入社したばかりの新人アナが数人出演し
朝日放送の局アナとして働くには何が大切か
関西ローカルのテレビ局で仕事をする上で何が必要かといった心構えを
新人アナに知ってもらうという企画がございました。
その数人の新人アナの中に山本さんがいらっしゃったのでございます。



この番組の中で、関西ならお馴染みのCMを見てもらって
地元の雰囲気を掴んでほしいというようなコーナーがあり
今ならセクハラになるような話でございますが
某中古車販売会社のHなCMが流れたのでございます。
あえて名前は伏せますが、放出という地名が社名の一部として使われており
「 ハナテン中古車センタ~♪」というCMソングでお馴染みの会社でございます。



ローカル局ながら晴れてマスコミの仕事に就けたという新人アナたちにとって
このCMを見させられることがどれほどのトラウマになったかはわかりません。
地元出身の新人でこのCMを見慣れている者ならどうということはなかったでしょうが
新人たちの中には関西以外の出身の者もおり、山本さんもその一人でございました。
その後、山本さんが数々の不倫スキャンダルを引き起こしたことを考えると
彼女があのCMから受けたトラウマの影響は深刻だったと言わざるを得ません。



朝日放送の局アナでハーフの新人というと
私はどうしてもこの山本モナさんのことを思い出してしまいます。
幸いなことにヒロドさんは関西出身でございますが
彼女のように若い世代なら、おそらくあのHなCMは見たことがないでしょう。
しかし、ことによると朝日放送の社内研修で強制的に視聴させられているかもしれません。
そのトラウマが藤波選手を皮切りに、あれよあれよと男性遍歴を繰り返すスキャンダル女王へと
ヒロドさんを変貌させることにはならないでしょうか。



赤の他人ながら、何となく心配になっている今日この頃でございます.....





                                       プロフィール画像2015圧縮前→fg→圧縮→jpg→FC2画像圧縮20150929