更新延期のお知らせ






お目汚し、失礼いたします。



またぞろリアルの生活が忙しくなってまいりまして
ブログの更新がままなりません。
次回更新は早くても来週月曜日になりそうでございまして
常連の御訪問者様には御迷惑をおかけすることになり、まことに恐縮でございます。



一応、次回更新内容の予告をさせていただこうかと存じますが
今、大きな騒ぎになっている米国のトランプ政権による移民・難民の入国制限に関して
私なりに思うところを書いてみようかと存じます。
ただしあまり大上段に構えたものは書けませんし
多少不謹慎な内容になるかもしれませんが、どうか御勘弁くださいまし。



とりあえず更新延期のお知らせまで。失礼いたしました.....





                                       プロフィール画像2015圧縮前→fg→圧縮→jpg→FC2画像圧縮20150929

最終ツイート






お目汚し、失礼いたします。



どうも更新が延び延びになってしまいまして恐縮でございます。
予定では月曜日に更新できるはずだったのでございますが
色々と手違いがございまして、ちょいと段取りが狂ってしまいました。
申し訳ございません。<(_ _)>



トランプ政権による移民・難民の入国制限が大きな物議を醸し
アメリカでは民心が真っ二つに分かれているような様相を呈しております。
米国民の実際の肌感覚としてはどうなのか、よく存じませんが
これまでイスラム過激派に散々な目に遭わされてきた国としては
トップが替われば、このようなこともアリなのかもしれません。
先週聴いたラジオ番組において、米国は今「 武器を使わない内戦状態 」にあると
あるジャーナリストが申しておりました。



これが「 武器を使う内戦状態 」にならないことを祈るばかりですが
結局どんなに偉そうなことを申していても
米国は建国してからたかだか240年しか経っていない新興国でございます。
人間で申せば、精通や初潮を迎えたばかりといったところでございましょう。
そしてトランプ氏の大統領選の勝利とその後の米国内の対立は
挫折した若者が脳内で繰り広げている青臭い葛藤のようにしか見えません。
世界最強の軍事力と経済力を有していても、それが成熟の証しとは限らないのでございます。



それにしてもトランプ氏、選挙期間中に表明していた公約を全うするべく
躍起になっているようでございます。
次々とその過激な「 売り言葉 」を実現させようとするトランプ氏の豪腕を
ビジネスマンにたとえて説明する向きもございますが
政治とビジネスは根本的に違うものでございましょう。
またデリケートな問題や重大な論点について自らの意見を表明するために
ツイッターを利用するのはいかがなものかと。
単なるインターネットのツールだと言えばそれまでですが、同じツールを使っていたピザ宅配店の従業員は冷蔵庫に潜り込み、モンスタークレイマーは店員を土下座させ、市役所の女性職員は暴言を放ち、公園で男子大学生は肛門に水道の蛇口を突っ込み、DQNはパトカーを破壊して鉄オタは線路内に侵入、高校球児はファミレスでタバスコの瓶を鼻の穴に突っ込み、、親はUFOキャッチャーの景品を盗み出す我が子の姿を撮影、16歳の少年はアミューズメント施設の中をミニバイクで爆走、元プロボーダーはコンビニ内でおでんをツンツン、トラック運転手はチェーンソーで黒猫を脅しているのでございます。



ツイッターで物申すのもよろしゅうございますが
ネットツール特有の空気や「 乗り 」には十分注意された方がよろしゅうございましょう。
大統領のバカッターが引き金となって
世界が最終戦争に突入するのは御免こうむりたいものでございます.....






                                       プロフィール画像2015圧縮前→fg→圧縮→jpg→FC2画像圧縮20150929

遠ざかる風物






お目汚し、失礼いたします。



何やら遅ればせな話で恐縮でございますが、去る2月3日は節分でございました。
節分と申しますと、テレビで流れるのは豆まきの場面が以前は主流でございましたが
今年は恵方巻の売り出しの様子がよく流れていたような気がいたします。



豆まきは「 鬼は~外 」とばかりに豆を屋外で撒くことに対して
近所迷惑だとか、もったいないとかいった苦情が出ることがございましょう。
それゆえ、そういった様子を大々的に報道するのは憚りがあるのかもしれませんし
また撒いた豆を食べるという風習が
大豆アレルギーの人間にとっては不愉快ではないかと慮って
自主規制が働いていたのかもしれません。



その代わりなのでしょうか、恵方巻ついての報道が多かったようでございます。
テレビでは恵方巻のCMが増え
情報番組においては恵方巻を売るスーパーや百貨店の様子が映し出されておりました。
レポーターが恵方巻を食べる実食レポートのようなものもございまして
女性のレポーターやタレント、とりわけ熟れた年増が
大口開けて恵方巻をパクつく姿はゾクゾク・ムラムラしてきてイイものでございます。



しかし去年と比べて女性レポーターによるそういったシーンは
何となく減ったような気がいたします。まぁ無理もないでしょう。
下品な感じがいたしますし、特に自身の清潔感あふれるイメージを大切にする女性レポーターは
太くて長くて黒いものを口いっぱいに頬張る顔を見られることに抵抗があるのでございましょう。
テレビで豆まきのシーンを見ることが少なくなったと思っていたら
今度は女性が恵方巻を口にするシーンが減ってくるわけでございます。



そうなると今後、恵方巻を頬張るシーンは野郎やオッサンばかりになってしまうかもしれず
男性にとっては実に殺風景でございます。
まぁ太くて長くて黒いものを口いっぱいに頬張る男の顔に萌える男性にとっては
願ったり叶ったりかもしれませんが
まぁそれはともかく、何やら昔からの風物が次々と遠ざかっていくような
わびしい今日この頃でございます.....




                                       プロフィール画像2015圧縮前→fg→圧縮→jpg→FC2画像圧縮20150929

一兎を追う者は二兎とも得ず






お目汚し、失礼いたします。



お客様から叱られました。仕事が遅いとおっしゃるのでございます。
まぁ私の「 マイペース・ファースト 」ぶりは、当ブログの更新状況が如実に反映しており
また私もそれをよく自覚しておりますゆえ、返す言葉もございませんでした。
とにかく一刻も早く完遂する所存であることをお伝えして、とりあえず御辛抱いただきました。



今、ちょうど仕事が三つも四つも重なっており
正直なところ、どれから片付けていけばいいか、何を最優先すべきか
半ば混乱しているような状態でございます。
お叱りを受けたお客様の仕事は、それらのうちで最も早くから受注していたもの。
ところがこの仕事、複雑で手間がかかり、細かいところに気をつけなければならない面倒なものゆえ
私としては慎重さを重視して仕事を進めてきたのでございますが
それがアダになり、仕事が溜まってしまったようでございます。



二兎を追うものは一兎をも得ず、などと申します。
しかし一兎を追うことに汲々として二兎とも逃してしまうこともありえるわけでございまして
悩ましいところでございます。
まぁそもそもは私の要領の悪さ、機転の鈍さが招いた自業自得なのでございますが
亡くなった作家の渡辺淳一氏は生前
「 二兎しか追わないから一兎も得られないんだ。
三兎も四兎も五兎も追わなければナンパは成功しない 」
というようなことをおっしゃっておられました。



耳の痛い話でございます。恋愛も仕事もこういう意気込みが大切でございましょう。
とはいえ、私としてもこういう意気込みで励んでいるものがございます。
自家発電の燃料になる画像や動画を探してダウンロードするためのネットサーフィンなのでございますが
私の場合、ストライクゾーンが広いと申しますか節操がないと申しますか根っからの好事家と申しますか
もう何兎も追いすぎたためにハードディスクがパンパンになっております。



最近PCの動作が鈍いのは、このように何兎も追いすぎたゆえの報いかもしれません。
一兎を追うことにこだわるのも問題ですが、何兎も追うことも考え物でございましょう。
また外付けのハードディスクを買わなければならないようでございます.....






                                       プロフィール画像2015圧縮前→fg→圧縮→jpg→FC2画像圧縮20150929

そちらの話






お目汚し、失礼いたします。



まさにこれから芸能界の最前線に打って出ようとしていた女優が、突然の引退宣言でございます。
背景には事務所や仕事との相性の悪さがあったようでございまして
この女優、ツイッターや暴露本などでその辺のところを訴えておりますが
正直、興味のない人間やその女優のファンでない人間にとってはどうでもいい話でございます。



女優、タレント、グラビアモデルというのは人気商売でございます。
ただ単にデビューしましたというだけでは商売になりません。
演技やキャラや色気でいかに人の目を引き付けるかということが大事なのであって
本人が何を考えているか、どういう人生観を持っているか、どのような労働条件で働いているかなど
世間一般の人間にとっては知ったこっちゃないのですし
そんなことで人の目を引き付けようとするのは、どこかよそでやってほしいものでございます。



以前から感じているのですが、小中学生ならまだしも
もう10代も半ばを過ぎた芸能人が公共の電波を通して自分の父親や母親のことを
「 おとうさん 」「 おかあさん 」などと呼んでいるのを聞くと、キモくて寒気がいたします。
自分は立派な両親に育てられて親のことを尊敬している。
だから「 おとうさん 」「 おかあさん 」と呼ぶのは当たり前だと言わんばかりの
押し付けがましささえ感じるほどでございまして
たとえそういう両親だということが事実だとしても
それはそちらの話であってこちらの親兄弟の話ではございません。



件の女優、給料が安すぎて社長に殺意を覚えたとか
水着撮影は自分がオナニーのオカズにされているようでイヤだとか
精神的に追い詰められて死にたいと思ったとか申しておりますが
それは「 そちらの話 」であって、こちらの話ではございません。
そういうところに、何やら人前で自分の親のことを
「 おとうさん 」「 おかあさん 」と呼んでいるような連中と似たようなものを感じます。



それにしても、そんなふうに悩み苦しんでいる状況から脱するために頼ったのが
とどのつまりはカルトでございますか。
まぁ宗教にハマろうがカタギになろうがそれは結局「 そちらの話 」でございますが
まだ幼い子供もろとも弁護士一家が殺害された事件
あるいは長野県の裁判官官舎や東京の地下鉄で起きた大惨事などについて御存知なら
少なくとも「 洗脳上等だよ 」などという言葉を吐くことは無かっただろうと思うと残念でなりません.....





                                       プロフィール画像2015圧縮前→fg→圧縮→jpg→FC2画像圧縮20150929

トロトロ男と後出しロボット






お目汚し、失礼いたします。



お得意様が昨日の昼頃、電話をかけてまいりました。
用件はとある仕事の見積もり依頼でございまして
概算でいいからとりあえず大雑把な値段を教えてくれとおっしゃられました。
何か不測の事態が生じた場合のことを考えて少し高い目に値段を申し上げましたら
「 よっしゃ。それで行こう。これで決まりや 」と二つ返事で御注文。
しかしあとで話を聞くと、どうやらその仕事の関係者間で
若干ボタンのかけ違いがあったようで何やらモメそうな空気があり
しかもヘタをするとそのモメ事に私まで巻き込まれてしまいそうなのでございます。



最初にそのことを御説明いただいたら、そんな仕事は断っていたのですが
このお得意様、こちらが一番知りたいことを
いつもはぐらかしたりぼやかしたりして仕事をさせようとする
後出しジャンケンの達人なのでございます。
これまで何回かこのお得意様に煮え湯を飲まされたことのある私
当ブログにもそのいきさつを投稿したことが何回かあるのですが
またしてもひっかかってしまい、腹立たしい限りでございます。



いったいどういうつもりなのかは存じませんが、このお得意様
トラブルになっていたり、うまく話がまとまっていなかったりという案件ばかり
何食わぬ顔で持って来るわけでございまして
私のように相手の言うことを唯々諾々と通すような奴なら
何だって引き受けるだろう、うまくやってくれるだろうという意図が見え見え。
さすがの私も、もういいかげん堪忍袋と金玉袋の緒が切れそうなのですが
それにしても忌々しいのは、このお得意様の後出しジャンケンにやすやすと引っかかってしまう私自身。
常に警戒を怠っていないはずなのに、いともあっさりとしてやられてしまう。
実に不可解でございます。



以前、テレビで人間相手にジャンケンをするロボットの映像を見たことがございましたが
このロボット、百戦百勝、絶対に負けないのでございます。
何やら人間の心理を読んでいるか、あるいは予知能力があるかのような有様なのですが
種を明かせば何のことはない、そのロボットにはビデオカメラが付いていて
そのカメラを使って人間が出す手の動きを瞬時に確認し、それに勝つ手を素早く出すのでございます。
要するにマンコ数秒…おっと失礼、コンマ数秒の早さで後出しジャンケンをやっているのでございます。



このジャンケンをやっている人間が私だとしたら、ロボットがあのお得意様ということになりましょう。
しかしあのかた、もう60代も半ば、四捨五入すれば70歳でございます。
マンコ数秒の早業など繰り出せるはずも無い老人に後出しジャンケンで負けてしまう私とは
いったい何なのでございましょうか。まったくなさけない話でございます。



そんなトロさが祟って、またしても当ブログの更新が遅れ気味に。
本来なら昨日更新をしておかなければならないのが今日にズレ込んでしまいました。
本日中にもう一度更新いたしますので、なにとぞ御勘弁くださいまし..... <(_ _)>





                                       プロフィール画像2015圧縮前→fg→圧縮→jpg→FC2画像圧縮20150929


効き過ぎたスパイス






お目汚し、失礼いたします。



俳優の細川茂樹氏が所属事務所から契約を解除されたことを巡って
事務所サイドとモメておりましたが
さきほど夜の10時から始まったTBSのテレビ番組の中で報道された話では
何やら両者の間で玉虫色の決着がついたようでございます。
事務所サイドは細川氏にパワハラ行為があったことを理由に契約を解除したと主張し
細川氏はこれに真っ向から反論。
両者の争いは何やら泥沼化の様相を呈するかと思われましたが
あっけない幕切れとなりそうでございます。



細川茂樹氏と言えば家電俳優として有名でございますが
氏は以前「 仮面ライダー響鬼 」という特撮ドラマで、主役の仮面ライダーを演じておりました。
仮面ライダーと申しますと、イメージ的には20代の若者という感じでございますが
この響鬼( ひびき )という仮面ライダー、設定では31歳という大人びた年齢でございまして
主な視聴者層である子供にとっては、はっきり申しまして「 オッサン 」でございます。



大人びたオッサン臭い仮面ライダーが主役でもいいじゃないかと私などは思うのですが
一度このドラマをテレビで拝見したところ
仮面ライダーが戦闘中、ジャンプしたり着地したり必殺技を決めたりしたときに
何やら「 はぁっ 」とか「 ふぅっ 」とかいった、しんどそうな吐息が聞こえたように記憶しております。
こういった戦闘中の変身ヒーローの声はたいていの場合
それを演じている俳優さんがアフレコをするものでございまして
おそらく細川氏は俳優としての役作りから
あえてオッサン臭いライダーであることを強調しようとして、そんな声を出したのではないかと存じます。



私も当ブログに投稿する際には自分がオッサンであることを強調して書いておりまする。
ただしそれは役作りとかキャラ作りとかいった理由からではなく
常にオッサン目線で物事を見ようという意図からでございまして、他意はございません。
それゆえ記事において「 はぁっ 」とか「 ふぅっ 」といった
しんどそうな吐息を書いたことは一度もございませんし
「 ハァハァ(*゚д゚)=3 」とか「 うっ!.....ふぅ~~ (´ヘ`;) 」とかは書いたかもしれませんが
それはまた別の吐息でございます。



話がちょっと横チンにハミ出てしまいましたが
細川氏に俳優としてのそういったこだわりがあるとしたら
その点について私は大いに評価いたします。
演出家や脚本家の指示通りに動き、事務所の言いなりで仕事をこなしていく俳優は
有能ではありますが面白味はございません。
しかし子供目線から見た場合に、息切れのする仮面ライダーってどうよという懸念はございます。
まぁ、たまたま私が見たシーンだけそうだったのかもしれませんが。



仕事をする上で何らかのこだわりがあることは
俳優やその他のクリエイティブな職業には重要なスパイスとなりましょう。
女性問題は取り沙汰されていないようでございますので
此度の細川氏と所属事務所とのゴタゴタ
もしかするとそういった仕事に対する考え方で、スパイスが効き過ぎてしまったせいかもしれません。
もっともいかに効き過ぎとはいえ、口から乱暴な言葉が飛び出し
車を運転中の人間に蹴りを入れ、土下座した相手の頭を踏みつけるようなものが
果たしてスパイスと呼べるのかどうか、微妙なところでございます.....





                                       プロフィール画像2015圧縮前→fg→圧縮→jpg→FC2画像圧縮20150929

針の穴から天を覗く






お目汚し、失礼いたします。



前回の記事で冒頭、俳優の細川茂樹氏と所属事務所との間のトラブルについて
玉虫色の決着とかあっけない幕切れとか申しましたが
その後の続報では事務所サイドは納得していないようでございまして
何やらまだまだ悶着が続きそうな雲行きでございます。
時事ネタで記事を書くと、こういうことがございますので油断ができません。
ではやっぱり泥沼かと申しますと、急転直下で大団円となる可能性もあるわけでございまして
げに時事ネタとは厄介なものでございます。



ともあれ細川氏の件、玉虫色か金玉色か、はたまた幕切れか膜が破れるのか
部外者や門外漢があーだこーだと申しても致し方ございません。
同様に今、国際的に衝撃的だった金正男氏の暗殺事件に関しても
私のような者がエラソーに何か書いたとしても
その道の事情通や真相を知る者が読めば鼻で笑われるだけかもしれません。
私も当初はこの事件に関して何か書くつもりでおりましたが
事の真相がある程度はっきりするまでは、書くのを控えようかと存じます。



一応あの事件、北朝鮮によるテロ行為だという線が濃厚ですが
使われた毒物や殺害の方法など疑問点がいくつかあり
金正男氏の親族によるDNA鑑定もまだおこなわれていないようでございます。
しかしそういうふうに依然として状況が不確定であるというのも
あえてそういうふうに演出されている可能性もあるわけでございまして
本当は何もかもとっくに解明済みであるにもかかわらず
何らかの政治的な意図や戦略的効果を狙って
発表が控えられているということも考えられます。



思いもかけないどんでん返しも考えられましょう。
実行犯とされる女性二人が、いたずらビデオを撮るためだと言って騙されたように
これは関係国によるグローバルなフラッシュモブであり
後日、死んだはずの金正男氏が突然どこかで記者会見をおっぱじめ
暗殺もテロも無かった、緊迫する朝鮮半島情勢に一石を投じるために
一芝居打ったのだと申すかもしれません。
あるいはもしかするとそんな次元の高い話でもなく
事件は単なる痴話喧嘩かふざけあいの延長線上で起きた事故であり
そもそも金正男氏が女二人から顔に液体をかけられたのではなく
金正男氏が女二人の顔にぶっかけたとも考えられるのでございます。



ともあれ現時点では真相は藪の中としていたほうが無難かもしれません。
世の中何が真実か、この先どうなるか、誰が何を考えているか
少なくとも私のような視野の狭いオッサンにはさっぱりわかりません.....





                                       プロフィール画像2015圧縮前→fg→圧縮→jpg→FC2画像圧縮20150929