名は体を表す







お目汚し、失礼いたします。



先月の29日と30日、千葉の幕張メッセにおいて
動画配信サイト「 ニコニコ動画 」が開催する大規模なイベントがおこなわれました。
私は実際に行ったわけではございませんが、テレビの報道やネット記事を拝見したところでは
「 ニコニコ超会議2017 」と称するこのイベント、各界著名人がゲストとして出演し
先端技術を使ったさまざまなジャンルの体験型アトラクションが設けられている
スタイリッシュな今風のお祭りだったようでございます。



正直、「 ニコニコ動画 」が世に出たときは私
単なる会員制の動画サイトに過ぎないと思っていたのですが
独自の機能やサービスによって着実に会員数を増やしていき
今では動画だけにとどまらないいくつかの派生的サービスやコンテンツを有しております。
また「 ニコニコ動画 」を企業の営業活動や政党の広報活動に積極的に活用しよう
という流れもございまして、もはや一部のマニアやオタクだけでなく
広く一般的に知れ渡ったメジャーなサイトという印象がございます。



しかし、あくまでも私の個人的なイメージとして一言申し上げさせてもらいますれば
「 ニコニコ動画 」という名称に何やら違和感を禁じ得ません。
この「 ニコニコ動画 」という名称の由来でございますが、ググってみましたら
あえて胡散臭いイメージを出すためにこういう名称にしたそうでございます。
確かに「 ニコニコ動画 」の運営サイドに政府与党の関係者の息がかかっているとか
配信されるコンテンツに著作権や人権に関するコンプライアンス上の問題があるとか
そういった指摘がなされていることを考えると、その由来は言いえて妙でございますが
私の場合は少年時代に見たあるドラマのワンシーンがトラウマになっていて
なおさら「 ニコニコ 」という言葉に胡散臭くて危ないイメージを抱いております。



それは私が中学生の頃に見たテレビドラマでのことでございました。
探偵学校の校長や生徒たちが登場する一話完結式のコミカルなサスペンスドラマなのですが
そのうちの一話において、ブラックな街金に返済を迫られて暴力を振るわれた男が
逃げようとしてその街金の窓から飛び降り、死んでしまうシーンがありました。
街金のDQN社員に胸倉をつかまれたその男が
「 カネが返せないなら、お前はもちろんお前の家族も皆殺しにしてやるぞ!」
というようなことを言われているシーンに、恐怖感を盛り上げるような青白い照明が使われており
その血も凍るような演出に当時中学生だった私は
若干14歳でインポテンツになってしまいそうなほどの戦慄を覚えました。
そしてテレビの画面に映っていたその恐ろしい街金の看板に
私は「 ニコニコ金融 」と記されているのを見たのでございます。



思えばそのドラマのタイトルが「 アイフル大作戦 」だというのも、何かの因縁なのかもしれません。
それはともかく、これ以降、「 ニコニコ 」は私にとって表裏のある剣呑な言葉となってしまいました。
「 シコシコ 」という言葉に全く抵抗はありませんが、「 ニコニコ 」と聞くと身構えてしまうのでございます。
私自身、「 ニコニコ動画 」に対して何も含むところは無いものの
それが日本を代表する動画サイトであることを思うと、何やら複雑な思いがしてしかたありません.....





                                       プロフィール画像2015圧縮前→fg→圧縮→jpg→FC2画像圧縮20150929

貧乏ヒマあり






お目汚し、失礼いたします。



ゴールデンウイークも終盤でございます。
せっかくの連休だったのでございますが私
特に出かけることもなく、ほとんど家でゴロゴロしておりました。
実を申しますと、連休中に片付けるはずだった仕事が延期になるという
思わぬ番狂わせがございまして予定が丸々空いてしまい
完全なる「 貧乏ヒマあり 」の状態になってしまったのでございます。



「 貧乏ヒマなし 」ならまだ気もまぎれますが「 貧乏ヒマあり 」ですと
なおさら「 貧乏 」をヒシヒシと感じてしまいます。
そして何が「 貧乏ヒマあり 」だ
カネをかけなくても有意義に休日を過ごす方法なんていくらでもあるだろ
そんなことだからオマエはいつまで経っても駄目中年なんだ
大体、カネが無いカネが無いなどとぼやいているのは
オマエに甲斐性がなくて稼ぎが悪いから、ガ~ミガミガミガミガミ~ ヽ(`Д´)ノ.....
と、自己嫌悪に陥りながら、ここ数日を家でゴロゴロ過ごしてきた次第でございます。



それでも5月3日の午後は箕面市にあるスパ施設へ車に乗って出かけてまいりました。
基本料金が800円とリーズナブルなところでございまして
そこでのんびりと2時間近く湯に浸かっていたのですが
風呂から上がって着替えをしていたら、不意に30代前後の男たちがドヤドヤと入ってまいりました。
みな手に手に大きな旅行カバンかスポーツバッグをぶら下げておりまして
何やらアクション映画のワンシーンのようでございます。
そしてカバンやバッグから着替えかバスタオルの代わりに
サブマシンガンとかロケットランチャーを取り出した全裸のテロリストたちが
浴場を占拠する様子が頭に浮かんで不安になった私は
急いで着替えを済ませて早々に立ち去りました。当たり前かもしれませんが
そのあと激しい銃声や「 ドッカーン!」という爆発音は聞こえなかったようでございます。



そのスパ施設で駐車場の4時間無料サービスを受けておりましたので
車を出すときにお金はかかりませんでした。
しばらく走ったあと適当な路肩に車を寄せて、渇いた喉を潤すため
持参してきた税込み60円ほどの外国製ソフトドリンクをグビリと飲んだのですが
これが恐ろしくマズぅございます。
一ヶ月ほど前、ディスカウントストアで安いからということで買っておいたのですが
湿布薬の強烈なニオイが鼻と舌を荒らします。
まさか恐怖の中国製かと青ざめたのですが、缶を見ますと一応米国製。
それでも信用できずにスマホでググってみますと
これが「 ルートビア 」というれっきとした清涼飲料水。
別名「 飲む湿布薬 」だそうでございまして、捨てるのももったいないので
鼻をつまみながら全部飲み干しました。



まったくショボイ話ですが、今日までの連休中に外に出かけたのはこのときだけでございます。
それ以外は自家発電とその燃料探しで家の中にこもっておりまして、たぶん明日もそうなるでしょう。
さっそく8日の月曜日にお客様とお会いしなければならない仕事があるのですが
パンダのごとく目の周りに黒い隈ができていないか、ちょっと心配でございます.....





                                       プロフィール画像2015圧縮前→fg→圧縮→jpg→FC2画像圧縮20150929

健康状態






お目汚し、失礼いたします。



今のところ目立った動きがなく、不気味な沈黙を保っている北朝鮮ですが
ここ最近、北朝鮮の撃ったミサイルが途中で爆発したとか落下したとかいった
ミサイル打ち上げの失敗が何回か報道されております。
この失敗、実はわざとではないかという見方がささやかれておりまして
すなわち、アメリカを刺激しないように配慮しつつも
自らのメンツを保つためにミサイルを撃った体を装ったというのでございます。



むろん、そういった見方もございましょう。
しかし撃つと見せかけて実質的には事に及ばず、相手がどのような対応をするか分析する
あるいはうっかり挑発に乗って相手が先に手を出したことをこれ幸いとばかりに交渉を有利に進める
こちらの軍事行動を正当化する、という目的があるのだとも考えられましょう。
何しろこれまで周辺諸国に対して危険な挑発を繰り返し
そのたびに何らかの交渉材料を引き出すという瀬戸際外交を繰り返してきた北朝鮮ですので
これは十分考えられることではないかと存じます。



いずれにせよ、まったく油断ならない話でございますが
そうなるとこれはもはや瀬戸際外交というよりかは「 寸止め外交 」というべきでございましょう。
このような綱渡りよりもきわどい手法で交渉を進めるというのは並大抵のことではございませんが
米国がまんまと挑発に乗れば状況は一気に北朝鮮側有利となりましょう。
しかし「 寸止め 」というのは、いずれ破綻いたします。



私事で恐縮でございますが、10代の頃、自家発電が止められなくて困ったことがございまして
毎月の回数を決めてその回数以内にとどめることを心がけるようにしておりました。
しかし10代の少年にとって自慰の回数を制限するなど拷問に等しい沙汰でございます。
許容回数を早々に使い果たした時などは次の月がやってくるまでの間が非常に辛く
何度戒めを破ろうかと思ったか数知れません。
万一に備えてティッシュを用意し、イチモツをこすってイク寸前でストップをかけるということで
自分を満足させていたことも何回かございました。すなわち「 寸止め 」でございます。



あるときなどは寸止めが効かなくなり暴発しかかったこともあったのですが
腹筋を使って精液を無理やり陰嚢にギュ━ッと逆流させるかのような
鬼神のごとき精神力で発射を阻止いたしました。
とはいえ、そうすることによって逆にストレスが激しくなり
結局その翌日に「 特別枠 」を設けてヌイてしまいました。
実質的には禁を破ったわけでございます。
しかも翌月からは無理はやめようとばかりに許容回数を大幅に増量し
オナニー無双となってしまった次第。



寸止めを何回も繰り返していたら
いずれはその反動で度を過ぎた暴挙に出てしまう可能性がございます。
だから無理せずにミサイルを撃てというわけではございませんが
寸止めや分止め、あるいは厘止め外交などをやめて
誠意のある紳士的な態度で交渉に臨んでもらいたい。
そもそも射精を途中で止めるなど精神衛生上はもちろん
肉体的にも何らかの悪影響をもたらしましょう。
北朝鮮の陰嚢と前立腺の健康状態が気がかりでございます.....





                                       プロフィール画像2015圧縮前→fg→圧縮→jpg→FC2画像圧縮20150929

ありきたりのままに






お目汚し、失礼いたします。



ついこの前のゴールデンウイーク中だったかと存じますが
「 おはよう朝日です 」というテレビの朝の情報番組で
○野という女子アナが食レポのようなものをやっておりました。
彼女は以前からその番組にちょくちょく顔を出してニュースを読み
番組内のコーナーの内容紹介やワイプのようなことをしていたのですが
その表情には何かしら透明なよそよそしさが漂っており
決して素を出さない仮面のようなものが感じられました。



しかしこのときの彼女は食レポということもあってか、のっけからどことなくハイテンション。
おまけに大好物のウニの試食レポートでは、食べた瞬間にそのウニの美味しさを表現するべく
まるでオルガスムスを感じているかのような恍惚とした表情を浮かべまして
そのあまりのエロさに私、思わずテレビ画面にブッかけたくなったほどでございます。
おそらくはちょっとクールなキャラが「 売り 」であろうこの女子アナ
撮影現場のディレクターの指示でキャラに合わないリアクションをさせられたのかもしれません。
ちょっとかわいそうだなという感じがいたしました。



最近のテレビ番組、特にバラエティ番組においては
上手な食レポにバイアスがかかっているような気がいたします。
動作や表情はもちろん言葉を使った表現にもそういうバイアスがかかっていて
まぁネタだとは思いますが
ありきたりなコメントには、ツッコミやダメ出しが来るシーンを何回か見たことがございますし
今や単に「 美味しい 」「 美味い 」
あるいは「 まったりとしているがしつこくなく、あっさりしているが濃厚 」などという言い回しさえ
NGワードになっているような空気が感じられ、見ていると堅苦しくてしかたありません。
美味しいものは、ただ単純に美味しいと言えばよろしゅうございましょう。
殊更むずかしい言葉を使ったり、妙な表現やレトリックを使って料理や食材のことを褒め称えるのは
かえって違和感だけが目立つというものでございます。



SEXの後に「 気持ちよかったよ 」「 最高だったわ 」という言葉じゃありきたりだからといって
「 君は神が与えたもうたダッチワイフだ 」とか
「 子宮を突き破って喉から飛び出るかと思ったわよ 」といった感想ならOK
というわけでもございますまい。
たとえありきたりであろうとありのままに、自然体で言葉を発する。
食レポに限らず、人間にとってこれが一番大切なことではないかと存じます.....





                                       プロフィール画像2015圧縮前→fg→圧縮→jpg→FC2画像圧縮20150929

気後れ 【 1/2 】






お目汚し、失礼いたします。



20年ほど前、当時勤めていたところの通勤途上に本屋がございました。
駅から少し離れたところにあるに書店でございまして
帰宅する途中にときおりそこへ寄って行き、立ち読みをしたり雑誌を買ったりしておりました。



中年の御夫婦がお二人で営んでおられる、こじんまりとしたお店でした。
扱っているのは雑誌と文庫本、単行本がほとんどでしたが
店内の一角にビデオのコーナーがございます。
当時はビデオと言えばVHSのビデオカセットが主流でございまして
その本屋に置いてあるのは超大作映画やVシネマのビデオカセットがほとんどでしたが
そのうちの一割程度がいわゆるR18のビデオでございました。
ただしR18と申しましてもオリジナルビデオはごくわずかでございまして
大半は日活ロマンポルノの作品をビデオ化したものばかりでございます。



ある日、いつものように帰宅途中にその本屋へ寄った私は
何気なく目をやったビデオのコーナーに
とある日活ロマンポルノの作品タイトルを見かけました。

   「 団鬼六 美教師地獄責め 」

団鬼六原作、真咲乱主演で1985年に公開された作品でございます。
若い頃、映画館で見たときの真咲乱の巨乳に目を奪われたことを思い出し
そこがアダルトショップではなく普通の本屋だということも忘れて
思わず手が伸びておりました。
ちょうど店番をしていたのが奥さんの方ではなく旦那の方で
おまけにフトコロが温かかったということもありまして
私は迷うことなくそのビデオをレジの方へ持って行き、購入いたしました。



思わぬ掘り出し物を見つけた、と思いました。
そして一ヵ月後、その本屋で立ち読みをしていた私
ビデオのコーナーへ恐る恐る行ってみましたところ
今度はSMの女王として名高い谷ナオミ主演の「 黒薔薇夫人 」を見つけ
これも即行で購入いたしました。
大学生の頃に見た「 11PM 」というテレビの大人向け深夜バラエティ番組で
その一部が紹介されて激しく印象に残っている作品であり
この映画でヌくのが夢だったのでございます。
このときもやはり店番は旦那、フトコロはホカホカでございました。



それからというものは私
その本屋で立ち読みをしたついでにビデオのコーナーへ行き
気に入ったAVを見かけたら購入するというのが癖になりました。
しかもそうこうするうちに立ち読みは添え物になり
その本屋へ行くと真っ先にビデオのコーナーへ直行するようになっていたのでございます。
こじんまりとしていて私以外に客の姿を見ることがほとんど無い本屋ですので
気弱な私でもあまり人目を気にせずにアダルトビデオを買うことができますし
また勤め先からの帰宅途中にAVを買うことができるというのが便利でもありました。



このように、当初は立ち読み目的だったのが
いつの間にやらアダルトビデオ目当てにその本屋を訪れるようになった私ですが
やがて、ある「 異変 」に気づくことになるのでございます.....



申し訳ございません。長くなりますので続きは次回更新にて.....





                                       プロフィール画像2015圧縮前→fg→圧縮→jpg→FC2画像圧縮20150929

気後れ 【 2/2 】






お目汚し、失礼いたします。



通勤途上にある本屋でAVを買うようになってから半年ほど過ぎた頃でしょうか。
ある日、いつものようにその本屋に入ってビデオのコーナーに行こうとした私は
店番が奥さんの方だということに気づきました。
旦那のときは気にせずに買えるのですが
奥さんが店番のときはさすがに恥ずかしく、買うのを見送るようにしていましたので
その日もビデオはあきらめて立ち読みでもして帰るかと書籍のコーナーへ戻りました。



しばらく立ち読みをした後、ふと見ると店番が奥さんではなく旦那に入れ替わっております。
このときは何も感じませんでしたが
それ以降、店番が奥さんだったときは必ずあとで旦那が交代するということが続きました。
最初は偶然かと思っていたのですが
私が顔を見せるや否や即座に旦那と交代することもあり
これは意図的なものだなと察しました。



その頃には私、なかばその本屋の常連みたいなものになっておりましたので
旦那も奥さんも私の気弱な性格を斟酌してくれていたのかもしれませんが
以前はそのようなことが一度も無かったので、やや奇妙な感じがいたしました。
しかも奇妙なことはさらに続いたのでございます。
その後、本屋の一角を占めていたビデオのコーナーの品数がだんだんと増えていき
それに応じて書籍を陳列するスペースが減ってまいりました。
そしてビデオのジャンルも、超大作映画やVシネマよりもR18作品の割合が大きくなり
アレヨアレヨという間にそればっかりになってしまったのでございます。



ははぁ、書籍の売り上げが悪いので主力商品をアダルトビデオに変え
そういった購買層向けに商売をするつもりなのだなと思ったのですが
これはいったいどうしたことでございましょう。
陳列されている商品のタイトルをよく見ると
「 緊縛 」「 縄 」「 責め 」「 奴隷 」「 浣腸 」といったワードが並んでおりまして
商品構成が私向けに特化されているじゃあ~りませんか。



その本屋の経営者夫婦とは私、全くといっていいほど口を利いたことがございません。
ビデオを買うときはもちろん、普通の書籍を買うときでさえ
極力言葉を交わさないようにしておりました。
それゆえ、あの御夫婦の真意をうかがい知ることはできませんが
本屋の店内で私以外の客の姿を見かけたことはほとんど無かったので
ひょっとすると私一人だけをターゲットにして経営方針を転換していったのかもしれません。



しかしそうなると嬉しさよりも戸惑いの方が勝ってしまい、何となく気後れがいたします。
それにいかに私が自家発電に熱を上げているといっても
24時間フル稼動ではございません。
そもそもその本屋に並んでいた1000本は優にあると思われるおびただしい数のビデオを
片端から買い漁る経済的余裕など私にあるわけもございません。
そのためいつしかその本屋から足が遠のくようになってしまい
気がつけばすっかり寄り付かなくなっておりました.....



それからもうかれこれ20年ほどになりますが、その本屋がどうなったか定かではございません。
私が寄り付かなくなったので、元の普通の書店に戻っているかもしれませんが
むしろ逆に今では本格的なアダルトショップに衣替えをしているかもしれません。
だとすれば一度、行ってみたいような気もいたしますが
もしかすると依然として私向けに特化された商品構成となっていて
バイブホルダーや九尾鞭、アナルプラグに全頭マスクといった品々ばかりが陳列されていたらと思うと
やはり気後れがして足が遠のいてしまいます.....





                                       プロフィール画像2015圧縮前→fg→圧縮→jpg→FC2画像圧縮20150929

NGワード






お目汚し、失礼いたします。



最近巷を賑わせているものに、「 うんこ漢字ドリル 」なるものがございます。
漢字の書き取りの問題文がすべてウンコをネタにしたものだという学習帳でございまして
かなり売れ行きがイイようでございます。
具体的な内容についてここで紹介することは控えますが
一言で申しますならば、問題文の一部に
「 うんこは 」「 うんこが 」「 うんこを 」「 うんこで 」「 うんこと 」「 うんこも 」「 うんこに 」などの言葉が使われている
書き取りの練習帳といったところでございましょうか。



これは「 うんこ 」という言葉を介してお堅い勉強を柔らかくて楽しいものにすることで
漢字の書き取りに対する児童の学習意欲を高めようという目的で作られた教材のようでございまして
子供たちが笑いながらこの学習帳で勉強をしている様子がニュース映像で流れたりもしておりました。
とはいえ下ネタに厳しいような生真面目な人たちからすると
公の場ではNGワードとなるような「 うんこ 」などという言葉を使った教材で
楽しそうに勉強をしている子供たちの様子は異常な光景に見えるかもしれません。
食事中にこの学習帳の話が出ようものなら烈火のごとくお怒りになられることでございましょう。



しかし「 うんこ 」ぐらいで目くじらを立てているようでは、まだまだヌルいですぞ。
「 夫のちんぽが入らない 」というタイトルの文芸書が出版され、けっこう売れていると知ったら
白目を剥いて卒倒してしまいましょう。
この「 夫のちんぽが入らない 」という作品、私もまだ読んではいないのですが
聞くところによると「 こだま 」というペンネームの主婦が書いた私小説風の作品だとのこと。
その内容よりもタイトルの方がセンセーショナルでございまして
インパクトの強さから言えば、タイトルでは「 うんこ漢字ドリル 」を凌駕しております。



なにしろ「 うんこ 」なるもの、確かに憚りはあれど
日常的な会話の最中に割と口にしやすいものでございまして
頻度から申せば、普段の生活では「 ちんぽ 」よりも「 うんこ 」を口にする機会の方が多いでしょう。
もっとも、人によっては「 ちんぽ 」の方が口にしやすい
「 うんこ 」は臭いからムリだというかたもおられましょうが、「 ちんぽ 」だって臭い場合がございましょう。
まぁ口にしたときの味に関しては、「 うんこ 」より「 ちんぽ 」の方がまだマシかもしれませんが。



話がちょいと横にそれてしまいましたが、ともあれNGワードを使った教材であっても
それで子供の勉強意欲が喚起されるのなら私はOKではないかと存じます。
ただ、子供というものは飽きっぽい生き物でございまして、この「 うんこ漢字ドリル 」も
いずれは飽きられて面白味が無くなり、単なる落書き帳になってしまうかもしれません。
でも、そのときは新たなNGワードを使った
「 ちんぽ漢字ドリル 」「 おめこ漢字ドリル 」「 アヌス漢字ドリル 」などの姉妹品が登場し
世を席巻するのではないかと存じます.....





                                       プロフィール画像2015圧縮前→fg→圧縮→jpg→FC2画像圧縮20150929

ビキニの馬子と蓼食う虫






お目汚し、失礼いたします。



先日、YouTubeを見ておりましたら、いとうあさこという女性芸人の映像が出てまいりました。
テレビのバラエティ番組で何回か見たことのある芸人で、特に印象は無かったのですが
その映像では何やら黒っぽいビキニ姿で立っているところを
尻の部分に小さなグミを空気銃のようなものでぶつけられ、苦悶しております。
「 世界の果てまでイッテQ 」という日本テレビのバラエティ番組のロケ先での光景でした。



企画物のSM系アダルトビデオで見かけるワンシーンのようで妙に色っぽく
好奇心に駆られて関連動画を探してみると、同じくこの「 イッテQ 」という番組で
同じビキニ姿の彼女が尻をパーカッション代わりに叩かれて
呻吟しているシーンが出てまいりました。
さらにググると、やはり同番組で今度は一昔前のアイドル歌手のようなビキニ姿をさらし
河合奈保子の物まねをしているシーンを発見。



物まねをしている映像の中では、その場にいた他の女性芸人たちが
見た目が汚いとか女装した男みたいだとか野次っておりましたが
そんな声とは裏腹に、いとうあさこのムッチリとした身体を見た私の股間はフルボッキ。
まるで当初はコメディ路線だった漫画「 キン肉マン 」が途中からシリアス路線に変わったかのような
いとうあさこのエロエロしさに我慢汁がにじみ出てしまい、私、思いっきりヌイてしまいました。
正直なところ、はげしく気持ち良かった次第。



こういう場合、「 馬子にも衣装 」と揶揄されるのが女芸人の宿命かもしれませんが
少なくとも私は、いとうあさこに対してカウパー腺液が出るほどの色気を感じました。
まぁ「 蓼食う虫も好き好き 」と言われましょうが
これからも彼女が何らかのイヤラシイ格好やコスチュームで登場し
その映像を閲覧する機会があれば積極的に保存して自家発電の燃料にしたいと存じます。



ただ、ここで心配なのは彼女の不思議な色気、奇妙なエロっぽさに
所属事務所や芸能界の関係者が目をつけて
彼女の扱い方や仕事内容を変えてしまうことでございます。
彼女の女性としての隠れた魅力を発掘するとか何とかバカなことを申して
ダンスパフォーマンスを本格的にやらせたり女優の真似事をさせたりするのは止してもらいたい。



芸人のいとうあさこがあのムッチリとした身体にビキニを着けて素肌をさらし
ときにはSMプレイのような扱いを受けているからイイのであって
それ以上でもそれ以下でもダメなのでございます。
ヘンにまともなタレントとして活動するようになれば、その魅力は半減してしまいましょう.....





                                       プロフィール画像2015圧縮前→fg→圧縮→jpg→FC2画像圧縮20150929