トリックアート






お目汚し、失礼いたします。



10月になりまして、芸術の秋・スポーツの秋・食欲の秋でございます。
そこで、この三つを折り込んで三題噺めいたものでも書こうかと思い立ったのでございますが
悲しいかな要約力の無い私、どうしても長々としたものに仕上がってしまいます。
そこで仕方なく一つのお題に一つの記事ということに甘んじることにいたしました。
よろしければお付き合いくださいまし。



ということで本日は芸術についてでございます。
ギガジンというサイトで拝見した10月3日の記事でございますが
北ヨーロッパの国アイスランドで
3Dアートを使って交通安全対策をおこなうという実験がおこなわれたそうでございます。
道路に横断歩道の絵を描くのですが
この絵、白い角材のようなものが宙に浮いた状態で並んで横たわっているように見える
というトリックアートでございまして
車のドライバーが思わずスピードを控えるようになるとのこと。
日本でもときたま3Dアートが施された横断歩道を見かけますが
この記事の中に載っていた画像ほど立体的なものはお目にかかったことがございません。



インドのデリーでこのような方法を試したところ、ある程度の効果があったとのことで
アイスランドの方でもやってみようということになったそうでございます。
ただ、この記事にはアイスランドでの効果のほどがどのようなものだったのか
日本語では記されておりませんでしたし
この3D横断歩道、一定の方向からしか立体的に見えないそうでございます。



このような3Dアートに限らず、私、トリックアートというものに一時期熱中していたことがございまして
若い頃は、百貨店やイベントスペースでおこわわれていた
福田繁雄氏やエッシャーの作品の催しにはよく出かけていったものでございます。
最近はYouTubeを覗けば手軽にトリックアートを楽しむことができ
それはそれでイイことなのですが、百貨店やイベントスペースへ出かける手間と高揚感がなくなり
この手の催しがどこかで開かれていないかを探し求める意欲も失せてしまい
何となく寂しい思いがいたします。



それにしても上述の3D横断歩道、その画像を見れば見るほど実に不思議な感じがいたしまして
とても平面に描かれたものだとは思えません。
この手の絵を描く絵師や画家にしかわからないノウハウや技術があるのでございましょう。
もし時間とヒマがあればその秘法を手に入れ
2次元の絵のように貧相な我がイチモツに絵筆を振るい、3D画像を施して逞しくしてみたいもの。
もっとも、イチモツに筆で絵を描いているうちに興奮してマスを描くことになりそうでございますが.....





                                       プロフィール画像2015圧縮前→fg→圧縮→jpg→FC2画像圧縮20150929

手軽なスポーツ






お目汚し、失礼いたします。



スポーツの秋ということでございまして
いい機会だから何か体を動かすことを日常的にやってみようと思い立つ方もいらっしゃいましょう。
そのときにもっとも手近なものといえば、やはりジョギングでございましょう。
誰でも手軽に始められますゆえ、ある意味、手垢のついた新鮮味の無いスポーツかもしれませんが
健康増進やストレス解消に役立ちますし、何より経費がかかりません。
まぁ専用のウェアやシューズが必要かもしれませんが
それ以外は特に用意するものは無い手頃なスポーツかと思われます。



しかし、手軽に始められるからと言って、やはり無理はいけません。
持病や体質、年齢などからジョギングやランニングを禁じられる場合もございましょうし
ランニングと違ってジョギングはあくまでもマイペースで走るもの。
しんどくなったら歩くなり休むなりするべきでございますが
それを潔しとしない昔気質の人などは、ついつい無理をしてしまうものでございます。



以前、取引先へ向かう途中の車道を車で走っておりましたら、
背の低い小猿のような60代半ばぐらいの御老人がジョギングをしているのを
見かけたことがございます。
そこは車道と歩道が白線で区切ってあるだけの道でございまして
白いタンクトップと青いトレパン姿のこの御老人、走り回って疲れているらしく
足つきがフラフラでございまして
危なっかしいことに歩道から車道によろめきながら迷い出ております。
挙句の果てにセンターライン近くまでヨロヨロと寄ってまいりまして
かなり疲労困憊しているのか御老人、自分の居る場所がわかっていないようでございます。



一瞬、箕面山の山道に出てきたニホンザルを連想いたしました。
バナナかリンゴをやって手なずけようかと思いましたが
今、箕面山のニホンザルは野生動物として保護されていますゆえ
餌をやるのは禁止されております。
それに昨今、環境保護や動物愛護の声高く
野生動物を撥ねたり轢いたりしたら大変なことになるわけでございまして
ましてや相手は人間でございます。
即座に停車した私、その御老人が通り過ぎるのを待ってから車を発車させました。



一念発起してジョギングかランニングに励もうとしていたのでございましょう。
お気持ちはわかりますが無理はいけません。
お年を召してからは、手軽に始め、手軽に済ませることが肝要でございます。
私もあの御老人の姿を失礼ながら他山の石として胸に納め
ジョギングに限らず、仕事や趣味に関しても無理はしないということを肝に銘じました。
もちろんSEXについても言わずもがな。
無理だなと思ったら手コキを所望して手軽に済ませるつもりでございます.....





                                       プロフィール画像2015圧縮前→fg→圧縮→jpg→FC2画像圧縮20150929

食欲の飽き







お目汚し、失礼いたします。



食欲の秋などと申しますが、最近、食べる量がめっきり減ってしまった私
あまりピンときません。
以前は痩せの大食いで、やたらとたくさん食べる癖があったのでございますが
最近は、ちょっと食べ過ぎるとなかなか胃が本調子に戻らず
胸焼けや胃もたれに悩まされて胃薬が手放せない始末。



まぁ、病気になったというわけではないのですが
年のせいで胃腸が弱ってきたのか
もしくは食べるということに対して「 飽き 」が来たのかもしれません。
50年以上も生きていれば、肉体的・精神的に何らかの変化が起きてくるものですから
「 食べることに飽きが来る 」というのもアリでございましょう。



とは言え、テレビやネットでおいしそうな料理や高級食材の食レポなどを拝見しますと
ついつい目が離せなくなり、画面に見入ってしまいます。
レポーターがかわいいオネーチャンや熟れきった熟女だったりするとなおさらでございますが
さりとてそういった食レポ映像を見ても、それほど食欲が湧いてくるわけでもなく
また食べ過ぎでつらい思いをするのが怖くて
食欲が湧いてきても腹八分で食べるのをやめるようにしております。
健康には良いでしょうが、正直なところ胃袋がインポになったような気分でございます。



ところでこの食レポというやつ、やたらと凝った表現をすることが多々あり
ときおり何やらありえないような表現を耳にすることがございます。
以前にも当ブログにて書かせていただいたことがあるのですが
美味しければただ単に美味しいと自然体で申せばいいものを
旨いものを食わせてもらうんだから
もっと表現に工夫をしろと撮影現場でスタッフからけしかけられているらしく
レポーターが奇妙な言い方をするのでございます。



特に私が気になるのは「 甘い 」という言い方。
肉料理の食レポで脂が甘いだとか、肉の甘みが堪能できるとか申しておりますが
何やら奇妙奇天烈摩訶不思議な表現でございます。
私のような貧乏性な人間にしてみれば、肉というのは牛にしろ豚にしろ鶏にしろ
塩や醤油やソースなどで味付けして、御飯のおかずになるものでございます。
そのおかずが、ケーキや羊羹のように甘いというのはミスマッチ以外の何物でもなく
ありえないのでございます。



甘エビや茹でたカニの肉などはわからないでもありません。
あのアッサリとしていながらコクのある味には
私のような者も何となく甘みを感じることがございますが
牛肉や豚肉、鶏肉の類で甘いというのは、どこか違うのではないでしょうか。



こんなことをエラソーに書いていると
オマエは本物と言えるような新鮮な食材や高級な料理を口にしたことが無いから
そのような痛々しいことを言い張ってるだけなんだ
試しにオマエが食レポをやってみろ、きっと同じことを言うはずだ、と叩かれるでしょう。
言われてみれば確かにそうなのかもしれませんが
私が食レポをやろうものなら、それより以前にボキャ貧や古臭いセンスをさらけだし
ありきたりのコメントや同じフレーズの繰り返し、死語の連発になるような気がいたします。
今時、お年寄りでもほとんど使わないような「 美味しくて、ほっぺたが落っこちそうだ 」
というセリフを臆面も無く申しているかもしれません。



食レポはダメでも風俗関係のレポートなら、もう少し気の利いたことが言えそうですが
やはりその場合でも「 気持ち良くて、チンポが落っこちそうだ 」などと申しているでしょう。
まぁ、病気になったというわけではないのですが.....





                                       プロフィール画像2015圧縮前→fg→圧縮→jpg→FC2画像圧縮20150929

楽しい行楽地







お目汚し、失礼いたします。



芸術・スポーツ・食欲と、秋に縁のあるものを綴ったわけですが
この際ですから、やはり秋に縁のある行楽・読書についても綴ってみようかと存じます。



で、本日は行楽についてでございます。
私事で恐縮でございますが、私が初めて女性と長距離のドライブデートに出かけたのは
25年前のことでございました。
一応車が運転できるものの、観光地や行楽スポットなどに頻繁に出かけるといった
垢抜けたドライバーとは縁遠い男だった私。
とある日曜日、交際中の彼女とともにドライブに出かけることになったものの
カップルで楽しめそうな行き先が思いつきません。



今なら検索をかけて適当な場所をピックアップし
スマホの地図アプリで目的地に向かうということも可能でしょうが
当時はネットなどございません。
私は行楽地を紹介するガイドブックを書店で購入し
どこかイイところは無いかと探しておりましたが、なかなかここぞという候補地が見当たりません。
仮に見つかったとしても道順がややこしくて行き先に辿り着けないという不安があり
却下となってしまいます。



さんざん迷った挙句、兵庫県にある生野銀山という史跡を訪れることにいたしました。
今思い返しても、なぜここを選んだのかよくわからないのですが
恐らく交通アクセスに関して、方向音痴な私がもっとも安心できるルートだったからでございましょう。



で、彼女を連れて行ったわけですが生野銀山、少なくとも戦国時代からあるという古い銀山で
坑道の中に銀の採掘現場の昔の様子を再現した展示物があり
マネキンか蝋人形で作られた髷頭の鉱夫が数人おりまして
当時の過酷な採掘の様子が暗い坑道の中に現出しておりました。
夏だというのに坑道の中は肌寒く、私も彼女も羽織るものを持って来ておりませんで
しかもそのとき、終始無言だった彼女が発している
( せっかく二人きりで遠出をしたのに、なぜココなの? )
という負のオーラがヒシヒシと感じられて私、ブルブル震えながら坑道の中を歩いておりました。



それ以降、生野銀山には行っておりません。
このように書いているうちに、何やら生野銀山をディスったような気がして申し訳なく思い
何かフォローする材料は無いかと生野銀山のサイトを訪れてみましたら
銀山の暗いイメージを払拭しようということでございましょうか
「 ギンギラ銀山パラダイス 」というビデオコンテンツがございました。
一応YouTubeのリンクを貼っておきますが
超スーパー地下アイドルの GINZAN BOYZ が歌を披露する
けっこう明るめの楽しいビデオとなっております。





正直、どういう層をターゲットにしているのか、何を目指しどこへ向かおうとしているのか
イマイチよくわからないイメージビデオでございまして
また、少々悪ふざけが過ぎるのではないかという印象が無きにしもあらずですが
流れている歌は実に面白く、カラオケで歌ってみても楽しそうですし
「 ちょっと行ってみようかな、生野銀山 」と思わせるような見事な演出でございました。
もっとも、ただ一つ難を申せば、いかに銀の採掘現場とは言え
GINZAN BOYZ という男の子たちで構成されたアイドルグループが歌う歌に
「 掘って 掘られて また掘って 」という歌詞はまずいんじゃないかという気はいたしますが.....





                                       プロフィール画像2015圧縮前→fg→圧縮→jpg→FC2画像圧縮20150929

図書館にちょっぴりモノ申す

20171017.jpg





お目汚し、失礼いたします。



「 ~の秋 」シリーズの最後を飾るのは読書ということになりまして
書評めいたものや自らの読書歴をさらそうかと思ったのですが
さらすほどのクォリティもボリュームもない私。
そこで代わりにといっては恐縮でございますが
本日は図書館にまつわることをちょいと書いてみようかと存じます。



数ヶ月前のことですが、いつも利用している図書館で図書館カードの更新をおこないました。
図書館カードと申しましたが、図書館によって名称はさまざまで
図書館で本を借りるときや諸々の手続きをする際に必要な身分証明書のようなものでございます。
近頃はこのカードに付いているバーコードと、図書館備え付けの自動貸出機を使って
自分で貸し出し手続きをおこなうことができまして非常に便利なのですが
有効期限がございまして、期限が来たら図書館の受付窓口で更新手続きをせねばなりません。



更新手続きをおこなえば、また次の期限までの数年間このカードが使えるのですが
何年か使っているうちにカードが汚れたり破損したりしてしまいます。
私のカードももう10年近く使っておりまして、ボロボロでございますが
更新の手続きの際、新しいカードに変えてくれるのかと思いきや
有効期限を更新しただけで、ボロボロのカードをそのまま突っ返されてしまいますた。



市営の図書館でございますゆえ、利用者からの申し出がない限りは
カードを新しくてキレイなものに交換するということはしないのでございましょう。
経費節減というわけなのでしょうが、私の図書館カード、見た目はいかにもボロボロで
バーコードの読み取りに支障が出そうな有様だというのに、まったくのスルーでございました。
まさに公務員の鑑といえましょうが、もう少し斟酌してくれてもイイのではないかと。
なにもカードを新品に交換する手数料をロハにしろなどとは申しません。
こちらが何も言わなくても「 カード、新しくしましょうか 」ぐらいは
言ってくれてもよろしゅうございましょう。



更新の受付をしてくれたのは中年の女性職員でございましたが
プライベートでもこんな調子なのでございましょうか。
人妻かどうかは存じませんが、寝室でも職業意識のようなものを発揮して
こちらが何も言わなければ指一本触れさせない、チンコ一本入れさせないというのでは
夫が哀れでございましょう。
また逆に、貴女が何も言わなければ夫が鼾をかいて寝てしまうというのでは
カラダがうずいてしまいましょう。
プロ意識に徹するのも大切ですが、気配りもときには必要ではないかと存じます。



何やら読書や書籍にまつわるアカデミックな話とは縁遠い記事になってしまいましたが
「 ~の秋 」シリーズ、これにて終了でございます.....





                                       プロフィール画像2015圧縮前→fg→圧縮→jpg→FC2画像圧縮20150929

荒れる車道






お目汚し、失礼いたします。



トラブル相手の煽り運転が原因で
ワゴン車に乗っていた家族連れのうち父親と母親が亡くなるという
悲惨な事件が今年6月に東名高速道路で起きていたそうでございます。
被害者の一家が、パーキングエリアで迷惑駐車をしていた車の男とトラブルになり
男に煽り運転を仕掛けられたあげく追い越し車線にワゴン車を停車させられたところへ
無関係なトラックが追突してしまい、父親と母親が亡くなったとのこと。



このニュースが流れるのと相前後して、同様に煽り運転が原因で起きた事件事故のニュースが
いくつか報道されておりました。
中には此度の悲惨な事件ほどではないものの、状況が酷似した事故もあり
この手のトラブルや事件事故がいかに多いかを物語っております。
警察庁のデータによりますと去年、車間距離を詰めて来る煽り行為は
摘発されただけで7625件にも上るそうでございます。
摘発されていないものやそれ以外の煽り行為を含めれば、どれほどの数になるのでございましょう。
これではまるで車道はガラの悪い繁華街か治安のゆるいスラムも同然でございます。



ところで10月15日の日曜日の朝、このニュースを伝えていたテレビの報道番組において
そのテレビ局の男性アナウンサーが車での煽りに関して自分の体験談を話しておりました。
高速道路で煽り行為をやらかして人を死に至らしめるというキチガイのようなゴミ糞のことよりも
そのアナウンサーの体験談に私、ちょっと引っかかるものがございました。
そのアナが若い頃、車を運転中のことだったのですが
ノロノロ運転をする前方の軽自動車を追い越したら、それが気に触ったのか
その車から降りてきた男に金属バットで自分の車の窓ガラスを割られたそうでございます。



非常に怖い体験をしたというようなことを、そのアナは申しておりましたが
窓ガラスを割られてからどうなったのかについては触れておりませんでした。
伝える時間が無かったのかもしれませんが
ひょっとすると公共の電波を通しては言えない事でもあったのでしょうか。
相手に許してもらうために土下座をさせられたり、靴先を舐めさせられたり、ケツを掘られたりといった
ものすごく屈辱的な扱いを受けたのかもしれません。



あるいはことによると、警察の世話になるようなことをしていたとも考えられます。
相手の男の金属バットを奪い取り
「 追い越して悪いか、このウスノロ野郎 」と言いながら暴行を加え
開放骨折を引き起こすようなケガを負わせていたのかもしれません。
または昔、俳優のHK氏が芸能レポーターに向かって放ったような
「 目玉、くりぬいてやろうか 」というセリフで相手の男を恫喝し
実際に目玉をくりぬいたのかもしれません。
メガネをかけたおとなしそうなアナウンサーでしたが、人は見かけによらないものでございます。



ともあれ、煽り運転やそれに類するような行為、相手にしないというのが唯一の対策だということですが
時と場合によっては、それもなかなかむずかしい面があるかもしれません。
必要とあらば更なる厳罰化もやむなしでございましょう.....





                                       プロフィール画像2015圧縮前→fg→圧縮→jpg→FC2画像圧縮20150929



鉄の天井






お目汚し、失礼いたします。



台風による暴風雨が吹きすさぶ中おこなわれた第48回衆議院議員総選挙
与党の圧勝でございました。
いっとき希望の党が激しく勢い付いておりまして
これはひょっとするとひょっとするのではという雰囲気でございましたが土壇場で失速してしまい
またその後釜を狙うかのように立憲民主党が猛然と追い上げてまいりましたが
こちらも急ごしらえだったためか頭打ち。
どちらも大勝利というわけにはいかなかったようでございます。



希望の党の小池百合子氏、訪問先のフランスはパリにおいて
都知事選や都議選では見事にガラスの天井を破ったが
此度の衆院選では鉄の天井を破ることが出来なかったというような発言をいたしまして
事実上、敗北を認めております。
私もガラスや鉄の天井は苦手ですがカズノコの天井は大好物でございまして
まぁそれはともかく、敗北の弁でさえ何やら気取った物言いをする小池百合子氏
なかなかしぶといオバチャンでございます。



ところで与党自民党の党首の安倍晋三氏でございますが
都知事選では街頭演説の場で敵意のある野次を飛ばす連中を
「 こんな人たち 」と称したことでかなり顰蹙を買いましたゆえ
それに懲りたのか此度の選挙においてはアンチが集まってくるのを恐れ
街頭演説をする場所を公にはしていなかったそうでございます。
もし知られてしまうとSNSを通して情報が拡散され
それを知って集まった有象無象から野次攻撃を受け、再び都知事選の二の舞になりかねません。



そのための回避措置ということでございましょう。
そもそも演説の際の聴衆からの野次に過剰反応したり激高したりするのは政治家として失格なのですが
安倍氏、元々沸点が低いかたのようですし
組織的に集まって野次る集団に大音声で騒がれて演説が聞こえないようでは
他の聴衆にとっても迷惑な話でございます。



そのために演説先を秘匿したり行動予定を隠したりするのもやむをえないかもしれませんが
毎回毎回そういうことでは一国の首相という肩書きが泣きましょう。
相手が大声で野次ってくるなら、それを上回る大声で一喝してみてはいかがでございましょう。
ただし生半可な一喝では相手もひるみません。
「 黙れ!」と怒鳴ったぐらいでは効果が無く、「 黙れとは何だ!」と言い返されるのが関の山でございましょう。
相手を圧倒して野次を鈍らせるには

黙れ2

というぐらいの声を出さなければなりません。



もっとも、これだけ大きいと居合わせた聴衆全員の鼓膜が破れてしまうという問題もございますが
国民の耳が聞こえなくなれば、政治をおこなう者にとってこれはむしろ好都合というもの。
ついでに目も見えず、口も利けなくなってくれたら、なおさら好都合でございましょう.....





                                       プロフィール画像2015圧縮前→fg→圧縮→jpg→FC2画像圧縮20150929