2017年のハングマン






お目汚し、失礼いたします。



10月後半から11月頭にかけて何やらキチガイ的に忙しく
更新が伸び伸びとなってしまいました。申し訳ございません。
で、しばらくぶりの更新ということになるわけでございますが
よりによってのっけからエグい話題で恐縮でございます。
例の座間市の事件のことでございます。



すでにテレビ・ラジオ・ネット等で御存知かと思いますので
事件の概要は割愛させていただきますが
自らが住むワンルームマンションで9つの生首と同居していた白石某なる男
犯行に利用したツイッターにおいて「 首吊り士 」なるハンドルネームを名乗っていたそうでございます。
優しそうなイケメンのイラストが、この「 首吊り士 」のプロフィール画像として使われていたのを
ニュース映像で見たかたもおられるかと存じますが
このイラスト、首と手首のところに縄かロープで拘束したような赤い跡がございます。
しかもこの男、ツイッターにおいて「 死にたい 」という別のハンドルネームを使って投稿しておりましたが
警察での取調べによれば、ただカネと快楽を得るためだけに
赤の他人を「 自殺 」というハッシュタグで釣り上げ、人殺しに手を染めたとのことでございます。



それにしてもこの男、2ヶ月のあいだに9人もの人間を手にかけたそうですが
そんなにたやすく立て続けに人を殺すことができるものなのでしょうか。
また、そんなに簡単に人は殺されてしまうものなのでしょうか。
去年、座間市と同じく神奈川県、その相模原市の福祉施設で
たった一人の男に知的障がい者が19人も殺害された事件がございましたが
あの時とは明らかに状況が違います。
当事者にとっては切実なのかもしれませんが、正直なところ私には
SNSでのやりとりだけで「 死にましょう 」「 殺しましょう 」になってしまう人間関係が理解できません。
そしてもう一つ私が気がかりなのは、今回の事件と似たようなことが、ただ表には出てこないだけで
裏では数多く存在している、進行している、広がっているのではないかということでございます。



「 首吊り士 」という名前、横文字で表現すればさしずめ「 Hang man 」といったところでしょうか。
アラフィフ世代の男性諸氏ならよく覚えておいでかと存じますが
1980年代、テレビでシリーズ化されていた「 ザ・ハングマン 」というドラマがございました。
法では裁けない悪人たちを社会的に抹殺する処刑人( ハングマン )たちが活躍する
勧善懲悪のドラマだったのですが、けっこうお色気シーンがございまして
当時20代で自家発電に血道を上げていた私にとっては実に美味しいオカズでございました。



特にオカズとして付加価値の高かったのは、シリーズ2作目の「 ザ・ハングマンⅡ 」でございます。
そのオープニングナレーションは、声優であり俳優でもある森山周一郎氏が
韻律を使って語る小気味良いものでございました。

春夏秋冬 季節はめぐる
月火水木 仕事に通う
朝昼晩の食事を作る
世の中いつもの繰り返し
表の世界はそう見える
表があれば裏がある
裏の世界の出来事は
人の予想を上回る
影に潜んだ悪党どもを
あの手この手のからくりで
表の光にさらけ出す
それが俺たちハングマン




今はもう1980年代ではございません。
時は21世紀、2017年のハングマンは、そのころのハングマンとは180度異なる存在でございます。
一見何気ない毎日、優しそうな言葉がコトコトと流れていくSNSの中に棲み付き
虎視眈々と獲物を狙う悪魔が現代のハングマンなのでございます。
それゆえ、上記のオープニングナレーション
今なら最後の4行だけはこのように書き換えるべきでございましょう.....

影に潜んだ悪党どもが
あの手この手のからくりで
哀れな獲物を狩りまくる
それが俺たちハングマン (゚∀゚)






                                       プロフィール画像2015圧縮前→fg→圧縮→jpg→FC2画像圧縮20150929

OMOTENASHI






お目汚し、失礼いたします。



旅行会社の添乗員をやっているかたから聞いた話でございますが
朝、チェックアウトを済ませて観光バスに乗り込む団体客を
ホテルや旅館の従業員が手を振りながら見送る場面がございます。
このとき彼らは満面の笑みを浮かべて団体客を見送るのですが、その笑みの裏で

( ふぅ~、やれやれ。宿賃もいただいたし、面倒な客ともこれでお別れ。めでたしめでたし♪ )

と思っているとのこと。



さもありなんといったところでございますが、そう言われてもあまり実感が湧きません。
そういったことを耳にして以降も私、何回か仕事がらみの団体旅行でホテルや旅館の世話になり
朝、愛想笑いを浮かべて見送ってくれる従業員たちの顔を見て
「 ああ、いい人たちにおもてなしをしてもらって楽しかったな 」と感慨にふけったりしておりました。
本当は前夜の宴会でコンパニオンのオネーチャンのお尻を触ってやればよかったとか
あのエロい熟女の仲居さんに一発ヤラせてもらいたかったとか心残りがあったのですが
出発するバスの中から、ホテルの玄関前に従業員がズラリと並んで手を振っている姿を見ていると
そのような薄汚れた煩悩などきれいさっぱり洗い流されてしまいます。



つい先日、米国のトランプ大統領が家族とともに厳重な警戒態勢の中、わが国を訪れておりましたが
日本側の対応は至れり尽くせりのOMOTENASHI、痒い股間に手が届くといったありさまでございました。
歓迎晩餐会にはピコ太郎氏や女優の米倉涼子さんなどが出席し
ゴルフ接待にはプロゴルファーの松山英樹氏が駆り出されておりました。
日米首脳会談も無事終了し、トランプ大統領一行は7日午前、次の訪問国に向けて旅立ちましたが
此度のトランプ訪日に携わった日本側の関係者としては
そのときはまさに冒頭に書いたホテル従業員たちのような気分だったことでしょう。



ところで今回のトランプ氏の訪日、大統領本人に対するおもてなしはもちろんのこと
その娘のイヴァンカ氏への気遣いも並々ならぬものがあったようでございます。
これは外務省からの進言だという噂もございますが
そのせいか私の個人的印象としてはファーストレディのメラニア夫人
いくぶん霞んだような扱いを受けているように見えました。
ミキモトの銀座四丁目本店を首相夫人の昭恵氏とともに訪れている様子がテレビで流れておりましたが
何やら「 奥方2人には真珠でも見せておけ、いっそのこと真珠入りのイチモツでも突っ込んでおけ!」
といったゾンザイさが見え隠れしているような気がいたしました。



まぁそれでもトランプ氏の次の訪問国よりかはマシでございましょう。
歓迎晩餐会で「 独島エビ 」を供したり、「 元従軍慰安婦 」を招いたりといった
来賓客がさっきまで泊まっていたホテルをディスるようなマネをする安宿に
まともなおもてなしができるとは到底思えませんので.....





                                       プロフィール画像2015圧縮前→fg→圧縮→jpg→FC2画像圧縮20150929

忖度大賞






お目汚し、失礼いたします。



先日、毎年恒例の催し「 ユーキャン新語・流行語大賞 」における
2017年度分としてノミネートされた言葉が発表されておりました。
何かと物議を醸したり不信感を抱かれたりするこの催しでございますが
やっぱりと申しますか、ハァ?と申しますか
まったく見たことも聞いたこともないような言葉が今回も顔を見せております。
その中には言葉を見聞きして大体、あるいはなんとなくその内容が計り知れそうなものもございますが
ちゃんと説明してくれなければ何なのかさっぱりわからないものもございます。



昨年でしたか、「 日本氏ね 」という不謹慎な言葉がノミネートされ
「 神ってる 」というゴリ押しや自己満足としか思えないようなものが大賞を獲得して
ずいぶんと顰蹙を買ったこの催し
今年はどんな言葉がナンバーワンに輝くのでございましょうか。
個人的には私、「 このハゲ━━━!」が大賞ではないかと思うのですが
何やら忖度が働いたようで、この言葉はノミネートされておりません。
代わりに「 ちーがーうーだーろー!」でお茶を濁しておりますが、こういうところが鼻につくのでございます。



ここはひとつ、日本漢字能力検定協会が清水寺にて執り行う
「 今年の漢字 」に望みを託すしかないわけでございますが
清水寺の貫主によって大きな半紙に「 禿 」と書かれることに何やら違和感を禁じ得ませんし
やはりここでも忖度か斟酌が働いて別の漢字が選ばれることでございましょう。
そして私が思うに、恐らく今年の漢字は「 違 」になるのではないかと存じます。
これには私、予感のようなものがございまして
90パーセント以上の可能性でこの「 違 」が選ばれるだろうと確信しております。



もしそうでなかった場合はいかがいたしましょう。
ペナルティとして私のイチモツが射精している瞬間の画像でもここで披露いたしますか。
もちろんそんなことをして当ブログが凍結されてしまうのも困りますので
射精の画像に見せかけた別の画像でお茶を濁すことにいたしましょう。
そのときはコメント欄かメールにて大いに突っ込んでやってくださいまし。
「 ちーがーうーだーろー!」と。





                                       プロフィール画像2015圧縮前→fg→圧縮→jpg→FC2画像圧縮20150929

乗客の品格






お目汚し、失礼いたします。



ついこの前のことですが、北海道は札幌の弁護士が
タクシーの中で運転手に対して暴言を吐き
大暴れをした上に料金を踏み倒して立ち去ったニュースが報道されておりました。
聞くところによればこの男、弁護士としてはもちろん実業家としても有名な人物だとのことで
依頼主や取引先からすればドン引きでございましょう。
何が気に食わなかったのかは存じませんが酒に酔っていたとはいえ
暴言や暴力を弱い立場の人間に浴びせるのは、秘書に暴行を加えた例の元女性議員と同様
与太者やDQNと変わりありません。



今さらではございますが、タクシー業者としてはこういった酔っ払いも
客として扱わなければならないわけで、その御苦労がいかほどのものか察して余りあります。
今回のようなひどいケースほどではないにしろ
この手のタチの悪い乗客はさぞかし多いのではないでしょうか。
また、たとえ本人に悪意がなくとも、酔いのせいでテンションの高くなった乗客の言動が
タクシーの運転手にすれば不快感を催したりすることもございましょう。



悪気は無いが、はからずもタクシーの運転手に迷惑をかけるという点では
何を隠そう私も反省しなければならないような体験がございます。
まだ若い頃、当時勤めていた会社で催された忘年会から一人で帰るときのことでございました。
終電が無くなったためにタクシーを拾ったのですが
そのタクシーの運転手さんが紳士的な初老の男性だったのでございます。
忘年会で飲んだ酒の酔いがまだ醒めていなかった私は、その運転手さんの穏やかな雰囲気に気を許し
政治や経済のこと、当時の世情や芸能関係の話などを思いつくまま片っ端から喋りまくっておりました。



運転手さんも、まぁ客に対するお愛想だったのでしょうが
私の話に耳を傾けて相槌を打ちながら話しかけてくれまして
当初は車内に和やかな空気が流れていたのですが
調子に乗った私、当時悩まされていた痔の話をおっぱじめました。
私がどれだけ痔に苦しんでいるか、普段どのようなことを心がけ
どんな方法で悪化しないように努めているか、また逆にどんな失敗をして痛い目にあったかなどを
微に入り細を穿つように話したのでございます。



そんな話を最初のうちは親身になって聞いてくれていた運転手さんだったのですが
やがてリアクションが鈍くなり、相槌が減ってまいりました。
車内には微妙な空気が立ち込め、その空気を読み違えた私は盛り上げなきゃ、盛り上げなきゃと
なおいっそう微に入り細を穿つような話を披露したのでございます。
運転手さんにしてみれば、肛門に薔薇の花が咲くほど掘られるのが大好きなウケ専の男に
ナンパもしくはセクハラをされているような気分だったのでございましょう。
とうとう私の話は完全にスルーされるようになってしまいますた。



我ながら、いったいどうしてあんな話をしてしまったのでしょうか。
この時の事は今でも思い出す度にホモを噛むような…おっと失礼、ほぞを噛むような思いにとらわれます。
まぁいずれにせよタクシーの運転手さんにしてみれば
乗客には迷惑な言動を慎んでほしいものでございましょう。
なにしろ運転を誤ってオカマを掘ってしまったら一大事でございますので.....





                                       プロフィール画像2015圧縮前→fg→圧縮→jpg→FC2画像圧縮20150929

終わらない物言い






お目汚し、失礼いたします。



何やら相撲界が騒々しいようでございます。
日馬富士の貴ノ岩に対する暴行事件、なかなか解決の着地点が見当たらず
問題は日を追うごとに大きくなる一方でございます。
当事者の証言が二転三転し、関係者が奥歯に物の挟まったような言い方をしたり
あるいはきちんと説明をせずにダンマリを決め込んだり
大事な巡業をサボってサッカーを楽しんでいた元横綱が海の向こうから首を突っ込んできたりと
内野と外野が入り乱れて混乱のきわみを呈しておるようでございます。



それにしても力士を怒らせてはマズイなとつくづく思いました。
身長が6尺以上あり、体重が137キログラムもある巨漢が
酒に酔った勢いで10発以上も殴ったとあれば、常人なら並大抵のことでは済みますまい。
仮に相手が私だったら殴られているうちに腕が千切れて足がもげ、胴に穴が開き
首が吹っ飛んで瞬く間にバラバラ死体となっていたのではないでしょうか。



日馬富士が貴ノ岩を殴ったとされるカラオケ装置付きのラウンジがテレビに映っているのを見ましたが
力士数人が飲み食いをするにはひどく狭い部屋だなという印象がございました。
ここで力士同士がもめたのだとすると
そのせいで部屋はおろかラウンジの建物ごと崩れ落ちてしまいそうでございまして
まるで昔風の喜劇のようなシーンになりそうでございます。
果たしてこの小さな空間の中で、いったい何が起きていたのでございましょう。



まぁ相撲ファンでない私には、とどのつまりあまり興味の湧かない事件ですが
この事件に関して二人の熟女が登場し、それなりに目の保養にはなりました。
二人のうちお一人は、日本相撲協会の評議員会長として
此度の事件に関して発言をされた池坊保子さん。
華道の家元、池坊に嫁がれ衆議院議員として活動した経験もある女性なのですが
33年ほど前に「 PENTHOUSE JAPAN 」という雑誌でヌード写真を披露しております。
そしてもう一人は貴ノ岩の師匠、貴乃花親方の母親の藤田紀子さん。
つい先日、テレビの昼のトーク番組で
相撲部屋のおかみさんをやっていたころの苦労を語っておられました。



この女性、おふたかたとも巨乳ではないかと存じます。
テレビの画面、しかも着衣の上から見た印象でございますゆえ断言はできませんが
もしそうだとしたら、お二人にはぜひとも素っ裸になって廻しを締めてもらいたいもの。
そして豪快に四股を踏み、私の股間をかわるがわる四股四股していただけたら
もう何も申すことはございません.....





                                       プロフィール画像2015圧縮前→fg→圧縮→jpg→FC2画像圧縮20150929

消えゆく神々






お目汚し、失礼いたします。



先日、当ブログにおいて「 乗客の品格 」というタイトルで
タクシーでトラブルを起こした悪質な乗客のことについて少し触れたのですが
ちょうど同じ日に、悪質なクレーマーのことが書かれている新聞記事がネットにおいて掲載されておりました。
業種は違えど、見方によってはあの乗客などかわいいといってもいいぐらい
タチの悪い客の事例が報告されております。



クレーム対応をしている従業員が、この手のキチガイに対してどれだけしんどい思いをさせられているか
その従業員の勤め先は、ちゃんとわかっているのでしょうか。
もしそういったことを見てみぬふりをしている経営者がいるとしたら
それは生徒間のイジメ問題を放置している学校と何ら変わりありません。



それにしてもこの手のキチガイ、ひょっとすると「 お客様は神様です 」という言葉を妄信しているのでしょうか。
この際ですから書いておこうと思いますが「 お客様は神様です 」というのは
お客様というのは神様のように素晴らしい人なんです 」という意味でございます。
つまりこれは「 神様とはとても言えないような輩は、お客様扱いいたしませんよ 」という警鐘なのですが
それをわかっていないDQN客や頭の悪い経営者が勘違いをしているだけなのでございます。



クレーム客のことについて書いたついでに申し上げますが
何やら最近「 ああしろ、こうしろ 」「 それはダメ、これもダメ 」ということが多すぎやしませんかね。
究極的には程度問題なのかもしれませんが
個人的感覚として、近ごろ世の中がギスギスし過ぎているような印象がございます。
私が住むマンションの自治会の回覧記事では
マンションの室内で子供が走り回ってうるさいという苦情がときどき載っておりますが
特段の事情がない限り、多少の雑音は目をつぶったらいいだろと言ってみたくなります。



以前、私の住む部屋の真上の階には子連れの夫婦が住んでいて、子供が盛大に暴れておりました。
確かにうるさいとは思いましたが、所詮子供でございます。
四六時中暴れているわけでもなく、飽きればやめるのでございます。
むしろ悪質なクレーム客のように些細なことを飽きずにしつこく大袈裟に騒ぎ立てる大人の方が
迷惑極まりないものでございましょう。



こういったことで回覧に苦情を載せるような住人は
その夫婦の夜の営みの声でさえ、うるさいと言って怒るに違いありません。
あるいは私が自家発電をしている最中にティッシュケースからティッシュを引き出す ズズズ… という音や
イチモツをこすっている シュッシュッ という音にまで難癖を付けてくるかもしれません。
とにかくこれからは私、自宅でオナニーをするにも気を使うことになりそうです。



どうやら最近、この国から神々が次々と消え去っているようでございます。
そして神々が消え去る国は、いずれ滅びてしまうものでございます.....





                                       プロフィール画像2015圧縮前→fg→圧縮→jpg→FC2画像圧縮20150929