器用な男






お目汚し、失礼いたします。



日本相撲協会の理事選が本日おこなわれまして
注目の貴乃花親方、落選いたしました。
横綱だった日馬富士の暴行事件に端を発する一連の流れにおいて
渦中の人物の一人とも言える貴乃花親方
落選したその心中、いかばかりのものでございましょう。



ひょっとするとこれは想定内のことであり
親方としては相撲界に根ざすさまざまな諸問題をクローズアップさせることが目的
すなわち問題提起が真の到達点だったのかもしれません。
しかしこれまでの親方の行動を見る限り、何やら偏屈で不器用なそのやりかた
説得力のある快哉を伴ったものとは言い難いような気がいたします。
相撲しかできない、相撲にしか生き方を見出せない人間の限界と申しましょうか。



相撲界の改革という崇高な考えは尊重いたしますが
野球の試合を相撲の決まり手で勝ちに行くようなやり方では
現実的には何も進展いたしませんし、ついてくる者はいずれいなくなりましょう。
相撲もできるし政治にも聡いという、マルチな強みが無ければ
改革という生臭い仕事はできますまい。
その点、不器用さは罪なのでございます。



とはいえ、あまりにも器用すぎる、何でもこなせる超器用というのも
どこか気持ち悪いものでございます。
仕事もプライベートも器用にこなせる、頭の回転が良くて運動神経も抜群
炊事洗濯お手の物、何ヶ国語も喋れて目上の人とも若い衆とも会話が弾む等々
そういう器用さならまだしも、それ以上の器用さを持ち合わせると
人間、どこか化け物じみてまいります。



先日、あるニュースアプリで見つけた記事において
一本で7つの役目を果たす多機能ボールペンが紹介されておりました。
このグッズ、ボールペン本来の機能以外にタッチペン、定規、スマホのスタンド、栓抜き
プラスドライバー、マイナスドライバーという6つの機能を併せ持つスグレモノなのですが
人間がこのボールペンのように肉体的に何役もこなせるようになったら
ちょっと気味が悪ぅございます。
いじめることに抜群の才能を発揮するが、そのくせいじめられ上手でもあり
また掘られることに喜びを覚えるが、逆に掘ることも厭わず
しかも人間相手はもちろん、家畜が相手でもテクニシャン…等々
私の目から見てこのボールペン、そんなふうに何役もこなせる男を連想させるシロモノでした。



しかしそういう化け物じみた男が、今の相撲界を改革するには必要なのかもしれません。
そして貴乃花親方はそういう男には決してなれはしないでしょう。
弟子の貴公俊の新十両会見において
あまりにも無防備な笑顔を見せる親方の顔を見てそう思いました.....





                                       プロフィール画像2015圧縮前→fg→圧縮→jpg→FC2画像圧縮20150929

昼ドラとツッコミ






お目汚し、失礼いたします。



私、テレビドラマというものはあまり見ておりません。
ちょっと見てみたいなと思うドラマがあっても、その時間帯にテレビの前に居ないことが多く
また録画をしようにもビデオ機器がうちには無いのでございます。
仮にあったとしても私、録画の予約を面倒くさがるモノグサ男ですし
そんなモノグサ男ゆえ、せっかく録画した番組も見ることが煩わしくなってきて
やがてストレージが録り溜めした番組でパンパンになってしまうだろうと存じます。



もっとも、最近はネットでテレビドラマを見せてくれるサイトがいくつかございまして
時間に縛られずに視聴でき、しかも面倒な作業もなくクリックかタップで見ることができます。
そのおかげで、がんばってワンクール全部見終えた番組もあるにはあるのですが
手軽さがかえって災いし、番宣や前評判を見聞きして気合を入れて見始めたものの
ちょっと見ただけで「 あ、こりゃダメだ 」とさじを投げる場合もございます。



先日、仲里依紗・主演の「 ホリデイラブ 」なるドラマを視聴したのですが
すぐにさじを投げてしまいました。
番組が始まる前に、テレビで印象的な番宣を目にいたしまして
仲里依紗が演じる女性の夫( 演・塚本高史 )が
まるで激しいツッコミを受けるボケ役の関西芸人のごとく
ビジネスバッグで思いっきり バシ━ッ! と顔をドツカれているシーンが流れ
最後に「 サレ妻地獄へようこそ~♠ 」というナレーション。
なんとなくコメディタッチのエロいドラマを想像していたのですが
蓋を開けて見ると見事に期待を裏切られました。



てっきり私はこのビジネスバッグによる過激なツッコミがドラマの中でお約束になっていて
不倫相手と密会中に バシ━ッ! 仕事を終えて帰宅したら玄関先で妻に バシ━ッ!
勤務先の建築会社で上司に叱責されて バシ━ッ! 通勤途中に駅員から バシ━ッ!
夜寝る前に バシ━ッ! 朝起きて バシ━ッ! 食事中に バシ━ッ! トイレの最中に バシ━ッ! という
不条理コントのようなドラマ展開を予想していたのですが、どうも見当違いだった模様。
われながら堪え性が無いなとは思いましたが結局、見るのはやめました。



このドラマ、夜遅くにオンエアされておりますが、どうやら内容からすると昼ドラのようでございます。
とはいえ、私が中学生や高校生だった昔に放映されていた昼ドラ
たとえば佐藤友美・主演の「 シンデレラの海 」や
服部妙子の「 犯される 」などを見てスクスクと育った私にしてみれば
ヒロインの置かれた境遇や運命がこれらとは根本的に異なっており、物足りなさが感じられてしかたありません。
まぁ、もう少し物語が先に進めば、目を見張るような思いもかけない展開になるのかもしれませんが
私のように求めるものがまるっきり今の時代とはズレているようなオッサンや
せっかちで気まぐれな視聴者にとっては、少々餌不足という感が否めませんでした。



そういった視聴者を惹きつけるには
やはりここは一つ、あの バシ━ッ! をお約束にするしかないような気がいたします。
まぁ演じられる俳優さんは大変でしょうが.....





                                       プロフィール画像2015圧縮前→fg→圧縮→jpg→FC2画像圧縮20150929

チョコレートの使い道






お目汚し、失礼いたします。



明後日の水曜日、2月14日は聖バレンタインデーということで
全国的にチョコレートの売り上げが伸びる日なのですが
チョコレートと言えば私、昔見た海外ドラマのワンシーンをときおり思い出します。
硫酸の入った金属製のタンクにできた割れ目を、硫酸とチョコレートが化合して固まることを利用し
チョコレートを使って塞いでしまうという突飛なシーンでございます。



日本版タイトルが「 冒険野郎 マクガイバー 」というテレビドラマでのことでした。
ドラマの内容はと申しますと、マクガイバーという男が犯罪組織と戦うアクション物でございます。
このマクガイバー、科学全般にわたって豊富な知識を有しており
それらの知識を駆使してその場にある手近なものを利用し
敵をやっつけたり危機を脱したりするわけでございまして
まぁ例えるなら瞬時に検索ができるインターネットのような頭脳と
どんなこともやってのけるユーチューバーなみの決断力・行動力を兼ね備えたキャラでございます。



このドラマ、主人公の科学的知識を武器にしたこういう突飛な活躍が
セールスポイントだったようでございまして
本国アメリカではシーズン7まで制作されている長寿番組でございました。
最近リブート版も制作されているようですが
当時、「 バイオニック・ジェミー 」や「 エアウルフ 」
「 ナイトライダー 」といった海外ドラマに慣れ親しんでいた私は
主人公マクガイバーのヒーローとしてのスペックがやや地味な感じに思えてしまいまして
このドラマ、そのチョコレートの回しか見た記憶がございません。
まぁ今DVDでも借りてきて見直してみれば、けっこうおもしろいドラマなのかもしれませんが。



ところでこのチョコレートによるタンクの割れ目の修復作業についてググってみたら
やはりフィクションゆえ、厳密にはそんなことは無理だろうという記述をいくつか見かけました。
ユニークなタイプのヒーローではございますが、マクガイバーが披露する科学的知識に誤りでもあって
マネをした者が大変な目に遭ったとテレビ局や制作会社を訴えるようなことは無かったのでしょうか。
訴訟大国アメリカで作られたテレビドラマでございますゆえ、その辺が気になります。



まぁチョコレートがタンクの割れ目を塞ぐのは無理かもしれませんが
少なくとも毎年2月14日には女性が男性の気を惹き付けることに役立っているわけでございます。
そしてそれが縁で交際が始まり、やがて添い遂げた男女が一夜を共にして
男性が股間のチンコレートで女性の股間の割れ目を塞ぐことになれば
なおさらよろしゅうございましょう.....





                                       プロフィール画像2015圧縮前→fg→圧縮→jpg→FC2画像圧縮20150929

カネ溢れ






お目汚し、失礼いたします。



最近、寒さが緩んで空気が暖かくなり、春の到来を予感させるような日になることがございます。
そういった日が訪れると、なおさら一刻も早い春の到来を待ち望むようになるものですが
春になればいろいろと楽しいことがある反面、その一方で不愉快なこともございます。
寒い冬が終わって暖かくなると、確かに身も心も軽くなり、仕事も遊びもはかどりますが
反面、変質者が元気になって屋外を跳梁跋扈するようになるのでございます。
燦々と降り注ぐ太陽の下、外の空気にチンコや肛門、タマタマにオケケをさらけ出して
アウトドアライフを楽しもうとする露出系変質者たちが街に躍り出るのでございます。



空気が暖かくなるのと同様に
景気が良くなって世間一般の懐具合が暖かくなると、カネの動きが活発になり
それにともなってイイ話も悪い話も湧いてまいります。
少し前、仮想通貨が不正アクセスによって流出したという事件がございましたが
景気の悪いときならばお金の管理についての感覚が鋭くなり
絶対に不用意なことはするまいという意識が働くものですが
カネがジャブジャブとそこらへんに溢れているような空気が醸成されると
そういった気構えが甘くなります。
手を伸ばせばすぐにカネに届きそうな、何があってもすぐにカネを取り返せそうな
そんな空気に無意識のうちに身も心も漬かってしまうのでございます。



聞いた話ではあの事件、顧客から預かっていた仮想通貨を
インターネットを使ってアクセスすることが可能な「 ホットウォレット 」という状態にしてあったとのこと。
それが結果的に不正アクセスをするハッカーを利することになったわけでございまして
通常、こういった場合はインターネットから隔離された「 コールドウォレット 」という状態で
管理しなければならないそうでございます。ホットウォレットで管理していた理由について
流出元だった仮想通貨取引所の責任者は技術的な問題を言い訳にしておりましたが
 他人様 の お金 を 預かっている という意識をもっていたならば
絶対にありえない話でございましょう。
世の中がカネ溢れになっているという空気に目が眩んでいたに違いありません。



そういった「 カネ溢れ 」という空気の弊害がもたらしたと思われるトラブルが
最近また一つ明るみになっておりまする。
シェアハウスの運営に投資した人々が、シェアハウスの家賃収入が入らなくなったため
損害をこうむり、破産の危機に見舞われているというのでございます。
この一件、私なりにググってみたところ
普通に考えると危なっかしくて手を出せないような儲け話だったのですが
損害をこうむった人々は今時のカネ溢れの空気に惑わされたのでございましょう。
高額な家賃収入の保証を鵜呑みにして手を出してしまったようでございます。
また、この投資話に関わっていた銀行の融資手続きに不透明なものがあったとも言われており
何やらキナ臭いものも感じられます。



空気というのは恐ろしいものでございまして、それは明らかに自分とは別個のものでありながら
自分を取り巻き、自分にとって無くてはならないものでございます。
それが空気の空気たる所以なのでございまして
「 空気のような存在 」というのは目立たないという意味のほかに
「 厳然としてそこにある 」という意味なのでございます。
それゆえ、その空気から影響を受けないでいることには困難が伴います。



カネが溢れているという空気は物事に前向きになるというメリットと同時に
怪しい話につい乗っかってしまうというデメリットをもたらしますので
それによって地獄を見る人間はこの先まだまだいるかもしれません。
とはいえ、そういったカネが溢れているという空気が根こそぎ存在しなくなって酸欠になったとき
今度は別の地獄が門を開くことになるでしょう。実に悩ましい限りでございます.....





                                       プロフィール画像2015圧縮前→fg→圧縮→jpg→FC2画像圧縮20150929

氷上の美声






お目汚し、失礼いたします。



あまり興味はないのですが、ときおり平昌オリンピックの映像がテレビで流れますし
ラジオを聴いてもネットを開いても、平昌オリンピック関連の情報や記事を見聞きせざるを得ませんので
当ブログとしても触れざるを得ません。
で、何に触れるかと申しますとカーリングの女子選手でございます。



此度のオリンピックにおいてカーリング女子の日本代表メンバーの映像でよく見かける
藤澤五月という選手がいるのですが、このかたが可愛いということで
日本ばかりか韓国においても人気があるそうでございます。
まぁ確かに大手生命保険会社のCMでセールスレディの役でもやらせたらピッタリくるような
清潔感のある女性でございまして、私もこの人がテレビ画面に映ると
雰囲気や面立ちがどことなく似ている熟女AV女優の五十川みどりさんを思い出し
気分はホッコリ、股間はモッコリでございます。



それにしてもカーリングという競技、やたら大きな声を発してプレイをするようでございまして
先日見たときは、同じ競技場で別の対戦がおこなわれていたらしく
魚のセリ市場のごとく大きな声が飛び交っておりました。
カーリング以外にもプレイ中に女性が大声を発するスポーツは色々とありますが
カーリングにおいては、何やら歌を歌っているような声の発し方ゆえ非常に色気がございます。



おまけにあの箒のようなもので氷面をゴシゴシとこするスウィーピングというプレイ。
特に日本代表選手の吉田夕梨花と鈴木夕湖は、その驚異的なスウィーピングの激しさから
「 クレイジー・スウィーパーズ 」と呼ばれているそうですが
もしあのスウィーピングのパワーを手コキに転用するならば
萎えた私のイチモツもK点越えになること間違いなしでございます。
あの二人が持つ箒でイチモツを挟まれ、物凄い勢いでこすられる。
時には「 ほぅ~らオッサン! 何やってんだ、早くイケよ、早くよぅ!」と罵声を交えて
猛スピードでこすってもらうのでございます。



さぞかし楽しいひとときを過ごすことができそうですが
コトが終わった後、私のイチモツが干しイカのように平べったくなり
赤くヒリヒリしているだろうと考えるとちょっと心配ではございますが.....





                                       プロフィール画像2015圧縮前→fg→圧縮→jpg→FC2画像圧縮20150929