電車とエッシャー







あけましてお目汚し、失礼いたします。



以前にも当ブログにてちょっと触れたのでございますが
「 生誕120年 イスラエル博物館所蔵 ミラクル エッシャー展 」という催しが
大阪市阿倍野区にある超高層ビル、あべのハルカスの16階にて今月14日までおこなわれます。
ぜひとも見に行きたかったため、忙しくてとてもむずかしい状態でしたが
何とかして時間を作り、今日の午後、行ってまいりました。
年末の大掃除に費やす時間は作れずとも、関心のある展覧会に行く時間は捻出できるという
我ながら実に御都合主義な男でございます。



車は使わず電車であべのハルカスまで行き、エッシャーの作品を拝見したわけですが
行き帰りはすべて徒歩でございまして体力をかなり消耗いたしました。
また常日頃、仕事もプライベートも移動には車を使っておりまして
電車で移動するのはずいぶんと久しぶりだったため
電車に乗ったことがない金持ちの御曹司か超有名女優のように
乗る前から妙に緊張してしまい、色々と心配事が湧き上がってまいりました。
切符をちゃんと買えるか。行く先や乗換駅を間違えたりしないか。
電車の中でDQNと肩が触れ合って因縁をつけられないか。
韓国人の武装スリ集団の餌食にならないか。痴漢冤罪事件に巻き込まれはしないか。
電車の窓ガラスが突然割れはしないか。走行中にドアが勝手に開いたりしないか。
お腹が痛くならないか。オシッコは大丈夫か。ギュウギュウ詰めの電車の中で
エロい熟女と身体が密着して勃起しないか。イッてしまわないか.....



まぁ結局いずれも杞憂に終わりましたが、それにしても最近の電車は
私が乗り慣れていた頃の電車とは幾分…いや、多分に様子が変わっておりまする。
やたらきれいになっておりますし、車椅子利用者のためなのか
腰ぐらいの高さのところに細い手すりを設えた一角が電車内にございます。
また天井には中吊り広告の代わりに液晶テレビらしきものがあり
無音ながらCMを流しておりまして
何となく私が昔見たSF映画に登場する未来の電車のような光景でございました。
おまけに次の到着駅を告げる車内アナウンス、日・英・中・韓の四ヶ国語でございます。



電車に乗車してから約一時間。
JR天王寺駅に到着し、あべのハルカスの中へ入ったのですが
16階にある美術館への直通エレベーターの前に人だかりができていたので
急がば回れとばかりにエスカレーターに乗り近鉄百貨店の中を通って行くことに。
ところが折悪しく今日は1月2日。
世の御婦人方にとってはお待ち兼ねのバーゲンセールや福袋の売り出しの日でございます。
元旦が休業日だということもあってその分よけいに待ち遠しかったのか
店内は買い物客でごった返し、エスカレーターも買い物客でチンコ盛り……
おっと失礼、ティンコ盛り……またまた失礼、テンコ盛りでございます。



そして美術館の中では、壁に展示された作品の前で鑑賞する客が二重三重の行列を作って
ノロノロと前に進んでおりまして、その歩みたるや国会の牛歩戦術のごときありさま。
無理やり親の芸術鑑賞に付き合わされてグズる乳幼児の悲鳴がときおり飛び交い
美術館から貸し出された音声ガイド用の機器を耳に当てて突っ立ったまま
鼻がくっ付いてしまいそうなほど顔を近づけて作品を見ているオッサンがおります。
そんなオッサンの頭や二重三重の列となった観客の人垣を縫って作品を見るためには
微妙な角度を保ちながら首を伸ばさねばならず、肩がこり首が痛くなってまいりました。



そんなこんなで自宅に帰ったときは何やらヘトヘトに疲れておった次第。
今晩は毎年恒例のカキ初めをするつもりでしたが、そんな元気も無くなり
今年の自家発電所の初稼動は明日以降となりますた。
でもまぁ、曲がりなりにもエッシャーの作品を見に行きたいという
自分の望みが叶いましたので、とりあえずは満足でございます.....






                                       プロフィール画像2015圧縮前→fg→圧縮→jpg→FC2画像圧縮20150929

猪と愚者







お目汚し、失礼いたします。



今年は亥年ということで干支はイノシシでございます。
最近はイノシシが里の方に降りて来て作物を食い荒らしたり人に危害を加えたり
ということが全国各地で頻々と起きておりまして
イノシシの害獣としての側面が強調されることが多々ございますが
私が若い頃は今日ほどイノシシが害獣として取りざたされることはございませんでした。
兵庫県の六甲山へ遊びに行ったときなど、山頂付近にある観光施設の近辺や駐車場で
野生のイノシシがウロウロしているのを見たことがございますが
それほど数も多くなく、せいぜい2、3匹といったところ。
また気性も穏やかで人間や観光客に襲い掛かるといった話は聞いたことがございませんでした。
自然環境の変化や地球温暖化の影響がイノシシの生態を一変させてしまったのでしょうか。
悲しいことでございます。



ところで六甲山と申しますと、個人的な苦い思い出がございます。
黒歴史と言っても過言ではないでしょう。
20代半ばのころでございますが
以前勤めていた会社を辞めて別のところへ勤め出してから間もない頃
前の会社の元同僚から六甲山へ遊びに行かないかと誘われ
男女含めて6人でドライブに出かけたことがございました。
いずれも同じ会社の元同僚でございまして
アスレチックフィールドで遊んだりレストランで食事をしたりと楽しい時間を過ごしましたが
何やら同窓会のような雰囲気を感じて柄にもなくはしゃいでしまった私
あろうことか下ネタ話をこれでもか、これでもか、これでもかぁと元同僚たちの前で繰り返し
完全に浮いてしまったのでございます。



実は元同僚の女性の中にちょっとポッチャリした体型の女の子がいて
その肉付きが良くてふっくらとした寸胴の身体に何やら胸がときめいた私
彼女の気を引こうとしたのでございます。
しかし勘違いも甚だしい馬鹿げた振る舞いに及んでしまい
それっきりその手の集まりからはお声がかからなくなってしまいました。
今思い出しても吐き気がするほど恥ずかしい思い出なのですが
根っからの鈍感で無神経な私、当時は何とも思わず
この時のことはすっかり忘れてしまってそれから数年が経過いたしました。



そんなある年の冬の日のことでした。
たまたま六甲山の山頂付近へドライブに出かけまして
観光客が利用する駐車場で動き回っているイノシシを見かけたとき
私が気を引こうとした彼女のことを不意に思い出し
同時にあのときの自分の愚行をまざまざと思い出しました。
いくらか年齢を重ねて私も大人びたのかもしれません。
このときになってようやく自分がしでかした振る舞いの痛々しさに気づいたのでございます。
何という愚かな私でございましょう。
エチケットをわきまえず、他の元同僚たちのことを、周囲のことを考えず
そして何よりもあんな言動が彼女にどんな印象を与えるか考えずに
愚かな行動に及んでしまったこの私。悔やんでも悔やみきれません。



彼女は今どこでどうしているでしょう。
きっと素敵な男性とめぐりあい、可愛い瓜坊をたくさん産んで立派に育て上げ
幸せな毎日を過ごしているのではないかと存じます.....






                                       プロフィール画像2015圧縮前→fg→圧縮→jpg→FC2画像圧縮20150929

国策捜査






お目汚し、失礼いたします。



今、私はベッドの上でこの記事を書いております。
昨年の12月にひいていた風邪は治ったのですが、昨日からまたまた風邪をひいてしまいました。
しかもこの風邪、症状からしてインフルエンザかもしれず容易ならない事態でございます。
もしインフルエンザだという最悪の場合、お客様にお会いすることができず
仕事に大きな差し障りが生じますが、幸いにして今日明日と全国的に休日でございますゆえ
お客様と顔を合わせる必要がございません。しかし医療機関が休みであるため
インフルエンザかどうか確認するための診察を受けることさえできずヤキモキしております。
もっとも、焦っても仕方ないゆえ気を紛らわすために、毎週水曜日と決めた更新日程を繰り上げて
こうしてブログを書いている次第。



例のカルロス・ゴーン氏が逮捕された事件でございますが
ここにきてフランスの検察が日本の2020年のオリンピック招致に関して
不正の疑いがあるとのことで捜査を開始しております。
ゴーン氏のバックにはルノー、ひいてはフランス政府がついているとも言われており
そういった間柄から氏の逮捕に対する何らかの報復ではないかなどと
無責任な憶測が流れているようでございますが、まぁ報復に間違いないでしょう。
そこには単に自国民を守るということにとどまらず
ゴーン氏を通じてニッサンを意のままに動かすイニシアチブを握りたいという
ルノーの意向が反映されているのでございます。



それにしても東京地検特捜部やニッサン側としては
フランスの検察当局の動き、寝耳に水だったのではないでしょうか。
まるで女性をクンニ攻めでさんざんヒィヒィ言わせていたら
いきなりアナル舐めで逆襲されてアッー!と叫んだといったところでしょう。
まぁ東京地検特捜部の方はフランス政府に忖度した「 上からの 」圧力が無い限り
そんなことなどお構いなしといったところでしょうが、問題はニッサンでございます。
ルノー相手の自分たちの喧嘩が
国を挙げてのオリンピック招致にまで影響を及ぼしてしまったとビビりまくり
腰砕けになってしまうことは十分に考えられます。



そもそも自ら合理化や首切りをすることができず、そういった汚れ仕事を外国人に押し付けて
身内から恨みを買うのを逃れようとしたようなヘタレ集団が
本気で喧嘩などできるわけはございますまい。
今ごろ日本国民から恨みを買うことを恐れて右往左往しているはずでございます。
ひょっとすると東京地検特捜部に「 そろそろお開きにしませんか 」と
お伺いを立てに行っているかもしれません。



まぁニッサンとしてはこれ以上ルノーの息がかかったゴーン氏に好き勝手をされたくない
という思いがあったのでしょう。
そしてこれ以上、ニッサンにゴーン氏の息がかかることに耐えられなかったのでございましょう。
実際に経営陣の何人かは股間にゴーン氏の息がかかるようなセクハラ行為を受けていたのかもしれません。
しかしいかんせんニッサンは喧嘩慣れしていないという印象がございます。
今回の一件、結局は何かgdgdな結末に落ち着きそうな嫌な予感がしてなりません.....






                                       プロフィール画像2015圧縮前→fg→圧縮→jpg→FC2画像圧縮20150929

路上の蚤






お目汚し、失礼いたします。



前回の記事でインフルエンザを患ったのではないかと心配していた私ですが
連休明けにかかりつけ医に診察してもらったところそうではないとわかり一安心。
しかし風邪であることに間違いはなかったため医師から安静を命じられました。
いつまでもダラダラ風邪を引きずるのもイヤなので、思い切って3日ほど休むことにいたしまして
自宅でゆっくり休養をとると、かなり体調が良くなり週末にはきれいサッパリ治っていた次第。
しかし風邪の悪化を恐れてその間まったく風呂に入っておらず、すっかり身体が臭くなってしまいました。
加齢臭も加わってその悪臭たるや我ながら凄まじく
トイレできばっている時などはウンコのニオイも加わって息が詰まりそうなほどでございました。



まぁそれはそれとして、路上ライブをしていた女性シンガーからCDを買った男が
その女性の目の前で買ったばかりのCDを踏み付けるという
なんとも失礼な行為に及んでいる動画がSNSにアップされて炎上しているというニュースを
昨日ネットで目にいたしました。
この男、自分は正義の味方だというようなことを申しているとのこと。
路上ライブが無許可でおこなわれていたから制裁を加えたというのが男の言い分のようですが
動画を見たネット民の反応としてはおおむね批判的な声が多いようでございます。
まぁ確かに正義の味方なのかもしれませんが
ネット民からは相手が腕力の無い女だから調子こいてんだろとか
女性シンガーの顔は見えてるのにテメェは顔を曝してねぇだろとか言われておりまして
いわゆる「 強きを助け弱きを挫く 」手合いだというのは間違いないようでございます。



それにしてもこういった路上ライブをする人間の心臓の強さには感服いたします。
不特定多数の人間を前にしてライブ演奏や大道芸を披露する場合には
パフォーマンスに集中しているために突発的な事故や悪意のある加害行為に対して無防備になってしまいます。
何が起きるかわからない。どんな人間が通りかかるかわからない。
そんな状況下でライブパフォーマンスをやるのでございます。
今回のケースの場合、CDを踏み付けられただけで済んだから良かったものの
もしもあの男が正義や性器をふりかざし、チンコを押し付けてきたりブッかけてきたり
押し倒してきたり伸し掛かってきたりハメてきたりイッてしまったりしたら
どうなっていたことでございましょう。
そういったリスクにも怯まず自分のやりたいこと、やらねばならないことを貫徹する姿には頭がさがります。



私のようなヘタレには想像も及ばない覚悟でございます。
私が若い頃の話ですが、大阪市のN区の路上で現場仕事をした際
そばを歩いていた胡散臭いオッサンがニヤけた顔で
「 ニイチャン、その脚立ちょっと貸してくれへんか 」と唐突に言ってきた際には
飛び上がるほどビビってしまいまして
思わず脚立とケツを自分の手で押さえておりました。
いったん貸したら一生涯貸さなければならないと思いましたし
何よりも路上にいた見ず知らずの他人が急に馴れ馴れしく物を貸してくれと言ってくる状況に
とまどっていたのでございます。
そしてなさけないことに私のそんなノミの心臓は今も変わっておりません.....











                                       プロフィール画像2015圧縮前→fg→圧縮→jpg→FC2画像圧縮20150929

生徒と教師の間に.....







お目汚し、失礼いたします。



ここ最近、面倒な仕事・キツイ納期・わからず屋の取引先に悩まされる毎日を過ごしておりまして
実に辛ぅございます。
そのストレスからか、ファントム・ヴァイブレーション・シンドローム
いわゆる幻想振動症候群が頻発いたしております。
内ポケットに入れたスマホに着信があって振動しているような感触を覚え
ハッとして胸に手をやることがしばしば。
先日は入浴中に乳首がブルブル痙攣しているような錯覚を感じて思わず胸に手をやったほど。
難儀なことでございます。



東京都の都立高校の男性教諭がDQN生徒に煽られて暴力を振るい
別の生徒によって撮影されたその様子がネット上で拡散されて大騒ぎになっておりましたが
暴行を働いた教諭への非難と同じぐらい、いやそれ以上に
このDQN生徒や動画を撮影した生徒に対する非難もかなり多かったようでございまして
まぁどっちもどっちといったところでございます。
ただ私、少年時代に過ごした学校の雰囲気が非常にハイ・ソサエティなものだったせいか
このDQN生徒の煽り言葉にそれほどたちの悪いものは感じませんでした。
なにしろ私が通っていた中学のDQNはもっと言葉遣いが丁寧でございましたし
彼らは不言実行を信条とする非常に模範的な生徒でございましたゆえ
まことに恐縮ではございますがどちらかと申しますと此度の一件
教師にやや堪え性が足りないかなというのが率直な感想でございます。



そもそも生徒という生き物、特に中高生ともなれば
本来的に教師をおちょくって楽しみたがるものでございます。
私が若い頃、ラウラ・アントネッリが家政婦を演じたイタリア映画
「 青い体験 」がテレビで流れているのを見たのですが
そんな生徒の心理を象徴するようなシーンが出てまいります。
年増の女性教師が薬を飲むために主人公の少年に命じて
コップに水を入れて持って来させるのですが
少年はこっそりコップの水に自らのイチモツを浸けておき
そうとは知らない女性教師が水を飲むのを見て仲間の少年たちとともにほくそ笑むのでございます。



また先生にチョッカイやイタズラを仕掛けて怒らせたり困らせたりするのは
生徒の先生に対する関心や興味の裏返しということもございましょう。
これもまた私が昔テレビで流れていたのを見たイタリア映画ですが
キャロル・ベイカー主演の「 課外授業 」において
美熟女教師のはしたない姿を写真に撮った音楽学校の男子生徒が
この写真をネタにその女性教師を翻弄するシーンがございました。
スケスケのブラウスを着て授業をすることを強要したり
友人と二人で女性教師の両腋の毛を剃ったりするのでございます。
男子生徒がクラスメートの可愛い女の子をからかったり困らせたりするのと
似たようなものでございましょう。



今回、動画を撮影した生徒もきっとこの男性教諭に何らかの興味や関心
ことによるとほのかな恋心さえ抱いていたのかもしれません。
そして動画をネタにして男性教諭に全裸で授業をすることを強要したり
腋毛や股間の毛、尻の穴の毛を剃ろうと目論んでいたのかもしれませんが
豈図らんや今回のような大騒動になってしまったのでございましょう。
男と女の関係において「 嫌よ嫌よも好きのうち 」などと申しますが
生徒と教師の関係では「 やんのかゴルァ!も好きのうち 」なのかもしれません.....











                                       プロフィール画像2015圧縮前→fg→圧縮→jpg→FC2画像圧縮20150929