見捨てられた子供と見捨てる大人







お目汚し、失礼いたします。



虐待を受けていた小学校四年生の女の子が死亡した千葉県の事件
直接虐待をしていた父親に引き続いて虐待を制止しなかった母親も
女の子への暴行に加担した廉で警察に逮捕されております。
母親は夫からDVを受けていたとの情報もございまして
そのプレッシャーから虐待に加担した可能性もあるわけでございますが
たとえ肉体面・精神面において夫からひどい仕打ちを受けていたとしても
妻にも女の子への虐待に責任があるということなのでございましょう。



だとしたら女の子を救うための有効な手立てを見つけられなかったばかりか
父親からの暴力を綴った女の子のアンケートを事もあろうに当の父親に見せてしまった
教育委員会の連中も何らかの罪でタイーホしなければ衡平性を欠くのではございませんかな。
担当者たちは訴訟を起こすなどといった父親の脅迫的な言動に耐えかねてと申しておりますが
非力な小学生の女の子がそれこそ命懸けで書いたものを
彼女を虐待していた父親に大の大人が渡してしまうというのは
たとえどんな理由があるにせよ許されることではありますまい。
このニュースを聞いたときに私、耳を疑うと同時にオウム真理教の抗議に屈して
坂本弁護士のインタビュービデオを彼らに見せてしまったTBSのことを思い出しました。



TBSのこの失態により坂本弁護士一家は殺害され、夫婦はもちろん
小さな赤ん坊の命までが犠牲になってしまったわけでございますが
今回の事件も似たようなものでございましょう。
キチガイクレーマーのような相手に毅然とした態度が取れず
藁をもすがる思いで大人に助けを求めてきた子供を見捨てたのでございます。
大切なことですからもう一度申しましょう。
大の大人がわずか10歳の女の子を見捨てたのでございます。



私が小学生の頃に見た怪獣映画のワンシーンが今も私の脳裏に焼き付いております。
小さな少年と一緒に不思議な光を発する洞窟に入って行った大人の男が突然の地震に怖気づき
助けを求める少年を見捨てて洞窟から逃げ出します。
洞窟の外に出てホッとした男でしたが、そこは体長が65メートルもある大怪獣の身体の上。
即座に怪獣に食べられてしまうのですが、そのときのカリカリカリ.....という
大怪獣の咀嚼音にはそぐわない妙に軽い音が逆に不気味な感じがして忘れられません。
そしてこのときの私、子供を見捨てる大人はこうなるのだという教訓を得たのでございます。



教育委員会のオッサン連中はアンケートのコピーを父親に渡したことで
ホッとしたというようなことを申しておりましたが
この父親と一つ屋根の下で寝食を共にしていて強引にケツを掘られたというわけでもあるまいに
歯を食いしばってでも職務を全うするということがなぜできなかったのでしょうか。
おそらく彼らはこれから世間の白い目やネット民によるバッシングという大怪獣によって
カリカリカリと食われてしまうことでしょう。
あるいはこの栗原とかいう人殺し、相当頭のおかしなヤツなので
出所後、俺が娘を死なせてしまったのはオマイラのせいだと
教育委員会の担当者相手に訴訟を起こすか憎悪型ストーカーに変貌するかもしれません。
いずれにせよ、命懸けで助けを求めてきた子供に命懸けで対応しなかった大人は
怪獣にカリカリカリと食われてしまうのでございます.....





                                       プロフィール画像2015圧縮前→fg→圧縮→jpg→FC2画像圧縮20150929

走り書き 2019年2月19日







お目汚し、失礼いたします。



「 レオパレス伝説 」というコピペで有名なレオパレス21が
1300棟にも及ぶ物件に建築基準法違反の疑いがあるということを発表、謝罪しております。
ウエハースのお菓子でできているような賃貸住宅に住まわせられた住人たちは
補修工事が必要ということで建築基準法違反の住居から立ち退かされ
引っ越し難民と化す虞があるとのこと。
一体どんな建築業者に頼めばそんな大量の不良物件が出来上がるのか定かではございませんが
こういった欠陥住宅を作るにあたって手ヌキ業者に丸投げをする手コキ工事に甘んじていたとしたら
責任は重大でございましょう。
もちろんそれはあくまでもレオパレス21の側に意図的なものが無かった場合の話でございます。
最初から利益重視で欠陥住宅を作り続け、後は野となれ山芋突っ込めということだったならば
もはやそれは手コキではなくヤリ捨てか強制性交と言えましょう。



テレビでときどき流れている某携帯キャリアのCMで見かける女の子の鼻の穴が
ものすごくデカいのが気になって仕方ありません。
私は顔の造りが大きな女性が好みなのでございますが、あの大きさには少々面食らってしまいます。
本城ゆきと原作の「 銃夢 」という漫画がハリウッドで実写映画化されておりますが
その主役のアリータというキャラが異常に目が大きく、おそらくCG合成ではないかと存じますが
あの携帯キャリアのCMにでてくる女の子もたぶん鼻の部分だけCG合成されているのかもしれません。
同じCG合成をするのならむしろ小さく見せるようにすればいいのに
なぜわざわざ大きくするのだろうと、老婆心ながら余計なことを思ってしまうのですが
もしかするとCG合成で小さく見せてやっとあのぐらいだという可能性もございます。
まぁ御当人にしてみれば大きなお世話だといったところでしょうが.....



このところリアルの生活が激しく忙しくなっておりまして
おまけにちょいと肉体的にトラブルが生じて医者の世話になりまして
先日はブログの更新ができなくなってしまいました。
医師からは安静にするようにと言われてはおるのですが
仕事もブログも放り出しておくわけにはいかず、難儀しております。
なるべく無理をしないように当ブログの更新を進めていく所存でございますゆえ
規則正しい順調でボリューミーな更新ができなくなってしまうかもしれませんが
なにとぞ御容赦願いまする..... <(_ _)>





                                       プロフィール画像2015圧縮前→fg→圧縮→jpg→FC2画像圧縮20150929

テロルの拡散






お目汚し、失礼いたします。



ちょっと前のことになりますが、バイトテロ、バイトテロとかまびすしく報道され
飲食店のアルバイト従業員による不適切な行為の動画が
ひっきりなしにテレビで流れていたことがございました。
そのおりに企業側のガバナンスやコンプライアンス維持のため
あるいは一般消費者の安心安全のため
こういった愚行を未然に防ぐ手立ては無いものかと侃々諤々の論争が巻き起こったようですが
どうやら有効な対策は打ち出せなかった模様。
なぜならこのような問題、突き詰めれば
人間同士の信頼関係をどうやって確保するかということにつながるわけでございまして
これは人類が抱える永遠の課題だからでございます。



バイトテロなどと申しますが普通に想像力を持ち合わせている人間ならば
そもそも正社員テロも有り得ることは認めざるを得ないはずでございまして
また飲食業界以外にも医療、建築、運送などあらゆる業界に渡って
テロは起きている可能性があるのでございます。
しかも民間企業はおろか公共企業や役所、政治家、議会、裁判所においても同様でございまして
たとえ最高裁判事であっても
判決書に鼻クソをなすり付けるぐらいのことはやっているかもしれません。



そして企業側だけでなく客の側でも店の備品を壊したり汚したり
ということをやらかしているという前例、枚挙にいとまがないのでございます。
かく言う私も以前、病院で尿検査をしたときに
検尿カップに下の毛が入ってしまったことがございまして
どうしようかと迷いましたが結局そのまま看護師のオバチャンに渡しまして
はからずも私、「 患者テロ 」をやってしまったのでございます。
したがって昨今、話題となっているいわゆるバイトテロなるものを特別なものとして扱い
特別な対策を打つべきではないわけでございまして
テロの当事者をせいぜい解雇に留めておくというのならそれもよしでございますし
また逆に損害賠償まで請求するのも完全にアリなのでございます。



それに熱しやすく冷めやすい世の中でございます。
人のウンコも75グラム…おっと失礼、人の噂も七十五日でございます。
騒ぎが一段落した今、外食先で今自分が食っている物に
何か不潔なモノが触れているかもしれないなどとは
ほとんどの人間が夢にも思わないことでございましょう.....





                                       プロフィール画像2015圧縮前→fg→圧縮→jpg→FC2画像圧縮20150929