傷つく言葉






お目汚し、失礼いたします。



久方ぶりの更新でございまして、当ブログを御覧になっているかたには恐縮至極でございます。
何やらこのところ更新のための更新、広告阻止のための更新という状況が続いておりまして
私としましても非常に不本意でございますが、なにとぞ御容赦くださいまし。
当方といたしましては、ただ粛々淡々黙々と更新するのみでございます。



更新が途切れている間、巷ではいろいろなことが起きていたようでございますが
最近はあまり感銘や衝撃を受けるということが少なくなりまして
個人的に興味があって、しかも身近なことにしか思考や感情の食指が動かなくなってしまいました。
これはまさしく歳のせいだとひそかな危機感を抱いておるのですが
その危機感が行動に結びつかないぶん、無力感が募ります。
そして無力感はさらなる危機感を呼び起こし、と負の連鎖でございまして
私の目下の課題はこの負の連鎖を断ち切ること、もしくは負の連鎖の芽を摘み取ることでございます。



ところで今年から新社会人として企業や官庁に勤め始めたかたがた、職場にはもう慣れましたでしょうか。
まだ社会人経験が一ヶ月ほどしかないゆえ、依然として身体も心もカッチカチ
でも股間はフニャフニャ・カサカサという人もさぞかし多いことでございましょう。
特に今年は5月から新元号「 令和 」による新しい時代の幕開けでございますゆえ
そういった世間の空気が何らかの影響を及ぼし
新社会人にとっては五月病の症状が尚の事キツくなるのではないかと懸念されまする。



新社会人であれば、職場においてはどうしても経験不足という面が否めず
またその点がネックとなって上司や周りから何らかの叱責を受け傷つくこともございましょう。
最近はパワハラ問題が何かと取りざたされますゆえ、あまり過激な叱責は受けることが無く
やんわりとした指摘にとどまるという場合が大半でしょうが、それでも傷つくことはございましょう。



私も新入社員として最初に入社した会社では職場の雰囲気になかなか馴染むことのできない
気弱な子羊のような男でございました。
自分のしでかしたちょっとしたミスやそれに対する上司の指摘に傷つき、悩んだものでございますが
最も傷ついたのは、ある案件についてのお客様に対する電話での説明に臨む前
上司からかけられた言葉でございます。



「 くれぐれも変なことは言わないように 」



大学出の新卒社員で、世間や大人社会でのコミュニケーションの取り方や
仕事を進める上でのノウハウがまったく飲み込めていなかった若造が
お客様を怒らせるようなことや会社に迷惑をかけるようなこと、トンチンカンなことを言わないか
心配してのことだったのでしょうが、入社してからようやく会社の雰囲気にも慣れ
仕事の内容や進め方もぼちぼち飲み込めてきたところかなという時に
「 変なことは言うな 」と釘を刺されたのでございます。



これには傷つきました。
自分はやはり会社には受け入れられていないのだ
上司にとって依然として自分は今で言う「 ゆとり 」であるところの「 新人類 」なのだ
扱いに困る異物なのだということを思い知らされたのでございます。
所詮、会社や上司にとって、私は変なことを言う変なヤツなのでございます。



まぁ確かに勤務中にこっそり会社のトイレで自家発電をやるような社員は変なヤツでしょう。
まさかバレてはいないだろうと思っていたのですが
上司は私がそんなことをしているのをすべてお見通しだったのかもしれません。
しかしあえて弁解させてもらうなら、これは会社になかなか溶け込むことができず
精神的に疲弊していた自分自身を救済するためのストレス解消策だったのでございます。
こうでもしなければ私はもっと変なヤツになっていたかもしれません。



ともかく、上司のこの「 変なことは言うな 」という言葉で私は疎外感に陥りました。
しかし今思えば自分があの上司の立場なら、やはり同じことを言ったでしょうし
変なヤツだと思われていたのは、今では致し方ないことだなと納得しております。
もちろん、イイ大人となった今ではお客様に対して絶対に変なことを言ったりはいたしません。
その代わりブログで遠慮がちにではございますが、変なことを書いているわけでございまして.....





                                       プロフィール画像2015圧縮前→fg→圧縮→jpg→FC2画像圧縮20150929

返り咲き






お目汚し、失礼いたします。



今月半ば、米国でおこなわれたマスターズ・トーナメントというゴルフの選手権大会において
タイガー・ウッズが優勝いたしました。
タイガー・ウッズといえば、プロゴルファーとして輝かしい成績を残しながらも
その女性遍歴の華やかさからセックス依存症という診断を下され
離婚した妻から多額の慰謝料をふんだくられて表舞台から退いたという印象がございましたが
今大会において奇跡の復活を遂げたとのこと。



産経デジタル、2019年4月17日17時11分の記事によれば、この復活劇に貢献したのが
エリカ・ハーマンという33歳の女性だそうでございます。
ウッズ氏は一昨年からこのエリカさんと付き合い始めたそうで、おりにふれてエリカさんを同伴し
前妻の間にできた子供とエリカさんとの関係も悪くはなさそうだということでございます。
ただし記事によればウッズ氏がこの女性と結婚するか否かは不確定とのこと。



それにしても腐っても鯛と申しますかウッズ氏、前妻に支払った慰謝料がなんと100億円
関係した女性は120人もいるそうでございます。
100億円もの慰謝料を支払える経済力、120人もの女性と関係できるほどのチンコがあるとは
羨ましい限りでございます。
そう考えるとウッズ氏が表舞台に返り咲いたのは
元々ウッズ氏に「 やればできる 」「 ヤレばイケる 」という素養があったからでございましょう。
そしてエリカという女性との交際がその素養をイイ方向に再起動させたのかもしれません。



ウッズ氏にとってエリカさんは言うなれば「 あげまん 」といったところでございましょうが
いったん落ちぶれたり、道を踏み外したりした人間が
誰かの助けや影響によって立ち直るという話
たいていの場合、女性が男性を立ち直らせるというパターンが多いようでございます。
逆に男性が女性を立ち直らせるという話、女性が「 あげちん 」によって立ち直るという話
私はあまり聞いたことがございません。
たぶん女性はどん底から返り咲くとき、立ち直るのではなく開き直るゆえ
男性の助けを必要とはしないのでございましょう.....





                                       プロフィール画像2015圧縮前→fg→圧縮→jpg→FC2画像圧縮20150929

大変な時代







お目汚し、失礼いたします。



平成という時代もあとわずかでございます。
この30年間がどういう時代だったか、私なりに一言で申し上げるならば
大変な時代でございました。
世界的な規模の戦争が起きた昭和の方がもっと大変だったはずだということは
重々承知しておりますが
リアルでの戦争体験が私にはございませんので
まことに恐縮ながら私たちの親の世代ほどの実感がございません。
率直に申しまして私たちにとってリアルなのは多くの人々の命を奪った天変地異
世を震撼させた凶悪な事件や恐ろしい事故、グローバルな規模で襲い掛かるテロ・不況
そしてIT技術の進歩による便利さの引き換えに生じる人心の荒廃でございます。



個人的にも私にとって平成は大変な時代でございました。
禿げたのでございます。
この30年の間に徐々にではございますが、確実に禿げてしまいました。
両サイドや後ろは今も若い頃と同じぐらいにフサフサとしておりますが
頭頂部や額の部分は薄くなっておりまして
横や後ろから見れば普通なのでございますが
前から見るとやや微妙、上から見るとハゲが丸見え。



往年の特撮テレビドラマ「 スペクトルマン 」に
「 ガマ星人 」というカエルそっくりの宇宙人が出てまいりますが
この宇宙人、人間の姿に化けて地球人に成りすましているものの
上から見下ろすと正体がばれてしまうという
お粗末きわまりない騙し絵レベルの変身能力しか持ち合わせておりません。
何か特殊な光線や薬品などを浴びせると正体がばれる
という設定にできなかったのかと首を傾げてしまうのですが
当時のドラマの制作スタッフが充分な予算を支給してもらえなかったため
「 もういいや。これでいこう 」とばかりにこのような設定になったのかもしれません。
まぁそれはともかく上から見下ろすと正体がバレバレというこの宇宙人にちなんで私
最近は自らのことを「 ガマ星人 」と呼んでおります。



来年のことを話すと鬼が笑うなどと申します。
令和がどんな時代になるか、躍動的で活気のある時代
もしくは穏やかで静かな時代になってほしいものですが
時の流れが人の願いを聞き入れてくれるほど慈愛に満ちているとは到底思えません。
私個人としてはこれ以上ハゲが進行して
エリア51に収容されている宇宙人のような頭にならないよう
切に願う次第でございます.....





                                       プロフィール画像2015圧縮前→fg→圧縮→jpg→FC2画像圧縮20150929