微笑む勇気






お目汚し、失礼いたします。



昨日は七夕でございまして
天気が雨模様ではなかったため心置きなく夜空を見ることができる状態でしたが
あいにく私の家からは雲が邪魔をして鮮明な星空を見ることは叶いませんでした。
その代わり日中は、やや暑かったものの梅雨の晴れ間ということで
何やら明るく爽やかな日曜日でございました。



そんな日曜日の朝、自宅近所の歩道を歩いておりましたら
ベビーカーに1歳ぐらいの子供を乗せた母親が向こうからやってくるのを見かけました。
元気な男の子でございまして、ベビーカーから飛び上がろうとするかのように
身体を上下に揺すっております。
ヤンチャそうなその仕草とつぶらな瞳が可愛かったので
私は思わず微笑みかけそうになりましたが、ハッとして即座に顔を強張らせました。



それより三ヶ月ほど前のことでございます。
仕事先へと車で向かっている途中、尿意を催してきた私は
手近にあったコンビニの駐車場へ車を停め、店内のトイレへ駆け込みました。
あいにくトイレは便座が壊れていたため、私は便座を片手で持ち上げながら用を足すという
窮屈なポーズを強いられたのですが、どうにか尿意を満たしてトイレから出たところ
2歳ぐらいの女の子を連れた若い母親を見かけました。



無事に用を足すことができたという安心感と
片言で何か喋りながら母親にじゃれつく女の子の可愛らしさから私
母親と女の子に向かってニッコリ微笑んでおりました。
しかし母親はそんな私に向かって険しい顔をしながら
女の子を自分の方にさりげなく抱き寄せるのでございます。
私の容姿がイケメンでも癒し系中年でもないのは百も承知なのですが
母親のあまりの露骨な態度に違和感を覚えました。



腑に落ちないものを感じながら車の方へ戻ったとき
フェンダーミラーに映った自分の姿を見て謎が解けました。
さっきトイレで用を足したあと
うっかりズボンのファスナーを上げずに出て来てしまっていたのです。
そんな男がトイレから出てくるなり、母娘に向かってニタァ~と笑いかければ
警戒されるのも無理はございません。



そして、一ヶ月ほど前にはこんなこともございました。
ディスカウントショップで買い物をしていたとき何気なく店内の商品を見て回っておりましたら
生後間もない赤ん坊を抱いたお年寄りがすぐそばを歩いておられました。
むずかりもせずスヤスヤとおじいさんに抱かれて眠っている赤ちゃんは
まさしく平穏と安寧の象徴のようでございまして
私は口元をほころばせながら首を伸ばして赤ちゃんの顔をもっとよく見ようとしたのですが
その子を抱いた御老人は途端に目を伏せながら
あからさまに私から遠ざかって行ったのでございます。



何か失礼なことでもやらかしたのだろうかと心配になったのですが
そこはホラー系パーティーグッズのコーナーでございまして
ジェイソン・ボーヒーズのホッケーマスクとか
ブツ切りにされた手首のオモチャなどが陳列されている場所でございます。
折悪しく私はフレディ・クルーガーの鉄の爪を何気なく手に取っておりまして
これでは敬遠されるのも無理は無いと一抹の悲しさを感じながらも納得した次第。



そういったことが心の底にひっかかっていたため
ベビーカーの男の子に向かって微笑もうとしていた私の顔は
急激なエンジンブレーキがかかったかのようにフッと固まってしまったのでございます。
石膏でできた仮面のように粉っぽく無表情な顔をしているであろう私の横を
母親とベビーカーはゆっくりと通り過ぎていきました。



理不尽な事件・事故が目立つ今日この頃、幸せな気分になったことを表現するにも
これからはタイミングや空気を読まなければならないのかもしれません。
しかしタイミングや空気を読みながら表現する幸福感はもはや幸福感とは言えないでしょう。
今の世の中、幸せを味わうにはタイミングや空気を無視する勇気が必要なのでございます.....





                                       プロフィール画像2015圧縮前→fg→圧縮→jpg→FC2画像圧縮20150929

潰れゆく風船






お目汚し、失礼いたします。



吉本興業のお笑い芸人が会社を通さない直営業をおこない
反社会的勢力の忘年会で芸を披露したことに端を発する
一連のスキャンダルが明るみになっておりますが
関わった11人の芸人は無期限謹慎処分ということになり
直営業の仲介をした芸人は解雇という処分になりました。
またこれと前後してやはり吉本興業所属の芸人が
暴力団幹部の誕生会に出席したことも発覚しております。
直営業に関しては一部容認するような意見もあるようでございますが
反社相手の営業については厳しい意見が目立ちます。



それにしても時代は変わったという感が否めません。
私は地元が大阪府内ですので、吉本興業の芸人が出演するテレビやラジオの番組には
子供の頃から慣れ親しんでいるのですが
昔は吉本の芸人がテレビやラジオの番組で悪びれもせずに直営業の話をしておりましたし
反社相手の仕事のエピソードを公然と喋っていたように記憶しております。
まぁネタだったのかもしれませんが
これからはネタでさえ話をするのは憚られるようになるでしょう。



これらの騒動の発端となった直営業を仲介した I という芸人ですが
「 友達5000人芸人 」ということを売りにして芸能活動はもちろん
執筆・講演活動などもやっていたそうでございます。
この「 友達 」というのは恐らくプライベート以外にビジネスも含めた意味でのものであり
さらに申せばいわゆるSNSでの「 友達 」をも含めたものだったのでしょうが
人間、5000人もの相手と友達関係になればそれなりのリスクが付いて回りましょう。
玉石混交、白黒灰色入り乱れた質の悪い人脈を構築することになり
そして今回、まさにその弊害が露呈したようでございます。



しかしそういった暗色のモザイクタイルのような人脈を使って活動していたことを
吉本興業は知っていたか、見て見ぬフリをしていたのではないでしょうか。
この I を含めて吉本所属の芸人は6000人もいるそうでございます。
それに対して吉本の社員はマネジメントを担当する者や
それ以外の部署の者も含めて千人ほどしかおらず
芸人が半ば放牧状態だったのは想像に難くありません。
何か面倒が起きるかもしれないとか、またその場合の危機管理についてはどうするかとか
果たして真剣に考えていたのでしょうか。



昔はガラの悪そうな芸人や根無し草のようなタレントが居ても
何らかの形で吉本が首根っこを押さえていたような気がいたします。
それは芸人の数が今よりは少なかったという物理的な要素や
芸人たちの間に損得を考えない厳しい師弟関係があったからでございまして
時代や価値観が変わり、芸人の数が膨大になったうえに
師弟関係というものが希少化・希薄化してしまったのであるなら
それに対応した新しい経営スタイルを作るべきだったのでございます。



にもかかわらず、そういったことには目を向けないまま
企業規模の拡大だけに血道をあげたツケが回ってきたのが今の状況でございましょう。
確かに今の吉本は有名無名取り混ぜて多くの芸人を擁し
かつての一芸能事務所から全国展開をする大企業にまで膨れ上がっておりますが
その実、中身が徐々に空っぽになっていった風船のような印象がございます。
そんな状態で外から何か悪意を持ったトゲのようなもので突っつかれたら
「 パン!」と割れるか「 プシュ~~3 」 と萎んでしまうのは火を見るよりも明らかでございます。



ダッチワイフも今やかつての風船タイプはガラパゴス化し
ラテックスやシリコンを素材とする進化したタイプが登場しております。
ガラパゴス化というものを全否定するつもりはございませんが
企業の経営スタイルというものについて申しますと
中身を重くしっかりとしたもので満たそうとせずに空洞化を放置すれば
遅かれ早かれその風船は潰れてしまうのでございます.....





                                       プロフィール画像2015圧縮前→fg→圧縮→jpg→FC2画像圧縮20150929

BAD MOTORIZATION

20190713114654641.jpg





お目汚し、失礼いたします。



モータリゼーションの発達は市民生活を豊かなものにいたしましたが
その反面、さまざまな問題を引き起こしておりまして
その一つが続発する高齢ドライバーによる交通事故でございます。
プリウスミサイルなどという言葉が流行語になり
高齢者の運転ミスによる事故の頻発がめずらしくなくなった昨今
尊い命が失われることがあるにもかかわらず
認知症やその予備軍に車を運転させているこの国の現状は
高齢化社会の進行とともに高齢者にとっては生活上、車が必須だという免罪符によって
ごく平凡な日常と化しております。



律儀に免許返納に応じるお年寄りには頭が下がりますが
そんなことなどどこ吹く風と事故スレスレの運転を繰り返す老人たちには
眉をひそめてしまいますし
車が無ければ生活できないと申し訳無さそうに言うならともかく
じゃあ車のない俺の生活の面倒を誰が見てくれるのかなどと開き直る老人には
怒りを覚えてしまいます。
ともかくキチガイに刃物ではございませんが
少なくとも認知症に車という状況だけは一刻も早く打開すべきでございましょう。



高齢ドライバーの免許更新の際には事故を防ぐために
認知機能検査や高齢者講習がおこなわれておりますが
それだけでは事故を起こすリスクは減らせないかと存じます。
老人は若い頃と比べれば明らかに判断力、記憶力が衰えているわけでございますし
運動機能や反射神経も著しく劣化しているわけでございまして
そういう人間に車を運転させるからには、老人向け仕様の車や装備
言い換えるなら老人でも容易にかつ安全に運転できる車を開発することが急務でございます。



それは究極的には全自動運転の車の開発ということになりまするが
しかし当面は何らかの形で高齢ドライバーに対して運転に制限をかける
もしくは運転技術の再習得や高齢ドライバーに特化した運転技術の習得
そしてそういったことの徹底という手段で対応するしかございません。
このような上から目線のやり方が気に食わないというお年寄りもいらっしゃいましょうが
ここは受け入れてもらうよりいたしかたございません。



医学の進歩によって若い世代の人間と同じような健康状態を
お年寄りも享受することができる世の中になりつつありますが
今のところ車の運転に関しては若返りの薬のようなものは無いのでございます。
まぁ車の中でのセックスに関してはED治療薬のようなもので何とかなりましょう。
名所旧跡のある観光地で老妻と一緒にドライブを楽しんだあと
人目につかない道の駅の駐車場でコソ~リ房事を楽しむのもアリかもしれません。



とはいえ、国民的時代劇にレギュラー出演していた某俳優が
カーセックスに利用していたランドクルーザーのような車ならともかく
ナンバープレートが黄色い車の狭苦しい車内で
普段の生活ではありえないような姿勢になったために
老いて劣化した骨が脱臼や骨折を引き起こすということもございましょう。
あるいは薬が合わない、薬が効き過ぎた、薬を使い過ぎた結果
体調を崩して命の危険にさらされ、腹上死ならぬ車中死を招くリスクもありましょうから
あまりオススメはできませんが.....





                                       プロフィール画像2015圧縮前→fg→圧縮→jpg→FC2画像圧縮20150929