罪悪感がくる






お目汚し、失礼いたします。



最近テレビドラマはほとんど見ておりません。
テレビをつけて見るものといえばバラエティ番組かニュース情報番組ぐらいでございまして
連続ドラマなどはよほど興味のあるものしか見る気になれません。
ごく最近ですと木村拓哉主演の「 グランメゾン東京 」というのが
まぁまぁおもしろかったのでずっと見ておりました。
キムタクのドラマは派手にカネを注ぎ込みますので、内容はともかく「 お得感 」があるのでございます。



そんな私が近頃NHKの大河ドラマを見るようになりました。
戦国武将、明智光秀が主人公の「 麒麟がくる 」でございます。
見ていると言っても毎回隅から隅まで見ているわけではないのですが
時間や事情の許す限り見るようにしております。



そういう気になったのはいくつか理由がございます。
1つはいわゆる包茎病気…おっと失礼、判官贔屓というやつでございまして
「 麒麟がくる 」に出演していた女優の薬物スキャンダルによるゴタゴタ騒ぎにもかかわらず
初回放送日を繰り延べしてまで健気に放映を開始したNHKの心意気に肩入れしたくなったからでございます。
そしてその女優の代役として急遽抜擢された川口春奈という女優が
帰蝶という複雑で重要な位置にある人物をどんなふうに演じるのか
彼女がこのドラマで大女優に大化けするかそれとも単なる代役に終わってしまうかということも
大いに興味をそそられます。



またドラマ自体も明智光秀という
今まで大河の主役になったことの無い人物の視点から描かれているものであり
もしかすると伝奇小説のような趣のドラマになるのではないかという期待感もございます。
さらにもう一つ、明智光秀に関して私、ある種の親近感が感じられるのでございます。



本能寺の変が時代劇で描かれるとき
明智光秀が信長攻めの吉凶を占うため愛宕神社で籤を引くシーンが出てくることがございます。
特に私が印象に残っているそのシーンは
私が中学生だった頃に見た大河ドラマ「 国盗り物語 」でのものございまして
近藤正臣が演じる明智光秀が最初に引いた籤が「 凶 」と出て
その後何回か引いてからようやく「 吉 」と出るシーンでございます



まぁこれは史実かどうかはわからないそうですが、もしこれが実際にあったことだとして
最初に「 凶 」と出た時点で本能寺には向かわずに秀吉の援軍として西へ向かっていれば
歴史が変わって光秀も長生きしていたかもしれません。
しかしすでに籤を引く前から光秀の覚悟は決まっていたのでございましょう。
光秀としては謀反を起こすという罪悪感を払拭してくれるものが欲しかったのではないかと存じます。



そして当時中学生だった私は朝から晩まで自家発電のことを考えていたイカ臭い少年でした。
それでも、イイ若い者が自慰行為に耽溺することへの罪悪感は持っておりまして
その罪悪感を払拭するべく、吉凶判断のようなものを執り行っていたのでございます。
どうするかと申しますと、「 判断!」という掛け声とともにサイコロをふり
出た目が奇数ならヌイて良し、偶数なら駄目と決めて
ムラムラするたびにこの占いのようなことをやっておった次第。



偶数が出た時は不本意ながらその日はガマンして
翌日にまた「 判断!」と掛け声を発し、奇数が出れば、そ〜れドピュン!とやっていたわけでございます。
ところが来る日も来る日も偶数が出る場合がございまして、さすがにそうなるとガマンも限界になりますが
もし占いに従わなかったら何か良くないことが起こると思い込むことを自制心のよすがにしておりましたので
禁を犯すことができず悶々となり、しまいには気が狂いそうになってしまいます。
そこで偶数が出たにもかかわらず何回も「 判断!」「 判断!」とサイコロをふり
やがて奇数が出ると得たりとばかりに股間に手をやるようになってしまったのでございます。



その後、この占いは実質的に破綻して有名無実となったのでやめてしまったのですが
光秀が愛宕山で籤を何回も引くシーンを見るたびに、このときのことを思い出します。
そして今年の大河ドラマはその光秀が主役。
主君を討った歴史上の人物とオナニーに耽っていた厨房など月とスッポンポンでございますが
罪悪感を払拭するべく光秀が籤を引くシーンや、そこへ至るまでの光秀の内面の変遷を描くにあたって
どのような演出がなされるのか、何やら興味深いところでございます.....






                                       プロフィール画像2015圧縮前→fg→圧縮→jpg→FC2画像圧縮20150929

イイよイイよもイヤのうち






お目汚し、失礼いたします。



松竹芸能所属の某芸人が事務所から独立することになり
松竹芸能の公式サイトや芸人自身のツイッターにてその旨が報告されておりますが
業界関係者によるとこれは松竹芸能による事実上の解雇だとのこと。
この芸人、金に汚く交友関係について黒い噂があり女癖の悪さと暴力的性向が目立つとのこと。
特にパワハラ行為は有名で、自分をイジった後輩芸人にペットボトルを投げ付けて目を負傷させ
同じく自分をイジった別の後輩芸人に対しても土下座を強要して頭を踏み付けたそうでございます。



芸人が仕事で先輩芸人をイジる場合に何らかのマナーや掟があるのかどうかは存じませんが
暴力を使った制裁は明らかに問題でございましょう。
しかしイジられる側のキャラや性格を分かっているのなら
イジった方はある程度のリスクを覚悟しなければならないのかもしれません。
あまつさえ、相手が「 好きにしてくれていい 」「 やりたいようにやってくれ 」と言っていたとしても
あとで態度が豹変する場合が無きにしもあらずでございます。



人間の心理や感情とは予測のつかないものでございます。
それは周りにとってもそうでしょうし本人でさえ予測不能の場合がございましょう。
今も覚えているのですが私が高校生の頃、学校の休み時間のとき
同じクラスの男子生徒二人がプロレスごっこをやってふざけておりました。
私は自分の席に座って見るとはなしにその様子を見ておったのですが
一方の生徒がもう一方にプロレス技の「 コブラツイスト 」をかけてくれと頼んでおります。



頼まれた方はプロレスに詳しいのですぐにでもかけられるのですが
痛いかもしれないよ、それでもいいのかなと何度も相手に尋ねておりました。
相手はガッシリした中肉中背、プロレスに詳しい方は体に締まりがなくなんとなく小太りという感じ。
ガッシリは全然大丈夫、痛くても一向に構わないと言い張り
それじゃあ、と小太りの方がガッシリの方に対してコブラツイストをかけたのですが
思いのほか力が入りすぎたのか、それとも予想を上回るような痛みだったのか
ガッシリの方が教室中に響き渡るような悲鳴を上げました。
そして「 やめろ、やめてくれ!」と小太りに懇願したのでございます。



小太りはすぐに技を解きましたが、しばらく座り込んで顔をしかめていたガッシリは
おもむろに立ち上がると「 この野郎!」とばかりに小太りに殴りかかっていったのでございます。
最初は冗談かと思っていた小太りでしたが
相手がガラの悪い恫喝文句で吠えながら襲いかかって来るものですから血相を変えて教室から逃げ出しました。
ガッシリは「 待てゴルァ!」と叫んで後を追いかけ、二人とも教室から出て行ったのでございます。



教室にいた私を含めて数人の生徒はあっけにとられておりました。
まもなく授業時間になり、教師が来たのですが、ガッシリと小太りの席は空いたままでございます。
教師は二人が居なくなっていることにも気づかず、そのまま授業を始めてしまいました。
私は「 祇園精舎の鐘の音、諸行無常の響きあり 」と教科書を読む教師の声よりも
居なくなった二人がどこで何をしているのかが気になってまったく授業内容が頭に入ってこなかった次第。



これ以来、私はどんなにせがまれても相手に精神的あるいは肉体的ダメージを与えるような行為は
慎重になろうと決心いたしました。
まぁ世の中にはカネさえ払えばムチで殴ったり浣腸をしたり
膣や肛門に拳を丸々突っ込んだりしてもオッケーという人間や商売が存在すると聞いておりますが
それはともかく、相手にダメージを与えるような行為をおこなう際に
相手の「 いいよ。かまわないよ 」という言葉を額面通り受け取るのは危険なのでございます。



もっとも、その逆の場合すなわち「 イヤよイヤよ 」というのは
今の御時世、とりあえず額面通り受け取らなければならないのですが.....






                                       プロフィール画像2015圧縮前→fg→圧縮→jpg→FC2画像圧縮20150929

火のあるところに煙を増やす






お目汚し、失礼いたします。



毎朝、自分の店へ車で出勤する途中に、行きつけのドラッグストアの前を通るのですが
新型コロナウイルスの騒ぎが著しくなってからはそこで行列を見かけるようになりました。
朝の8時ごろ、ドラッグストアの開店一時間も前から人々が店の入口のところに並んでいるのでございます。
小中高の学校が一斉休校になってからは行列の中に親子連れも見かけるようになりました。
品薄状態のマスクやアルコール消毒液をいち早く手に入れようというのでございましょう。



私はと言えば、おかげさまで今のところマスクやアルコール消毒液は足りております。
トイレットペーパーも一応あるにはあるのですが
私の場合、その用途がいろエロと多岐にわたっておりまして消費量がハンパなく
底をついたら困るんだがと思っておりましたら、いつも空っぽだったドラッグストアの棚に
数日前からぼちぼちとトイレットペーパーが並び始めましたのでホッといたしました。
これで心置きなく尻の穴と股間の竿をフキフキすることができまする。



マスクについてはなかなか手に入らないようですので私、うがいや手洗いを徹底させて
マスクをかけるのはできるだけ控えております。
とはいえ、ふとその場を見渡してみてマスクをしていない人間が自分以外いないとき
何やら社会の窓からイチモツを出してブラブラさせながら歩き回っているような気分でございます。
もちろんこれは一種の喩えでございまして
衆人環視の中でイチモツをブラブラさせるのが不快だという意味ではございません。
マスクを装着していないと居心地が悪いということなのでございます。



それにしてもこのマスクやアルコール消毒液の品薄状態のおりに
テンバイヤーなる火事場泥棒並みの人間のクズが跳梁跋扈していると聞き激しい怒りを覚えました。
つい最近、ようやくこういった連中にも法規制の網がかけられることになったようですが
いっそ経産省の役人に拳銃を着装させ、見つけ次第射殺してもらいたいぐらいでございまして
コロナウイルスによる感染よりもこういう経済絡みの日常生活の混乱の方が深刻な気がいたします。
火元の中国や中国と最近関係が深くなったイタリアでは多数の死者が出ており
我が国でも現に死者が何人か出ておりますゆえ、あまり不謹慎なことも申せませんが
パンデミックが世界経済に及ぼすマイナスの影響はかなりのものがありましょう。
私としてはその影響についても重大視するべきではないかと存じます。



まぁ今日はもうこれ以上書き綴るのは止すといたしましょう。
政治・経済・文化・社会に大混乱をもたらしているコロナウイルスですが
騒げばいいというものでもございますまい。
なおさら混乱を招くばかりでございます。
テレビの某ニュース番組は生放送だぞ思い知れとばかりに毎日毎日
「 たったいま速報が入って来ました 」と番組中に感染者数をいちいち報告しておりまして
私もさすがにあの無神経さ、頭の悪さ、わざとらしさにはかなりイライラいたしました。
衆参同時選挙の開票速報や株式市場のマーケット情報じゃあるまいし
きちんとまとまった一つのニュースとして粛々と伝えるということができなかったのでしょうかな。
人が病気になったり亡くなったりしているのですぞ。
私には煽っているようにしか見えません.....






                                       プロフィール画像2015圧縮前→fg→圧縮→jpg→FC2画像圧縮20150929

ゆるい隔壁






お目汚し、失礼いたします。



バラエティタレントでママタレとしても活動している小倉優子、通称「 ゆうこりん 」が
歯科医師の夫から三行半を突きつけられて別居中だという芸能ニュースを耳にいたしました。
夫の子を身ごもり、妊娠中であるにもかかわらず離婚の危機にあるということですが
ゆうこりんは前夫との間に二人の子供がおり、その子供たちと40代の夫との関係も良好だったそうで
他人事ながら残念でなりません。



夫は突然家を出て行ったとのことで
そのときの様子をゆうこりんのママ友という女性が語っております。
なんでも、夜遅く家に帰って来た夫がつわりで苦しんでいるゆうこりんに対して
食事の支度ができてないことに対する不満のようなことを口走り
これにキレたゆうこりんが夫に対して「 父親としての自覚が無い 」と申したとのこと。
そして売り言葉に買い言葉、売り専にフケ専、デブ専に外専となってしまい
ついには「 人間が小さい 」とまで言われた夫は涙目で家を飛び出して行ったそうでございます。



このときついでに「 チンコも小さい 」と言われたかどうかはさだかではございませんが
それっきり夫は帰って来なくなり
その後弁護士を通してゆうこりんに対する離婚の意思表示がなされたとのこと。
何やら財津和夫の「 サボテンの花 」の歌詞を彷彿とさせるような悲しい話でございます。
こうなった背景には結婚後は妻に専業主婦をやってもらいたかった夫と
結婚後も仕事を続けたかったゆうこりんとの間の価値観のすれ違いがあったようでございますが
たぶん事前にそこのところをクリアにしないまま
お互いに結婚へとなだれ込んでしまったのでございましょう。



もちろん、当初は仲睦まじく夫婦生活を送っていたにちがいありません。
ゆうこりんが夫のイチモツを頬張り、舌で先っちょをクルクルと舐め回せば
夫は夫でゆうこりんが頬張ったときの歯の当たり具合を確かめながら
「 ん? 第二小臼歯が少し浮いているな 」とか「 おや、側切歯のあたりの歯茎が腫れてるぞ 」などと
妻であるゆうこりんのオクチをいたわっていたのでございましょう。
しかし前述のママ友の話によればゆうこりんが妊娠してからは諍いが増えるようになったとのことで
もちろん夫の側にも妊娠中の女性への理解や思いやりが足りない部分があったのでしょうが
タレントとして自他ともに厳しかったと言われているゆうこりんのことゆえ
諍いの際の言葉の応酬にも相当キツイものがあったのかもしれません。



まぁ確かにゆうこりんの夫である歯科医師の側も
相手は芸能人であるがゆえ、それなりの覚悟をして結婚すべきだったでしょうが
しかるに昨今、ブログやYou Tube、各種SNSによる芸能人の情報発信が盛んにおこなわれておりまして
一般人と芸能人との隔壁がゆるくなっております。
加えて芸能人が関わる不倫や金銭トラブル、パワハラ・セクハラに対する世間一般の反応は苛烈なものがあり
それがダイレクトに芸能人の方へ届くことになり、もはやそのような隔壁は無きに等しいようでございます。
そういった昨今の事情がお相手の歯科医師の目を曇らせてしまったとは言えないでしょうか。
そんな最近の芸能界のトレンドが、芸能人だって同じ人間だ、愛さえあれば何とでもなる
というような思い込みを40代独身の歯科医師になさしめたのではないでしょうか。



人と人とが分かり合うというのは並大抵のことではございません。
愛さえあればとか、同じ人間なんだからとか
そういった言葉を気安く口にする人間を私は軽蔑いたします。
そもそも男と女の間には、深くて暗い河がある〜♪ のでございます.....






                                       プロフィール画像2015圧縮前→fg→圧縮→jpg→FC2画像圧縮20150929

電通案件






お目汚し、失礼いたします。



きくちゆうきという漫画家がツイッターで連載していた日めくり漫画「 100日後に死ぬワニ 」が
先日3月20日に最終回を迎えました。
ところがその直後、この漫画の映画化やグッズ販売が発表され
そこに広告代理店「 電通 」が絡んでいるらしいということで
この漫画の商業化に関わる者たちに対してネット民によるバッシングの嵐が吹き荒れたのでございます。
ネット民がこの漫画作品を排斥するような反応を示したのは
作品が商業化戦略に乗ったカネ絡みのコンテンツに堕したことへの嫌悪感や
あまりにも早く商業化の話が進んでいたことが裏切り行為に思えたことに起因していると思われます。



無理もありません。ワニやネズミやを擬人化して人間の何気ない日常を描き
それをツイッターというツールで毎日少しずつ4コマ漫画としてネット上で公開するというスタイルは
ネット民にとってはある種の癒しになっていたかもしれないのです。
それでいて主人公が初回から100日後には死ぬということが
作品のタイトルによってあらかじめ告知されているわけでございまして
そこにすべてを達観した死刑囚の潔さにも通ずるものを感じていたに違いありません。
それを最終回を迎えるやいなや「 ささ、商売商売 ♪ 」というふうに持っていかれると
ドッチラケでございましょう。



初恋の相手に似た行きずりの女と一夜をともにして
事が終わるやいなや「 オプション込みで2万に負けとくわ ❤ 」と言われるなんてイヤでございましょう。
あるいは難攻不落と言われた得意先の偏屈オヤジと意気投合し
思ったよりもスムーズに契約を勝ち取って歓喜にむせび泣いているところへ
「 ニイチャン、ええケツしとるやないか。今晩たのむデ ♠ 」と耳元で囁かれるなんてまっぴらでございましょう。
そんな口惜しい思いをしたネット民が怒りの矛先を漫画の作者や商業化に関わった者たちに向けているのでございます。
まぁ商業化のスピードがもう少し遅ければ炎上の度合いもいくぶんマシだったかもしれません。
しかしこの漫画のコアなファンにしてみれば早かろうと遅かろうと商業化は商業化
唾棄すべき愚行であることに変わりはないのかもしれません。



それにしても此度の炎上騒ぎ、私にとっては良き教訓、重要な参考事例となりました。
もし仮に当ブログのコンテンツを商業化するという具体的な話が持ち上がった際
ネット民のリアクションには要注意だと肝に銘じた次第。
当ブログのプロフィール画像を利用したキャラクターグッズの販売や当ブログの書籍化など
ネット民のリアクションを常に念頭に置きながら進めていかねばなりますまい。
もっとも、所詮は取らぬ狸の金の玉、剥けぬチンポの皮算用。
そもそも私のブログなど電通案件とはまったく無縁なシロモノでございます.....






                                       プロフィール画像2015圧縮前→fg→圧縮→jpg→FC2画像圧縮20150929

人を食ったような男






お目汚し、失礼いたします。



不倫スキャンダルによって公私ともに針の筵に座らされていた俳優、東出昌大氏が今月17日
ドキュメンタリー映画のトークイベントの場において謝罪会見をおこなっておりました。
謝罪会見はいいのですが場や機会をもっと別のものにすることはできなかったのでしょうか。
トークイベントは、かの三島由紀夫にまつわるドキュメンタリー映画についての催しでございます。
映画は1965年に三島由紀夫が東大全共闘と議論を交わした様子を撮った実録物でございまして
その映画に関するトークイベントの場を借りて不倫スキャンダルの謝罪会見をやるとは
何やら不謹慎な感が否めません。
それとも、まさか三島が自衛隊の市ヶ谷駐屯地でやったようなことを
謝罪の証として東出昌大氏にやらせようという企画だったのですかな?



この謝罪会見についてコラムニストが論評している記事をネットで見かけました。

   東出昌大の謝罪会見に見えた慢心と聡明の矛盾
   「お答えできない」連発は本当に失敗だったか
    https://toyokeizai.net/articles/-/337945

この中で東出氏の一言一句、一挙手一投足について危機管理の観点から細かく分析がなされておりまする。
詳しい内容は割愛いたしますが、率直に感想を申し述べますと実に堅苦しい記事でございました。
記事全体の印象としてはおおむね東出氏に対して好意的なのですが
あの発言にはこういう意図があった、こういう効果があった、あれはマズかった、これは良かったと
まさに微に入り細を穿つような記述が続き
読んでいるうちに私、尻の穴や蟻の門渡りがムズムズしてまいったのでございます。



以前ならこういった芸能人のスキャンダルにまつわる謝罪会見はできるだけそそくさと済ませ
それにまつわる報道も地味でお座なりなものだというのが定番だったと思うのですが、状況は一変した模様。
この記事はどちらかと言えばポジティブな評価に基づいたものだったのですが
これがネガティブな評価を下す内容とか、東出氏を叩くことを目的とした記事ならば
これに輪をかけて細かい分析や指摘がなされて本人に相当なダメージを与えることになりましょう。
良きにつけ悪しきにつけ謝罪会見をこのように緻密に分析され細かく指摘されるぐらいなら
東出氏もいっそマイナスのイメージが付いたことを利用してマイナスのイメージの仕事に邁進する
汚れ役を演じることに舵を切ればどうかと思うのですが、現実にはそうはいかないのでございましょう。
今のエンタテインメント業界はマイナスのイメージを「 逆手に取る 」のではなく
スポンサーや関係各所、視聴者への影響を配慮して
マイナスのイメージを「 払拭する 」ことを最優先事項としているのでございます。



亡くなった俳優の津川雅彦氏がやはり不倫スキャンダルで世間の非難を浴びたとき
テレビ局関係者からむしろ悪役として名を上げたらどうかと言われ
緒形拳や藤田まことが主演をやっていた「 必殺シリーズ 」に悪役として出演し
有名俳優に返り咲いたというような話を聞いたことがございます。
「 ピンチはチャンス 」などと取ってつけたようなことを申すつもりはございませんが
思い切ってイメチェンしてはどうですかな。
顔の表情や声の抑揚に乏しい俳優さんゆえ、普段から人を食ったような印象があるので
悪役を演じればピッタリ来るのではないかと存じますが如何でございましょう。



そういえば東出昌大氏は映画「 寄生獣 」において島田秀雄という人間になりすましている
人食い生物の役を演じております。
本当に人を食った殺人鬼の役がいいかもしれませんが、まぁそこまでやる必要はないでしょう。
ウンコやゲロを食う変質者の役ぐらいで十分ではないでしょうか.....






                                       プロフィール画像2015圧縮前→fg→圧縮→jpg→FC2画像圧縮20150929

すったもんだの末






お目汚し、失礼いたします。



極めて残念なことですが、お客様の中にはいいかげんなかたやルーズなかたもおられます。
こちらの説明を聞いていない、理解していない、約束をすっぽかす、支払いが悪い、連絡を入れないなど
ビジネスをやる上で支障になるようなことに無頓着な方がいらっしゃるのでございます。
どちらかと言えばクレーマーよりもこちらの方が始末が悪い場合が往々にしてございまして
つい最近も打ち合わせの席に来ないお客様がいらっしゃいまして難儀いたしました。
なんの連絡もよこさず、こちらが連絡を入れると留守電でございます。
やる気が無いのかと思い、あえてメッセージは吹き込まず電話を切りました。



そういういいかげんなお客様に関して思い出すのもイヤな経験が何度かございます。
思い出すのもイヤなのでよく覚えていないのですが、何年か前
お客様の方で加工を施した製品にこちらがさらに加工を加えて納品するという案件がございました。
私は製品の品質を確保するため、お客様がおこなう加工について最低限これだけのことをやっておいてくれと
念を入れてお願いしておきました。向こうもそれを了承してして事は進んでいったのですが
こちらが加工する段になってお客様から頂いたものを見るとこちらが指示したとおりの仕様になっておりません。



これではクレームが付きそうなのでその旨をお客様に伝え、どうしてこうなったのか、お尋ねしました。
それに対して返答は「 わからない 」とのこと。
とにかくこれではうちとしても加工はできないので指示したとおりの仕様にしてほしいと申し上げ
製品をお返しいたしました。
するとその翌日、お客様が加工を依頼した工場の専務だか営業担当だかが電話をかけてきまして
今更そんなことを言われても困る、このまま先へ進めてくれとゴネるのでございます。
そのゴネかたがまた絶妙でございまして、皮肉たっぷり嫌味たっぷり
時には裁判沙汰になるかもしれないという脅し文句を交えながらネチネチとゴネるのでございます。



お客様が文句を言ってくるのならまだしも
なんでお客様の外注先が私どものところへ文句を言ってくるのか、謎でございます。
はっきり申しまして、こちらの預かり知らないことでこちらの預かり知らない者が文句を言って来られても
困惑するばかりでございますが
まぁそんなことを申しても角が立つばかりでチンコも立たなければマンコも濡れないわけでございます。
それゆえおとなしく話を聞いてはおりましたが、一応言うべきことは言いまして
それに対して向こうはああでもない、こうでもないと言い返してきましたが、粛々とスルーいたしました。
そうやって吸った揉んだの末、私のイチモツがイキそうにない、折れる様子が無いと悟ったのか
結局、相手は罵倒語たっぷりの捨てゼリフとともに電話をガチャ切りしたのでございます。



その後、加工し直された製品が私のところに届き、その案件は一応トラブルもなく片付いたのですが
非常に不愉快でございましたし、脅し文句のようなことも言われて精神的苦痛も味わいました。
けれども、もしかするとその工場にしてもお客様からいいかげんな指示をされて
その指示通りに加工しただけなのかもしれず、ある意味被害者だったのかもしれません。
とにかく、いいかげんでルーズな相手には要注意でございます.....






                                       プロフィール画像2015圧縮前→fg→圧縮→jpg→FC2画像圧縮20150929