半永久的な不安






お目汚し、失礼いたします。



私の店から車で15分ぐらいのところにフィットネスクラブがございます。
ビルの一階にあり、帰宅途中に車でその前を通りますと
エアロバイクを漕いだりトレッドミルでウオーキングをやったりする人の姿を見かけたものですが
コロナウイルスの感染拡大の防止のためか最近は人の姿がまばらなようでございます。
2月末に行われた安倍総理の記者会見ではその手の施設に感染のリスクが少なからずあるということで
また東京都の小池知事も先月23日に同様の記者会見を行っており
それらの会見の影響が如実に現れているものと思われます。



失礼ながら私のようにストイックとは縁遠い人間からすると
ああいったスポーツジムに並んでいるマシンはいずれもSMプレイ用の拷問器具か処刑装置にしか見えません。
三角木馬やギロチン、X字架などを連想させるそれらの装置を見ていると股間が膨らむと同時に
SMクラブでもないのに、なぜカネを払ってまで肉体や精神に負荷をかけて苦しい思いをしたいのか理解に苦しみます。
もちろんそれは健康の維持と増進、精神的な充実感を求めてのことでしょうが
私はそうまでして自分磨きをやろうとは思いません。
けれども、こういった施設や設備が商売として成り立っているというのは
やはりそれだけの需要があるからでございましょう。



しかしその需要も、このところのコロナ騒ぎで利用者の足が遠のいたために減っていき
経営的に苦しくなるようなスポーツジムやフィットネスクラブの類が出てくるかもしれません。
この業界に限らず、コロナウイルスの感染拡大による負の影響で飲食店は壊滅的な打撃を受けておりますし
人と人との接触が必須な業種、たとえば風俗関連の店舗などは客数が減り
ソープ嬢やデリヘル嬢、女王様が失業してしまうかもしれませんが
行政サイドは補償をする気などさらさら無さそうでございます。
昨日の朝、地上波テレビの朝のニュース情報番組で、政府寄りの経済評論家らしき男が
今は感染の封じ込めが重要だから経済対策は後回しにせざるを得ないというようなことを申しておりましたが
火事が起きて大火傷を負っている人間に対して火を消すのが先だと言うような言説には首を傾げざるを得ません。



消費税減税に至っては口にすることさえ憚られているようでございまして
その代わりということなのか商品券だの現金給付だのという話が出ているようですが
どうせしみったれた雀の涙のような金額と気の遠くなるような煩瑣な手続きが前提になるのでしょう。
私も個人的には消費税の減税については避けた方が無難だとは思っておりますが
ならばそのぶん経済的にも心理的にも十分な余裕を与えるものが必要になってまいりましょう。
今回の事態に対して行政側が難しい選択を迫られ困難な状況に追い込まれながらも頑張っていることは認めますが
事態が短期では解決できず、またその見通しを誰もはっきりと口にすることができないのであれば
人心に半永久的な不安の芽が居座り続けることは避けられません。
やがてその芽は成長し、日本経済の養分を吸い尽して崩壊に導く寄生植物と化すでしょう。



こんなことを申しても「 俺たちには俺たちの考えがある。無知な市民は黙ってろ 」
と役人や政治家は言うでしょうな。
その無知な市民は、医療崩壊を招くからと言われて検査を受けられず
自分が感染しているかどうかはっきりと確かめることもできないまま
「 自粛要請 」という言葉巧みな「 丸投げ 」によって理不尽な「 自己責任 」を負わされているのですぞ。
この事実をどんなふうにお考えなのでしょうかな.....






                                       プロフィール画像2015圧縮前→fg→圧縮→jpg→FC2画像圧縮20150929

43年前の脚本






お目汚し、失礼いたします。



海外ドラマ「 24 」のシーズン1が日本においてリメイクされることになり
俳優の唐沢寿明氏が主役を演じるということでその関連の最新記事がネットに上がっておりました。
唐沢氏自らも「 24 」の大ファンでございまして、主役を演じる意気込みにも並々ならぬものが感じられましたが
オリジナル作のファンによる激しいバッシングを危惧しているせいか、その発言は慎重でございました。



私も「 24 」はスピンオフ作品を除いて全作見ております。
今回のリメイク作品は今年の10月からテレビ朝日系列で放映が始まるとのことで
撮影の進捗状況がどうなっているのかは存じませんが
コロナウイルスによる感染拡大という社会状況がございますゆえ撮影には難儀するのではないでしょうか。
配役も今の所、唐沢氏以外は明かされておらず、これもオリジナル作のファンによるバッシングを警戒して
ギリギリまで極秘扱いするつもりなのかもしれません。
色々と困難な状況下、良いものができるのかちょっと不安ではございます。



脚本のメインライターは長坂秀佳氏が担当しておられます。
長坂氏はドラマ、アニメ、ゲームなど多岐にわたって脚本家として活動されているかたでございまして
氏が関わった作品として私にとって馴染みのあるものといえば
特撮テレビドラマ「 人造人間キカイダー 」や1983年に公開されたアニメ映画の「 ゴルゴ13 」でございます。
また、テレビの刑事ドラマで警視庁特命捜査課の刑事たちの活躍を描いた「 特捜最前線 」というものがあり
そのドラマにおいても長坂氏は数多く脚本を書いておられまして
私が高校生だったころ、もう43年前になりますが、氏が脚本を書いたものを拝見したことがございます。



それは原発からプルトニウムを強奪したテロリスト一味の一人が核爆弾を作り
その爆発を阻止しようとする特命捜査課と核爆弾を携えたテロリストとの攻防戦を描いたものでございました。
今見ればツッコミどころの多々あるドラマだったようですが
当時私が見た印象を率直に申し上げるならば、何やら外堀をどんどん埋めていかれるようなサスペンス
通常の犯罪事件とは規模が違うため、いつもとは異なるピリピリとした雰囲気に包まれている捜査員たち
そして思いもかけない展開など、非常にエキサイティングなドラマでございました。
そこには多分に「 24 」と似通ったところがあるように感じられます。
長坂氏は現在78歳と御高齢なのですが、氏が「 24 」日本版の脚本のメインライターとして抜擢されたのは
脚本家としての数多くの実績はもちろん、この43年前のドラマの脚本が評価されたからではないでしょうか。



正直なところ、「 24 」の日本版が制作されると聞いて当初は微妙な気分だったのですが
長坂秀佳氏が脚本を書くと知りまして一見の価値はあるのではないかという気がいたしました。
出演者については唐沢氏の56歳という年齢を気にする声もありますが
氏の経歴ではアクションシーンもちゃんとこなせるようですので大丈夫ではないかと存じます。
56歳になっても3日に一度は自家発電をこなしていた私が申すのですから間違いはございません。
ただ、コロナウイルス禍の中、撮影に支障が出ないかそれだけが心配ではございますが
番組スタッフの方々、出演者の方々にはおもしろい作品になるよう御尽力いただきたいと存じます.....






                                       プロフィール画像2015圧縮前→fg→圧縮→jpg→FC2画像圧縮20150929

変わり者

プロフィール画像 web用 BMP 20111201作成・アップロード 160pic×226pic





お目汚し、失礼いたします。



突然ですが、ブログ名の下にある説明文を変えさせていただきました。
理由は時の流れでございます。
私もついにオッサンと呼ばれる年齢を越えてしまいまして
ジジイの仲間入りをしてしまったのでございます。
それゆえ説明文の「 オッサン 」の部分を「 ジジイ 」にしようかとも思いましたが
それまではオッサンとして記事を書いてきたわけでございまして
「 ジジイ 」に変えてしまうと、最初からジジイとして記事を書いてきたことになり
時間的な整合性が無くなってしまいます。
それゆえ無難なところで「 男 」に変更しようと考えました。



ところが今度は将来、この「 男 」という箇所を変更する必要に迫られる可能性に思い当たりました。
世間一般の価値観の変容によって「 男・女 」という性差を示す言葉が無くなるかもしれません。
そうなるとまた「 男 」の部分を変更しなければならなくなります。
まぁそんな世の中になるまで私が生きながらえているか、はなはだ疑問ではありますが
いったん気になるとなかなか割り切って考えることができない私。
そこで「 オッサン × 」→「 ジジイ × 」→「 男 × 」→「 変わり者 」へ変更することにいたしました。



まぁこれなら大丈夫でございましょう。
人間関係に悩む同期入社の男にトンチンカンなアドバイスをしようとしたり
亀になりたいという願望を抱いたり、思いを寄せる女性の鼻糞のことで頭を悩ませたり
客先へ向かう途中のコンビニでヌイてみたり、スマホを股間に乗せて電話待ちをしたり
自転車を漕ぐ熟女に萌えて妙なことを思い浮かべたり
トイレットペーパーについたウンコを見て生きる活力を得たりするような者が
「 変わり者 」ではなくなる世の中がこの先やって来るとは思えません。
そんなわけで、「 変わり者 」に決めさせていただきました。



とりあえずお知らせということでございまして
今後とも当ブログ、よろしく御贔屓のほどお願いいたします。
なお単なるお知らせだけではちょいと物足りませんゆえ
当ブログの記事末に毎回貼り付けてあるイラスト、私こと乱文紳士の持ち物三点セットの名称を
勝手に記しておきましたのでどうぞ御覧くださいまし。
ということで、失礼いたしました.....





                                       20200403174654740.jpg

場数を踏んで

202004081814133d7.jpg





お目汚し、失礼いたします。



先日、お客様にお会いするため車で隣県の住宅地まで出かけたのですが随分と難儀いたしました。
その住宅地は入り組んだ一方通行や袋小路に沿って人家が密集しており
その中の狭い道をスマホのナビを頼りに進んでいくわけでございまして
しかもお客様宅には駐車場が無く、その前の道路も狭小で車を停車させることすらできません。



そのためどこか近くにコインパーキングは無いかと探していたのですが、これがなかなか見つからない。
あっても満車で停められない。仕方なく離れたところでもいいからとにかく駐車できるところを探そうと
グルグル回ってようやく数百メートル離れたところに空いたコインパーキングを見つけました。
コインパーキングの近くには桜の木が立ち並ぶ大きめの公園があり
八分咲きぐらいの枝が風に煽られて花びらを散らしておりましたが
ゆっくりと愛でる余裕もなく車を停めた私は歩いてお客様のお宅へと向かいました。



お約束の時間にギリギリで間に合い、ヒヤヒヤしたのですが
しかし桜の花に注意が向いたぶん、我ながら若い頃と比べて精神的に少し余裕が出てきたなと感じました。
昔、会社勤めをしていた当時はナビなど無かったものですから
上司に命じられて一人で客先へ向かうときは地図で念入りに目的地の下調べをするのですが
それでもウロウロと街の中を歩き回って約束の時間に遅れそうになり、焦ったことが何回かございます。
車を使っての訪問ならなおさらでございまして
ましてや狭く入り組んだ道を行くなど人跡未踏のジャングルへ真っ裸で分け入っていくような気分でございました。
しかし今はナビがあるというのはもちろんのこと、やはり場数を踏んで神経が図太くなったのか
そのような道を車で進んで行くときでもジャングルへ全裸で突入するような悲壮感は感じられません。



大げさなようですが若い頃はそういう極限状況に近いような心境でしたので
その際の心理状態も尋常ではございません。
おまけに若いせいで無駄にエネルギーが有り余っているため
パニックに襲われているかのような状態から脱しようとしてトンデモナイことを考えたりもいたします。
職場放棄して逃げ出すというのもその選択肢の一つですが私の場合
車中で自家発電をおこなって何もかも忘れてしまい「 無 」になろうという誘惑に捕らわれることがございました。
無になれば精神的に落ち着いて冷静かつ理知的な行動ができるだろうという実利的な目的もあったのでしょうが
まぁ9割は無意識の欲情によるものだったと思われます。
もちろん勤務中、それもお客様の所へ行く途中にそんなことをしでかすほど私も愚かではございませんでした。



激しいストレスに苛まれるような状況にありながらもしっかりと任務を遂行する。
そういう場数を踏むことによって人間は図太く成長していくものでございます。
あの頃、人跡未踏のジャングルへフリチンで迷い込むような状況になるたびに
欲情に負けて車の中でオナニーを繰り返していたら今ごろ私はどうなっていたことでしょう。
馬鹿の数を増やしてチンコが太くなっただけの人間になっているかもしれません.....






                                       プロフィール画像2015圧縮前→fg→圧縮→jpg→FC2画像圧縮20150929

入力予測

20200417192040c7a.jpg





お目汚し、失礼いたします。



最近、顔にアザができてしまいました。
ちょっと見にはわかりませんが唇のあたりにできたのでございます。
原因は私の横着癖でございます。
夜、寝ながらタブレットでYou Tubeを見ているうちにウトウトしてまいりまして
手から滑り落ちたタブレットの角が唇に当たり、口の中が切れて出血いたしました。
幸い血はすぐに止まりましたが、唇には小さく縦に赤いアザがついております。



以前、寝転んだままタブレットのアラームを止めようとして眉間にタブレットを落とし
痛い目に遭ったことがあるのですが、その教訓がまったく活かされておりません。
なさけない限りでございますが、身勝手な言い訳をさせてもらえるなら
タブレットという便利なものができてしまい
私の横着癖を加速させたからこのような事故が起きてしまったのでございます。
タブレットがなければ、今でも私はちゃんと椅子に腰掛け
ノートパソコンを使ってYou Tubeを閲覧しているはずなのでございます。
そうすれば寝ている私の口の上にタブレットが落ちて来てケガをすることもなかったでしょう。



身勝手ついでに申し上げますが
最近のタブレットやパソコンなどの情報機器は何やら便利になり過ぎている感がございます。
その一つが搭載されているワープロソフトの驚異的な入力予測の機能でございまして
辞書登録の必要など全く無いほど、こちらの望むとおりの変換候補が瞬時に表示され
長い文章もまたたく間に作成できてしまいます。
一文字入力しただけで、こちらが書きたいなと思っていた文字や単語、フレーズが出てくるので
楽チンなことこの上もございません。
現に今書いているこの文章も、その恩恵に浴しているのでございます。
いわゆる「 AI 」というものの為せるわざでございましょう。



いずれはこのAIが世の中にあまねく行き渡り
人間社会はすべてAI任せで動いていくようになるのかもしれません。
そういった流れに対する警鐘は、これまで文学やドラマ、映画作品などにおいて
幾度となく鳴らされてきたはずなのですが
どうやらその流れを止めることはできそうにないようでございます。
今、世を騒がせているコロナ禍が一段落したあと、世界は劇変するのではないかと言われておりますが
その変化にAIが一役買うことになるかもしれません。



これからは人間との接触がもたらす感染症のリスクを避けるため
ビジネスはテレワークが基本、現場仕事は防護服着用が必須となりましょう。
役所や店舗は訪問者に対して全自動化された機械を使って対応し
人々は人間同士のつながりから遠ざかるようになり、価値観は信じられないほど一変して
ついにはロボットを友人、恋人、家族として生活を営むようになってしまうかもしれません。
AIを搭載したロボットが話し相手や遊び仲間となり、ロボットと結婚して新婚旅行へ旅立ち
ロボットの孫や祖父母とともに盆や正月を迎えるのでございます。



女性にもてない、女性の扱いに慣れていない、苦手だ、わからないという男性にしてみれば
ロボットの妻を娶ることは夢のような話かもしれません。
何しろAIにコントロールされている妻は、日常生活の中でこちらの行動パターンをしっかりと学習し
ワープロの入力予測機能のように、こちらの意を事前に察して望み通りに動いてくれるのです。
まさしく良妻と言えましょうが、AIを搭載したロボットの妻を娶り
何のトラブルも無い日常を過ごすことが、夫婦のあり方として果たして良いことなのでしょうか。



何も言わないでもこちらの意を察して何もかもその通りに行動してくれる伴侶。
ズボンのベルトに手をかければ、口をポッカリ開けて生尺の準備を整え
縄を手にすればクルリと背を向け正座して、後ろに回した両手を組み
浣腸器を見せれば尻を突き出し肛門を指で拡げて待つ女。
何もかも事前に察知して何もかも思った通りに動いてくれる。
そんな女とひとつ屋根の下で暮らすことが
果たして本当に幸せだと言えるのでしょうか。



私は幸せだと思いますが.....






                                       プロフィール画像2015圧縮前→fg→圧縮→jpg→FC2画像圧縮20150929

辞めるに辞められない

20200424112703b2d.jpg





お目汚し、失礼いたします。



フランク・チキンズの楽曲じゃございませんが
「 あんたもコロナ あたしもコロナ 感染拡大ゴホンゴホン♪ 」というような勢いで
新型コロナウイルスの感染者数が増加しております。
一般人はもとよりスポーツ選手、芸能人、テレビ局のアナウンサーに至るまで
その拡大は留まるところを知りません。
拡大を阻止するためには対人接触を避け、家でじっとしていることが肝要なのですが
それでは経済が立ち行かなくなります。
せめて感染確認のための検査が即時にできるような体制が整っていれば
感染していない人間だけで経済を回していくというやり方もありましょうが
万全と言えるような検査体制に必要な医療関係の人材や
物資や資金や技術などが乏しい現状ではそれもままなりません。



八方塞がりでございます。
今更ではございますが、オリンピック開催の年ということが足枷になったのか政府の初動の遅れは否めません。
しかもオリンピック延期が正式決定して、やっとウイルス対策が本格的に始まったと思ったら
マスク2枚のアベノマスク、星野源とのアベノコラボという大失態をやらかし
アベノワイフがあいもかわらずスキャンダルを垂れ流して国民の大反発を招いております。



失態を犯したら冷静に状況を見極めて、仕切り直しや別の手を考えるのが大人の対応でございましょう。
しかるに安倍晋三氏はアベノマスクと揶揄されたのがよほど腹に据えかねたのか
子供のように意固地になって今も公の場ではあの布製マスクを着用しております。
脇がガラ空きのあんなマスクでは感染防止に役立つとはとても思えませんし
あの脇のすき間から虫やゴミが入り込み、それが鼻にまで入って
答弁や会見の最中にクシャミが止まらなくなったらどうするんだろうと
他人事ながらいつも心配でなりません。



「 乖離 」というものを感じました。
一般庶民の感覚と政治家や役人の意識との乖離でございます。
それが如実に現れたのはアベノコラボでございました。
自粛できるほど生活に余裕のある人間は、あんなものをわざわざ見せられなくても自粛するものでございます。
大半の人間は仕事の関係で、あるいは経済的な余裕の無さから
自粛できないか、あるいは自粛を続けることに不安を抱いているのでございます。
そんな世の中に対してあんなものを見せつけるとは
勘違いを通り越して意地の悪いジョークにしか思えません。



そもそもあれは星野源の歌に合わせて踊るという趣旨のエンタテインメントではないのですかな?
踊ってなければ「 却下 」でございましょう。
どうせアベノマスク同様、浮世離れした無能役官僚に唆されてやらかしたんでしょうが
自分は踊れない、一人で踊るのが恥ずかしいというのなら
恥という概念が頭にインプットされていない御夫人にリードしてもらって
チープダンスでも踊ればよろしゅうございましょう。
いっそのことあのボサノバ調のメロディにふさわしく
熟年夫婦の気だるげな生ハメ動画を披露していたら
国民の反応もまた違っていたのではございませんかな?



最近とみに感じるのですが、安倍氏には一国の首相としての自覚が無いように思えてなりません。
氏はワンマンなタカ派という見方をされることが多いのですが
姑息な中間管理職と世間知らずのお坊ちゃまを足して2で割ったというのが実像のようでございます。
それに前々から感じていたのですが
政治家としてどっしりと構えているといった印象がございません。
何やらオシッコを我慢しているかのようなセカセカとした早口は聞いていて耳障りですし
以前、党首討論会の場で見せた落ち着きのない目の動きには異常なものさえ感じました。
目玉が左右に動くミミズクの掛け時計がありますが
その目玉が高速で左右に動いているような有様だったのでございます。



安倍氏の危機管理能力に問題のある状態がこれ以上続けば
いずれは身内である与党から首相職を辞任するように要求する声が上がるでしょう。
しかしあとを引き継ぐ大変さを恐れて、政府与党の重鎮からは積極的な辞任要求の声は上がりますまい。
また若手が声を上げても握りつぶされるだけでございます。
もっとも、一部報道によれば安倍氏は周囲に「 辞めたい 」というような弱音を漏らしているとのことで
本人が一番辞任したがっているのかもしれません。



あの両脇スカスカのマスクは、もしかすると意固地になっているのではなく
一秒でも早くコロナウイルスに感染して
それを理由に辞任したいがゆえに着用しているのではないでしょうか。
しかし世の中、そんなに甘くはございませんぞ。
イギリスのジョンソン首相のようにコロナに感染しながらも公職に復帰して
激務をこなしている政治家もいるわけでございますし
周囲はお鉢が自分に回ってきたり火中の栗を拾うハメになったりすることを恐れて
辞めることを許しはしないかもしれません。



首相は辞めようにも辞められない、国民は辞めてもらおうにも辞めてもらえない。
今、この国はそんな閉塞した状況にあるのではないかと存じます.....







                                       プロフィール画像2015圧縮前→fg→圧縮→jpg→FC2画像圧縮20150929