人心の乱れ

202005021611527ba.jpg





お目汚し、失礼いたします。



昨日、スーパーマーケットで買い物をしたときのことでございます。
スーパー備え付けの買い物かごに食料品を入れてレジへと向かいますと
買い物客が一定の間隔を空けて並んでおりました。
コロナウイルス感染拡大の原因となる三密を避けるために
ソーシャルディスタンスを空けているわけでございます。
厚労省推奨の値は2メートルということですがレジの円滑化のためでしょう。
7、80センチぐらいの間隔でフロアに足のマークが記されており
買い物客はそこで立って順番を待つようになっているのでございます。



私もそれに倣って間隔を空けて並んでいたのですが
そこへ60代なかばと思われる作業服姿の男性が横から近づいてまいりました。
そして私と前の買い物客との間に空いた空間をためつすがめつしてから
「 そこ、空いてるの?」と私に問うのでございます。
コロナ禍のことを知らないはずはないでしょうが
その男性、ソーシャルディスタンスというエチケットまでは知らなかったのかもしれません。
とはいえ、周りも私と同じように距離を空けて並んでおりますゆえ
空いているのは何か理由があるのだろうな、と気づくはずでございます。



一瞬、ちょっとイラッとしましたが丁寧に御説明申し上げました。
男性は合点がいったようで「 ああ、そうだったのか。ごめんね 」という旨のことをおっしゃって
その場を去っていかれました。
気弱そうな私の顔を見てあわよくば割り込みをしてやろうと目論んでいたセコい爺さんだったのかもしれませんが
別に腹も立ちませんでしたし、むしろ感情的になって事を荒立てなかった自分自身に満足さえしておりました。



最近、コロナウイルスの感染拡大が止まず、一般大衆の間には不安や苛立ちが蔓延しております。
しかし少なくとも私の身近なところでは幸いなことに
それらの不安や苛立ちから乱暴狼藉が日常茶飯事になるというレベルにはまだ達しておりません。
もしそういうレベルなら昨日のスーパーマーケットでの出来事は、違った様相を呈することになったでしょう。
あの老人が問答無用でいきなり私の前に割り込み、それに対して私が口汚く罵っている姿が目に浮かびます。
やがてどちらか一方が手を出し、取っ組み合い・掴み合いの喧嘩になったものの
腕力に自信の無い私は組み伏せられ、あの老人にケツを掘られるでしょう。
騒ぎを聞きつけたスーパーマーケットの店長の要請でパトカーが駆け付けますが
サイレンの音にビックリした私が膣痙攣ならぬ肛門痙攣を引き起こし
私とあの老人はつながったまま、警察よりも先に救急病院へと搬送されることになるのです。



コロナウイルスの感染拡大による非常事態や緊急事態が長引き、収束も先行きもはっきりせず
自助努力や自己責任ばかり要求されることが続けば、いずれ国民も投げやりな気分になってまいります。
政治家や役人が、此度の危機において覚悟の無い中途半端なやり方や前例に縋り付くような手法で対応していると
人心の乱れはいずれシャレにならないようなレベルにまで悪化するでしょう.....






                                       プロフィール画像2015圧縮前→fg→圧縮→jpg→FC2画像圧縮20150929






オフライン推奨

20200503163118041.jpg





お目汚し、失礼いたします。



オンライン飲み会なるものの様子がテレビで流れておりました。
コロナ禍でリアルの飲み会ができないため、お互いの顔を見ながら会話ができるアプリを使い
各自が自宅にいながらネットを介して酒盛りを楽しもうというものでございます。
2人以上の複数人を相手に会話ができるとのことで、6つに分割されたPCの画面に男女の顔が映っており
酒を飲みながら楽しそうに喋っている様子が流れておりました。



羨ましい限りでございます。
健康上の理由から私は酒を控えておりますし、また酒を酌み交わせるような気の置けない友人がおりません。
何よりこのようなことに必要なハードやソフトに関して疎いため
羨ましさと同時に、いざ仕事にリモートワークを導入しなければならなくなったらどうしょうか
という心配もございます。
世の中どんどん変わり続けているのだなということを改めて痛感いたしました。



そんなデジタル格差の著しい情弱者から少しばかりイヤミを申し上げようかと存じますが
このオンライン飲み会、「 飲み会 」と称するからにはリアルの飲み会と似通った部分もございましょう。
そこには当然、楽しいばかりではなくネガティブなものもあるはずでございます。
例えば泣き上戸や怒り上戸、絡み上戸が飲み会のメンバーの中に居て
座の雰囲気が白けたり凍り付いたり悪くなったりすることもございましょう。
メンバーの各自がなまじ自宅のようなリラックスできる場所にいるために
外で飲んでいるときよりも大きく羽目をはずしてしまい
無礼講が行き過ぎて人間関係に修復不能な亀裂が生じるかもしれません。



それに私は門外漢なのでよくわかりませんが
飲み会の様子を録画することは可能なんでしょうかね?
もしそうなら録画された映像・会話が当事者や第三者によって
トラブルの火種として利用されたりする可能性が無きにしもあらずでございましょう。
上司の悪口を延々と喋り続ける部下の様子やあられもない格好でヘベレケに酔っ払った女子社員の姿が
どこかに漏洩したりネット上に拡散されたりしないのでしょうか?
まぁそういったセキュリティについての備えは万全なのでしょうが
だとしても私は、もし自分に妙齢の娘がいるとしたら、そのような飲み会をさせるぐらいなら
むしろリアルの飲み会に行かせるつもりでございます。



なぜかと申しますと、私の経験として以下のようなことがあったからでございます。
若い頃は私も会社の飲み会に何回か参加したことがございまして
そのとき違う部署に所属する女の子といっしょに鍋を囲んだことがございました。
その女子社員は私が片思いをしていた非常にエロい女の子でございまして
何度も妄想の中でお世話になっていたのですが
このとき私はこんな機会は二度とないとばかりに、彼女が箸を漬けた鍋を心ゆくまで味わい
彼女の顔や声を目と耳に刻み付け、彼女の化粧の匂いをしっかりと嗅ぎ取っておりました。



そして、彼女の顔を見ながら自家発電ができればどんなにか幸せだろうと思いました。
憧れの女性がすぐ近くにいるところでイクことができれば会社をクビになってもいいとさえ思いました。
残念ながらその思いを遂げることはできなかったのですが
もしあれがオンライン飲み会だったとしたら、私はその思いを遂げていたかもしれません。
パソコンの画面に映った彼女の顔を見ながら、彼女の声を聞きながら
何食わぬ顔で自家発電所を稼働させるのでございます。
ウエブカメラの位置を調整し
剥き出しになった下半身とティッシュを持った手が他のメンバーから見えないようにして。



新しいものや最先端の技術にはメリットとデメリットがございます。
本日の記事はそういった観点からオンライン飲み会について警鐘を鳴らしているわけでございます。
決して私の願望を記しているわけではございませんぞ.....






                                       プロフィール画像2015圧縮前→fg→圧縮→jpg→FC2画像圧縮20150929

妖怪学者

20200505225313053.jpg





お目汚し、失礼いたします。



昨日の月曜日、たまたまテレビで朝の情報番組を見ましたら
公衆衛生学者の岡田晴恵さんが出演しているのを目にいたしました。
新型コロナウイルスの感染拡大に関してコメントを述べておられましたが
コロナ禍が表面化し始めた頃から各テレビ局に出演され、精力的にコメントを述べておられまして
何やら日を追うごとにオサレに、お綺麗に、ゴージャスになられていくようでございます。
昨日は首から下の辺りがやや広めに開いた薄い青紫色のお召し物を着ておられました。
長い髪が一房、右の肩から蠱惑的に垂れ下がっておりまして、一瞬、お水系のかたかと思った次第。



テレビに出始めの頃はどちらかと言えばふくよかなお身体をされていたのですが
最近は多忙のせいでお痩せになったのか
何やらスタイルがたおやかになられたようでございます。
当初は、やたらと不安げな調子で喋るこの人の声に気が滅入るような思いがして
テレビに映るたびにチャンネルを変えていたのですが
何度もこの人がテレビに出てくるのを目にするうちに慣れてまいりました。
まだいくぶん違和感や忌避感はありますが、テレビのチャンネルを変えたくなるほどではございません。
ところがそうなると今度は、妙に妖しく惹き付けられるものを感じ始め
それでいて得体の知れない危険なものが感じられて警戒せずにはいられなくなりました。



「 想像妊娠 」なるものがございます。
実際には妊娠していないのに精神的に不安定な状態が肉体に影響を及ぼし
妊娠しているような状態になることでございますが
仮に楽観的な話であっても、岡田晴恵女史がテレビに出てあの不安げな口調で喋っているのを見るだけで
「 想像コロナ 」に罹ってしまいそうでございます。
しかもこの女史、そんな視聴者の不安やストレスを吸収して日毎に美しく若返っていくように見えまして
テレビでお顔を拝見するとついつい、いけない、いけないと思いつつも股間に手が向かいそうになり
自家発電所がブルンブルンと稼働しようとするのでございます。
そのため近ごろ私はこの女史がリアルの妖怪「 コロナ婆 」ではないかとなかば本気で疑っておりまする。



まぁ理系にしろ文系にしろ、学者というのは俗世間をかけ離れたところで生きているのかもしれません。
そういった物理的・精神的な環境が、一般人とは異質な存在感を醸成するのでございましょう。
特にそれが女性の場合はなおさらでございます.....






                                       プロフィール画像2015圧縮前→fg→圧縮→jpg→FC2画像圧縮20150929

ナツメ球と愚か者

20200501185800949.jpg





お目汚し、失礼いたします。



車を運転して客先を訪問した帰りに100円ショップに寄りました。
自宅の蛍光灯のナツメ球が切れて灯りがつかなくなったので交換するのでございます。
ショッピングモールの中にある100円ショップでございまして、大抵のものは置いてあるようでしたが
初めて訪れた店ですので、どの辺りに何が置いてあるのかよくわかりません。
電気製品のコーナーを探して私はウロウロと歩き回っておりました。



このときの私、マスクを着用しておりませんでした。
客先ではマスクをしていたのですが、今はプライベートな用事ですし
店内はけっこう広かったのでいわゆる「 三密 」にはならないだろうと思い
マスクはせずに100円ショップへ入店いたしておりました。
できるだけマスクの着用時間を少なくしておき
あとでアルコール消毒液をふりかけてまた再利用するつもりだったのでございます。
そんなことで再利用可能かどうか諸説あるようですが
マスクが手に入りにくい昨今、マスク節約のための窮余の策でございます。



店内は最初のうちこそ客数が少なかったものの
私がナツメ球を探してウロウロしているうちに次第に数を増してまいりました。
よく見るとマスクをしていないのは私一人でございまして
他の客は老いも若きも男も女もみんなマスクを着用しております。
家族連れや若い女性の二人組が不審者を見るような視線をこちらに向け
私、何やら素っ裸で歩いているような気分になってまいりました。



その気分を味わいたいような、あるいは誰かに咎められているような複雑な心境のまま
やっとナツメ球を探し当てた私は、さっそくレジへ持って行って支払いを済ませました。
それから100円ショップを出てショッピングモールの駐車場へと向かいましたが
駐車場は2時間までなら料金が無料でございます。
有料になるまでまだ1時間以上余裕がございましたので
ちょっと書店にでも寄ってみるかとモール内を歩いておりましたら
私以外は100円ショップと同様、マスクをした買い物客ばかりでございます。



路上生活者のような身なりの爺さんまでしっかりとマスクで口を覆っており
気もそぞろになってきた私は、これはやはりマスクをした方が良さそうだと思いましたが
わざわざ人前でマスクを付けることに何となく気後れのようなものを感じたため
同じフロアのトイレの個室へ駆け込み、ポケットの中にしまっていたマスクを取り出しました。
しかしトイレの個室という隔離された空間にいることで
誰かに咎められているような罪悪感めいたものは一気に消え去り
代わりに自分一人だけマスクをしていないという全裸で歩いていたような気分が蘇りまして
私の股間のナツメ球は白熱電球のように熱を帯び、直管蛍光灯のように大きくなってしまいました。
そのまま私が自家発電に及んだのは言うまでもございません。



私の行きつけのドラッグストアは特措法による緊急事態宣言が出されてからは
開店前に客が店舗の入口に並ぶことが無いように告知の張り紙をしておりまして
朝、そのドラッグストアの前を通っても行列を見かけることはなくなりました。
ある意味、落ち着いた状況とも言えますが
営業時間中の客同士のマスク争奪戦が激化しているのではないかと思うとガクブルでございまして
とにかく一刻も早いマスクの安定供給が望まれるところでございます。



これ以上、人々が慌てふためき、争い、混乱して血迷った行動に出るのは見たくありません。
ナツメ球を買い求めたおりに自家発電に及んでしまうような愚か者は、私一人で十分でございます.....






                                       プロフィール画像2015圧縮前→fg→圧縮→jpg→FC2画像圧縮20150929

行動する神輿

20200511164240e1d.jpg





お目汚し、失礼いたします。



先週の土曜日、テレビでTBSのニュース情報番組を見ておりましたら
新型コロナウイルスの感染拡大に対応する各国の動きが紹介されておりましたが
日本はIT技術を駆使した対策の面で近隣国に比べてかなり遅れを取っているようでございます。
韓国では医学部出身で女性の感染対策責任者が指揮を取り
PCR検査の拡充の他に自宅隔離者を専用のアプリを配布して細かく管理しております。
また台湾ではトランスジェンダーでIT技術のプロフェッショナルがIT担当大臣を務めており
国内の店舗でのマスクの在庫状況が逐次表示されるアプリを配布して
マスクの流通の円滑化に努めております。



番組内では我が国の動きも紹介されておりましたが
それはさながら公開処刑の如き様相を呈しておりました。
あろうことかIT担当大臣は80歳手前の後期高齢者でございまして
「 日本の印章制度・文化を守る議員連盟 」通称「 はんこ議連 」の会長を務めるおじいちゃん。
USBメモリの使い方を知らなかったサイバーセキュリティ担当大臣よりはマシなのかもしれませんが
台湾のような対策を導入できないのかという野党の質問に対して
投げやりな答弁をおこなっている姿には頼りないという印象が否めません。
適材適所という形で選ばれたのではなく与党内の派閥力学に基づき
順番制という恐ろしく軽薄で安っぽいやり方で入閣したのでございましょう。



よく「 神輿は軽くてバカがいい 」などと申しますが
もはやそういうのは時代遅れなのではございませんかな。
今回のコロナ危機に限らず
国民の生活や国家の将来にまつわる諸問題を解決していくにあたって
これからは「 行動する神輿 」が必要な時代になっていくでしょう。
自らの使命に即した専門知識もしくは技術を備え
フットワークが軽くて、自らの使命に対してバカ真面目な神輿が必要なのでございます。



断っておきますが私は「 老兵は要らず 」などと申しているわけではございません。
たとえ老いていても「 行動する神輿 」であればイイのでございます。
決して若ければイイというものではございませんぞ。
ゆとり世代で真性童貞の男が少子化対策担当大臣になったりしたらどうします。
「 大臣。大臣は子供の作り方を当然御存知ですよね?
  まさか大臣、顔射で妊娠するなんて思ってないでしょうね?」
という野党議員の意地悪な質問に対し、ムッとしたような顔で
「 失礼な! フェラでゴックンしないと子供ができないことぐらい
  私だって承知しております!」
という答弁などやらかせば目も当てられません。
老害と同じぐらい若害も排除すべきなのでございます。



我が国が新型コロナウイルスの対策で何かと精彩を欠いていることについては
東京オリンピックが足枷となった、憲法上の制限がある、国民が平和ボケなど
いろいろと理由がございましょう。
あまりにも理不尽な事態に対してその解決を阻む悪条件ばかりが立ち塞がり
意気消沈してしまっているのかもしれませんが
たとえ類焼やもらい事故であっても我々が治めなければならないのでございます。
日本のトップを担うかたがたに申し上げたい。
もっとしっかりしてくださいまし。






                                       プロフィール画像2015圧縮前→fg→圧縮→jpg→FC2画像圧縮20150929

夏みかん修行

202005041444429b6.jpg





お目汚し、失礼いたします。



親戚が夏みかんを送って来ました。
ダンボール箱いっぱいの量ですので、腐らせずに食べきることができるか不安でございます。
柑橘系の果物は嫌いではないのですが、あまり酸味が強いものは苦手でございまして
私はグレープフルーツもキウイフルーツも食べますが
グレープフルーツには必ず砂糖か蜂蜜をかけますし、キウイはゴールドキウイの方が好みでございます。
夏みかんは私の中ではどちらかといえば酸味が強い方なので
送って来てもらったのはありがたいものの、いくぶん困惑気味でございます。



とりあえず食してみました。
皮が分厚いのでペティナイフで皮に切れ目を入れて剝かなければなりません。
この手間が夏みかんを私から遠ざける一因となっております。
で、皮を剝いて実の入った小袋を取り出し、更に小袋から実を出して食するわけですが
小袋の果心側の端を歯で噛み切り、袋を捲り返して実を起こす時、実から汁が飛び散ることがございます。
その汁が目に入らないように、あるいは手や顔の擦り傷、切り傷に降りかからないように注意せねばなりません。



そうやって取り出した実を食する時も
誤嚥で喉に酸っぱい汁が引っかかってむせないように用心する必要がございます。
このように夏みかんを食するときは相当な手間がかかるわけでございまして、一種の苦行でございます。
しかし1個食べ終えたあと、私はその一連の作業が苦行だと感じる一方
何やら儀式めいたことをやり終えた爽快さのようなものも感じました。
また夏みかんにはビタミンCやクエン酸が多く含まれており、健康にもイイということで
夏みかんを食するのは肉体的・精神的な鍛錬、修行の類だと思えてまいりました。



カルト教団の信者めいた物言いになってしまいましたが私は大真面目でございます。
まぁそうでも思い込まなければ大量の夏みかんを食いきれないという切羽詰まった事情もあるのですが
こういう発想を習わしとすることによって他の苦手な食べ物も克服できるような気がいたします。
その食べ物を食する際の手間、味、ニオイ、食感など敬遠したくなるものを
あえて一つ一つ噛み締めることに修行色を見出せば
メンタルやフィジカルな充実感を覚えるようになりましょう。



そしていずれはドリアンや鮒寿司、シュールストレミングなども克服できるはずでございます。
もっとも、あまり修行が行き過ぎて、ヘビだのムカデだのゲテモノ料理の類に手を出し
挙句の果てに熟女のオシッコをゴクゴク飲み干すようになったり
若い女性のウンコをパクついたりするようになっても嬉しい…いや、困りますが。



まぁそれはともかく、明日から毎日1個、夏みかん修行に励もうかと存じます。






                                       プロフィール画像2015圧縮前→fg→圧縮→jpg→FC2画像圧縮20150929