サイコキネシスを開発せよ

202006082251582f6.jpg






お目汚し、失礼いたします。



ちょいと間が空いてしまいました。更新しなきゃとは思っていたのですが
ちょっとした事情でままならず、今日に至った次第。
事情と申しましても隔離病棟で人工呼吸器のお世話になっていたわけではございません。
流行り病とは何の縁もなく、ただ単に仕事が忙しかっただけでございます。



それにしても連日に渡ってコロナ関連のニュースの尽きることがございません。
私も当ブログを更新するにあたってコロナの話題から遠ざかったものについて書こうと思っているのですが
石を投げればコロナに当たる、犬も歩けばコロナに当たるで、コロナ以外の話題が無くて難儀してしまいます。
言い訳になりますが更新が遅れた原因の一端もそこにあるわけでございまして
しかも世間では、まだワクチンもできておらず検査体制も不完全な状態だというのに
コロナ沈静化後の社会の有り様、いわゆる「 アフターコロナ 」についての話題が沸騰しております。
コロナ沈静化後の社会は、経済は、文化は果たしてどうなるんだろうかというわけでございます。



評論家やジャーナリストからブロガーやタレントに至るまで
コミュニケーションのあり方、ビジネス、日常生活などにおける劇的変化をある者は呑気に、ある者は深刻に
こうなるだろう、ああなるだろう、アナルだろう、マンコだろう、チンポだろうと語っております。
とはいえ、私のような半分ボケた年寄りにはどの情報や見立てが有力なのか判断をするスベがございませんので
それらは雑音としてしか耳に入ってまいりません。
実に困ったものですが、そんな私でもアフターコロナに関して一つだけ予測できることがございます。



それはサイコキネシス、いわゆる超能力の一種で思念によって物理的な運動を起こす力
すなわち「 念力 」の研究や実用化が進められるだろうということでございます。
御承知のとおりコロナ感染は人体がウイルスに接触することで生じます。
しかるに日常生活においてはドアノブやエレベーターのボタン、ATMのタッチパネルなど
不特定多数の人間が触れざるを得ないものが多々ございます。
ウイルスの付着したそれらのものを触れずに操作するには念力に頼るしかございません。
「 動け!」という思念によって、ドアノブを回してドアを押し開けエレベーターのボタンを押下し
タッチパネルに入力して入金や出金をおこなうのでございます。



もちろん手袋を付けて触ればイイのですが、そうすると手袋にウイルスが付着してしまいます。
しかし念力を使えば、そんなことを気にかける必要がございません。
中国や米国は新型コロナウイルスに対するワクチンの開発に莫大な費用を注ぎ込んでいるようですが
それと並行してサイコキネシスの研究開発にも多額の予算が費やされているに違いありません。
サイコキネシスは単にコロナ対策ばかりではなく、工業技術や軍事技術などへの転用も可能なのでございます。



私も若い頃は思念だけでモノを動かすサイコキネシスを使うことができました。
海綿体に血流を集中させ、ドクンドクンと持ち上げることが出来たのでございます。
中学生の頃はそうやって学生服のズボンのファスナーのあたりをグイグイと浮き上がらせて
クラスメートからヤンヤの喝采を浴びておりました。
すでに超能力が枯渇してしまった今の私にはそのような芸当はできませんが
これから各国が本腰を入れてサイコキネシスの研究を進めていけば
そんな芸当のできる男性諸氏が巷に溢れることでございましょう。
コロナ禍は世に多くの災いをもたらしましたが、反面ポジティブな副産物も生み出すようでございます.....






                                       プロフィール画像2015圧縮前→fg→圧縮→jpg→FC2画像圧縮20150929

ボーガンとヘアーリンス

20200608222107466.jpg





お目汚し、失礼いたします。



先週の木曜日、兵庫県宝塚市で自称大学生の男が親族を殺傷する血なまぐさい事件が起きております。
凶器に使われたのは「 ボウガン 」という狩猟用の弓矢のような武器でございますが
どうも聞くところによるとこの「 ボウガン 」という名称
射撃競技用品の販売会社が商標登録をしているそうでございまして
そのせいなのかどうかは存じませんが
テレビやラジオ、ネットなど各メディアでは「 ボーガン 」という表記になっております。



半世紀近く前、私が小学生だった頃のことでございます。
テレビでこのボウガンのCMが流れておりました。
当時、任天堂の「 光線銃SP 」という電気仕掛けの射的ゲームのようなものが売れており
まだ子どもだった私、ボウガンはその人気にあやかって柳の下の二匹目のドジョウを狙った
射的ゲームのようなものかと思っておりましたが
どうやらそんな牧歌的なものではなく、今にして思えば狩猟用の武器を
子供も見ているお茶の間で流れるテレビCMを使って宣伝していたようでございます。



どんなCMだったか、私のおぼろげな記憶を紐解いてみまするに
まず「 ボウ〜ガ〜ン ボウ〜ガ〜ン♪」というオッサンたちのコーラスによるBGMが流れ
天使のような白い服に身を包んだガイジンのオネーチャンが現れます。
オネーチャンはボウガンをこちらに向かって構えており
だんだんそのオネーチャンとボウガンがアップになっていくのですが
最後まで矢は放たれず、「 ボウガン 」という商品名か宣伝文句の文字が現れ
そのまま唐突にCMは終了いたします。



過激な演出の無い地味なCMでしたが、なぜか覚えております。
今なら演出よりもむしろ狩猟用の武器のCMをテレビで流すこと自体ありえないでしょうが
昭和40年代のテレビならおkだったのかもしれません。
あるいはもしかすると私が見たボウガンは、やはり本物の猟具の方のボウガンではなく
ボウガンを模した射的ゲームだったのかもしれません。
矢の先端にラバーカップのような吸盤が付いていて、それを飛ばして的に吸い付けるといったような。



とはいえこのCM、私が目にしたのはたった一度しかございません。
やはりあれは本物のボウガンで、そういう殺傷力のある物のCMをテレビで流すのは (・A・)イクナイ! と
どこからか横槍が入ったのでしょうか。
その反面、「 さわって〜 さわって〜 髪にさわって〜♪」というBGMとともに
裸の男女が抱き合ってHをしているヘアーリンスのCMは、あのころ何回も見た記憶がございます。
あのCMをもう一度見たくてYou Tubeなど色々とググってみましたがどうしてもヒットいたしません。
おそらく広告主の会社が永久封印してしまったのでございましょう。
「 悪魔のKISS 」というテレビドラマで女優の常盤貴子が見せてくれた乳首のように.....






                                       プロフィール画像2015圧縮前→fg→圧縮→jpg→FC2画像圧縮20150929

ドラッグストア脱出ゲーム

20200615145226385.jpg





お目汚し、失礼いたします。



消毒用アルコールが依然として品薄状態のようでございまして
毎日のように行きつけのドラッグストアで在庫状況をチェックしているのですが
陳列棚にはいつも品切れを告げる札が置いてあるばかりでございます。
一方、アルコール入りのウエットティッシュは、値段が高いものの在庫は豊富でございまして
無いよりかはマシかと思い、80枚入りのお徳用サイズ、税込みで500円弱のものを
先週に1個だけ購入いたしましたが
いつもと違うメーカーの製品でございまして、アルコールに微妙な臭気が混じっております。
何となく焦げ臭くて酸っぱいそのニオイが不快ですが、我慢することにしました。



そして今日も帰宅途中にいつものドラッグストアに寄ったのですが、そこで難儀な目に遭いました。
入店するとき、入口付近にある台の上に消毒用アルコールジェルの入ったプッシュ式のボトルが置いてあり
台には「 ご自由にお使いください 」と書かれた紙が貼ってあります。
いつも遠慮無く使わせてもらってるのですが、今日はちょっと欲張ってしまい
ボトルのポンプ部分をいつもは1回のところを2回押しましたら
ノズルから出たジェルが勢い余って私のズボンの股間部分に降り掛かってしまいました。



しまった、と思いましたが後の祭りでございまして
股間に透明な粘液質のものをへばり付かせた変態ジジイの出来上がり。
退散しようかと思いましたが、その格好のままで外に出て人に見られたら通報されるかもしれません。
仕方なく店内にとどまりましたが、とはいえそのまま店内をウロウロしていたら
他の客に見られてやはり通報されるかもしれません。
ハンカチで拭き取ろうかどうしようかと逡巡しておりましたが
ジェルは徐々にズボンに染み込んでいきました。
変質者の汚名だけは免れそうでしたが一円玉ほどの大きさのシミが2、3箇所出来ております。



まぁアルコールジェルでございますから、じきに蒸発してシミも目立たなくなるだろうと思いました。
しかし蒸発するまでのあいだ、他の客に股間を見られるのは恥ずかしい。
そこで陳列棚の前を冷やかしか品定めをするような素振りでカニ歩きをしながら
シミが乾くのを待っておりました。そんなふうにして半時間近く真横に歩き回ってから
そぅ〜っと股間を見下ろしてシミが蒸発したのを確認し、おもむろに店の外へと脱出した次第。



帰り際、ドラッグストアの駐車場から車を出しながら思いました。
私はいったい何をやってるんだろうと。
こんな回りくどいことをしなくても、ジェルが股間に付いた時点で
さっさとハンカチを取り出してとっととジェルを拭き取ればいいのに。
そして悠々と立ち去るか、そのまま何食わぬ顔で買い物をすればよかったのに。
だが、根っからの心配性が「 通報される 」という可能性を真っ先に想起させ
かえって事態を長引かせてしまった。
いや、本当は心配性なんかじゃなく、そんなことをしているところを誰かに見られて
ささやかなプライドが傷つくことを怖れていたのかもしれない。クソっ、何がプライドだ。
もうジジイと言われても仕方のない年だというのに、チンポケな見栄に囚われているなんて。



自分自身の面倒臭さにあらためて気付かされました。
この面倒臭さから脱出するのは並大抵のことではなさそうでございます.....






                                       プロフィール画像2015圧縮前→fg→圧縮→jpg→FC2画像圧縮20150929

健気な逢瀬

202006161650250bd.jpg





お目汚し、失礼いたします。



アンジャッシュという芸人コンビの片割れでグルメタレントとして有名な渡部という男が
例によっていわゆる「 文春砲 」の直撃を受け、バッシングの的となっております。
妻子がありながら複数の女性と関係を持ち、そのうちの一人とは一万円という端金を使って肉体関係を続け
あろうことか六本木ヒルズの多目的トイレで事に及んでいたとのこと。
外面の良さと裏の顔とのギャップの激しさに加えて、まだ週刊文春の記事が出る数日も前から
先手を打ってテレビの出演番組に自粛を申し入れていたことが騒ぎを一層大きくしてしまったようでございます。



この一件については、多目的トイレでの逢瀬がかなりセンセーショナルに報じられ
巷では異常だとか不謹慎だとかという声とともに嫌悪や非難の対象になっているようですが
男女間の愛というものにはいろいろな形がございましょう。
たとえわずか3分から5分程度で済ませる情事であっても、その閨房が多目的トイレであっても
男からの気持ちとして女性に渡された金額が一万円だったとしても
当事者にとっては愛に満ち溢れた楽しいひと時だったのではございませんかな?
まぁ確かに身体の不自由なかたや乳幼児を連れた母親も利用する公共施設を
私的な快楽のために使ったというのは非難されて𠮟るべきでしょうが。



この多目的トイレでの逢瀬を繰り返していた女性は文春の取材に対して
相手の男が自分を一人の女性として扱ってくれなかったと申しているようですが
これはあくまでも結果的にそうだったという一つの感想に過ぎません。
彼女にしてみれば、その時はこれが相手の自分に対する愛情表現だと信じていたのでしょう。
ラインの痕跡を消せだの、消したかどうか確認するからケータイをよこせだの
男が言ったそうですが、そんな男の姿に可愛らしささえ感じていたのかもしれません。
この女性の発言に対して世間の風当たりが随分と厳しいようですが
私はむしろ人間臭くて好感が持てます。
人間の弱さ、不条理さ、身勝手さ、そして何よりも哀れさを象徴しているようで。



渡部某という男には軽蔑しか湧いてきませんが、この女性にはある種の健気さが漂っています。
今どきトイレでの逢瀬に応じてくれる女性などそうそうおりますまい。
仮にそこがコインロッカーや自販機、ATMコーナーであったとしても
愛して止まない男のために駆けつけていたはずでございます.....






                                       プロフィール画像2015圧縮前→fg→圧縮→jpg→FC2画像圧縮20150929

第二波が笑う

20200624100159ae1.jpg






お目汚し、失礼いたします。



ユニクロが自社製マスクを発売したということで
買い求める客が行列を作っているニュース映像が先日、テレビで流れておりました。
このマスク、「 エアリズム 」というユニクロの機能性肌着に使われているものと同じ素材で作られており
着用したときに涼感があるとのこと。
しかも洗濯機で洗って再使用できるそうでございますので
コロナ禍の中でこれから迎える夏には欠かせないアイテムでございます。
私もエアリズムのランニングシャツは去年1枚だけ購入しておりますが
あの生地がマスクに使用されているならさぞかし爽やかな付け心地でございましょう。



しかし実際に手に入れるとなると大変そうでございます。
さきほどユニクロの通販サイトを覗いてみましたら当然のごとく品切れで納期は未定。
入荷してもお一人様1点限りの販売でございます。手近な実店舗に行ってもたぶん状況は同じでしょう。
気長に待つしかなさそうですが、そうこうするうちにキチガイじみた猛暑が到来。
結局普通のマスクで口の周りを汗だくにして過ごし、秋を迎えることになるかもしれません。
ネットを漁ってみますとエアリズムの生地で自作のマスクの作り方を紹介している記事もあるようですが
モノグサで不器用な私には縁のない話でございます。
去年買ったばかりのエアリズムのランニングシャツを切り刻んでまでマスクを作ろうとは思いません。



それにしても有名ブランドのマスクが売りに出されてそれを買い求める人々が行列を成しているという
のどかなニュースが報道される様子を見ていると
ああ、ようやくコロナウイルスによる感染拡大がおさまったんだなと錯覚しそうでございます。
すでに全国的に緊急事態宣言は解除され、都道府県をまたいでの移動、飲食店の営業やイベント開催が
各地で少しずつ慎重に再開されているようですが、まだまだ油断はできません。
東京では依然として6日連続で20人を超える新たな感染者が昨日までに確認されており
今日は何と55人の新規感染者が確認されたそうでございまして
正直こんな状態で宣言解除などして大丈夫なのかという不安がございます。
そもそもこのCOVID-19の病理とその対策・治療法は、まだ完全に解明されたわけではないのでございます。



感染拡大の第二波を阻止するための警戒を怠ってはいけませんし
第二波がやってきた時の備えも必要でございます。
どうか皆様、宣言が解除されても、これまでと変わらぬ用心を心がけてくださいまし。
私も引き続き自家発電は極力ガマンしてタンパク質の放出を抑え
体力の温存と免疫力の維持に努めてコロナ禍に立ち向かう所存でございます.....






                                       プロフィール画像2015圧縮前→fg→圧縮→jpg→FC2画像圧縮20150929

立て板に水

20200626224409a64.jpg






お目汚し、失礼いたします。



アイドルタレントの手越祐也が所属事務所のジャニーズを退所することになり
その件に関する記者会見の様子がYouTubeで配信されておりました。
約2時間近くの記者会見でしたが記者会見場にはテレビ局の記者や芸能レポーターが出席し
退所についてのジャニーズ事務所との話し合いの内容や緊急事態宣言中に女性と飲み会をやったこと
首相夫人と一緒に撮った花見写真の件、所属するアイドルユニットであるNEWSのメンバーやファンに対する思い
今後の芸能活動などについて質疑応答がなされておりました。



私もYouTubeでこの会見を視聴いたしました。我ながらヒマなジジイでございます。
すぐそばにスタジオジブリの取締役社長のような髭面の弁護士が同席しておりましたが
ほとんど手越祐也本人が喋っていて、退所の時期に関する質問に対してのみこの髭面男が返答しておりました。
退所の時期については契約や交渉にまつわるデリケートな部分だから弁護士が返答するとのことで
髭面男いわく事務所側とゴタゴタがあってその話し合いをしているうちに
お互いに誤解が解けてトントン拍子に交渉が進み、円満退所という形で今月の19日に退所となったとのこと。



とはいえ、事務所とは今年の3月に契約を更新しており
契約期間は来年の3月まであったそうでございまして、まだ半年以上も契約期間が残っております。
また商売において支払い日や締日となる五十日( ごとおび )の20日ではなく
19日という中途半端な日が契約終了の日になったというのはどういうことでしょうか。
まぁ芸能界での仕事は一般の商売とは違いますし、実際どのような交渉がおこなわれたのか存じませんが
「 やってられるかバカ野郎 」とか「 上等じゃねぇかこの野郎 」とかいった
「 売り言葉に買い言葉 」のニオイが芬々と漂ってまいります。



また手越祐也、立て板に水のごとくスムーズな話し方をしてはおりましたが
聞くところによると自分に都合の悪い質問をしそうなメディアは会見場に呼ばなかったそうで
そのせいかリラックスして喋っていた反面、話し方にどことなくガサツなものが感じられました。
「 弁護士の先生 」や「 弁護士のかた 」ではなく「 弁護士 」と呼び捨てでございますし
また、今世の中を覆っているコロナ禍のことがウザったくてしょうがないらしく
「 今こういうことをすると世の中的にうるさい 」「 コロナをうつされたら面倒くさい 」などと申し
「 世間は不要不急って言うかもしれないですけど、僕としては不要不急でした 」と
何やらわけのわからないことを口走っております。



退所後に何をするか、まだ細かいことは具体的に決まっていないそうでございますが
それにしてもよくもまぁあれだけ中身の無い話を2時間近くも延々と喋ることができるものでございます。
退所に際してジャニーズ事務所の社長や副社長とは直接の話はできなかったそうでございまして
ジャニーズ事務所に弓を引いたからには日本の芸能界での活動は難しいでしょうし
さすがに本人もそれは承知しているでしょう。
どうやら海外での活動に血路を見出そうとしているようですが
それだけのノウハウと覚悟が本人にあるのでしょうか。
身近に何らかの人脈やブレーンがいるのかもしれませんが
そういった他人の言葉に耳を傾ける素直さを本人は持ち合わせているのでしょうか。



とはいえこの男、独立後のプランに仮に何らかの支障が出たとしても
その場合に備えて色々と奥の手や秘策を用意しているかもしれません。
自室のどこかに金塊をゴッソリと隠し持っていて、資金調達に窮した時はそれを使うとか
「 手越ガールズ 」と呼ばれる女性たちをくノ一の如く使役して目障りな敵にハニトラを仕掛けるとか。
あるいは彼に熟女キラーとしての素質があるのなら、プライベートで懇意にしているという首相夫人に対して
芸能人や実業家としての自分の活動を政治的にバックアップしてくれるように
ベッドの上の寝物語でお願いするかもしれません。
総理大臣の妻でありながら脳味噌お花畑のオバサンを誑かすことなど彼なら造作も無いことでございましょう。



いろいろな意味で今後の活動が楽しみな男でございます.....






                                       プロフィール画像2015圧縮前→fg→圧縮→jpg→FC2画像圧縮20150929

ひねくれた優しさ

20200620093217fb2.jpg





お目汚し、失礼いたします。



コロナと冠する言葉で良いイメージのものにお目にかかったことがございません。
コロナ禍、コロナ欝、コロナ疲れ、コロナ離婚、コロナ不況、コロナ倒産、etc、etc.....
新型コロナ肺炎の拡大による悪影響が甚大、しかも多岐にわたっているゆえ
コロナというワードが大厄災をもたらす呪文と化し
まるで大規模同時多発テロが世界的規模で起きたような状況が人々から精神的な余裕を奪っております。
そういったことが原因となって巷では人間同士のギスギスした空気が元でいろいろとトラブルが起き
ソーシャルディスタンスをめぐる喧嘩だのマスク警察の横行や正義マンの暗躍だのと
何やら嘆かわしいことになっているようでございます。



私はコロナ禍が本格的になりだした頃から関連する情報を意識的に遮断してまいりました。
もちろん身を守るために最低限必要な情報にはアンテナを張り巡らしておりましたが
それ以外の情報は極力目や耳を塞いできたのでございます。
情弱の最たるものかもしれませんが、コロナ関連の情報の洪水にさらされていると
これはやがてマズいことになるだろうと直感的に悟ったのでございます。
まぁ元々モノグサ気質だということもあったのでございますが
そのおかげでコロナ欝やコロナ疲れにはほぼ無縁のような状態でございます。



加えてもう一つ、コロナ禍によるストレスを私から遠ざけてくれたのはジャズでございました。
通勤の行き帰りや得意先に向かう際に、車の中でジャズを流してそれを聞きながら運転しておりまして
そんな状態がもうかれこれ5年近くになると思います。
それ以前はAMやFMのラジオ番組を流し、CDプレイヤーで邦楽のボーカル曲を聞いていたものですが
今ではジャズのインストルメンタルのみでございまして
そのメロディが私をコロナ禍によるストレスから守ってくれたのでございます。



私はニワカのジャズファンなのであまり偉そうなことは書けないのですが
私なりにジャズの魅力を語らせてもらえるなら
それはリスナーを軽くからかっているような雰囲気、ちょっぴり揶揄しているような響きが
逆に癒やしとなるようなところでございます。
指一本動かせないほどの精神的なダメージを受けているときは別として
そこまでひどくはなくとも不安でイライラしている時や、慢性的な心の傷に悩まされている時に
大上段に構えた「 人生応援ソング 」だとか科学的根拠に基づいたヒーリング効果のある音楽
あるいは偉大な作曲家の作った曲とかを聴いても素直に心に沁み入っては来ません。
その点、ジャズは聴いていると
「 フッ、バカだろおまえw 」「 しょうがねぇよ、アキラメロン 」と
こちらをおちょくったり冷やかしたりしながらもずっとそばにいてくれるような
口の悪いひねくれた優しさを感じ、それが耳に心地良いのでございます。



治りようもない心の痛みを抱えていたり、居間にいる象を無視して暮していたりする時
ジャズは極めて役に立つツールだということに私は気づきました。
もちろん天使が舞い降りてきてほしいような切羽詰まったときもございます。
そっと私の股間に跨り、慈愛に満ちた眼差しで私の顔を見下ろして
甘い声で囀りながら腰を上下に動かしてくれるような天使の調べを欲するときもあるのでございますが
しかしそうでない時は私の顔の上へ無造作に腰を下ろし

「 あら、ずいぶん早いのねw 」
「 まだぁ〜? もういいかげんにしてくんない?」
「 ウフフ…何、この小さいの。まるでハムスターの赤ちゃんよ 」
「 なんだか臭うわね。カブってんじゃないの?」

などと言いながら私のイチモツを優しくしごいてくれる、丁寧にしゃぶってくれる
そんなメロディがイイのでございます.....






                                       プロフィール画像2015圧縮前→fg→圧縮→jpg→FC2画像圧縮20150929