メークヤング




お目汚し、失礼いたします。



去年の12月、衆議院選挙がおこなわれるのと同時に
東京都知事選がおこなわれました。
この選挙において見事東京都知事に当選された猪瀬直樹氏ですが
選挙期間中はその選挙ポスターの顔写真が
何かと物議をかもしていたようでございます。


  
私もそのポスターを拝見いたしましたが
写真を見た多くの人間がそうであったように
「 なんか、若作りしてね?」という印象を受けました。
なんらかの編集ソフトを使って画像が加工されているという噂もございましたが
私の見た印象ではメーキャップによるものではないかと存じます。



それはともかく、こうまでして若く見せたいのかというのが
正直な感想でございました。
このかた、何か若さというものに異常なこだわりがあるのではないか
という気がいたしますが、そこまで考えたとき、ある記憶が蘇ってまいりました。



20年ほど前だったかと存じます。
若者の就職難についての討論番組のようなものがテレビで流れておりました。
猪瀬直樹氏が司会もしくはメインキャスターを務めるその番組の中において
リクルートスーツに身を包んだ大勢の若者たちを前にして
識者がコメントを述べたり若者たちと意見を交わしたりしていたのでございます。



で、番組半ばにして、スタジオ内が活気を帯びてきた頃
猪瀬氏が若者の就職を取り巻く実情や現実はこうだ、ああだと説明した後
スタジオに来ている若い衆に向かって

〝 君たちはそういう現実をちゃんと知っているのか
  そういったことをきちんと踏まえた上で就職に臨んでいるのか
  しっかりとした覚悟があるのか、就職というものを舐めていないか 〟

というようなことを申したのでございます。



すると、でございます。
大勢のスタジオ参加者がすわっている雛壇席に
リクルートスーツを着てメガネをかけた中島らも似の若い男性がいたのですが
彼が

〝 自分は就職をすると決めたときから
  そんなことは百も承知で就職活動をおこなっている。
  ここにいるみんなも当然同じ覚悟で就職活動に勤しんでいる。
  そんな俺たちに対して、その言い方はないだろう。失礼だとは思わないのか 〟

というようなことをノロノロとした口調で発言し
猪瀬氏に対して噛み付いてきたのでございます。



これには猪瀬氏も面食らったようでございました。
半ば ( ゚Д゚)ポカーン 状態と化し
何やら歯切れのよくない言葉で言い返していたようでございますが
率直に申せば、旗色はあまり良くなかったという感じがいたしました。



猪瀬氏が若さにこだわる理由
それはこのときのことがトラウマとなっているからではないでしょうか。
人生の先達たる自分が、これから社会に出ようとしている
ヒヨっ子のような若者にやり込められた。
だが俺は負けたわけじゃないし、これからも負けるつもりはない。
だって若いんだモ~ン
そんな意識が常々、氏の頭の中にこびり付いていて
都知事選というここ一番の勝負時に、あのような気味の悪いメーク
おっと失礼、若作りメークへと氏を突き動かしたのではないかと存じます.....






コメント

非公開コメント