墓前にて




お目汚し、失礼いたします。



お彼岸でございます。
昨日、墓参りに行ってまいりました。あいにくの雨でございましたが
先祖や故人の霊があの世から還ってくる限られた貴重な期間でございますゆえ
天気がどうの雨がどうのと申して日延べをしている場合ではございません。
傘を差しながら線香を上げ、祈りを奉げた次第でございます。



早いものでもう3月下旬になってまいりました。
少しずつ温かさが増していく風の感触を感じる今日この頃でございます。
おかげさまでここ半月の間、リアルでの仕事はとりあえず順調に捗っております。
いわゆる「 リア充 」というやつでございましょうか。



去年の今頃はひどぅございました。
お客様からの注文は途絶え、そのくせ面倒で細々とした用事が立て続けに生じ
利益の出ない厄介な仕事を抱え込んで難儀しておりました。
ストレスで胃は荒れ、心配事で夜は眠れず、最悪のコンディションでございました。



そのときと比べると今はかなり気分的な余裕がございますが、それもいつまで続くやら。
ふと、このリア充の状態がこの先ずっと続くようにと墓前で祈りたくなりましたが
やめておきました。墓参りの際には今の自分の様子を報告するのであって
亡くなった人に願い事をしてはいけないなどという話を聞いたことがございます。



もっともな話でございます。
そういった現世の人間の煩悩につき合わされ
亡くなってからも身内の面倒をみなければならないなど
考えただけでも気が重くなってまいります。
せっかく平穏で満たされた毎日を謳歌しているあの世の人々の生活を
かき乱すべきではございません。



天国のことを英語で「 ヘヴン( Heaven ) 」といいますが
現世の人間にとってリア充が必要であるように
あの世にいる人々にとっても「 へヴ充 」が必要なのでございます.....






コメント

非公開コメント