パンプキン・ウーマン




お目汚し、失礼いたします。



洗脳騒動で世間を騒がせていた女性タレントが
テレビ番組のインタビューを受けて喋っておりました。
家賃を滞納したり、自宅に引きこもって外界との接触を断ち切ったり
肉料理の食いすぎでデブったりと
マスコミやネットを賑わせていた彼女でございますが
その間の事情を特に悪びれた様子もなく率直に告白しておりました。



同居していた占い師との関係は実際のところはどうだったのか
マインドコントロールはあったのかなかったのか
あったとしたらもう完全に抜けたのか、気になるところではございますが
インタビュー映像を見た私の印象としては
実にアッケラカンとしたものだなという感じがいたしました。
特にマインドコントロールを否定したくだりでは
それが自分の望まないことだというなら
受け入れるのを拒否すればいいだけの話だと切り捨てております。
つまり「 イヤならやめればいいじゃん 」というわけなのでございます。



どうやら彼女の頭の中では、彼女自身を含めてこの世のすべての人間は
あらゆる面で精神的な自由を謳歌しているはずだ
という思い込みがあるようでございますが、私が感じたところでは
それより以前に何やら自分以外の人間はカボチャだという認識を
常に持ち合わせているような気がいたします。
まぁ私もそういうところが無きにしも非ずでございますが
少なくとも女性に対してはカボチャではなく、赤貝やアワビだと思っている分
マシではないかと自負しております。



インタビューの最後の方で彼女は「 仕事がしたい 」と申しておりましたが
仕事の内容に関しては選り好みはしないとのこと。
インタビュー映像には仕事に関して

 やらせていただきたいですね
 
 何でもやらせていただきたいですね

という彼女の言葉が字幕として刻印されておりましたが
彼女自身がこの言葉の重さや恐ろしさを知るのは
果たしていつのことになるのでございましょうか.....







コメント

非公開コメント