リアマニア




お目汚し、失礼いたします。


私、本物のカーキチではございませんが
新型車やモデルチェンジした車などを見かけると
つい視線が引き寄せられてしまいます。
そしてどこのメーカーのなんという車かを確認し
メーカーサイトへ飛んで3Dシュミレーターをグリグリ動かし
その外観を見て楽しむのでございます。



私が車の外観で特にこだわるのはリア部分でございまして
どんなに車のスペックがすぐれていても
リア部分が私の感性に合わないと好きにはなれません。
要するに面食いならぬケツ食いでございまして
ケツの形やデザインが良ければ、どこのメーカーの車でもオッケーでございます。



ゴールデンウイークの旅行では私、クルマを移動手段としていたのですが
行く先々でいろいろなクルマを見かけました。
しかし私の感性にピンと来るケツにはめぐり合えませんでした。
私が今まで、このケツは美しいと思った車を列挙いたしますと

7代目のトヨタ・マークII
3代目のトヨタ・カリーナED
6代目のトヨタ・チェイサー
トヨタ・コロナプレミオ
2代目のトヨタ・マークX前期型
6代目~8代目のホンダ・アコード

という具合にほとんどトヨタのクルマなのですが
なぜそうなのか自分でもよくわかりません。
きっとトヨタの工業デザイナーと私、感性の相性が良いのでございましょう。



ホモホモ…おっと失礼、そもそも私がなぜクルマのケツに惹かれるのか
自分でも分かりません。
おまけに私、交通事故に遭ったことが今までに4回ございまして
4回とも私が被害者だったのですが
そのいずれの場合もオカマを掘られております。



おそらく私、ケツとは何かの因縁があるのでございましょう。
なお、念のために申し上げますが、私はモーホーではございません.....







コメント

非公開コメント