自転車熟女




お目汚し、失礼いたします。



髪の長い御婦人でございました。
年のころは50歳前後といったところでございます。
ちょっと色黒なところを濃い化粧で隠していらっしゃるようですが
切れ長の目と背が高くてスタイルの良い体が
とてもチャーミングな熟女でございます。



どこかにお勤めなのでございましょう。
私が朝クルマで自分の店に出勤する際
自転車を漕いでおられるのをよく拝見いたしました。
急な坂道をママチャリを漕ぎながら上って来られるのでございますが
20代女性でもキツいであろう坂道を
眉間に縦ジワを寄せながら立ち漕ぎをして上って来られるお姿は
非常に官能的でございまして
この女性の勃ちコキ姿…おっと失礼、立ち漕ぎ姿を見かけることが
出勤時の私のひそかな楽しみになっておりました。



ところが最近、この御婦人が自転車に乗るのを
やめてしまったようなのでございます。
いつも歩道を歩いていらっしゃいまして、雨の日は勿論、快晴の日でも
自転車には乗っていらっしゃらないのでございます。
病気か怪我でもされたのかと思いましたが
そのような様子も見受けられません。



お年のせいかもしれません。
お勤め先までどのぐらいの距離があるのかは存じませんが
やはり50歳の大台を越えると自転車での通勤には
つらいものがあるのでございましょう。
特に上り坂の坂道を進む際はそれが甚だしく
自転車を押して上がるのも重労働となることでございましょう。



実に残念な思いがいたしました。
この御婦人の立ち漕ぎ姿を拝見することによって
何やら元気付けられていた私でございます。
人力自転車がしんどいのなら、電動自転車にでも乗っていただければ
いや、いっそ私が自転車になってもいいのにとさえ思いました。
四つん這いではなく、ブリッジのように仰け反った体勢で
自転車に変身し、彼女に乗ってもらうのでございます。
もちろん、私の腰がサドルでございます。



そんなことを考えながらクルマを運転しておりましたら
徒歩で通勤されている彼女を今朝も見かけました。
なんとなく老け込んでしまったかのような姿を横目で見ながら
ちょっぴり寂しい思いで彼女のそばを通り過ぎた次第でございます.....






コメント

非公開コメント