NSAの陰謀




お目汚し、失礼いたします。



ときおり携帯電話に見知らぬ相手からの着信がございます。
セールスや迷惑電話の類はお断りでございますゆえ
見知らぬ相手からの電話は着拒になるような設定にしておるのですが
着拒になっていると知っているはずなのに
同じところから何度も電話がかかってくる場合がございます。



ネットでこういった電話のことを調べてみると
よくあるのがマンションに投資をしないかという
胡散臭いセールスの電話でございます。
この手の電話、名乗らない・用件を言わない
というのがよくあるパターンでございまして
こちらが電話口に出たと見るや、勢いやノリで一方的にまくしたて
詐欺まがいの契約を強引に取り付けるそうでございます。



そしてハナから相手にしなかったり、話だけ聞いて契約しなかったりすると
今まで低姿勢だった態度が急変してガラが悪くなり
言葉遣いも「 私 」から「 俺 」に、「 あなた 」から「 ワレ 」へと変貌し
脅迫めいた口調になる場合もあるとのこと。
アベノミクスの影響で少しばかり景気が良くなりましたゆえ
その分、こういった連中が跳梁跋扈する余地が生じてきたのでございましょう。



それにしても、どうして私の携帯電話の番号が
見ず知らずの相手に知られているのでございましょう。
つい最近、NSA( = National Security Agency )
すなわち米国国家安全保障局で働いていた元契約職員が
ある重大な事実を暴露しております。
それによりますと、電話の盗聴やインターネットの通信傍受によって
NSAが市民生活の監視をおこなっているとのこと。
これは米国での話でございますし
私の携帯電話の番号など国家的な陰謀とは無縁なレベルの情報でございますが
何やら他人事とは思えないような気がいたしました。



日本においても安全保障の観点から
このNSAのようなものを作ろうという動きがあるようでございますが
これから大きな論議の的になりましょう。
しかし今、市民生活において最も身近なNSAは

N ノーと言わせず
S 遮二無二契約をさせる
A ぁゃιぃ連中

でございます.....







コメント

非公開コメント