お天気屋さん




お目汚し、失礼いたします。



7月になりました。
これから季節は本格的な夏へと移行してまいりますが
私の地元では梅雨明けは今月半ば過ぎになるそうでございますし
昨今の異常気象じみた天気のことを考えますと
本当に夏になるのか、あるいはいつ夏になるのか
予測ができないような気がいたします。



よくテレビで気象予報士なる者が登場して
天気概況を述べたりしておりますが
私がいつも疑問に思うのは気象予報士を「 さん 」付けで呼んでいるのは
なぜなのかということでございます。
テレビのニュース情報番組のお天気コーナーにおいて
司会者やアナウンサーが気象予報士のことを
「 清水さん 」とか「 今出さん 」とか「 蓬莱さん 」
といった呼び方で紹介しているのを見聞きいたしますが
はっきり言って何やらキモイ感じがいたします。



番組に出演しているタレントや芸人とは違って
「 素人 」だからなのかもしれませんが
テレビに出演し大勢の視聴者に向かって天気予報をする限り
素人というわけにはまいりますまい。
また、タレントや芸人とは一線を画したり
権威を持たせたりするためだというのなら
「 清水予報士 」「 今出予報士 」「 蓬莱予報士 」
という呼び方でよろしゅうございましょう。



「 さん付け 」で呼ばれていた気象予報士といえば
私の記憶では「 梅雨前線 」を「 ばいうじぇんしぇん 」と言う
個性的な喋り方ととぼけたキャラで有名だった
故・福井敏雄氏が強く印象に残っております。
「 さん付け 」で呼ばれる以上、気象予報士の皆様方には
福井氏並みの個性を出してもらいたいもの。
ただし、目の肥えた視聴者を唸らせるような個性の出し方は
なかなか難しいものでございまして
不届きにも先達にあやかろうとしたり
今注目の国営放送のドラマに出てくるセリフをパクったりして
「 ばいうじぇじぇじぇ、じぇ~~~んしぇん!」などと申すのは
愚の骨頂といえましょう。



まぁニュースと同様、天気予報に個性など要らない
と言われればそれまでですが
お天気屋さんの視聴者を繋ぎ止めておくためには
番組に登場する気象予報士にも、ある程度のエンターティナー性が
必要ではないかと存じます.....






コメント

非公開コメント