回線速度の法則




お目汚し、失礼いたします。



先日、テレビを見ておりましたら
インターネットの回線業者のCMが流れておりました。
回線の速さをアピールするCMでございますが
インターネットの回線といえば、今や最大速度1ギガbps
というのが当たり前という状況になっているようでございます。



私がネットを使い始めた頃と比べると
データ通信の速度は格段に高速化いたしました。
当時の私、ネットの回線はナローバンドでございましたゆえ
アニメやゲームなどのダウンロードやストリーミングに時間がかかり
5分程度の長さのアニメ作品を視聴するのに
一時間近くかかることもございました。
しかしそれだけに、ダウンロードを完了してから
アニメを見たりゲームを始めたりするときの嬉しさは
ひとしおでございました。



今ではアニメはもちろん、ドラマや映画などのウェブコンテンツも
ほとんど途切れることなくストリーミング再生ができるような回線を
使っておりますが
逆にそういった快適さが祟って
一つ一つのコンテンツにありがたみが見出せなくなってしまい
印象に残るコンテンツになかなか出会えません。
ここに一つの法則が成り立つようでございます。
すなわちインターネットの回線の速さと
ウェブコンテンツに対するありがたみや感動の度合いは
反比例するということでございます。



それは、エロサイトで動画を再生する際も同様でございます。
回線が速くなった当初は
テレビのチャンネルを変えるがごとく
いろエロなサイトを縦横無尽に渡り歩きながら
即座にエロ動画を閲覧できるのが
楽しくてしょうがなかったのでございますが
近頃ではそんなワクワク・ドキドキ感はすっかり薄れてしまい
どんなに過激な動画を見ても興奮しなくなってまいりました。



一つ一つのコンテンツにありがたみが見出せなくなり
その結果、インポテンツになってしまったのかもしれません。
ここにまた一つ、法則が成り立つようでございます。
すなわち、インターネットの回線の速さと
イチモツの仰角は反比例し
俯角に正比例するという法則でございます.....






コメント

非公開コメント