入口と出口




お目汚し、失礼いたします。



最近、シリア内戦の件でニュース映像がテレビで流れるたびに
化学兵器による攻撃を受けた民間人被災者の
むごたらしい映像が映し出されております。
正直なところ私、この映像が流れるたびにテレビのスイッチを切るか
チャンネルを変えるようにしておりますため
具体的にどのような被害状況なのか、はっきりとはわかりません。



特にイヤなのは、被災者の中に幼い子供が含まれていて
暈しがかかってはいるようですが
その子供が泣き叫んだり苦悶したりしているシーンが
流れていることでございます。
先にも申し上げたとおり私、すぐにテレビのスイッチやチャンネルを操作して
映像を見ないようにしておりますゆえ
どのような状態なのか詳細には存じません。



シリア政府は化学兵器使用を否定しており
米英はシリア政府が化学兵器を使用したとみなし
安保理とは無関係な独自の軍事行動も辞さないとの態度を見せ
シリアのバックにいるロシアは
シリアに対する制裁や軍事行動に関して非難しております。
シリア内戦の背景や経過は
いろいろな勢力の思惑や利害や真意が複雑に絡み合っているらしく
このさき情勢がどのように進展するかよくわかりません。
はっきりわかっているのは、戦争とはいえ化学兵器を使用し
前述のテレビ映像のようなひどい状況を現出させる輩は
脳味噌の腐った正真正銘のキチガイだということでございます。



自身のチキンな性格の言い訳をするようではございますが
いったい何がどうなっていて、これからどうなるのか
どうすれば問題が解決するのか
それは毒ガス攻撃を受けて苦しむ幼い子供たちの姿を
何百回見てもわからないでしょう。
最近、島根県の中学校で中沢啓治氏の漫画「 はだしのゲン 」の閲覧を
禁止するかどうかでもめておりました。
頭ごなしに禁止するというのは私、基本的には反対でございますが
しかしあの漫画を読んでさえいれば核兵器を廃絶できるのか
戦争の無い平和な世界が築けるのかといえばそうではございません。



「 はだしのゲン 」も化学兵器の被災者の映像も「 入口 」でございます。
そして最も大切なもの、すなわち目指すべき「 出口 」のありかは
二つとも同じところにあるのでございます.....






コメント

非公開コメント