朝礼慕懐




お目汚し、失礼いたします。



日本人はプレゼンテーション下手だなどと申します。
オリンピック東京招致が今までうまくいかなかったのは
プレゼンテーションについて不器用だったことも
一因となっているようでございますが
そもそも大勢の人の前で何かを説明する
あるいは挨拶や演説をおこなうというのは
なかなかむずかしいものでございます。



若い頃、私が勤めていた会社では朝礼のとき
社長以外の全社員が日替わりで朝礼をおこなうことになっており
その際、何かスピーチをしなければなりませんでした。
この手のことが大の苦手な私
自分が朝礼をする日の前日から緊張で仕事が手につきませんで
また何を話すか当日ぎりぎりまで考え付かなかったこともあり
朝礼を終えたあとは体重が半分近くに減ったような
疲労と身軽さを感じたものでございます。



しかしまぁ今となってはいい経験だったと
あの当時勤めていた会社には感謝しております。
おかげでたくさんの人の面前で話をすることが
以前は死ぬほどイヤだったのに
それ以後は重傷を負うほどイヤだというレベルにまで
和らいだのでございますから。



それに社員の中には何人かユニークなかたがおられまして
UMAやUFOについて熱心に語る人
同僚の不倫現場の目撃談を得意げに話す人
自分の話に酔ってスピーチが長引き
会社の始業時間を過ぎて
取引先からの電話がジャンジャン鳴っているにもかかわらず
延々と話し続ける人など、多種多様な話が聞けました。



あの会社、今もこういった形での朝礼をおこなっているのでございましょうか。
最近は時代の流れとともに
かつてのような形の朝礼はおこなっていないのかもしれません。
代わりに、社内LANのBBSで「 朝の挨拶 」と称して
何か書き込むことになっているのでございましょう。
それなら大勢の前で話をするときのような緊張感は感じないですみますので
そのぶん楽でしょうし
むしろ積極的に書きたがる人も出てくるのではないかと存じます。



もっとも、UMAやUFO、それに同僚の不倫現場の話などは
「 炎上 」の元になりましょうし
掲示板の容量を食い尽くしてしまうような長文は
「 荒らし 」とみなされてしまいましょう.....






コメント

非公開コメント