未必の過失




お目汚し、失礼いたします。



東電の原発事故による放射能汚染は
関東・東北だけにとどまらないかもしれないとのことでございます。
以下がそのニュース記事へのリンクでございます。

西日本山岳、北海道も=低濃度で沈着可能性-福島原発のセシウム・国際チーム
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201111/2011111500081



あまり考えたくないことですが、もうすでに放射性物質は日本中の至る所に
あまねく散らばってしまっている可能性もあるわけでございます。
私も被曝しているかもしれません。こんな事態になってしまったのは
原発に対する東電のマヌケな安全管理に最大の原因があるわけですが
原子力行政のいいかげんさを見逃し
原発事業者の甘言に目がくらんで放置してきた我々国民にも
責任が無いとは言い切れないでしょう。



世界で唯一つの被爆国において生活を営み
広島・長崎の惨状を義務教育の中で学んでいながら
放射能に関してあまりにもルーズだった国民。
未必の故意という刑法上の用語がございますが
危ないものだと知りながらスルーしていた点で
我々は未必の故意ならぬ未必の過失を犯していたわけでございます.....





コメント

非公開コメント