大盛「 せいだく 」で。




お目汚し、失礼いたします。



寒い季節ゆえ、風邪やインフルエンザの感染を防ぐために
マスクをしている人を、よく見かけます。
近頃は「 伊達マスク 」と申しまして
風邪でも花粉症でもないのにマスクをかけるかたがいるようですが
ともあれ、街のあちこちでマスク姿の人を頻繁に見かけたりすると
風邪やインフルエンザは人間の吐く息を吸うことによって感染するのだ
ということにあらためて気づかされるものでございます。



とはいえ、われわれは普段そんなことなど気にかけません。
相手と会話を交わしているとき
われわれは平気で相手の息を吸っておりますし
相手の吐く息があまりにも臭いか
もしくは色でも付いていない限りスルーでございます。



しかしこれは相手と間接キッス…いや、目の前に居るのですから
直接キッスをしているのも同然なのでございます。
考えてみればキモい話ですが
日常生活において、われわれはそんなことには無頓着でございます。



息だけではございません。
先日、とあるホームセンターのトイレで私、小用を足しておりましたら
個室の方からものすごい音と臭気が漂ってまいりました。
中に入っているのがどんな御仁なのか存じませんが
その臭気を嗅いだということは、ウンコの微粒子が鼻孔を通して
私の体内に入ってしまっているのでございます。
中の御仁が佐藤健であろうが和田アキ子であろうが
はっきり申しましてそれはスカトロプレイ以外の何物でもございません。



ときおり「 清濁併せ呑む 」ことの必要性を
人から説かれることがございますが
われわれが社会生活を営み
大気中で呼吸をすることによって生命を維持している以上
それはわざわざ人から説いてもらうまでもなく
誰もが普段から実践していることなのでございます.....






コメント

非公開コメント