気もそぞろ




お目汚し、失礼いたします。



4月に執行される消費税増税前の一時的な好況によって
さまざまな業界が多忙を極めておりますが
私のような零細企業も、わずかながらそのおこぼれに与っております。
ただ、いくぶんキャパシティ・オーバー気味でございまして
嬉しい悲鳴よりかはむしろ苦しい呻き声を上げている次第でございます。



4月に入るまでのこの先10日間前後が
もっともキツイ時期になりそうだったのでございますが
そんななか、御注文をいただいていたとあるお得意様から
納期を4月以降にずらしてくれという御連絡がございました。
詳細は申せませんが、別の業者の商品の納期が遅れているため
その商品の納品と連動している私の方の商品の納期を
先送りにせざるを得ないそうでございます。



当初の納期は、こちらとしてはギリギリ間に合うかどうか
という期限でございましたので
願ったりかなったり、渡りに船、ホッといたしました。
消費税の値上がり分は目をつぶってくれないかということなのですが
この際、その程度の譲歩はやむをえないと判断し、受け入れました。



そのお得意様から納期の先送りの御連絡をいただくまでは
正直なところ間に合うかどうか不安で
夜もおちおち眠れないほど気もそぞろでございましたし
自家発電を楽しむための時間的・精神的余裕が
ここ一ヶ月の間は、全くございませんでした。
しかしこれで枕を高くして眠れますし、マラを硬くして楽しめまする。



仕事というものは、一年を通じてコンスタントにもらえるのがベストでございます。
私の取引先の工場は、あまりに忙しすぎて
完全にキャパシティ・オーバーもしくはダブル・ブッキングの状態となるため
常連客や大切な得意先の注文を数件、泣く泣く断ったとのこと。
他人事ながら非常に残念な思いがいたしました。
4月以降、消費税の増税がおこなわれて
景気がガタ落ちになるのではないかと噂されておりますが
もしそうなれば憤懣やるかたないところでございましょう。



景気が良いに越したことはございませんが
何かちょっと違うような気がいたします.....






コメント

非公開コメント