新解釈




お目汚し、失礼いたします。



二十歳ぐらいのころ、あるフォーク系の女性ミュージシャンに私、ハマっておりました。
彼女が公開録音の場でデビュー曲を歌っている様子がラジオから流れてきて
それを耳にしたのが、彼女のファンになるきっかけでございました。
もうオッサンになってしまった私ですが、その当時彼女が歌っていた歌を聞くと
今でも年甲斐も無く胸がときめいてしまいますし
依然として彼女のファンであることにちがいはありません。



で、先日もYouTubeにて彼女のデビュー曲を聴いていたのですが
この曲、大学のテニス部の女子部員が同じテニス部の先輩に抱いた
仄かな恋心を歌ったものでございます。
ところが今あらためて歌詞をよく聴いてみると
先輩が男性だとはっきりわかる箇所がございません。
つまり、女性の先輩に対する恋心を歌ったものであるという解釈もできるわけでございます。
下世話な言い方をすれば、女性同士の同性愛を描いた歌ということになりましょうが
あくまでもそれは一つの解釈であって、この歌そのものの姿ではありません。
仮にそうだとしても、きわめて純粋で爽やかな美しい歌でございます。



念のために申し上げますが
私、この歌は無論のこと、この歌を歌った女性ミュージシャンのことを
決して揶揄しているわけではございません。
向こうにすれば迷惑かもしれませんが、私にとって彼女は永遠のアイドルであり
私は紛うかた無き彼女のファンでございます。
ただ根っからの詮索好き・妄想癖が高じて、つい余計なことまで考えてしまう始末。
もし彼女のファンで、この記事を御覧になり
「 ははぁ、あの曲だな 」と思い当たるかたがいらっしゃれば
なにとぞ御容赦くださるよう、伏してお願いする次第でございます..... <(_ _)>





コメント

非公開コメント