ニワカ未満の独り言




お目汚し、失礼いたします。



本日のサッカーワールドカップ、日本VSギリシャ戦でございますが
引き分けに終わりました。対コートジボワール戦で敗北を喫し
予選落ちの憂き目に遭うかもしれない危機的状況にあった日本チーム
勝ったわけではございませんが
とりあえず決勝トーナメントに進む可能性だけは残せたようでございます。



ところで、ニワカサッカーファンのような私がこんなことを申し上げて
まことに恐縮でございますが
ブラジルでおこなわれている此度のワールドカップにおいて
日本人主審の判定に関していろいろと批判が出ているようでございます。
ブラジル対クロアチアの試合においておこなわれたPK判定が
ブラジル側に肩入れしたようなものになっているというのでございます。



同じ日本人として、大会開催国に色目を使うような判定を
その主審がおこなったとは断じて申しませんが
しかしYouTubeでPKと判定されたシーンを見てみますと
ブラジルの選手がクロアチアの選手に押されたように見せかけて
わざと倒れたように見えなくもありません。
わざとではないにしろ、少なくともたまたま足を滑らせて倒れた
というふうには見えるわけでございまして
クロアチアの選手に原因があるようには見えないというのが
私の率直な感想でございます。



もっとも、あれだけ多くの人間がグラウンドで走り回り
どの選手も勝つことを望んでプレイをおこない
観客席がともすれば民族意識やナショナリズムの発露の場となりやすい
サッカーの世界大会において
迅速・正確・適切な判定を下すのは至難の業。
私のような、ニワカでさえもない人間があれこれ詮索するのは
イタイタしく、そして失礼かもしれません。



この際、ビデオ判定を導入してはどうかとも思いますが
これもまたニワカ以前の人間が言うべきことではないでしょう。
それにたとえ判定を左右するシーンが
競技場の映像装置に大写しになったとしても
本人が「 あれはわざとじゃない 」と言い張ればどうしょうもありません。
そうなれば、今度は選手の脳内をモニターする機械を導入せよ
ということになりましょう。



とはいえ、まぁ仮に脳内モニターということが技術的に可能になれば
別な意味で試合が面白くなりましょう。
何かと噂のある選手の小狡さ、セコさ、腹黒さが
白日の下に晒されるわけですし
判定が分かれる決定的瞬間に
試合とは関係のない女のことやSEXの体位
副業や財テクのことなどを考えていて
それが競技場の映像装置に大写しになれば
ニワカを含めてサッカーファンが激増することは間違いございません。



もっとも、そうなればサッカーの世界大会に出場する選手が
いなくなるかもしれないというのが悩ましいところではございますが.....






コメント

非公開コメント