不潔不感症




お目汚し、失礼いたします。



なにやら中国製の食材に関して
またぞろ騒動が持ち上がっているようでございます。
大手ファーストフード店に食材を供給していた中国の工場の話ですが
古くなった食材を消費期限を偽装して大量に出荷していたとのこと。
その工場の従業員が床に落ちた肉を拾って生産ラインに戻す様子や
工場内に有った腐っているような青い肉の映像が
テレビやネットのニュース動画で流れておりました。



鳥肌が立つような嫌悪感がわきあがり
この工場の食材に対する衛生意識の低さに対して
苛立ちとともに慄然としたものを感じるのですが
あの国の人間にすれば、こんなことは日常茶飯事なのかもしれません。
現に問題の工場の従業員は
期限切れの食材を食べても死にはしないと言い切っておりますし
中国社会においては、この程度で騒いでいたら
食べるものが無くなってしまうという声もあるようでございます。



確かに消費期限を過ぎているからといって
食べたら必ず大変なことになるかといえば、そうではないかもしれません。
しかし、大変なことになる可能性もあるわけでございます。
それに食材というものはイメージが大事でございます。
資本主義社会での商材として供給される限りは
消費者が敬遠するような扱いは厳に慎まなければなりません。
もっとも、共産主義社会でありながら
資本主義社会のシステムのつまみ食いをしているような国の人間には
その辺のところが全く理解できないのでございましょう。
あるいは国民性というやつでございましょうか。



もうかなり以前のことになりますが
海苔巻きせんべいを作っている工場では
検品係の人間が海苔の付いていないせんべいを見つけると
まるで封筒かはがきに切手を貼るようなやり方で
指先をペロッとツバで濡らしてチョンチョンと海苔に塗り
その海苔をせんべいに巻き付けて出荷している、というような
都市伝説を聞いたことがございます。
その都市伝説の真偽はともあれ
少なくとも中国に海苔巻きせんべいの工場を作るのは
避けた方が無難でございましょう.....






コメント

非公開コメント