歪なドリンク剤




お目汚し、失礼いたします。



ここ最近、屋外での作業が連続しておりまして
盆休みに入る前日の13日まで
現場仕事で汗を流しておりました。
仕事が忙しいのは良いことなのですが
体が資本でございますので
資本の毀損が生じないように
健康にも留意しなければなりません。



毎日ドリンク剤を飲んでは
疲労回復に努めていたのでございますが
ろくに睡眠を取っていないため
健全な形での疲労回復とは言えません。
暑さの厳しい夏が終わって秋の風が吹く頃
そんな歪な形で体力の維持を図っていたことに対する
手痛いしっぺ返しが来はしないか
ちょっぴり心配でございます。



私のような零細業者でさえ忙しいということは
世間はもっと忙しいということなのでございましょう。
しかし景気関係のニュースを見聞きすれば
消費税が8%に増税されたあとのGDPが
著しく落ち込んでおり
一部報道では来年10月予定の消費税再引上げは
むずかしいという専門家の声が上がっているそうでございます。



疲弊した日本経済を活性化させる
ドリンク剤として登場したアベノミクスでございますが
本当に大丈夫なのでございましょうか。
経済問題に関して門外漢の私が
こんなことを申し上げるのもまことに恐縮ではございますが
アベノミクスなるもの、荒っぽい表現をいたすならば
国の借金を増やしていく政策なのでございましょう。
国家財政の健全化という大目標は
どうなってしまうのでございましょう。
その目標を達成するためには
消費税の再増税はいたしかたないのでしょうが
それが「 むずかしい 」ということになれば
にっちもさっちもいかなくなってしまいましょう。



あまり後ろ向きなことを申し上げたくはありませんが
ひょっとするとこの先
経済政策としてのアベノミクスの歪な部分
おかしな部分、危険な部分が
露見するようになってくるのでございましょうか。
ドリンク剤だと思っていたものが
実は脱法ハーブや危険ドラッグだったということが
表面化するのでございましょうか。



そんなことにはならないと信じたいものでございます。
日本経済が大事故を起こして口から泡を吹いているような姿は
私、絶対に見たくありません.....







コメント

非公開コメント