熱病惑星




お目汚し、失礼いたします。



東京・神奈川・埼玉・千葉・茨城・新潟の6都府県において
デング熱という感染症に冒された患者が見つかりました。
デング熱は蚊によって媒介される
デングウィルスが原因で起きる熱病で
致死率は比較的低いほうではありますが
ワクチンや治療薬はございません。



国内感染は69年ぶりというこの病気
蚊に刺されることによって感染するため
感染予防には蚊の駆除が肝要になってまいります。
見つかった患者はいずれも
東京の代々木公園のあたりに行ったことがあるとのことで
東京都は代々木公園にて大掛かりな殺虫剤の撒布をおこないました。



この蚊という生き物、比較的身近な害虫ゆえ
とても他人事とは思えません。
このニュースを聞いてから私
自宅や店において蚊の姿を目にしたら
直ちに蚊取り線香を焚き、殺虫剤を撒いております。



とはいえ、近頃の蚊は蚊取り線香を焚いても
平然と飛び回っていることがございます。
殺虫剤にしても、撒いても蚊はすぐには落下せず
しぶとく宙を舞っておりまする。
おまけに夏場はとっくに過ぎて秋深くなっているというのに
まだ蚊が飛び回っているのを目にすることもございます。



ググってみたところ
蚊は1億年以上も前から地球に生息している生き物とのこと。
所詮、蚊取り線香や殺虫剤など
じきに慣れたり耐性がついたりするのではないでしょうか。
実に生命力の強い生物でございます。



きっとアッチの方も、さぞかし「 強い 」のでございましょう。
ただし、蚊はメスしか血を吸いません。
それゆえ貪欲に血を吸い
蚊取り線香や殺虫剤にも怯まないその姿は
催涙弾を発射されても物ともせず
精巣までズルッ!と啜り取ってしまうほどの恐ろしい吸引力で
バキュームフェラに専念する女子プロレスラーを彷彿とさせまする。



まぁそれはともかく
普段耳慣れない感染症の発生や流行が報じられるたびに
その原因として囁かれるのは地球温暖化。
本日は防災の日でございますが
日本列島に昨今、甚大な災害をもたらしている異常気象も
地球温暖化との関連が可能性として考えられます。
私の個人的意見でございますが
防災対策と併行して、地球温暖化についての調査・研究にも
本腰を入れたほうがよいのではないでしょうか.....






コメント

非公開コメント