衝突回避システム




お目汚し、失礼いたします。



私の店の御近所に大学教授らしきかたが
お住みになっているのですが
このかたが最近、新車に乗り換えました。
□産のクルマですが、あまり大きなものではなく
いわゆる小型車というやつでございます。
御自宅の前を通ると
車庫にクルマが入っているのが見えるのですが
バンパー部分に接触事故防止のための
コーナーセンサーがついております。



最近は接触事故ばかりでなく
衝突事故をも未然に防ぐため
自動的にブレーキのかかる装置が組み込まれたクルマが
売り出されております。
レーダーやカメラ、赤外線などを使って前方を監視し
衝突の危険が迫ると自動的にブレーキが作動して
クルマを停止させるというスグレモノでございます。



テレビのCMで御覧になった方もおられましょう。
前方の壁や障害物に向かって直進するクルマが
それらの手前で停止するシーンでございます。
私もテレビでこの手のCMを何回か拝見し
あぁ、時代はココまで進んでいるのか……などと感心する次第。
ただ反面、月並みな言い方ですが機械を過信して注意を怠ると
思わぬ事故に遭遇するのではないかという気もいたしました。



もっとも、機械を使って事故や被害、失敗を防ぐ
というこのようなノウハウは
これからもっと汎用化されていくような気がいたします。
いずれテクノロジーが発達すれば
それは人間の生活のあらゆる分野にわたって
実現されるのではないでしょうか。
事故の起きない社会、不慮の怪我の無い生活
ミスの生じない完璧な業務。



ただ私、男性の立場として一言申し上げたいのですが
このノウハウを避妊のために
特に男性側に対して応用するのは
勘弁してほしいものでございます。
と申しますのも、自動停止するクルマのCMにおいて
やや前のめり気味に止まるクルマの姿は
「 力づくで 」「 強制的に 」「 死に物狂いで 」止まった
という印象が否めません。



アレを見るたびに私
まるで射精寸前にイチモツの根元を
針金やタコ糸で思いっきり絞め付けられたような感覚に
陥るのでございます。
機械による事故回避のノウハウが
男性側の避妊に応用された場合
そういう荒っぽい形で実用化されるような気がしてなりません。
あな、恐ろしや.....






コメント

非公開コメント