時間の老化




お目汚し、失礼いたします。



本日より11月となりまして、今年もあと2ヶ月でございます。
一年というのは本当に早いものだという
お決まりのセリフをちらほらと耳にするような時期になってまいりました。



こういうことを申すのは
大人に共通する傾向でございます。
歳を重ねて同じような人生経験を繰り返すと
その分の記憶が希薄になり
時の経つのが早くなったような錯覚に陥るのでございます。
私も30歳になる前後から
そういった感慨や嘆きを感じるようになりました。



いつまでもバラエティ豊かな生活
変化に富んだ人生を過ごすことができれば
そういった時間の老化を遅らせることもできましょうが
肉体の老化は往々にして
バラエティや変化を許容することができません。
歳を重ねるにしたがって
同じような人生、ルーチンワークのような生活へと傾き
時間の老化を促進させるのは無理からぬところでございます。



とはいえ、このまま時間が老化するのを指をくわえて見ている
というのも納得できません。
せめて何か身近で出来る範囲内のところから
人生に変化をもたらすことにいたしましょう。
とりあえず私、今まで使っていた自家発電用の愛用ビデオやネタ画像を
今から新しいものに変えてみようかと存じます.....






コメント

非公開コメント