上意下達




お目汚し、失礼いたします。



韓国の航空会社、大韓航空の会長が
娘の不始末が原因で謝罪会見を開いております。
娘は大韓航空の副社長で40歳なのですが
自らが搭乗していた大韓航空機の中で激怒して
アメリカはニューヨークのジョン・F・ケネディ国際空港から
韓国の仁川国際空港へ向かう同機の出発を遅らせたことが
内外の非難を呼び、父親が謝罪をするハメとなった次第。



わがまま放題のじゃじゃ馬だったのでございましょう。
典型的な親族経営の会社の中で
たまたま会長の長女だということで副社長になったらしく
経営手腕はイマイチだったようでございます。
今朝テレビを見ましたら、関西の某情報番組において
局アナの男がこの女性のことを美人だと申しておりましたが
私が見たところではとても美人には見えず
まだ正月前だというのにもう獅子舞が始まったのか
というような顔でございました。
この局アナ、視力に何らかの問題があるようでございますな。



ピーナッツやマカデミアナッツなどのナッツ類は
袋から出して乗客に提供するという
マニュアルがあるにもかかわらず
客室乗務員が袋のまま持って来たことに立腹したこの副社長
すったもんだの挙句に機長に命じて
離陸体勢だった飛行機を搭乗口まで
引き返させたそうでございます。
経営者の一人として社員のミスが
見逃せなかったのかもしれませんが
それが転じて飛行機の出発を遅らせるというのは
あまりにも大人げない。



機長も機長でございます。
国際線の飛行機の運航を遅らせるようなことをすれば
他国の航空会社の飛行機の運航にも
影響を与えかねないでしょうに。
そんなに副社長が怖いのでしょうか。
まさか、客室乗務員が豆を袋から出さなかったからといって
おまえの金玉を袋から出せとまでは言いますまい。



上が上なら下も下。此度の騒動は上意下達が見事なまでに
マイナス方向に作用した好例と言えましょう.....






コメント

非公開コメント