木枯しの二人




お目汚し、失礼いたします。



明日、ちょっと遠出をいたしまして
お客様とお会いしなければなりません。
郊外の高台にあるお屋敷町なのですが
そこの現場で打ち合わせでございます。



明日はかなり寒そうでございます。
高台なので風もキツそうでございます。
おまけにそのお客様、一見様で初対面のときから
私と「 波長 」があまりうまく合いません。



とある知り合いのかたから紹介されたお客様でございます。
その知り合いのかたは非常に愛想が良くて
適度に気配りのできる方なのでございますが
紹介されたお客様はちょっと気難しそうなかたでございます。



某国の副総理 兼 財務大臣 兼 金融担当大臣に
似たような雰囲気の初老の男性でございますが
紹介してくださった私の知り合いのかたとは
非常に仲が良いようでございます。
「 敵の敵は味方 」と申しますが
「 味方の味方は敵 」といったところでしょうか。
人間関係とは厄介なものでございます。



ともあれ、一番気にかかっているのは明日の寒さ。
現場には暖房器具も無く
野ざらしの場所で打ち合わせでございます。
いざとなったら映画やドラマでよくあるシーンのように
服を脱いでマッパになり
某国の副総理のようなあのお客様と全裸で抱き合って
暖を取るしかないでしょうが
私にはとてもそのような大それた真似はできそうにございません.....






コメント

非公開コメント