虎はまどろむ




お目汚し、失礼いたします。



去る17日、SF作家の平井和正氏が亡くなっております。
76歳だったとの事でございますが
われわれオッサン世代の中には氏の著作に触れて
感動に心奪われ、トラウマに苦しんだかたが
数多くいらっしゃるのではないでしょうか。



私が初めて平井和正氏の作品に触れたのは
「 ヤング・ウルフガイ 」シリーズの第一作「 狼の紋章 」でございました。
のちに私は氏が往年のテレビアニメ「 エイトマン 」の原作者であることや
漫画家、池上遼一氏の作画による「 スパイダーマン 」の原作者であることを
遅ればせながら知ったのでございますが
平井和正という一人のSF作家の作品として触れたのは
「 狼の紋章 」が最初でございます。



当時ミドルティーンの少年だった私、この「 狼の紋章 」を皮切りに
むさぼるように氏の作品を読み漁りました。
大学生になるころにようやくその熱が冷め
同時に氏の作風や作品のテーマにも何やら変化が生じてきたように感じて
だんだん氏の作品からは遠ざかっていった私なのでございますが
その後、今日に至るまでもときおり、火山から湧き出る間欠泉のように
この時期の氏の作品を引っ張り出してきたり購入したりして
読み返すことがございました。



私がことほどさように氏の作品に熱を上げたのは
登場するキャラクターが実に魅力的だったからでございます。
その魅力ですが、主役はもちろんのこと
アンチヒーロー的なキャラクターにおいても横溢しておりまして
私にとって特に印象に残っているのは、44マグナムの使い手で
CIA日本支局の非合法工作員、西城恵でございます。



氏は、人間が救いようのない出来損ないであることを確信し
人間というものに対する絶望感を常日頃より表明しておりました。
西城恵という男は、その絶望感が具現化したような存在でございます。
暴力と殺人のプロフェッショナルで、作品中の表現を借りるならば
「 放し飼いのでかい虎 」のような人物でございますが
その肉体的・精神的強靭さは驚異的で頼もしくもあり
必要とあらば、自分で自分の腹を割くことも厭わない男でございます。



個人的な解釈ですが、この西城恵、平井和正氏御本人の
リアルの姿を投影したものではなかったかという気がいたします。
この西城恵が登場する作品ですが私、「 狼の怨歌 」から
「 狼のレクイエム 第一部 」「 狼のレクイエム 第二部 」までしか
読んでおりませんので、その後、このキャラクターがどうなったのか
氏の作品の中でどのような変化や成長を遂げたのかは存じませんが
少なくともそれらの3作の中では、人間に対する失意や憎悪を
人間に向かって吐き付けるために創造された
氏の分身だったように思われてなりません。



氏が抱いていたこの絶望感は、その後どうなったのでございましょうか。
これ以降に書かれた数々の作品群の中で、消え去ったのでございましょうか。
それとも未だに脈々と生き続けているのでございましょうか。



氏が遺したすべての作品群を読めば、その答えが判明し
またそれが氏への供養になるのかもしれません。
しかし私は今、その答えを得ようという気にはなれません。
また、この先もそのような気になることはないでしょう。



どうやら私は自分でも気づかないうちに
恐ろしいほど年を食ってしまったようでございます.....






コメント

非公開コメント