窓と株




お目汚し、失礼いたします。



ちょっと事情がございまして更新が遅れてしまいました。
当ブログに足しげく通われている御訪問者様には
慎んでお詫び申し上げます。



実を申しますと、「 チャーリーのモノはでかい 」という映画の
宣伝のために来日していた俳優のジョニー・デップに襲いかかった
チュパカブラなるモンスターが昨夜、私の自宅にも現れたのでございます。
幸い、格闘の末に23階から投げ落としたので、もう会うことはないでしょうが
おかげでブログの更新ができなかったのでございます。



ところで、先の1月27日の米国株式市場において
マイクロソフトの株が一割近く安くなってしまったそうでございます。
株式のことについては私、門外漢でございますが
PC業界の帝王とも言われる世界的な会社の株が
一割近く下落するというのは、あまり良い傾向とは思えません。
昨年からAndroidタブレットを使うようになった私ですが
仕事関係では未だにWindowsを使っておりますので
多少、気にかかります。



なにやら最近、マイクロソフトの売り上げが
伸び悩んでいるそうでございまして
それが株価に影響を与えたのでございましょう。
そういった傾向を意識してかどうかは存じませんが
マイクロソフトはPCの基本ソフトWindowsの
次のバージョンへのアップグレードを
条件付きで無償提供する方針を打ち出しております。



「 無償 」と聞くと私、よだれが出そうなのでございますが
何か裏がありそうでちょっと待てよという気もいたします。
中国製の穴開きコンドームのような安かろう悪かろうというものを
無償提供してもらっても困るわけでございまして
インストールしたら途端にPCが固まったとか
個人情報が筒抜けになったとか、それでは元も子もありません。



あるいは陰謀論めいた話になりますが
タダだからということで広く遍く行き渡らせておいて
ユーザーが別のOSに乗り換えることが出来ないように
遠隔操作するつもりではありますまいな?
OSの仮面をかぶったスパイウエアというわけでございます。



まぁ、そこまで疑うのも勘繰り過ぎかとは存じますが……
おや、こんな夜更けにどなたか来客のようでございます。
またチュパカブラでしょうか.....






コメント

非公開コメント