いっぱいいっぱい ( ゚∀゚)o彡゚




お目汚し、失礼いたします。



昨夜、奇妙な夢を見ました。
それは自分が森の中の水洗式公衆トイレに入ってウンコをする夢でございまして
気持ちよくウンコを終えたまでは良かったのですが
ウンコを終えるといささか困ったことになっているのでございます。



どう困ったことになっているかと申しますと
ウンコをする前よりもトイレの中が狭くなっており、私の体と便器とが
やっと入る程度の大きさにまで室内が縮んでいて
手足を自由に動かすことができません。
空間的にいっぱいいっぱいの状況なのでございます。



そのためウンコを流すことはもちろん、ケツを拭いたり、ずり下ろしたズボンを上げたり
ということができないのでございます。しかもトイレから出ることができないため
便器に腰掛けて呼吸をするか用を足す以外、何もできないのでございます。
これではいずれ、尻の穴はガビガビになり、何も食えずに飢え死にしてしまうことでしょう。



夢から覚めたとき、幸いにも寝グソは垂れておりませんでしたが、
なんとなくイヤ~な感じの寝覚めでございました。
トイレの個室というのは本来、人間が緊張やストレスから解き放たれ
全面的な安心感の中で生理的欲求を満たす場所であるはずなのですが
そこで突然、危機的状況の真っ只中に陥るとはなんとも皮肉なものでございます。



思わぬ裏切りに遭って危機に陥ることを「 梯子を外される 」などと申しますが
それと同義で「 便所が小さくなる 」という諺があってもイイのではないか.....
ふとそんなことを思った次第でございます。





コメント

非公開コメント