草食系ジャンプ傘




お目汚し、失礼いたします。



コンビニで傘を買いました。
急な雨に備えて車の中に置き傘をしていたのですが
先日、雨が降る中を車で出かけた際に訪問先で置き忘れてきたのか
その傘が失くなってしまったのでございます。
今日、たまたま立ち寄ったコンビニで傘を見かけてそのことを思い出し
置き傘をするために購入したのでございます。



値段が1,300円ほどいたしまして
ちょっとお高い買い物になってしまいました。
今どき百円ショップでも傘は売っているのでございますが
あまり安いとまた失くしてしまう虞がございますので
あえて少し高い目のものにしたのでございます。



通常のジャンプ傘ですが、造りがちょっと凝っておりました。
傘を開くためのスイッチがグリップの一部と化しており
グリップのその部分が、押すと引っ込むようになっているのでございます。
スイッチが何かに引っかかったりぶつかったりして壊れることが無いように
うまく設計されております。



開くときもスイッチを押したらいきなり「 バッ!」と開くのではなく
やんわり・じんわり開くようになっております。
これなら人込みの中で傘を差すときに周りに危険を及ぼすことがございません。
耐久性・安全性に配慮したスグレモノでございました。
いずれはこういうタイプのジャンプ傘が主流となるでしょう。
スイッチは目立たず控えめに、開くときもゆっくりと遠慮がち。
良い傾向ではございますが
近頃は傘まで草食系になりつつあるのかもしれません。



その一方で、オーソドックスなジャンプ傘も
そういった世の流れに逆らうように
肉食系の傘として堂々とした進化を続けていくような気がいたします。
たとえば、グリップからニュッと突き出ている
でっかいカリ首のようなスイッチを押すと
バッ!と開いた反動で傘の方に全身が引っ張られるというほど
オスのニオイをプンプンさせている傘。



グリップの先端に真珠が埋め込んであれば
もうこれ以上なにも言うことはございません。
ただ、そうなるともはやそれは傘ではなく
オトナのオモチャという範疇に入ってしまいますが.....






コメント

非公開コメント