企業イメージ




お目汚し、失礼いたします。



任天堂とDeNAがスマホゲーム業界において
協力関係を構築することを発表しております。
任天堂といえばファミコン、ニンテンドーDS、スーパーマリオブラザーズなどの
ゲーム機やゲームソフト等が思い浮かぶ大会社でございますが
私にとってはもう一つ「 光線銃SP 」という玩具が思い浮かぶ老舗会社でございます。



この「 光線銃SP 」、私が小学生の頃に売り出されていたものでございまして
いろいろなバリエーションがございましたが
私はライフル型の光線発射器とビール瓶型の標的を所持しておりました。
プラスチック製のビール瓶のようなものに受光器が付いていて
そこへ光線発射器の光を命中させると
ポンッ!とビール瓶の上半分が飛び上がるようになっているのでございます。
今なら高校生でさえ「 でんでんタウン 」で部品を集めて作れそうなシロモノですが
当時の私としては、現代科学の粋を集めた最先端玩具という印象がございました。



それ以降、任天堂という会社は
独自の発想に基づいて新しい技術の積極的開発をおこなう企業
というイメージが私の中で定着しておりました。
事実、同社はこれまでそのようにして業績を伸ばしてきたわけですが
此度のスマホゲーム業界への本格的参入は
その流れを汲んだものでございましょう。
これからもそういった流れのもとで、企業活動に邁進してほしいものでございます。



なお、私の個人的な要望でございますが
できればアダルトグッズのOEMにも進出してもらえないでしょうか。
任天堂のノウハウを持ってすれば
さぞかしユニークで斬新な大人のオモチャが作れるのではないかと存じますが.....






コメント

非公開コメント