変質液




お目汚し、失礼いたします。



人間の顔とはこうまで変わるものなのでしょうか。
群馬県で女性に硫酸をかけて回っていた通り魔の
容疑者と思しき男が逮捕されたのですが
この容疑者、犯行現場付近に映っていた防犯カメラの画像と
それ以外の画像とを見比べてみますと
その顔つきの違いに驚いてしまいます。



学生の頃の写真や警察に連行されるときの映像を見ますと
比較的おとなしいような印象がございまして
いかにもそんなことをやりそうだという感じはあまりいたしませんが
防犯カメラの画像では凶悪無比な変質者という表情が
剥き出しになっているように見えます。
同じ人間のようには思えませんでした。



この男、自分の精液を入れた容器を蓋もせずに女性のバッグに入れた廉で
有罪判決を受け、執行猶予中の身だったとの事。
液体を使った犯行だという点では
今回の事件も何やら似たようなパターンでございますが
犯行に使われた硫酸、果たして本当に硫酸だったのでございましょうか。



この男、前回の事件で逮捕されたものの
自らの異常な行動の欲求をずっと抑えきれないままだったのかもしれません。
溜まりに溜まった欲望は凝縮され圧縮され濃度が高まり
それが肉体にまで影響を及ぼし
精液が硫酸並みの劇物になってしまったのではないでしょうか。



異常な欲望によって変質した精液が女性の足の皮膚を焼き
衣服に穴を開けたのではないでしょうか。
防犯カメラに映っていた容疑者のあの恐ろしい顔つきを考えると
私にはそんなふうに思えてなりません.....






コメント

非公開コメント