消えたビアホール




お目汚し、失礼いたします。



今月初めから社会人としてスタートを切られた新入社員の皆様
いかがお過ごしでございましょう。
会社において歓迎会などはございましたでしょうか。
最近の若い世代は、いわゆる飲み会のようなものとは
距離を置くそうでございますが、実際のところ、どうなのでございましょう。



私が新社会人として働き始めて2週間ほど経った頃のことでございます。
会社全体としての新入社員の歓迎会は済んでおりましたが
所属部署での歓迎会がまだ済んでおらず
その日、部長の一声で仕事を終えてから歓迎会をかねて
上司や同僚、総勢5、6名ほどでミナミの方へ飲みに行くことになりました。



自分の直接の上司や同僚、そして所属部署の部長といっしょに酒を飲む
ということで私、いささか緊張しておりましたが
飲むほどに酔うほどに、何やらその緊張感が急激にほぐれてまいりまして
私、自分でも驚くほど深酒をしてしまいました。
しかし若かったせいか酔い覚めもスムーズでございまして
翌日、いつもどおりに会社に出勤いたしました。



ところが昼休み、昨夜の飲み会のことで上司や同僚と話をしていると
彼らの話と私の話が微妙に食い違っているのでございます。
飲み会は3次会まで行ったそうなのですが
私の記憶では2次会までしか行っておりません。
1次会は大衆的な炉端焼きの店、その次はオシャレな洋風の居酒屋だったのですが
その間にもう一軒、ビアホールへ行ったらしいのでございます。



その間の記憶が全くございません。
しかし私はとっさに「 ああ、そうでしたね。そうそう 」と周りに話を合わせました。
その間に私がどんな状態だったか、上司や同僚に対する態度はどうだったか
放言・暴言・妄言の類は無かったか、立ちションや野グソはしていなかったか
それらが気にはなりましたが、あえてそれを確認しようとはしませんでした。



酒を飲んで記憶をなくしていたなどということが知れると
会社内においてどんな目で見られるかわからないと思ったからでございます。
そしてそれ以降、私は酒を飲むときに細心の注意を払うようになりました。



今では懐かしい思い出でございます。
もっとも、最近ふと思ったのでございますが
記憶がなくなったのではなく、元々2次会しかなかったわけで
あのときの私、上司や同僚に担がれていたのではないか
ただ単にからかわれていただけだったのではないか
そんな気がする今日この頃でございます.....






コメント

非公開コメント